ドイツ2部ケルン、昨季デュッセルドルフ1部昇格の立役者・宇佐美貴史獲得を検討か

2018.07.17 11:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ2部のケルンが、アウグスブルクに所属する日本代表FW宇佐美貴史(26)の獲得に興味を抱いているようだ。ドイツ『エクスプレス』が伝えている。

▽2017-18シーズンにレンタルでデュッセルドルフに加わり、昨季リーグ戦28試合8ゴール3アシストでブンデスリーガ2部制覇と1部昇格に貢献した宇佐美。同選手の引き留めを目指すデュッセルドルフだが、アウグスブルクが要求する300万ユーロ(約3億9000万円)の支払いに難色。交渉の行き詰まりが取り沙汰され、撤退の可能性も伝えられている。

▽今回伝えられるところによると、ケルンが宇佐美獲得を検討。移籍交渉が行われていたかは定かではないが、アウグスブルクのスポーツディレクターを務めるシュテファン・ロイター氏が、ケルンのキャンプ地に訪れて、ケルンのスポーツディレクターであるアルミン・フェー氏と1時間半の会談を行っていたことも伝えている。


関連ニュース
thumb

奥川がアシストもケルンとドローのビーレフェルトは4試合勝利なし…《ブンデスリーガ》

奥川雅也の所属するビーレフェルトは4日、ブンデスリーガ第14節でケルンと対戦し1-1の引き分けに終わった。奥川はフル出場している。 前節バイエルンに惜敗し3試合ぶりの白星を目指す17位ビーレフェルト(勝ち点9)が、前節6試合ぶりの勝利を飾った10位ケルン(勝ち点18)をホームに迎えた一戦。ビーレフェルトの奥川は[4-2-3-1]の左MFで4試合連続のスタメンとなった。 一進一退の立ち上がりとなる中、ビーレフェルトは17分に失点する。中盤でキリアンがはじき返したボールをバイタルエリアで拾ったチホスがが反転からパスを供給。これを受けたエズジャンがゴールエリア左横まで切り込み冷静にシュートを流し込んだ。 先制を許したビーレフェルトは25分、中盤からのロングフィードで相手DFの裏に抜け出したクロスがGKとの一対一を迎えたが、シュートはGKシュワーブが右足でブロック。 さらにビーレフェルトは、前半アディショナルタイムにも左CKからファーサイドのクロスがヘディングシュートで合わせたが、これはゴールカバーに戻ったシュミッツにゴールライン上でのアクロバティックなクリアでかき出された。 1点のビハインドで後半を迎えたビーレフェルトは57分にF・クンゼを下げてラズミを投入。すると59分、左サイドからのスローインをボックス左でクロスが落とすと、ボックス左手前の奥川がワンタッチで中央へ。これをボックス内で受けたラズミがワントラップからシュートをゴール左隅へ流し込んだ。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、最後まで追加点は生まれず。試合は1-1の痛み分けに終わった。 2021.12.05 01:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ケルン守護神ホルン、ヒザの負傷で年内絶望

ケルンのドイツ人GKティモ・ホルンがヒザを負傷し、年内絶望となったようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 ホルンは21日に行われたブンデスリーガ第12節マインツ戦で先発。フル出場していたが、相手FWカリム・オニシウォとの接触でヒザを負傷していた。 ケルンは診断の結果を発表していないが、『キッカー』は年内中の復帰は不可能だと主張している。 ホルンは今季開幕から12試合フル出場中で、マインツ戦が自身ブンデスリーガ200試合出場目だった。 2021.11.23 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

槙野智章が浦和を今季退団…在籍10年間は「大きな財産であり、宝物であり、僕の全て」

浦和レッズは16日、元日本代表DF槙野智章(34)の契約満了に伴う今季退団を正式発表した。 槙野はサンフレッチェ広島下部組織出身で、2006年にトップチームデビュー。2010年1月のケルン移籍で欧州挑戦後、2012年に浦和入りした。その浦和では対人守備だけでなく、底抜けに明るい性格でチームを統率。チームとしてもAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)や天皇杯、Jリーグカップなどのタイトルに貢献した。 だが、在籍10年目の今季はチームとして掲げる3カ年計画の2年目となるなか、徐々に色濃くなる世代交代の流れを受けて序列が低下。シーズン当初こそメインポジションであるセンターバックでの出場が続くなど、ここまで公式戦44試合で3得点1アシストの数字を残すが、9月あたりからサブに回る頻度が増加しつつある。 槙野はリリースで『浦和レッズを愛するみなさま』と書き始め、「2021年シーズンまだ試合は続きますが、みなさまにお伝えしたいことがあります。このたび、私、槙野智章は契約満了になり、浦和レッズを離れることとなりました」と自らも今季退団を明かすと、感謝の思いや他クラブでの現役を続ける意向を記した。 「浦和での10年間。僕にとって大きな財産であり、宝物であり、僕の全てです。ファン・サポーターのみなさんが僕を強くしてくれました。成長させてくれました。みなさんが居なければ今の僕は存在しません」 「勝っているとき、負けているとき、どんなときでも僕の後押しをしてくれました。みなさんの声が、作り出す空気が、いつも勇気を与えてくれて、だから僕は勇敢に闘えました」 「その声援で僕はサッカー選手として強くなれたと思っています。浦和レッズとのお別れの時が、ユニフォームを脱ぐタイミング。と考えていたのですが、今となっては叶わぬ夢となりました」 「チームは変わりますが、また埼玉スタジアムに帰って来た際には、今まで浴びせたことのない特大の大きな大きなブーイングをしてください。それまでもう少し走り続けたいと考えています」 「10年の振り返りで、喜びや、悲しみ、などの多くの感情があり、文章で表しきれませんが、素直な気持ちでいうと、とても悲しいです。寂しいです。それでも僕は幸せです。ありがとう。浦和レッズ。行ってきます。浦和レッズ。We are REDS!」 2021.11.16 18:10 Tue
twitterfacebook
thumb

大迫勇也の元“相棒”モデストがゴールを喜び監督の帽子を強奪、ダンスまで披露するもやや怒られる

ケルンのステッフェン・バウムガルト監督がフランス人FWアントニー・モデストに注文をつけた。 ケルンは7日、ブンデスリーガ第11節でMF原口元気とMF遠藤渓太が所属するウニオン・ベルリンをホームに迎えた。 原口が先発した試合は、開始7分にモデストがゴールを奪いケルンが先制するも、直後の9分にウニオンが追いつくと、追加タイム1分には原口のアシストからウニオンが逆転に成功した。 それでも86分、左CKからモデストがヘディングシュートを叩き込み、土壇場でケルンが同点に追いつき、2-2のドローで決着となった。 ケルンの同点ゴールの場面、喜びを爆発させたモデストはバウムガルト監督のもとへ駆け寄ると、監督が被っていたハンチング帽を強奪。それを自身の頭に被り、ダンスを披露した。 しかし、逆転を目指していたバウムガルト監督は笑顔ひとつ見せず、さっさと戻れと言わんばかりに追い払っていた。 試合後、バウムガルト監督はユーモアを交えてモデストに注文。「彼は私の帽子をかぶりたいなら、次は3点取らないといけない。ランバダのダンスは彼に任せるよ。私はもうできない」と語った。 昨シーズンは結果を残せず、後半戦はサンテチェンヌへとレンタル移籍していたモデストだが、今シーズンはここまで公式戦13試合で10ゴール、ブンデスリーガでも10試合8ゴールと爆発中。次こそはハットトリックを決めて、文句無しでバウムガルト監督のハンチング帽を被りたい。 <span class="paragraph-title">【動画】モデストがバウムガルト監督の帽子を被ってダンスも監督はおこ</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Z4PC1UyBHoo?start=100" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.11.08 21:01 Mon
twitterfacebook
thumb

原口が2戦連続アシスト、ウニオンは逃げ切り失敗で3戦未勝利《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは7日、ブンデスリーガ第11節でケルンとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。ウニオンのMF原口元気は84分までプレーし、MF遠藤渓太はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節バイエルン戦を5失点完敗となった6位ウニオン(勝ち点16)は、アシストを記録した原口が[3-5-2]のインサイドMFでスタメンとなった。 11位ケルン(勝ち点13)に対し、ウニオンは7分に失点する。カインツのミドルシュートがバーに直撃したルーズボールをモデストに押し込まれた。 それでも2分後、左クロスを受けたボックス手前右のライアーソンがゴール右へシュートを流し込んでウニオンがすかさず追い付いた。 1-1となって以降はケルンに押し込まれる時間が続いたウニオンだったが、追加タイム1分に逆転する。敵陣高い位置でプロメルがボールを奪った流れから原口がボックス右でキープ。冷静にラストパスを送り、プロメルがシュートを蹴り込んだ。 原口の2戦連続アシストで2-1として迎えた後半、ウニオンがケルンの攻勢を耐える時間が続く。 ケルンに好機を許さず時間を進めていたウニオンは84分に原口がピッチを後にした中、86分に同点とされてしまう。左CKからモデストにヘディングシュートを決められた。 その後もカインツに決定的なシュートを許したウニオンだったが、2-2で終了。逃げ切りに失敗し、3戦未勝利となった。 2021.11.08 03:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly