ラーム氏がバイエルン1強のブンデスに不満「4月に優勝争いが終わってしまう」

2018.09.07 15:03 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
元バイエルン・ミュンヘンのフィリップ・ラーム氏は、ブンデスリーガの優勝争いはワクワクするものではないと考えているようだ。

ブンデスリーガは、2011-12シーズンにドルトムントが優勝して以降、昨シーズンまでバイエルンが勝ち点10以上の差をつけ、他のクラブを圧倒して6連覇を達成。これを受け、2017年に引退したラーム氏は、古巣が1強体制を築くのではなく、適度なタイトルレースを見たいとスペイン『マルカ』で話した。

「これはブンデスリーガの健全性にとって重要なことだ。もちろんバイエルンの優勝はうれしいことだが、他のクラブが彼らに挑戦できれば、なおさら良いことだ。スペインでは、バルセロナとレアル・マドリー、アトレティコ・マドリーがリーガ・エスパニョーラで優勝することができる。でも、ドイツでは4月に優勝争いが終わってしまう」

また、バイエルンやドイツ代表でカルロ・アンチェロッティ監督やヨアヒム・レーブ監督など数々の名将の下でプレーしたラーム氏は、特にジョゼップ・グアルディオラ監督の手腕に驚かされたと明かした。

「ペップはスーパーコーチだ。彼はとても良く、相手と試合のコンセプトを分析することにとてつもなく長けている。彼がどれだけのインパクトをドイツのフットボール界に与えたかはわからないが、バイエルンにいる全員に分析や指導の方法など大きなものを残した。だから私たちは、試合の要所、要所で相手がどのようにプレーするかを理解できた」

今シーズンも開幕から2連勝を飾ったバイエルンは、他のクラブを寄せ付けずブンデスリーガ7連覇を達成するのだろうか。


提供:goal.com

関連ニュース
thumb

新年初白星のバイエルン、ナーゲルスマン監督はチームの姿勢称賛「勝利に十分値する内容だった」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が、新年初白星を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 年明けからの公式戦4試合すべてドローと不調に陥るバイエルンは、1日に行われたDFBポカール3回戦でマインツと対戦した。 今冬マンチェスター・シティから加入したDFジョアン・カンセロを早速スタメンに起用すると、17分にそのカンセロのクロスからFWエリック・マキシム・チュポ=モティングがボレーシュートを決めて先制。その後、MFジャマル・ムシアラ、FWレロイ・サネも得点を記録して前半だけで3点差とすると、後半もDFアルフォンソ・デイビスにゴールが生まれるなど圧倒し、4-0で勝利した。 新年初白星を挙げたナーゲルスマン監督は、試合後にチームを称賛。厳しい状況で正しい姿勢を示してくれたと喜んだ。 「本当に重要な勝利だったと思う。特に前半のプレーは、フットボールのプレーという意味だけでなく、その姿勢も非常に優れていた。我々は非常によく組織化されており、攻撃においても真のアグレッシブさを見せられたと思う」 「今日のチームのパフォーマンスは、勝利に十分値する内容だっただろう。私は選手たちにもっとリスクを冒すよう要求して、みんながそれを実行してくれたのだ。特に前半は、非常に正しい判断だった」 2023.02.02 11:28 Thu
twitterfacebook
thumb

スタメンデビューのカンセロが先制アシストのバイエルン、マインツに4発快勝でベスト8《DFBポカール》

バイエルンは1日、DFBポカール3回戦でマインツとのアウェイ戦に臨み、4-0で快勝した。 2回戦でアウグスブルクを下したバイエルンは、1-1で引き分けた3日前のフランクフルト戦のスタメンから2選手のみを変更。マンチェスター・シティから加入のカンセロがスタメンデビューとなった。 カンセロを右ウイングバックで起用する[3-5-2]で臨んだバイエルンは、2トップにチュポ=モティングとミュラーを据え、2シャドーにムシアラとサネを起用した。 立ち上がりから攻勢に出たバイエルンは17分に先制する。カンセロの右クロスをファーサイドのチュポ=モティングが左足ボレーで合わせた。 デビュー戦のカンセロが早速結果を出したバイエルンがその後も攻め手を緩めずにいると、30分に加点。ボックス左でミュラーからパスを受けたムシアラが左足を一閃。正確なシュートが右ポスト内側に当たってゴールに吸い込まれた。 その後、38分のキミッヒの直接FKはポストに直撃したものの、44分に3点目。チュポ=モティングの鮮やかな右足アウトでのラストパスを受けたサネがGKとの一対一を確実に制した。 迎えた後半、イ・ジェソンを投入してきたマインツに対し、60分にカシのコントロールシュートでゴールに迫られたバイエルンだったが、このピンチを凌いで以降は危なげなく時間を消化。 終盤の83分にアルフォンソ・デイビスのゴールも生まれたバイエルンが圧勝でベスト8進出を決めている。 2023.02.02 07:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ザビッツァーの移籍は12時間足らずで決着か

マンチェスター・ユナイテッドはオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーを獲得する動きを12時間足らずで完遂させたようだ。 今冬のデッドラインデイにバイエルンからザビッツァーのローン移籍を決めたユナイテッド。デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが最大5月上旬まで負傷離脱するのが今冬の移籍マーケット閉幕日にわかってから獲得に乗り出したわけだが、やはりかなりのスピードをもって決着に持っていった模様だ。 イギリス地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、ユナイテッドがバイエルンとコンタクトを図ったのは今冬のデッドラインデイ当日だけ。それも朝遅くの問い合わせだったようだが、午前12時10分にバイエルンと話をつけ、午後11時の締め切り前にディールシートの提出を済ませたという。 こうしたユナイテッドの迅速な動きにザビッツァー本人の話を聞いてすぐの移籍意思も大きく、クラブのスカウト部門も選手のスタイルを熟知していたとも。移籍交渉は基本的に長い時間を要すほど複雑なものだが、すべての要素が合わさって28歳MFのスピーディーなユナイテッド行きを実現させたようだ。 2023.02.01 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールレジェンドがユナイテッド加入のザビッツァーを評価「活躍できる確信は持てない」

元ドイツ代表のディートマー・ハマン氏が、マンチェスター・ユナイテッドに加入したオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーを評価している。イギリス『サン』がコメントを伝えた。 移籍市場の締め切りギリギリのところでユナイテッド入りが決まったザビツァー。同クラブでは主力のクリスティアン・エリクセンが足首の負傷で最大5月上旬まで離脱することになり、その穴埋めとしてバイエルンからレンタルで加入した格好だ。 買い取りオプションは付いていないが、即戦力としての活躍は十分に期待できる。リバプールのレジェンドはその確信は持てないとしながらも、可能性は秘めていると見込んでいる。 「彼はとてもエネルギッシュな選手で、優れたエンジンを持ち、ゴールを奪うことができる。思うに彼のベストポジションはもう少し高い位置だろう。守備的MFではないと思う」 「ただ、私はチェルシーやユナイテッドが彼に興味を持っていたことに非常に驚いている。彼が即戦力になると確信が持てないからだ。良い選手ではあるが、すぐにインパクトを残せるかどうかはわからない」 「彼はクリスティアン・エリクセン の代わりとなる選手ではない。ボックス・トゥ・ボックスの選手、良いエンジンを積んでおり、とても多才だ。センターバックをやったこともあるだろう」 「ユナイテッドにとってとても良い選手になる可能性はもちろんある」 2023.02.01 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが駆け込みでエリクセンの穴埋め! バイエルンからザビッツァーを半年ローン

マンチェスター・ユナイテッドは1日、バイエルンからオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァー(28)の獲得を発表した。今季終了までのレンタル加入となる。 エリク・テン・ハグ新監督の下、調子を掴むユナイテッドだが、負傷のデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが最大5月上旬まで離脱。今冬の移籍マーケット閉幕も目前の緊急事態だったが、ザビッツァーに白羽の矢を立て、穴埋めを完遂した形だ。 ザビッツァーは2021年夏にRBライプツィヒからバイエルンにステップアップ。恩師であるユリアン・ナーゲルスマン監督を慕っての移籍だったが、準主力の扱いが続いており、今季のここまで公式戦24試合で1得点1アシストながら、大半が途中からだった。 甘いマスクに長髪を束ねた髪型が印象的なザビッツァーは「人生には迅速かつ重要な決断が必要なときもある。この話を聞いたとき、自分にぴったりだと思った。闘争心が強い選手だし、今季の目標達成を手助けしたい」などとコメントしている。 なお、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、買取オプションなしのドライローンでユナイテッド入りとなった模様だ。 2023.02.01 09:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly