レーティング:バルセロナ 2-1 セビージャ《スーペル・コパ》2018.08.13 07:14 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スーペル・コパ2018、バルセロナvsセビージャが12日にモロッコで行われ、2-1で勝利したバルセロナが2年ぶりの優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽バルセロナ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 テア・シュテーゲン 6.5
失点はノーチャンス。同点直後の前半終盤にサラビアの決定機を阻止。最後は自ら与えたPKをストップ

DF
2 N・セメド 5.5
立ち上がりこそ良い攻撃参加を見せたが、時間の経過と共に攻撃面で手詰まり感が目立った

3 ピケ 6.5
値千金の同点ゴールを記録。守備ではカウンターの対応に苦戦もマイボール時には持ち出しやスイッチを入れるパスで起点に

15 ラングレ5.5
古巣初対戦で気合いが空回りしたか、やや攻守に細かいミスが散見

18 ジョルディ・アルバ 6.5
自身の攻め上がった後方のスペースを使われたが、持ち味の攻撃参加で幾度も決定機に絡んだ

MF
2 ラフィーニャ 5.5
プレシーズンに比べて自由度が制限されたが、幾度か左足の際どいパスでチャンスを演出

(→ラキティッチ 5.5)
W杯後初出場ということもあり、ややキレを欠いた

5 ブスケッツ 5.5
絶妙な浮き球パスでチャンスを演出したが、守備の局面では幅広いスペースのケアに苦戦

8 アルトゥール 5.5
イニエスタの背番号8を背負って初めてプレー。攻守にそつなくプレーしたが、プラスアルファはなかった

(→コウチーニョ 5.5)
メッシと共に鋭い仕掛けで決定機に絡んだ

FW
10 メッシ 6.5
仕掛ける回数は多くなかったが、視野の広さとプレー精度の高さが抜群。多くの決定機を演出。デンベレの決勝点もアシスト

9 スアレス 5.5
動き出しの感覚は悪くなかったが、イメージとコンディションのズレが目立った

11 デンベレ 6.5
惜しいシュートや鋭い仕掛けで見せ場は作り、最後は圧巻のゴラッソで勝利の立役者に

(→ビダル -)
バルセロナデビューを飾る

監督
バルベルデ 6.0
[4-3-3]の布陣に戻しまずまずの内容で今季初タイトル

▽セビージャ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 バシリク 6.5
2失点も再三の好守を見せる。とりわけ、シュートコースの切り方や反応速度が秀逸

DF
25 メルカド 5.5
相手の強力な攻撃に対して危険なエリアを身体を張って埋めた

(→イェデル -)

4 ケアー 6.0
スアレスに粘り強く対応。ビルドアップの場面でも質の高さを見せた

3 セルジ・ゴメス 6.0
攻守に及第点の出来。崩されかけた場面で冷静な対応が光った

MF
16 ヘスス・ナバス 6.0
アルバの攻め上がりに対応しつつ、幾度かカウンターの場面で鋭い仕掛けを見せた

10 バネガ 6.0
守備の局面で身体を張りつつ前線に正確な縦パスを通してカウンターの起点に

7 ロケ・メサ 5.5
苦手の守備で後手を踏んだが、攻守に多くの仕事量をこなした

18 エスクデロ 5.5
献身的な守備を見せたが、やや攻撃面で物足りなかった

FW
17 サラビア 6.5
先制点を奪取。質の高い動き出しとキック精度で相手の脅威に

(→アレイシ・ビダル 5.5)
古巣初対戦でPK奪取も勝利に繋がらず

14 ムリエル 6.5
先制点をアシスト。うまくスペースでボールを受けてそこから馬力のある仕掛けで再三の決定機に絡んだ

(→アンドレ・シウバ 5.5)
セビージャデビュー。一定の起点となった

22 フランコ・バスケス 6.5
決定的な仕事はなかったが、献身的なプレスバックと左足の技術とアイデアを武器に攻撃を牽引

監督
マチン 6.0
新布陣が機能するなど、難敵相手に実りのある敗戦に

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
デンベレ(バルセロナ)
▽試合を通して存在感を示したメッシや相手守護神バシリクの活躍も見事だったが、試合を決める驚愕のゴラッソを決めたデンベレをMOMに選出。バルセロナ残留を決断した中、今後のポジション争いに向けた大きなアピールに。

バルセロナ 2-1 セビージャ
【バルセロナ】
ピケ(前42)
デンベレ(後33)
【セビージャ】
サラビア(前9)
コメント
関連ニュース
thumb

フリーのヤヤ・トゥーレ、アジア上陸か 現役続行を表明!

元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(35)が現役続行の意思を表明した。 昨年12月にオリンピアコスを退団したヤヤ・トゥーレ。かつてモナコ、バルセロナ、マンチェスター・シティに籍を置き、過去4度のアフリカ年間最優秀選手賞受賞歴を誇るが、オリンピアコスを退団して以来、新天地は決まっていない。 そうした状況もあり、引退説も取り巻くヤヤ・トゥーレだが、まだ現役を続ける意向だという。イギリス『BBC』で去就について問われると、次のようにコメント。アジア上陸の可能性も示唆した。 「誰も僕をフットボール選手から退かせることはできない」 「今は自分のために重要な休養を取ることを決めただけ。選択肢を慎重に比較、検討することがすごく大切だ。まだ2,3年はやれる。だから、引退はないよ」 「(どこでプレーしたいか?) アメリカや中東、アジアはどうかな? 来シーズンのことを決断するだけの時間はある」 2019.04.22 08:25 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ連覇に向けた決勝ゴールのジョルディ・アルバ「全てを勝ち取りたい」

バルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバが、ゴールを決めたレアル・ソシエダ戦を振り返った。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 バルセロナは20日、リーガエスパニョーラ第33節でソシエダと対戦。ジョルディ・アルバは、1-1で迎えた64分にメッシからボックス左でパスを受け、そのまま中に切り込んで右足でシュートを沈め、チームは2-1で勝利した。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1b7j0rxgfv71v1f97lzdtkrf78" async></script> </div> 試合後、ジョルディ・アルバはソシエダ戦を振り返り、チャンピオンズリーグ後の試合であったために難しかったとコメント。また、リーグ連覇だけでなく、ベスト4に勝ち上がったチャンピオンズリーグも制したいと意気込んだ。 「今日のソシエダ戦は難しかった。特に、僕たちは多くを捧げていたマンチェスター・ユナイテッド戦後だったからね」 「でも、このチームはチャンピオンになりたいと思っている。全てを勝ち取りたいんだ」 「しかしながら、僕たちはハードワークを続けなければいけないし、僕たちの前に現れる相手をリスペクトする。そして、献身的でなければならないことも知っているんだ」 2019.04.21 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ラングレのリーガ初ゴールとアルバの右足ゴールが飛び出したバルサがソシエダ下し連覇に前進《リーガエスパニョーラ》

バルセロナは20日、リーガエスパニョーラ第33節でソシエダと対戦し、2-1で勝利した。 勝ち点74で2位のアトレティコ・マドリーと勝ち点差9を付けて首位を走るバルセロナ。前節はチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦を睨んで控えや若手選手で挑みウエスカと引き分けたが、狙い通りユナイテッドを退けて準決勝進出を決めた。 準決勝のリバプール戦までにリーガ優勝を確実にしておきたい中での一戦。スタメンにはメッシやスアレス、ラキティッチ、ピケなどいつものメンバーが顔を揃えた。 その本気のバルサが前半はソシエダの守備に苦しめられる。ボールは持てるものの、コンパクトにゴール前を固められ、効果的なパスが前線に供給できない。 そこでメッシがドリブルで打開を試みる。敵陣中央付近でファウルで止められると、クイックリスタートでスアレスへ。一瞬の隙を突いたスアレスはボックス右を侵攻するが、相手の粘り強い守備にシュートに繋げられなかった。 バルセロナが攻めあぐねていると36分、ルベン・パルドの浮き球パスでファンミにディフェンスラインの背後を取られてしまう。危険な場面だったが、ボックス左からのシュートはGKテア・シュテーゲンがセーブ。事なきを得た。 その後のスアレスのシュートもGKに止められ、このまま終わるかに思われた45分、バルセロナは左CKからラングレが頭で決めてようやく先制に成功。リードを得て試合を折り返した。 ラングレのリーガ初ゴールで先制したバルセロナは56分、アルトゥールを下げてブスケッツを投入。ここから試合が一気に動く。 62分、ソシエダは右サイド深い位置からスローイングでリスタート。一度後ろのメリノに戻すと、メリノから前線へ選手の間を抜く見事なスルーパスが送られる。これに反応したファンミがスライディングしながらシュートを流し込んで同点に追いつく。 しかし、バルセロナは黙っていなかった。失点から2分後、メッシからボックス左でパスを受けたジョルディ・アルバが中に切り込んで右足でシュート。これが右のサイドネットに突き刺さり、あっという間にバルセロナが再び勝ち越した。 その後、バルセロナは危なげない試合運びを見せ、2-1で逃げ切りに成功。また一つ、2連覇に近づいた。 2019.04.21 05:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ミルナー、バルサ撃破に自信「カンプ・ノウは難所だけど…」

リバプールの元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーが、チャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 リバプールは今シーズンのCL決勝トーナメントでここまで、バイエルン、ポルトを破りベスト4に進出。次の準決勝ではバルセロナと対戦することが決定すること決まったが、ミルナーは2年連続の決勝進出に自信を見せている。 「僕たちはバルセロナに勝つことができる。だけど、彼らは強敵でありカンプ・ノウは難所だから、とても難しい試合になるのは理解しているよ」 「バルセロナは、僕たちのようなスタイルのチームとたくさん対決したことはないと思う」 「カンプ・ノウは素晴らしい雰囲気で、素晴らしいスタジアムだ。ベストを尽くさなければならない。でも、彼らにとっても難しくなるだろうね」 なお、リバプールは5月1日にアウェイ・カンプ・ノウでの1stレグ、5月7日にホーム・アンフィールドでの2ndレグに挑む。 2019.04.20 20:08 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドはメッシ対策が甘かった! モウリーニョ指摘

ジョゼ・モウリーニョ氏が古巣マンチェスター・ユナイテッドのチャンピオンズリーグ(CL)敗退に言及した。イギリス『Tribal Football』が報じた。 準々決勝でバルセロナと激突したユナイテッドはホームでの1stレグで0-1の先勝を許すと、続く2ndレグで0-3の完敗。2戦合計0-4でベスト8敗退が決まった。その2ndレグ、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2得点を記録。今シーズン途中までユナイテッドを率いたモウリーニョ氏は、古巣の緩慢なメッシ対策が勝負を決したと話した。 「1stレグで中央をしっかりとケアしたが、ユナイテッドの(2ndレグに向けた)アプローチは異なった。メッシのポジションはわかりやすいが、彼を制御するゲージを作ることは簡単じゃない」 「1stレグでフレッジとマクトミネイが常に中央をケアしていたが、2ndレグは勝利が必要だったからか、中盤左右にポグバとマクトミネイ、トップ下にリンガード、アンカーにフレッジを置き、違う視点で試合に入った」 「その位置にメッシが入り込み、ボールを受け、一対一に持ち込まれたら、死んだも同然さ。私はメッシとの一対一を絶対に好まない。メッシを抑止するなら、彼専用のゲージを作らなければならない」 2019.04.20 10:25 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース