ダビド・シルバ、故郷への想い再び「いつの日かラス・パルマスと一緒に」

2018.07.25 16:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティに所属するスペイン代表MFダビド・シルバが、改めてラス・パルマスに対する愛情を語った。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽シティとの契約を2019年まで残しているシルバ。契約満了後には出身地であるカナリア諸島のクラブ、ラス・パルマスでのプレーを望んでいることが、昨年夏にも報じられていた。ロシア・ワールドカップ(W杯)を終え、休暇を過ごしたシルバが、改めて故郷への愛情を口にしている。

「(帰郷時はいつも)信じられない程の歓迎だし、今回はもっとだ。僕はここで幸せだし、うち(故郷)の島や人々をいつも満喫しているんだ」
「ラス・パルマスのためにプレーしたいけど、一人が望んだからといってフットボールではそれがいつも叶うとは限らない。ただ望むことは彼らがベストであること。いつの日か彼らと一緒にプレーできたらいいんだけどね」

▽シルバは以前にも、「もしスペインに戻るならラス・パルマスだ」と発言。自身の胸の内では、一貫して故郷の存在が大きなものであることを示している。

関連ニュース
thumb

バルサ、18歳MFモレイロを来冬にも獲得へ? “NEXTペドリ”と称される逸材

バルセロナが、来冬にもラス・パルマスのU-21スペイン代表MFアルベルト・モレイロ(18)を獲得する可能性があるようだ。スペイン『ムンド・デポルディポ』が伝えている。 セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のラス・パルマスの下部組織で育ったモレイロ。キューバにルーツを持ち、身長169cmと小柄ながらも、繊細なボールタッチや創造性溢れるプレーから“NEXTペドリ”とも称される逸材だ。 そんなモレイロの獲得を目指し、バルセロナは7月に正式オファーを提示。苦しい財政事情もあって今夏は断念したとされるが、来冬や来夏も獲得できるチャンスが高いと踏み、現在もなお動向を注視しているという。 だが、状況が少しずつ変化。ラス・パルマスは現在、セグンダの首位で来季のラ・リーガ昇格が現実的な目標に。主軸としてチームをけん引するモレイロには3000万ユーロのリリース条項が設定されているものの、昇格が決まった場合、6000万ユーロ(約83億円)まで膨れ上がるとのことだ。 そのため、バルセロナとしてはモレイロを来夏まで待っているとおよそ2倍のコストがかかる可能性があり、来年1月の移籍市場で確保するのが最善のシナリオとなったようだ。 2022.09.29 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

元バルセロナFWサンドロ・ラミレス、古巣ラス・パルマスに買取OP付きレンタルで加入

ラ・リーガ2部のラス・パルマスは22日、ウエスカのスペイン人FWサンドロ・ラミレス(27)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ラス・パルマスとバルセロナの下部組織で育ったストライカーのサンドロ・ラミレスは、バルセロナでプロデビュー後にマラガで活躍。しかし、その後は振るわずエバートンやセビージャ、レアル・ソシエダ、バジャドリーでは結果を残せなかった。 2020年10月からはウエスカに所属し、昨季はヘタフェにレンタル移籍。ラ・リーガ28試合出場で3ゴールを記録していた。 2022.08.22 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ビトロが古巣ラス・パルマスに2度目のレンタル! 昨季ヘタフェではキャリア最低の出場数

ラス・パルマスは21日、アトレティコ・マドリーから元スペイン代表MFビトロ(32)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 昨夏、1年間のレンタル移籍で加入したヘタフェでは、プロキャリアでワーストとなる公式戦7試合の出場に留まったビトロ。2024年まで契約を残すアトレティコでも当然構想外の扱いとなっていた中、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)に所属する古巣へレンタル移籍することになった。 生まれ故郷のラス・パルマスでプロキャリアをスタートしたビトロは2013年に加入したセビージャで台頭。卓越したスプリント能力と積極果敢な仕掛けを武器に、リーグ屈指のサイドアタッカーとしてセビージャのヨーロッパリーグ3連覇に貢献した。 その後、2017年夏にアトレティコが契約解除金を支払う形で移籍が決定も、当時アトレティコが国際サッカー連盟(FIFA)から補強禁止処分を受けていた影響で古巣ラス・パルマスへの半年間のレンタルを経て、2018年1月に正式加入した。 そのアトレティコでは2019-20シーズンにラ・リーガ28試合に出場したものの準主力の域を出ず、在籍3年半で途中出場をメインに公式戦101試合7ゴール9アシストの数字に留まっていた。 2022.07.21 22:35 Thu
twitterfacebook
thumb

セスク、西2部ラス・パルマスからのオファーを拒否

フリーの元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(35)が、セグンダ(スペイン2部)に所属するラス・パルマスからのオファーを拒否したようだ。 これまでアーセナルやバルセロナ、チェルシーで輝かしいキャリアを送ってきたセスクは、今夏に2019年1月に加入したモナコを退団。昨季までの2シーズン半では公式戦63試合に出場していたが、今季はハムストリングのケガやコロナ感染による体調不良でわずか5試合の出番にとどまった。 海外クラブを含めた多くのクラブが元スペイン代表MFの動向に注視する中、6シーズンぶりのラ・リーガ復帰を目指すラス・パルマスは、逸早く正式オファーを提示し数週間前から交渉を続けていた。 しかし、同クラブのミゲル・アンヘル・ラミレス会長はカタルーニャのラジオ番組『Que T'Hi Jugues』で「セスクがラス・パルマスでプレーすることはない。我々は3週間に渡って交渉を続けたが、彼の優先することは他にある」と、合意に至らなかったことを明かした。 引退も迫る年齢だが、フランス『So Foot』のインタビューでは「まだ終わったという実感はない。ただ、自分のサッカーを楽しみ、ある程度のレベルで競争し続けたいんだ」とコメントしていたセスク。果たしてどこでプレーすることになるのだろうか。 2022.07.15 01:50 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナが“NEXTペドリ”獲得を目指して交渉 ビッグクラブ注目の18歳

バルセロナはラス・パルマスでプレーするU-19スペイン代表MFアルベルト・モレイロ(18)を獲得しようとする動きがあるようだ。 セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)に在籍するラス・パルマスの下部組織出身であるモレイロ。身長169cmの攻撃的MFで、“NEXTペドリ”と称されるように、繊細なボールタッチ、ターンの技術、相手の逆を突くドリブルと局面打開能力が非常に高く、パスや創造性にも優れるアタッカーだ。 デビューシーズンの昨季を公式戦38試合の出場で3ゴール1アシストの数字で飾った逸材を巡り、スぺイン『マルカ』によると、以前から関心が噂されてきたバルセロナが交渉を開始した模様。しかし、ラス・パルマスはペドリ移籍時に陥っていた財政難を脱したことから、若手スターの放出に慎重で、高額のオファーが必要となるようだ。 ラス・パルマス側は売るとなれば、インセンティブなしでの移籍金支払いを要求。500万ユーロ(当時のレートで約5億8000万円)の移籍金にプラスしてインセンティブが付帯したペドリの取引とは条件面でも異なるアプローチが求められ、トップチームでプレーさせない場合においてもラス・パルマスに1年貸し出すなどの条件を受け入れる必要があるという。 なお、モレイロに対しては他にもマンチェスター・シティやウォルバーハンプトン、RBライプツィヒといった国外クラブからの関心の噂も。18歳の逸材は偉大な先輩の足跡を辿り、バルセロナへの加入を選択するだろうか。 2022.07.11 12:59 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly