家庭の事情で栃木を退団したFWネイツ・ペチュニクがユース時代を過ごした母国3部クラブへ加入

2018.08.25 18:50 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽12日に家庭の事情で栃木SCを退団した元スロベニア代表FWネイツ・ペチュニク(32)が、スロベニア3部リーグNKドラボグラードに加入した。クラブが公式フェイスブックアカウントで発表した。

▽ネイツは、NKドラボグラードのユースチーム出身。2002年7月にNKツェリェへと移籍すると、2008年7月にスパルタ・プラハへと移籍。その後、ナシオナル(ポルトガル)やシェフィールド・ウェンズデイ(イングランド)、レッドスター・ベオグラード(セルビア)を経て、2014年12月にジェフユナイテッド千葉へと移籍し、Jリーグに挑戦した。

▽千葉では1シーズン在籍し、明治安田生命J2リーグで39試合に出場し14ゴールを記録。翌年には大宮アルディージャへと移籍すると、明治安田生命J1リーグで21試合に出場し1ゴール、YBCルヴァンカップで6試合に出場し2ゴール、天皇杯で4試合に出場し1ゴールを記録。2シーズン目はJ1で7試合、ルヴァンカップで4試合、天皇杯で2試合に出場すると、シーズン途中の2017年7月に栃木SCへ完全移籍。明治安田生命J3リーグで12試合に出場し6ゴールを記録。最終節のアスルクラロ沼津戦でゴールを決め、チームのJ2復帰に貢献。今シーズンはJ2で22試合に出場し2ゴールを記録していた。

▽また、スロベニア代表としても31試合に出場し6ゴールを記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップで2試合に出場していた。

▽ネイツは、「この度、家庭の事情によりスロベニアへ帰国する事となりました」と退団の挨拶で話していた通り、母国の3部リーグであり、自身が最初に所属したクラブへと入団した。
コメント
関連ニュース
thumb

5連敗のアラベス、残留に向けて今季就任のガリターノ監督を解任

アラベスは5日、 アシエル・ガリターノ監督(50)の解任を発表した。 ガリターノ監督は、長年レガネスで指揮を執っており、2018年7月にはレアル・ソシエダの監督に就任。しかし、成績不振により同年12月に解任されていた。 2019年7月にアラベスの監督に就任すると、なかなか成績が上がらずチームは現在勝ち点35で15位。降格圏の18位マジョルカとは勝ち点差6となっており、厳しい状況に立たされていた。 また、再開後は7試合を戦い1勝6敗と最悪の状況。4日のレアル・バジャドリー戦でも1-0で敗れ5連敗を喫し、解任となった。 残り4試合での監督交代が吉と出るか。後任は早急に発表するとしている。なお、次節は10日に首位のレアル・マドリーと対戦する。 2020.07.06 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

マンジュキッチがカタールのアル・ドゥハイルとの契約を解消

元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(34)が5日、自身のSNSを通じてカタールのアル・ドゥハイルと契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 昨年末にユベントスからアル・ドゥハイルへ移籍したマンジュキッチ。ユベントスでは今シーズンから就任したマウリツィオ・サッリ監督の構想外となっていたところを、心機一転として挑戦的な移籍を決断した。 <div id="cws_ad">◆マンジュキッチ、ユベントスでのラストゴール!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiZ29ZZkRDMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> しかし、新型コロナウイルスの影響でカタールでも3月初旬にリーグ戦が中断。アル・ドゥハイルでは5試合の出場しか出来なかった。 マンジュキッチはツイッターで「カタールで受けた信頼とおもてなしには非常に感謝している。クラブの今後の成功を心から願っているよ」と別れのコメントを綴っている。 なお、カタール・スターズ・リーグは今月24日から再開予定で、アル・ドゥハイルは残り5試合で首位。2位のアル・ラーヤンとの勝ち点差は「4」となっている。 2020.07.06 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アル・サッドのチャビ監督が契約更新!

カタールのアル・サッドは5日、チャビ・エルナンデス監督(40)と2020-21シーズンの契約を更新したことを発表した。 2019年5月に現役引退とほぼ同時にアル・サッドの監督に就任したチャビ監督。その1年目となった19-20シーズンは、カタール・カップとスーパー・カップを獲得した。 <div id="cws_ad">◆チャビがバルサで見せたベストアシスト!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpM3lDbmppWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> クラブ公式サイトで、チャビ監督は契約更新の喜びと、来季に向けた意気込みを語っている。 「アル・サッドで続けることが出来て嬉しく思う。チームの目標はすべてのタイトルを争うことだ」 「この期間、私は来たる国内およびアジアの大会に選手たちの準備を完全に整えることだけに焦点を置いている」 「新シーズンに向けて、ファーストチームのメンバーが今日揃ったことにとても満足しているよ」 なお、国内1部リーグのカタール・スターズ・リーグは新型コロナウイルスの影響で3月初旬から中断していたが、今月24日から再開予定。アル・サッドは17試合を消化した時点で12チーム中、首位アル・ドゥハイルとの勝ち点差「10」の3位に位置している。 2020.07.05 23:59 Sun
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドDFバレンシアが母国LDUキトを退団…コロナ禍で苦渋の契約解消…

LDUキトは4日、エクアドル代表DFアントニオ・バレンシア(34)の退団を発表した。 昨夏、母国に帰還を果たしたバレンシアは、ここまで公式戦32試合で1ゴール2アシストを記録するなど主力として活躍していた。 しかし、南米ではブラジルを中心に新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が続いており、サッカー界も深刻なダメージを負っている。 そして、LDUキトはコロナ禍での“複雑な状況”を踏まえ、クラブ内でも最高給を受け取っているとされる、バレンシアとの契約解消という苦渋の決断を強いられた。 なお、現時点でバレンシアの去就は不透明となっている。 2009年夏にウィガンからユナイテッドに加入したバレンシアは、右サイドを主戦場に活躍。一時はクラブの象徴的な背番号「7」を受け継ぐなど、公式戦通算339試合に出場して25ゴール62アシストを記録した。プレミアリーグ(2010-11、2012-13)を2度、ヨーロッパリーグ(2016-17)とFAカップ(2015-16)を1度、リーグカップ(2009-10、2016-17)を2度優勝するなど数々のタイトル獲得にも貢献した。 しかし、昨シーズンに入って出場機会が激減したことを受け、昨夏にユナイテッドを退団。幾つかの選択肢があった中で母国エクアドルの昨季王者クラブへ加入していた。 2020.07.05 14:42 Sun
twitterfacebook
thumb

ハンブルガーSV、ヘッキング監督が退任! リーグ再開後の失速で1部復帰逃す…

ハンブルガーSVは4日、ディーター・ヘッキング監督(55)の退任を発表した。 昨シーズン、ブンデスリーガ2部を4位で終えたHSVはハネス・ヴォルフ前監督が退任。そして、昨年5月末にヘッキング監督を招へいしていた。 ブンデスリーガで経験豊富な指揮官の下、2017-18シーズン以来のブンデスリーガ復帰を目指したHSVは、シーズンを通して昇格争いの主役を演じてきた。だが、新型コロナウイルスによる長期の中断を経たリーグ再開後の10試合では3勝3敗4分けと勝ち点を伸ばすことができず。 また、第33節のハイデンハイムとの直接対決での1-2の敗戦が響き、自動昇格はおろか入れ替え戦行きまで逃がし、昨季と同じ4位でシーズンを終えていた。 そして、この戦績を受け、クラブとヘッキング監督は先月末で終了となった契約を延長しないことで合意。わずか1シーズンでの退団となった。 なお、ヘッキング監督はこれまでハノーファーやニュルンベルク、ヴォルフスブルク、ボルシアMGなどを指揮。ヴォルフスブルク時代の2014-15シーズンにはDFBポカールを獲得していた。 2020.07.05 14:21 Sun
twitterfacebook