ミラン、コバチッチ争奪戦に参戦か

2018.08.03 15:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランが、レアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)争奪戦に参戦するようだ。イギリス『ミラー』が報じた。

▽出場機会の少なさを理由に、6月末の時点でマドリー退団を希望していたとされるコバチッチ。7月中旬にはフレン・ロペテギ新監督に対して直接、可能な限り早く将来を決定した旨を伝えたとして、マドリー側が慰留不可能だと考えていることが報じられていた。

▽新天地候補としては、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシーの他、古巣インテルも復帰を熱望しているようだ。さらに、『ミラー』がイタリア『ラ・レプブリカ』の情報を基に伝えたところでは、新たに手を挙げているミランがインテルと並び第1候補に躍り出ているという。

▽プレミアのクラブは来週の木曜日に移籍市場が閉まるため急ぐ必要があるということや、マドリー以前はインテルに所属していた同選手にとって、プレー経験があるセリエAへの復帰は魅力的なものだということが指摘されている。

▽また、移籍金は最低約6000万ユーロ(約78億円)にも上るとされており、2015年夏にインテルからマドリーに加入した際の移籍金は2200万ユーロ(約28億5000万円)だ。スペイン『マルカ』などでは3000万ユーロ(約38億8000万円)で加入したとも報じられていたが、いずれにしてもマドリーは投資額の倍額以上を得ることになりそうだ。

関連ニュース
thumb

ラツィオと交渉破綻報道のロマニョーリにフルアムの食指が動く

来季からプレミアリーグに昇格するフルアムが、元イタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリ(27)の獲得に動くようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 2021-22シーズン終了をもって、7年過ごしたミランを契約満了で退団したロマニョーリ。新天地に関してはラツィオが濃厚と見られていたが、給与面の隔たりから交渉は頓挫した模様。 そこで新たに移籍先候補として浮上しているのが、来シーズンから2シーズンぶりにプレミアリーグに昇格するフルアムだ。同クラブはセンターバックの強化を図っており、これまでにリバプールのウェールズ代表DFネコ・ウィリアムズ(21)や、マンチェスター・ユナイテッドのコートジボワール代表DFエリック・バイリー(28)などの名前が報じられた。 ロマニョーリについては、フルアムは年俸400万ユーロ(約5億6400万円)の4年契約を提示しているようで、ラツィオの年俸280万ユーロ(約3億9400万円)のオファーを断った27歳を納得させることができる金額となっている。 ただ、ラツィオはロマニョーリにとって生まれ育った地元のクラブ。これまでにもラツィオ愛を強調してきた同選手なだけに、そのオファーを簡単に断ってしまうとは考えにくいが…。 2022.07.02 17:01 Sat
twitterfacebook
thumb

「このシャツとファンのためにすべてを捧げた」、フロレンツィがローマにエモーショナルな別れ

ミランへの完全移籍が決定したイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィ(31)がローマにエモーショナルな別れを告げた。 ローマ生まれローマ育ちのフロレンツィは、セリエBのクロトーネでの武者修行を経て、2012-13シーズンからトップチームに定着。キャリア当初は攻撃的MFやセントラルMF、ウイングを主戦場としたが、以降は右サイドバックにコンバート。豊富な運動量と攻撃センス、中盤で培ったゲームメイク能力を生かし、攻撃的なサイドバックとして存在感を示した。 ただ、パウロ・フォンセカ前監督、ジョゼ・モウリーニョ監督の下では構想外とみなされ、2020年冬にバレンシア、翌シーズンにパリ・サンジェルマン、直近の2021-22シーズンはミランへのレンタル移籍を経験。 そのミランでは公式戦30試合2ゴールの数字を残し、スクデット獲得に貢献。この活躍が評価され、300万ユーロ(約4億2000万円)と言われる移籍金で完全移籍。2025年までの3年契約にサインした。 ローマで通算280試合28ゴール32アシストを記録し、元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシの退団後はカピターノを務めたフロレンツィ。 プスカシュ賞最終候補にも挙がったバルセロナ戦でのスーパーロングシュート、スタンドに招待した祖母とハグしたゴールセレブレーションと、記録にも記憶にも残るロマニスタのアイドルは、永遠の都との別れに際し、自身の公式インスタグラムでエモーショナルなメッセージを綴った。 「やあ、ローマのみんな。それは素晴らしい旅だった!」 「トリゴリアに来たのは11歳だった。この20年間で僕はあなた方に別れを告げたのはたったの4回だ」 「最初のときは、成長して「骨を埋める」ため、他の場合は、常に想像していたものと異なる状況を受け入れることを人生から教えられた」 「僕は常に沈黙の道を選んできた。なぜなら、そこからチームとクラブを尊重するという意味が生まれるからだ」 「何年にもわたってトリゴリアで働いてきた人たちに心から感謝したいと思う。僕らは一緒に家にいたんだ」 「穏やかに、僕はこのシャツとファンのために自分のすべてを捧げたことを知っている…みんなの今後の成功を心から願ってるよ!」 ローマでのキャリア終盤は受け入れがたい状況が続いたものの、クラブへの愛情から常に冷静な姿勢を崩さなかったフロレンツィ。 フランチェスコ・トッティ、デ・ロッシとカリスマ性に満ちた偉大なる先達とは異なるキャラクターでジャッロロッシの一時代を牽引してきた31歳は、穏やかな形で古巣に別れを告げた。 2022.07.02 14:59 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランが38歳ベテランGKミランテとの契約延長OPを行使

ミランは1日、GKアントニオ・ミランテ(38)との契約延長を発表した。 新契約は2023年6月30日までの1年間で、元の契約に付帯していた延長オプションを行使したとのことだ。 ミランテはユベントスの下部組織出身で、クロトーネやシエナ、サンプドリアへのレンタル移籍を経験。2008年7月にサンプドリアへと完全移籍すると、パルマ、ボローニャ、ローマと渡り歩き、2021年10月にミランへと加入した。 2021-22シーズンはミランで出番はなかったものの、契約を延長。これまでセリエAで368試合に出場しているベテランが控えの立場でチームを支えることになる。 2022.07.02 13:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランがフロレンツィを完全移籍で獲得、3年契約締結

ミランは1日、ローマのイタリア代表DFアレッサンドロ・フロレンツィ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの3年間となっている。 ローマの下部組織出身であるフロレンツィは、2020年1月に出場機会を求めてバレンシアへ、2020年9月にパリ・サンジェルマンへレンタル移籍。そして2020-21シーズンはミランにレンタル移籍していた。 そのミランではケガがありながらもセリエAで24試合(うち先発は12試合)に、チャンピオンズリーグで4試合(先発はなし)に出場し、準主力としてミランの11年ぶりスクデット獲得に貢献していた。 2022.07.02 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン、優勝の立役者マルディーニ&マッサーラと2024年まで契約更新

ミランは1日、テクニカル・ディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏(54)とスポーツ・ディレクターを務めるフレデリック・マッサーラ氏(53)の両氏と2024年6月まで契約を延長したことを発表した。 マルディーニ氏は2018年9月にミランのフロント入り。翌年にTDに昇格していた。一方、ローマのSDを務めていたマッサーラ氏は2019年6月にミランのSDに就任していた。 両氏は2019年10月より指揮を執るステファノ・ピオリ監督を高く評価。結果、2021-22シーズンはピオリ監督の手腕によってミランは11年ぶりにスクデットを奪還するに至っていた。 2022.07.02 06:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly