セルタ、下部組織出身の“ガラスの守護神”GKルベン・ブランコと契約延長2018.06.22 03:25 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セルタは21日、スペイン人GKルベン・ブランコ(22)との契約延長を発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。

▽2010年にセルタの下部組織に入団したルベン・ブランコは、2013年にトップチームに昇格すると、同年5月26日のレアル・バジャドリー戦でリーガデビュー。2013-14シーズンは、リザーブチームのセルタBでプレーしたが、2014-15シーズンから第2GKとしてプレー。

▽その後は度重なるケガにより満足にプレーすることができなかったが、今シーズンは、正守護神としてリーガエスパニョーラ22試合に出場していた。しかし、シーズン終盤にはアキレス腱の問題で再び負傷離脱していた。

▽なお、各年代のスペイン代表に選出されてきたルベン・ブランコは、2015年3月に飛び級でU-21スペイン代表に選出。2017年6月にポーランドで行われたU-21ユーロ2017のスペイン代表にも選ばれていた。
コメント
関連ニュース
thumb

残留争い真っ只中のセルタがアスパスと2023年まで契約延長!

セルタは17日、スペイン代表FWイアゴ・アスパス(31)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。 セルタの下部組織出身であるストライカーのアスパスは、2007-08シーズンにトップチームデビュー。これまでセルタで公式戦328試合に出場して137ゴール30アシストを記録。過去2シーズン、リーガエスパニョーラで14ゴール、22ゴールを挙げ、いずれもスペイン人におけるシーズン最多得点者(サラ賞)に輝いていた。そして今季もふくらはぎの負傷で長期離脱がありながら15ゴールを挙げ、スペイン人最多得点者となっている。 セルタは降格圏の18位バジャドリーと1ポイント差の17位に位置。残留を争っている中でチームの絶対的得点源と契約延長に至った格好だ。 2019.04.17 23:05 Wed
twitterfacebook
thumb

グリーズマンのゴラッソでセルタを下したアトレティコ、バルサとの勝ち点差を縮める《リーガエスパニョーラ》

アトレティコ・マドリーは13日、リーガエスパニョーラ第32節でセルタと対戦し、2-0で勝利した。 バルセロナを勝ち点差11で追う2位アトレティコ。直接対決となった前節は0-2で敗れて優勝は絶望的に。その試合で主審に暴言を吐いて退場となったジエゴ・コスタは8試合の出場停止処分が確定。それでもわずかな望みにかけて戦う今節は、バルセロナ戦からスタメンを4選手変更した。 まずは2分、アトレティコがサウールがあいさつ代わりのシュートでGKを強襲。7分と9分にはグリーズマンが立て続けにシュートを放ったがゴールならず。 守っては守護神オブラクが魅せる。18分、ボックス左に侵入したセルタのマキシ・ゴメスのシュートがDFの足に当たりコースが変わるも素晴らしい反応ではじき返す。さらにそのこぼれ球をブデブスに畳みかけられるが、すぐに体勢を立て直し右手一本でかき出した。 背後にオブラクという心強い存在のお陰でアトレティコは徐々に自分たちのペースに持ち込んでいく。6割を超える支配率の中でビトロやグリーズマンがゴールに迫る。 すると42分、コレアとのワンツーで中央突破を試みたビトロが倒されボックス手前絶好の位置でFKを獲得。これをグリーズマンがゴール左上隅へ一直線に豪快なシュートを決めて、アトレティコがリードを得て試合を折り返した。 後半は前半よりも守備に力を入れたアトレティコがボールを保持する展開となったことで、互いにチャンスの少ない内容に。そんな中、アトレティコは62分にビトロを下げてモラタを投入。するとこれが功を奏す。 75分、自陣でボールを奪い返したアトレティコは中央を縦に繋ぎ、グリーズマンからハーフウェイラインを走り抜けるモラタにパスが送られる。このパスでGKと一対一になったモラタはルベン・ブランコを躱して無人のゴールへシュートを流し込み、アトレティコに2点目をもたらした。 後半アディショナルタイムには18歳のビクトル・モジェホを投入する余裕を見せたアトレティコがきっちり試合を締めて勝利。同節で引き分けたバルセロナとの勝ち点差を「9」に縮めた。 2019.04.14 03:37 Sun
twitterfacebook
thumb

ナバス、マルセロ、イスコ先発で初陣勝利…ジダン、冷遇されていた選手起用に言及「全員を頼りにしている」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、2度目の初陣を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 マドリーは16日、リーガエスパニョーラ第28節でセルタと対戦。9か月ぶりに古巣復帰となったジダン監督の初陣にGKケイロル・ナバス、DFマルセロ、MFイスコと今シーズンのここまで苦しい時間を過ごした選手たちが先発した。すると62分にイスコがこれまでのうっ憤を晴らす先制点を記録し、MFガレス・ベイルも追加点を奪って2-0で勝利した。 試合後、白星スタートを切ったジダン監督は喜びをあらわに。また、これまで出場機会を失っていた選手たちを一斉に起用したことについても言及した。 「前半は難しいものだった。ただ、それは普通のことだ。後半も難しいものではあったが、選手たちが一生懸命プレーした。私はとても幸せだ。勝つことが最も重要なことだからね。ただ、試合終盤は本当に良かったと思っている。感触はとても良い。我々は結果を求めていた」 「(ケイロル・ナバスの起用について)私はクルトワが好きだ。彼は偉大なGKであることを証明している。ただ、ケイロルにも重要だということを感じて欲しい。彼はこれまで成し遂げてきたことを忘れてはならない。あまりプレーしていなかったが、プレーすべきだよ」 「ここにいる選手全員がそうだ。これまでしてきたことを忘れることはできない。全員を頼りにしている。クルトワ、レギロン、ケイロル、マルセロ、イスコ、全員が素晴らしい選手たちだ」 「マルセロ、ケイロルも同じだよ。クルトワ、レギロン、イスコにポジションを渡した選手に問題があるということではない。私がやりたいことはすべての選手を復活させることだ」 2019.03.17 09:30 Sun
twitterfacebook
thumb

冷遇続いたイスコが鬱憤晴らす決勝ゴール!第2次ジダン政権は白星スタート!《リーガエスパニョーラ》

レアル・マドリーは16日、リーガエスパニョーラ第28節でセルタと対戦し、2-0で勝利した。 11日に、成績不振により解任されたソラーリ前監督の後を継いで、およそ9カ月ぶりに古巣の指揮官復帰を果たしたジダン監督の初陣となる今節。リーグ戦と国王杯で宿敵バルセロナに連敗を喫したギャラクティコは、チャンピオンズリーグでもアヤックス相手にホームで無残に敗れ去りベスト16敗退。直近のバジャドリー戦で勝利を収めたものの、ソラーリ前監督の解任は時間の問題だった。 それから5日、ジダン監督の再出発となる今回のセルタ戦に向けたスタメンには、イスコがリーグ戦では昨年10月のバルセロナ戦以来となる先発起用に。また、最近はレギロンにポジションを奪われていたマルセロも左サイドバックで先発出場。その他、クルトワに代わってケイラー・ナバスがゴールマウスを守った。 試合はまずは3位マドリー(勝ち点51)が主導権を握りにかかる。5分にCKからセルヒオ・ラモスがファーストシュートを放ったマドリーは、10分にはマルセロの折り返しをボックス中央で受けたイスコが反転してシュートへ。久々の先発出場となった両選手がチャンスを作った。 だが、先発出場で燃えているのはこの2人だけではない。16分のセルタの攻撃シーン。右サイドからのクロスを味方がニアで逸らしたところをマキシ・ゴメスがヘディングシュート。ゴール正面から枠を捉えたシュートだったが、GKケイラー・ナバスが左手で弾くビッグセーブを見せ、ジダン監督の起用に応える。 ここまで互角の戦いを見せる両チーム。30分のマドリー右サイドのアセンシオのクロスをベンゼマがオーバヘッドシュート。さらにこぼれ球をベイルが押し込みにかかったが、シュートはクロスバーを叩いた。36分には、マルセロがボックス左からの強烈な左足シュートでGKルベン・ブランコを強襲。そのCKでは、クロースからのボールをセルヒオ・ラモスが頭で合わせるも、惜しくも枠の左に。マドリーが徐々にゴールに近づいていく。 攻勢を続けるマドリーだが、40分にアセンシオがケビンに倒されたシーンではVARでもファウルを認めてもらえず、45分にようやくネットを揺らしたかに思われたが、アセンシオにラストパスを送ったベイルが直前に相手に肘打ちを見舞っており、これがイエローカードの判定に。結局、試合はゴールレスで折り返した。 後半も序盤からマドリーが攻勢に出る。ベンゼマやイスコが立て続けにゴールに迫る中、56分にCKのこぼれ球を押し込んだモドリッチのゴールはVARにより、GKの前にいたヴァランがオフサイドを取られて取り消しにされた。ゴールが遠いマドリーだったが、ソラーリ体制では冷遇され続けたあの男が試合を動かした。 62分、敵陣中央からドリブルで左に流れたアセンシオからボックス左のベンゼマにパスが渡る。ベンゼマがこれをダイレクトで折り返すと、ゴール前に飛び込んできたのはイスコ。相手と競り合いながらも先にボールに触って押し込んだ。 このゴールからさらに畳みかけるマドリーの追加点は77分に生まれた。敵陣中央でボールを持ったマルセロがやや左に流れながらドリブルで前進。ボックス手前辺りでベイルに預けると、ベイルはボックス中央から右足でシュートを放ち、左ポストに当てながらもゴールに押し込んだ。 そして、試合はこのまま終了を迎え、マドリーが2-0で勝利。注目の第二次ジダン政権は白星スタートとなり、リーグ戦連勝を収めた。 2019.03.17 02:14 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、マキシ・ゴメス獲得ならマウコム放出へ?

バルセロナがセルタに所属するウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)を獲得するためには、人員の整理が必要なようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 来シーズンに向けて、攻撃面の強化を目指しているバルセロナ。フランクフルトFWルカ・ヨビッチらと並び、以前から獲得候補の1人として挙げられているのがマキシ・ゴメスだ。 2017年夏に母国からセルタに活躍の場を移したマキシ・ゴメスは、今シーズンのリーガエスパニョーラ24試合で9ゴール5アシストをマーク。リーガ36試合18ゴール5アシストを記録した昨シーズンと同様のペースの活躍を継続しており、代表チームではバルセロナFWルイス・スアレスの後継者と呼ばれる程の評価を得ている。 『マルカ』は、マキシ・ゴメス獲得に関して、バルセロナとっての良い点と悪い点を一つずつ挙げている。良い点として紹介されているのは、マキシ・ゴメス本人のクオリティが高いことに加えて、移籍金が割安になるかもしれないという点だ。 マキシ・ゴメスには5000万ユーロ(約63億円)の契約解除条項が設定されているが、セルタが第28節終了時点で降格圏の18位以下に位置していた場合、半額になるとのこと。なお、第27節終了時点でセルタの順位は残留ラインまで勝ち点1差の18位だ。 次に、悪い点はマキシ・ゴメスがEU圏外選手であるという点だ。バルセロナは既にEU外選手枠の3枠をMFアルトゥール、MFアルトゥーロ・ビダル、FWマウコムで埋めており、人員を整理しなくてはならない。もしマキシ・ゴメス獲得を決断した場合は、マウコムの放出が濃厚だろうと伝えられている。 2019.03.16 18:10 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース