「ペップ対クロップの面白い1年になる」ゲッツェが恩師2人のプレミア優勝争いに期待

2018.09.15 17:08 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ドルトムントのマリオ・ゲッツェは、今シーズンのプレミアリーグ優勝争いが面白くなるはずだと話した。

昨シーズン、圧倒的な強さを見せてプレミアリーグ制覇を成し遂げたジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティと、今夏に大型補強に動き戦力を整えたユルゲン・クロップ監督率いるリバプール。開幕から好スタートを切った両者を、優勝候補の筆頭に挙げるメディアや批評家も多い。

ドルトムントとバイエルン・ミュンヘンで、それぞれクロップ監督とグアルディオラ監督の下でプレーしたゲッツェは、『オムニスポーツ』で今シーズンの優勝争いは緊迫したものになるだろうと予想した。

「今年はとても面白い戦いになるだろう。プレミアリーグは予想することが本当に難しい。なぜならチャンピオンズリーグやそのほかのカップ戦などによるチームや選手への負担が大きい。これらすべてのトーナメントを戦わなければならないから、プレミアリーグのトップに立つのは簡単なことではない」

「優勝するためには、シーズンを通して良いフットボールをしなければならない。でも、ペップとクロップならそうできると思う。彼らは間違いなく今シーズンのプレミアリーグの優勝候補だ。本当にワクワクするシーズンになるはずだよ」

ゲッツェの元コーチであるグアルディオラ監督とクロップ監督は10月7日に今シーズン最初の直接対決を迎える。


提供:goal.com
コメント