上海申花、ギョズテペSK退団の元セネガル代表FWデンバ・バの獲得を発表! 半年ぶりの中国復帰2018.06.15 03:33 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽上海申花は14日、今シーズン限りでトルコのギョズテペSKを退団した元セネガル代表FWデンバ・バ(33)を完全移籍で獲得した。契約期間は明かされていないが、背番号は9を着用する。

▽フランスのルーアンの下部組織出身のデンバ・バは、ウェストハムやニューカッスルでの活躍が目にとまり、2013年1月にチェルシーに加入。その後、ベシクタシュを経て2015年に完全移籍した上海申花では、2年半で公式戦37試合に出場し29ゴールをマークするなど存在感を発揮した。

▽この活躍が認められ、デンバ・バは今冬に上海申花からギョズテペへ完全移籍を果たすと、ギョズテペでもリーグ戦13試合で7ゴールと一定の結果を残したが、今季限りの契約となっており退団が濃厚となっていた。

▽なお、上海申花は中国スーパーリーグで第11節を終えた時点で7位に位置している。
コメント
関連ニュース
thumb

イガロ、バルサからのオファーを拒否した理由を明かす「短期間のためにプレーすることはしたくなかった」

上海緑地申花に所属するナイジェリア代表FWオディオン・イガロ(29)が、今冬の移籍市場でバルセロナからのオファーを断っていたと明かした。 バルセロナはこの冬、新たな攻撃オプションの補強に動いており、中国からの欧州復帰を目指していたイガロに正式なオファーを提示していた。しかし、同選手はバルセロナへ行くことを望まなかったようで、イギリス『BBC』で以下のように話している。 「僕の代理人はバルセロナからレンタル移籍でのオファーを受けた。バルセロナはラ・リーガの経験とスペインのサッカーに関する知識を持った攻撃的な選手を探していたんだ」 「バルセロナから興味を持ってもらったことはサッカー選手としてとても嬉しかった。だけど、半年間契約ってことはバックアッパーでのあることを意図していた」 「僕は昨シーズンの中国リーグで2番目となる21ゴールを決めていたし、短期間のためにプレーすることはしたくなかったんだ」 「だから僕たちはオファーを拒否した。それは簡単な決定だったよ。そして僕はより長期的に僕を必要としてくれた上海緑地申花に移籍したんだ」 2019.03.30 06:10 Sat
twitterfacebook
thumb

上海申花、長春亜泰からナイジェリア代表FWイガロを獲得!

上海緑地申花は14日、長春亜泰からナイジェリア代表FWオディオン・イガロ(29)を獲得したことを発表した。 2014年夏にグラナダからワトフォード入りしたイガロは、プレミアリーグ昇格初年度となった2015-16シーズン、公式戦42試合に出場して18ゴールを記録し、クラブの残留に大きく貢献すると、2016-17シーズンの開幕前には上海上港から3750万ポンド(約51億円)のオファーがあったが、これを拒否してワトフォードと2021年まで契約を延長していた。 しかし、迎えた2016-17シーズンはプレミアリーグ17試合に出場して1ゴールと不振に陥ると、2017年2月に長春亜泰へ完全移籍。長春亜泰では公式戦55試合に出場し36ゴール8アシストをマークしたが、チームは昨シーズンを15位で終え2部への降格が決まった。 チームの降格により今冬での欧州復帰を目指していたイガロには、バルセロナや吉田麻也の所属するサウサンプトン、クリスタル・パレスなど興味を示していたが、同じ中国スーパーリーグに所属する上海緑地申花への移籍で落ち着いたようだ。 上海緑地申花は、バレンシアやアトレティコ・マドリーなどを指揮した経験があるキケ・フローレス監督が指揮しており、パラグアイ代表MFオスカル・ロメロやコロンビア代表MFジョバンニ・モレーノ、元コロンビア代表MFフレディ・グアリンらが所属している。 2019.02.15 00:04 Fri
twitterfacebook
thumb

上海申花、来季から元エスパニョールのキケ・フローレス氏が新監督就任

▽上海申花は25日、ウ・ジングイ監督(57)の今シーズン限りでの退任および、来シーズンからキケ・フローレス氏(53)が新指揮官に就任することを発表した。 ▽ウ・ジングイ監督は、グスタボ・ポジェ前監督(51)監督の後任として2017年9月に上海申花の新監督に就任。リーグ戦では最終的に11位でシーズンを終えて残留を決めると、中国FA杯では決勝で上海上港を下し、チームに初タイトルをもたらした。 ▽しかし、2018年シーズンは元セネガル代表FWデンバ・バやコロンビア代表MFジョバンニ・モレーノ、元コロンビア代表MFフレディ・グアリンらを擁しながらもリーグ戦を7位で終え、シーズン終了と共にクラブを去ることになった。 ▽ウ・ジングイ監督に代わって新指揮官に就任するキケ・フローレス氏は、これまでバレンシアやアトレティコ・マドリーなどの監督を歴任。2016年の夏に就任したエスパニョールでは就任初年度にチームを8位に導き、持ち前の手堅い手腕を発揮。しかし、昨シーズンはリーガエスパニョーラ33節終了時点で26ゴールと深刻な得点力不足に陥り、3連敗を喫した4月に解任されていた。 2018.12.26 00:17 Wed
twitterfacebook
thumb

デンバ・バが試合中に相手選手から人種差別発言を受ける

▽かつてニューカッスルやチェルシーでプレーし、現在は中国スーパーリーグの上海申花でプレーする元セネガル代表FWデンバ・バだが、再び人種差別を受けたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽上海申花は4日、長春亜泰と対戦。その際、長春亜泰のMFチャン・リーがデンバ・バに対して人種差別発言をしていたとのことだ。 ▽上海申花を率いるウー・ジンギ監督は、今回の件についてコメント。サッカー界のみならず、世界中で人種差別をなくそうという運動がある中での出来事に苦言を呈している。 「長春亜泰の選手が、侮辱的な言葉を彼に向かって使ったと聞いた。世界中で、黒人選手に対する侮辱的な発言があってはならないと強調されている」 「中国スーパーリーグには、多くの異なる肌の色の選手がいる。我々は相手を尊重すべきであり、差別はないはずだ」 2018.08.06 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島が2点ビハインド追いつきGS突破確定! 無敗の首位通過目指し最終節へ《ACL》

▽鹿島アントラーズは3日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループH第5節で上海申花(中国)とのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。この結果、鹿島のグループステージ突破が決まった。 ▽4戦2勝2分けで首位に立っている鹿島(勝ち点8)は、3位の上海申花(勝ち点3)に引き分け以上の結果を収めれば決勝トーナメント進出を確定させることに。鹿島はこの重要な一戦向けて、ゴールレスドローに終わった直近の明治安田生命J1リーグ第5節北海道コンサドーレ札幌戦からスタメンを6名変更。クォン・スンテ、昌子、永木、安部、土井、金崎に代えて、曽ヶ端、犬飼、小笠原、金森、レアンドロ、ペドロ・ジュニオールを起用した。 ▽立ち上がり、ホームの上海申花が攻勢をかける。2分、ワン・ウェイが左サイドを侵攻し、中央に折り返す。しかし、ボックス手前で反応したグアリンが放ったシュートは鹿島DFがブロック。こぼれ球に詰めたワン・ウェイのシュートもGK曽ヶ端が処理した。 ▽早々の危機を脱した鹿島だったが、13分に失点を喫する。シュ・ヨウガンの右サイド深くからのクロスに飛び込んだマルティネスを犬飼が倒してしまい、これがPKの判定に。キッカーのモレーノが左足で勢いよく蹴り込み、ネットを揺らした。 ▽勢い付く上海申花は、22分にマルティンスが負傷してマオ・ジェンチンとの交代を強いられるというアクシデントが発生。しかし28分、左CKの場面でグアリンがインスウィングのボールを供給し、途中出場のマオ・ジェンチンがニアに飛び込む。ヘディングシュートはファーの枠を捉え、鹿島は追加点を許してしまう。 ▽劣勢を強いられる鹿島は、38分にペドロ・ジュニオールに代えて金崎を投入。早いタイミングで主力を送り出し、得点を目指していく。しかし、前半中に点差を縮めることは叶わず。試合は0-2のスコアで折り返しを迎えた。 ▽後半に入ると、上海申花はやや引き気味に試合を進行し、鹿島がボールを保持する時間帯に。すると、金崎や鈴木、レアンドロらが前線で絡みつつ徐々にチャンスを増やしていく。 ▽58分には、ボックス内でレオ・シルバがクロスを供給。上海申花DFにブロックされたボールがボックス右の鈴木の下に転がり、これをネットに突き刺す。反撃の狼煙を上げた。 ▽さらに63分、ボックス手前でレオ・シルバ、金崎、鈴木とリズミカルにつなぎ、最後はボックス左に走り込んだレアンドロにパスが送られる。レアンドロは左足でボレーシュートを放ち、同点弾とした。 ▽その後、勝ち越しを目指す上海申花と逆転を目指す鹿島による一進一退の攻防が続いたが、これ以上のゴールは生まれず。試合は2-2のスコアで終了を迎えた。 ▽この結果、今節終了時点で2位の水原三星(勝ち点7)には抜かされる可能性があるものの、鹿島(勝ち点9)のグループステージ突破が確定。無敗の首位通過を目指すためにも負けられない最終節の水原三星戦は、4月17日(火)にホームで行われる。 上海申花 2-2 鹿島アントラーズ 【上海申花】 モレーノ(前13) マオ・ジェンチン(前28) 【鹿島】 鈴木優磨(後13) レアンドロ(後19) <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180403_36_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽同日、ACLグループH第5節の水原三星(韓国)vsシドニーFC(オーストラリア)が行われ、4-1でシドニーFCが勝利した。 ▽未勝利で最下位のシドニーFC(勝ち点2)にとって、勝利できなければ即敗退となる2位水原三星(勝ち点7)との一戦。シドニーFCは23分、ニンコビッチの得点で幸先良く先制する。24分には水原三星のダムヤノビッチに一撃を浴びたものの、31分にアレックスが勝ち越し弾を決めて試合は折り返し。 ▽後半に入ると、終盤まではスコアの動かない時間が続いたが、79分にミエルゼイェフスキが決めてシドニーFCがリードを広げる。さらに、88分から途中出場のボボがそのわずか3分後の91分に得点を決めてスコアは4-1。試合は直後に終了を迎えた。 ▽この結果、シドニーFC(勝ち点5)は鹿島と引き分けた上海申花(勝ち点4)をかわして3位に浮上。決勝トーナメント進出の可能性を残した。 水原三星 1-4 シドニーFC 【水原三星】 ダムヤノビッチ(前24) 【シドニーFC】 ニンコビッチ(前23) アレックス(前31) ミエルゼイェフスキ(後34) ボボ(後46) 2018.04.03 23:05 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース