シャフタール、ブラジル代表DFイスマイリと新契約締結! ユーベ関心も残留

2018.06.21 04:48 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シャフタールは20日、ブラジル代表DFイスマイリ(28)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。なお、契約解除金は1億ユーロ(約128億円)に設定された。

▽2009年に加入したポルトガルのエストリルで台頭した攻撃的左サイドバックのイスマイリは、オルハネンセ、ブラガを経て2013年にウクライナの強豪に加入。ここまで公式戦133試合に出場し12ゴールを記録。今季は公式戦41試合に出場し4ゴール11アシストの数字を残していた。

▽今季のチャンピオンズリーグでの印象的なパフォーマンスをキッカケに評価を高め、追加招集ながらも今年3月にブラジル代表の招集も受けたイスマイリには、今夏退団も噂されるブラジル代表DFアレックス・サンドロの後釜としてユベントスも関心を示していたが、最終的にシャフタール残留を選択したようだ。

関連ニュース
thumb

降格回避へ… 1月中の補強急ぐレスター、リーズFWハリソン獲得は断念か

レスター・シティが、リーズ・ユナイテッドのイングランド人FWジャック・ハリソン(26)獲得を断念したようだ。 ハリソンはリバプールとマンチェスター・ユナイテッドの下部組織育ち。だが、家族の仕事の都合で13歳でアメリカに渡り、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のドラフト抽選を経て、ニューヨーク・シティFCでプロデビューしたという異色の経歴の持ち主だ。 2018年1月には同系列クラブであるマンチェスター・シティへの移籍で母国帰還。シティでの公式戦出場はないが、同年夏にレンタルで加入したリーズでエース級の活躍を披露し、のちに完全移籍へ移行。クラブ通算185試合で29得点28アシストを記録している。 イギリス『90min』によると、プレミアリーグで降格圏と1ポイント差の14位に低迷するレスターが、リーズとの契約を2024年夏まで残すハリソンの獲得を模索するも、リーズへの問い合わせ段階で却下されたという。 前線の選手層が薄いレスターは今冬中の補填に奔走。すでにフィオレンティーナのアルゼンチン代表FWニコラス・ゴンザレス(24)への照会も断られ、現在はレンジャーズのイングランド人FWライアン・ケント(26)、シャフタールの元U-23ブラジル代表MFテテ(22)に接触しているとされる。 2023.01.27 15:28 Fri
twitterfacebook
thumb

レスターがシャフタールの22歳MFテテ獲得へ…リヨンとのレンタル解消が進行中

レスター・シティがシャフタールから元U-23ブラジル代表MFテテ(22)のレンタルを画策しているようだ。イギリス『90min』が伝えている。 財政難が影響して、昨夏はGKアレックス・スミシーズとDFバウト・ファエスの獲得にとどまったレスター。上積みに乏しいせいか、プレミアリーグで降格圏とわずか1ポイント差の14位に低迷し、ブレンダン・ロジャーズ監督の求心力低下も指摘されている。 なんとか上昇気流に乗るべく、快足ウィンガーのテテのレンタルに本腰。テテはグレミオでプロデビュー後、19歳でシャフタールに移り、現在はロシアのウクライナ侵攻による国際サッカー連盟(FIFA)の特別措置で昨年3月からリヨンにレンタル移籍中だ。 リヨンでは右ウィングを定位置に今季のリーグ・アン17試合で6得点3アシスト。主力としてプレーしているが、ローラン・ブラン監督が志向するサッカーに合致しておらず、契約解消の手続きが進行中だという。 昨年末にはアーセナルやトッテナム、ニューカッスルなどからも関心が寄せられていたというテテ。現在、レスターはテテの代理人と接触しており、リヨンとの契約解消はほぼ確実と考えられている。 2023.01.25 16:34 Wed
twitterfacebook
thumb

ムドリク争奪戦で明暗分けたアーセナルとチェルシー、シャフタールのディレクターが背景を説明

先日にウクライナ代表FWミハイロ・ムドリクのチェルシー移籍を発表したシャフタールだが、ゼネラル・ディレクターのセルゲイ・パルキン氏が『The Athletic』のインタビューでその背景を明かした。 15日に発表となったムドリクのチェルシー移籍。移籍金は7000万ユーロの固定額に最大3000万ユーロのボーナスを加えた総額1億ユーロと巨額なものとなった。 ただ、ムドリクは当初、アーセナルへの移籍が迫っていたとされている。本人もノースロンドン行きを希望していたとも言われており、チェルシー移籍は急転直下の出来事だった。 その背景をパルキン氏が説明。移籍金の条件や両クラブの態度の違いが明暗を分けたようだ。 「オファー額は同じだった。固定部分は7000万ユーロ、変動部分は3000万ユーロだったが、ボーナスに関して、アーセナルよりチェルシーの方が遥かにハードルが低かったのだ」 「プレミアリーグやチャンピオンズリーグでの優勝を条件にボーナスを支払うという提案をしたチェルシーに対し、アーセナルはムドリクがバロンドールを受賞することを条件として提示してきたのだ」 「両クラブとも異なる支払い方法を提示してきた。動きはアーセナルの方が早かったが、チェルシーのそれは、より説得力のあるものだった。ただ、チェルシーがオファーを持ってトルコに来る前に、我々はアーセナルとムドリク売却でほぼ合意していたのだ」 しかし、パルキン氏の話を聞くと、どうやらシャフタール陣営はアーセナルのアプローチに不満を持っていたようで、チェルシーが登場すると、迷わずこちらを優先させたという。 「アーセナルはうちに了承を得る1カ月半前から選手側と連絡をとっていた。我々は彼らに、まず我々に了解を得るべきだと伝えたのだが、話は聞いてもらえなかった。正式な苦情は出さないことにしたがね」 「12月末にチェルシーから電話があり、『ムドリクに興味があるので、選手と話をしたいから連絡してもいいか』と聞かれた。私は『問題ない。連絡して大丈夫だ』と答えた」 2023.01.18 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ラキツキが古巣シャフタールに4年ぶりの帰還! 「僕の心はシャフタールだけのもの」

シャフタールは16日、アダナ・デミルスポルから元ウクライナ代表DFヤロスラフ・ラキツキ(33)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。背番号はお馴染みの「44」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。 愛する古巣へ4年ぶりの帰還を果たしたベテランDFは、クラブ公式サイトを通じて万感の思いを語った。 「僕はいつもシャフタールに戻ることを夢見ていた。このクラブが大好きで、僕の心はシャフタールだけのものだ。どこでプレーしても、このクラブに忠実だ」 「シャフタールの野望は変わらないよ。常にトップにあり、ヨーロッパカップで良い結果を達成する。その中で僕の仕事はチームを助けることだ」 ラキツキはシャフタールの下部組織出身で、2009年から2019年1月までトップチームに在籍。公式戦326試合に出場し、14ゴールを決め、19のトロフィー獲得に貢献していた。 その後、ゼニトに完全移籍して主力として活躍したが、昨年2月のロシアによる母国ウクライナへの軍事侵攻を受け、クラブとの契約を解除。今シーズンの前半戦はアダナ・デミルスポルでプレーしていた。 2023.01.17 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

シャフタールがムドリク売却益の一部をウクライナ兵に寄付「我々から兵士たちへの永遠の恩義」

シャフタール・ドネツクが、ロシアに抵抗中のウクライナに巨額の支援を行ったようだ。 終わりの見えないロシア軍によるウクライナ侵攻。昨年2月に始まり、1年が経とうとしている。サッカー界にも大きな影響を与える中、ウクライナを代表するビッグクラブであるシャフタールが2500万ユーロ(34億7200万円)の資金援助を行ったという。 この資金源はウクライナ代表FWミハイロ・ムドリクの売却益。同選手は15日にチェルシー移籍が発表され、報道によればその移籍金は最大1億ユーロと巨額なものに。その一部をウクライナ兵に贈与したと、リナット・アフメトフ会長が声明を通じて伝えている。 「私の夢はヨーロッパのトロフィーを獲得することだと、これまで隠してこなかった。つまり、ムドリクのような選手には、世界のトップクラブでプレーすることを勧めるのではなく、我々のクラブ、我々のウクライナリーグに残り、そういう選手と一緒にヨーロッパのトロフィーを勝ち取ることを勧めるべきだということだ」 「残念ながら、今はそれができない。なぜなら、ウクライナでロシア連邦による卑劣で不当な戦争が行われているからだ。しかし、私は必ず勝つと確信している。そして、ウクライナのドネツクにあるドンバス・アリーナでチェルシーと親善試合をすることになったのだ」 「その日に近づくために、私たちはあらゆることをしなければならない。だから私は、マリウポルの防衛隊員や戦死した兵士の家族を支援するために、『Heart of Azovstal』プロジェクトを立ち上げることにした」 「彼らの業績は現代史に類例がない。戦争の最初の数ヶ月間、敵を封じ込めた彼らの犠牲と勇気のおかげで、今日、私たちは皆、ウクライナの勝利の必然性を感じているのである」 「今日、私は10億フリヴニャを、兵士や防衛者、そしてその家族のために贈与する。治療、心理的支援、補装具から、的を射た要望の実現まで、さまざまなニーズに対応することができるだろう」 「透明性の原則を尊重するため、専門的かつ独立したチームが結成され、『Azovstal』の保護者、その家族、後援会、ボランティアと交流する。我々は兵士たちに永遠に恩義を感じている」 2023.01.16 21:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly