レアル・マドリー、“ウクライナ期待の若手”GKルニン獲得でゾリャと合意! 契約期間は6年間2018.06.23 04:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは23日、ゾリャ・ルハンシク(ウクライナ)に所属するウクライナ代表GKアンドリー・ルニン(19)獲得へ合意に達したことを発表した。▽クラブの発表によると契約期間は6年間。スペイン『マルカ』が伝えるところによると、移籍金は推定で1400万ユーロ(約18億円)になるようだ。

▽各年代別のウクライナ代表に選出され、フル代表でも19歳にしてすでに2キャップを記録している身長191㎝と長身GKルニン。シュートストップに優れ欧州で最も評価されている若手の1人だ。プロデビューを飾ってからこれまでの2シーズンでは、公式戦通算51試合に出場して20試合でクリーンシートを達成している。
コメント
関連ニュース
thumb

レアル・マドリーに居場所がないGKナバスはポルトガル行きか?

レアル・マドリーを退団することが濃厚なコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(32)だが、新天地はポルトガルになりそうだ。ポルトガル『A Bola』が報じた。 2014年9月にレバンテからマドリーへと加入したナバスは、2015-16シーズンに正守護神に昇格。リーガエスパニョーラで34試合、チャンピオンズリーグで11試合に出場。その後も正守護神としてマドリーのゴールを守り続けてきた。 しかし、2018-19シーズンはチェルシーから加入したベルギー代表GKティボー・クルトワにポジションを奪われ、正守護神の座を譲ったナバス。リーガエスパニョーラで10試合、チャンピオンズリーグでは3試合の出場にとどまると、ジネディーヌ・ジダン監督の息子であるリュカ・ジダンにも序列で負けていた。 来シーズンの構想にも含まれていないとされるナバスは、今夏の退団が濃厚と見られている。そのナバスには、元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが退団したパリ・サンジェルマンが興味を示していた中、ベンフィカが獲得に動いているようだ。 ベンフィカは、バルセロナからの移籍を公言しているオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)の獲得に動いていたが、シレッセンがバレンシアに移籍する可能性が浮上。そこで、ナバスにターゲットを切り替えたと見られている。 ベンフィカのルイス・フィリペ・ビエラ会長は、FWラウール・デ・トーマスの移籍についてマドリーと話し合い、その際に、ナバスの移籍についても話し合うとのことだ。 2019.06.20 14:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ポグバの希望はレアル移籍よりユーベ復帰

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)がユベントス復帰を希望しているという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 今夏、レアル・マドリーや、ユベントスの関心報道が取り巻くポグバ。16日の来日時に出席したイベント先で「タイミング的に新たなところで新たなチャレンジすべき」との意向を明かしたことで、より退団の憶測が熱を帯びている。 そのポグバの望みは、以前から取り沙汰されてきたレアル・マドリー行きでなく、ユベントスへの帰還。ポグバの連れ戻しに熱心なユベントスはユナイテッドに接触する前に、選手の賃金要求をクリアする解決策を探っている状況だという。 ユナイテッドはポグバを手放すとなれば、移籍金として1億5000万ポンド(約204億7000万円)を要求する姿勢だが、現時点で放出の意思なし。ただ、ポグバに契約延長に応じる可能性は低く、放出に動くプランもある模様だ。 なお、ポグバの残る現行契約は、2年+1年の延長オプション。去就はいかに…。 2019.06.20 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、エリクセン獲得にセバージョス+60億超えを用意へ

レアル・マドリーが、トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(27)の獲得に向けてオファーを提示する準備ができているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 2013年にアヤックスからトッテナムに加入して以降、卓越した攻撃センスやテクニック、豊富な運動量を武器に絶対的な司令塔に君臨しているエリクセン。今シーズンも公式戦51試合に出場し、10ゴール17アシストを記録した。 そのエリクセンは、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの後継者を探すマドリーへの移籍が長らく取り沙汰されている。最近ではステップアップを希望するコメントも残していた。 とはいえ、マドリーがマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(26)が第1ターゲットにしていることからエリクセンを巡っては進展が無かった。 しかし、今回伝えられるところによれば、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が熱視線を送っているスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)の譲渡+4500万ポンド(約61億3000万円)でエリクセンの獲得を目指すとのことだ。 2019.06.19 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG会長、ムバッペ残留“200%”確信「こんな最高な選手、手放さない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケラフィ会長が、フランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)の残留を強調している。イギリス『BBC』が『フランスフットボール』を引用して伝えた。 フットボール界のニュー・スターとして、その存在感を高め続けるムバッペ。リーグ・アンでは最終節を残して、ここまでリーグ戦29試合33ゴール9アシストを記録し、2018-19シーズンのリーグ・アン年間最優秀選手賞と3年連続の年間最優秀若手選手賞に輝いた。 しかし、その授賞式でムバッペが「ここで多くのことを学ばせてもらった。次は、その僕がもっと責任を負うべきときなのかもね。その場所がPSGであれば、大きな喜びだけど、新しいプロジェクトを持つ他の場所かもしれない」と移籍をほのめかすようなスピーチを発したことが原因で周囲を騒がせた。その後、クラブは火消しのツイートをし、その場を収めたが、依然としてレアル・マドリーからの関心が伝えられている。 そうした状況の中だが、PSGのアル・ケラフィ会長はムバッペのクラブ残留を確信している。 「こんな最高な選手、手放さないよ」 「彼はチームやクラブと成長するという我々のプロジェクトに関わりたいと思ってくれている。彼はとても知的で理解してくれている。彼が来年もPSGにいるかって? 100パーセントではなく、200パーセントと確信している」 2019.06.19 14:10 Wed
twitterfacebook
thumb

“ネイマール2世”のロドリゴがレアル・マドリー入団会見「大きな喜びを与えたい」

レアル・マドリーのU-20ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエス(18)が18日、サンチャゴ・ベルナベウで入団会見を行った。 昨夏、複数クラブとの争奪戦を制し、約4500万ユーロの移籍金でサントスからレアル・マドリーへの加入内定を決めたロドリゴ。左ウイングを主戦場とする同選手は、ブラジルの逸材として“ネイマール2世"と評されている。 年齢制限の影響もあって1年越しでのレアル・マドリー入りとなったロドリゴは入団会見で、「僕はまず家族や僕のためにしてくれたことについて神様に感謝しているし、家族のみんなやずっと僕の側にいてくれた人々にも感謝している。そして僕の仕事ぶりに信頼を寄せてくれた会長、愛情を与えてくれたレアル・マドリーのサポーターに感謝しているよ。僕はあなたたち全員に大きな喜びを与えられることを願っている」とコメント。 また、レアル・マドリーの会長を務めるフロレンティーノ・ペレス会長は「レアル・マドリーに素晴らしい若者の一人がやって来た。彼はその若さにもかかわらず、サッカーへの要求や好みが実質的に人生のフィロソフィーである国で、そのプレーやサッカーの理解の仕方、そのキャリアで賞賛を得ている選手である。彼はボールとともに成長し始めてからこの瞬間を夢見てきた。本日、我々はロドリゴ・ゴエスをレアル・マドリーの新加入選手として歓迎する」と未来のロス・ブランコスを担うタレントに期待を込めた。 2019.06.18 23:08 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース