都倉が左足一閃! 札幌が劣勢を跳ね除け清水に逆転勝利! 5月以来の連勝《J1》

2018.08.25 21:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽25日、明治安田生命J1リーグ第24節の清水エスパルスvs北海道コンサドーレ札幌がIAIスタジアム日本平で行われ、1-2で札幌が勝利した。

▽勝ち点28で11位につける清水と、勝ち点35で7位につける札幌の対戦。清水はここ4試合勝利から見放されており、8月の2勝目を目指す。対する札幌は、3試合負けなし。前節のFC東京戦に続き、連勝を目指す。

▽試合は3分、清水が最初の決定機。相手のミスからこぼれ球を拾った北川が相手の股間を抜いて突破。そのまま左足でシュートを放ったが、ゴールのわずか右に外れる。

▽一方の札幌は6分、左サイドを仕掛けた白井からマイナスのボールを受けた宮澤がクロス。これをボックス中央で都倉がダイレクトシュートも、枠を外れてしまう。

▽さらに10分、札幌は都倉のポストプレーから、こぼれ球を拾ったジェイが倒されゴール正面でFKを獲得。福森が直接狙うも、壁に直撃し札幌はゴールとはならない。

▽15分、札幌のボックス付近でボールを競り合っていた場面で深井が無理矢理奪いに行くと、白崎の足を蹴ってしまいファウル。深井にはイエローカードが提示される。清水はこれで得たFKを松原が直接狙うも、GKク・ソンユンがしっかりキャッチする。

▽20分、清水がビッグチャンスを迎える。最終ラインからのロングボールをドウグラスが収めると、中央へのグラウンダーのパスを北川がキープ。これを上手く流すと、フリーで走り込んだ石毛がシュートも、GKク・ソンユンがセーブする。

▽しかし、これで得たCKから石毛がクロス。ニアサイドでフレイレがフリックすると、宮澤に当たりゴール。清水がオウンゴールで先制する。

▽23分、清水はカウンター。左サイドをドウグラスがドリブルで持ち上がり、ボックス付近でラストパス。しかし、これは精度を欠いて味方には繋がらない。

▽追加点を奪いたい清水は27分、スルーパスに抜け出したドウグラスがボックス手前右から左足シュート。これは枠に飛ぶも、GKク・ソンユンが横っ飛びでセーブする。

▽札幌は36分、ボックス付近の右サイドでFKを獲得。これを福森が左足でクロスを送ると、ボールはゴール前を通過しファーサイドへ。待ち構えた宮澤が頭で押し込むも、GK六反がキャッチ。しかし、これはラインを越えていたと判定され、札幌が同点に追いつく。

▽1-1の同点で迎えた後半、最初にチャンスを迎えたのは札幌。51分、白井からのクロスにジェイが飛び込むが、わずかに合わない。53分には、白井が突破からクロス。しかし、これも清水の守備陣に守られてしまう。

▽守勢だった清水は徐々に反撃。59分、白崎のパスを受けたドウグラスがゴールを背負いながらヒールパス。しかし、これは味方と合わない。

▽攻撃に変化を加えたい札幌は、64分に深井に代えて宮吉と、72分には白井に代えて小野を投入。すると、その効果がすぐさま出る。

▽74分、小野が前線の都倉にパス。都倉のパスをジェイが落とすと、都倉がボックス手前から左足一閃。これがゴール左に突き刺さり、札幌が試合をひっくり返す。

▽逆転を許した清水は、飯田や河井がミドルシュートを放つも、GKク・ソンユンが冷静にセーブし、ゴールを許さない。

▽清水は88分に石毛を下げて長谷川を投入。前線に厚みを持たせてゴールを目指す。札幌は守備の時間が続くものの、清水の分厚い攻撃をなんとか凌ぎ、得点を許さず。都倉の決勝ゴールを守り切り、札幌が1-2で勝利を収め5月以来の連勝を収めた。
コメント