元G大阪の広島DF丹羽大輝、長谷川トーキョーに完全移籍加入

2018.07.18 12:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC東京は17日、サンフレッチェ広島に所属する元日本代表DF丹羽大輝(32)の完全移籍加入を発表した。背番号は「5」に決まっている。

▽ガンバ大阪ユース出身の丹羽は、2004年のトップチーム昇格後、徳島ヴォルティス、大宮アルディージャ、アビスパ福岡に期限付き移籍。2012年にG大阪復帰を果たすと、2013年から指揮を執った長谷川健太現・FC東京監督の下でJ2優勝や、2014年の三冠達成、2015年の天皇杯連覇に貢献した。

▽その後、2017年夏から出場機会を求めて広島に完全移籍。しかし、城福浩監督が就任した今シーズンは、明治安田生命J1リーグ第15節終了時点でわずか1試合の出場にとどまった。MF大森晃太郎やFWリンスに続き長谷川監督と再タッグを組むことになったことを受け、次のようにコメントしている。

◆FC東京
「今やらなければならない事をきちんと整理して、自分が持っている力を100%以上出して、これまで培ってきたものをこのチームに全てささげたいと思います。ピッチの上で共に叫び共に笑い共に戦いましょう!!」

◆サンフレッチェ広島
「去年、残留を勝ち取れたこと、今年、今の成績を残せていること、すべてはサポーターの皆さんと共に力を合わせた結果だと思っています。一年間エディオンスタジアムの声援を受けながらプレーできたことはこれ以上ない幸せでした。これからもサンフレッチェ広島の後押しをよろしくお願いします。本当にありがとうございました。またお会いしましょう」

関連ニュース
thumb

福岡、元カメルーン代表FWジョン・マリが完全移籍で復帰「アビスパ福岡の戦士として常に全力を尽くして」

アビスパ福岡は7日、サウジアラビアのアル・シャバブから元カメルーン代表FWジョン・マリ(29)が完全移籍で加入することを発表した。 背番号は「45」をつけることとなる。 ジョン・マリは、ブリーラム・ユナイテッド、バンコク・クリスチャン・カレッジ、クラビー、プラチュワップとタイのクラブや、ヴォイヴォディナ(セルビア)、ルダル・ヴェレニエ(スロベニア)と渡り歩くと、中国の梅州客家、深圳でプレー。2021シーズンは福岡へ期限付き移籍で加入していた。 アフリカ人選手特有の並外れた身体能力を持つジョン・マリは、明治安田生命J1リーグで16試合に出場し5得点、YBCルヴァンカップで2試合2得点、天皇杯で1試合に出場した。 期限付き移籍満了となり福岡を退団すると、アル・シャバブへと完全移籍。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では2試合に出場し1ゴールを記録していた。 半年ぶりに福岡に復帰するジョン・マリはクラブを通じてコメントしている。 「再び声をかけてくれたことを、私、そして私のファミリーも、とても嬉しく光栄に思っています」 「チームを勝利へ導くためにピッチ内外問わず、アビスパ福岡の戦士として常に全力を尽くして戦っていきます。そしてファン・サポーターの皆さんとまた会えるのがとても楽しみです」 2022.07.07 21:20 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋MF阿部浩之が湘南へ期限付き移籍「とにかく勝つことにこだわる」

湘南ベルマーレは7日、名古屋グランパスのMF阿部浩之(33)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は、2023年1月31日までとなる。背番号は「49」。13日までは名古屋の活動に参加する予定とのことだ。 阿部は大阪桐蔭高校から関西学院大学を経て、2012年にガンバ大阪へと入団。6シーズンを過ごすと、2017年に川崎フロンターレへと完全移籍。3シーズンプレーし、2020年に名古屋へと加入していた。 これまで名古屋ではJ1通算50試合に出場し5得点、YBCルヴァンカップで8試合1得点、天皇杯で4試合2得点を記録。今季も公式戦23試合に出場し4得点を記録していた。 阿部は両クラブを通じてコメントしている。 ◆湘南ベルマーレ 「湘南ベルマーレのサポーターの皆さん、はじめまして阿部浩之です。とにかく勝つことにこだわり、皆さんと一緒に闘いたいと思います!よろしくお願いします」 ◆名古屋グランパス 「湘南ベルマーレに期限付き移籍することになりました。グランパスに来てすぐにコロナ禍になってしまい、制限の多い中でも常に応援してくれたファミリーのみなさんには感謝しています」 「ただ、満員の豊田スタジアムで自分のチャントを聞けなかったことが心残りです。2年半応援してくださり、ありがとうございました!」 2022.07.07 21:07 Thu
twitterfacebook
thumb

7年ぶり湘南復帰のMF永木亮太が名古屋へ期限付き移籍「一番は申し訳ない気持ち」

名古屋グランパスは7日、湘南ベルマーレのMF永木亮太(34)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は、2023年1月31日までとなる。背番号は「20」。 永木は東京ヴェルディ、川崎フロンターレの下部組織で育ち、中央大学を経て2011年に湘南へと入団する。 チームの中心選手として5シーズンにわたってプレーすると、2016年に鹿島アントラーズへと完全移籍。鹿島でも中盤で存在感を発揮し、6シーズンプレーした中、今シーズンんから湘南に復帰し話題を呼んでいた。 しかし、今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで6試合、YBCルヴァンカップで3試合、天皇杯で2試合に出場し1得点に終わっており、今回名古屋へと期限付き移籍することとなった。 永木は両クラブを通じてコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「このたび、湘南ベルマーレから期限付き移籍で加入することになりました、永木亮太です。自分の持っている力を100%出して、チームの勝利に貢献できるように頑張ります!よろしくお願いします」 ◆湘南ベルマーレ 「この度、名古屋グランパスに期限付移籍をすることになりました。湘南に戻ってきて、なかなかチームの力になれずに、悔しさや不甲斐なさがたくさんありましたが、一番は申し訳ない気持ちです」 「ただ、湘南で過ごしたこの短い期間でもたくさんのことを学べましたし、成長できたところもありました」 「次のチームでまた元気にプレーしている姿を見せられるように頑張ります!本当に短い間でしたがありがとうございました」 なお、チームへの合流は9日に予定されている。 2022.07.07 21:01 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋が福岡MF重廣卓也を完全移籍で獲得「持てる力を全て出し尽くす」

名古屋グランパスは7日、アビスパ福岡のMF重廣卓也(27)が完全移籍で加入することを発表した。チームへの合流は9日になる。 重廣は、広島県出身で、広島皆実高校から阪南大学を経て、2018年に京都サンガF.C.へと入団する。 京都では2シーズンを過ごし、明治安田生命J2リーグで61試合に出場し5得点。天皇杯で1試合に出場し、2020年に福岡へ完全移籍した。 福岡では1年目に明治安だJ2で19試合に出場し1得点を記録。チームのJ1昇格に貢献すると、2021シーズンは明治安田生命J1リーグで23試合、YBCルヴァンカップで3試合、天皇杯で1試合に出場。しかし、今季はここまで公式戦6試合の出場に終わっていた。 重廣は両クラブを通じてコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスに関わる全ての皆さま、はじめまして。アビスパ福岡から加入することになりました重廣卓也です」 「名古屋グランパスという歴史あるクラブでプレー出来ることに感謝し、自分の持てる力を全て出し尽くし、クラブに貢献したいと思います。応援よろしくお願いします!」 ◆アビスパ福岡 「この度、名古屋グランパスへ完全移籍する事になりました。アビスパ福岡に在籍していたこの2年半でJ2からJ1昇格という貴重な経験をさせていただき、僕にとってとても大きな財産になりました」 「そして、共に戦ったチームメイト、スタッフの方々にはすごく恵まれていて、とてもいい環境で毎日楽しくサッカーをする事が出来ました」 「また、いつも応援してくださった、ファン・サポーターの皆さん、試合で勝った時の喜びや興奮、負けた時の悔しさや悲しみを一緒に分かち合えたことは僕にとってかけがえのない時間となりました」 「大好きなこの福岡の地を離れるのは寂しいですが、ここでの経験を活かして、次のステージで頑張りたいと思います」 「最後になりますが、この2年半で僕を支えてくださった方々、そしていつも熱いエールを送ってくださったファンの方々、本当にありがとうございました」 2022.07.07 18:39 Thu
twitterfacebook
thumb

大分が保田堅心&佐藤丈晟の来季トップ昇格を決定 今季ともに2種登録

大分トリニータは7日、同クラブU-18に所属するMF保田堅心(17)とMF佐藤丈晟(17)の来季トップチーム昇格決定を発表した。 両選手は今季から2種登録選手としてトップチーム入り。ここまでは保田が公式戦7試合、佐藤が4試合(1得点)に出場している。 シーズン中でのトップチーム昇格決定を受け、2選手はそれぞれ喜びの思いとともに決意を語っている。 ◆保田堅心 「小さい頃からの目標であるプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思います。これまで育ててくれた両親をはじめ、支えてくださったたくさんの方々へ感謝の気持ちでいっぱいです。しかし、ここがゴールではないのでここから大分トリニータを代表する選手になれるよう感謝の気持ちを忘れず謙虚に努力していきます。たくさんの人にサッカーを通じて感動と勇気を与えられるよう、大分トリニータのために全力で戦います。応援よろしくお願いします」 ◆佐藤丈晟 「トップチーム昇格できてとても嬉しいです。一人の力ではなく、家族や、小学校の頃から教えてくれたコーチ陣、周りの人々が支えてくれたから諦めずここまで来れたと思います。でも、自分に足りないプレーはたくさんあります。トップチーム昇格で満足せずもっと練習して、これからの試合に絡めるように頑張っていきます」 2022.07.07 14:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly