千葉の大卒ルーキーDF鳥海晃司がプロA契約

2018.06.09 14:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
▽ジェフユナイテッド千葉は9日、DF鳥海晃司(23)とのプロA契約締結を発表した。

▽鳥海は、6日に行われた天皇杯2回戦のラインメール青森戦にて、プロA契約に必要な出場時間を満たした。

▽千葉県出身の鳥海は、明治大学から今シーズン入団。ここまで明治安田生命J2リーグ11試合に出場している。

▽その鳥海は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「A契約になることができて大変うれしく思います。ただ、ここからが本当の勝負だと思っているので、ジェフに恩返ししていけるように、これからも日々精進していきます」


関連ニュース
thumb

清水が法政大学DF落合毅人の来季加入内定を発表「責任と自覚ある行動をしていきたい」

清水エスパルスは26日、法政大学のDF落合毅人(22)が来季より加入することが内定したことを発表した。 落合はアルビレックス新潟の下部組織出身で、新潟明訓高校へと進学。その後、法政大学へと進学した。 2021年には全日本大学選抜、2022年には関東選抜Aにも選出。2021年の総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントでは優勝を果たしていた。 今シーズンは関東大学サッカーリーグ1部で3試合中3試合に出場していた。 なお、落合はクラブを通じてコメントしている。 「このたびは清水エスパルスという伝統ある名門チームで、幼い頃からの夢であるプロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることを大変嬉しく思います」 「私自身、ここまで来られたのは監督、コーチをはじめとする指導者の方々、チームメイト、友人、身近で支え続けてくれた家族、そして何より無名である私に声をかけてくださったスカウトの方々がいたからだと思っています」 「この感謝の気持ちを忘れずに、これからは清水エスパルスの落合毅人として責任と自覚ある行動をしていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします」 <span class="paragraph-title">【写真】清水への加入が内定した法政大学DF落合毅人</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">法政大学の落合毅人選手が、来季(2023シーズン)に新加入することが内定しましたので、お知らせいたします。<br><br>プロフィールはこちら<a href="https://t.co/aWFttbR5Te">https://t.co/aWFttbR5Te</a><a href="https://twitter.com/hashtag/spulse?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#spulse</a> <a href="https://t.co/vP1ZZQm13b">pic.twitter.com/vP1ZZQm13b</a></p>&mdash; 清水エスパルス公式 (@spulse_official) <a href="https://twitter.com/spulse_official/status/1529673685564633094?ref_src=twsrc%5Etfw">May 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.26 13:15 Thu
twitterfacebook
thumb

低迷続く大宮が霜田正浩監督を解任、後任は昨季鹿島を率いた相馬直樹氏

大宮アルディージャは26日、霜田正浩監督(55)の解任を発表した。なお、後任は相馬直樹氏(50)が就任することとなる。なお、28日の東京ヴェルディ戦から指揮を執ることとなる。 霜田監督は、不振に陥っていた2021シーズン途中に大宮の監督に就任すると、最終節でなんとか明治安田生命J2リーグ残留を掴んでいた。 今シーズンはシーズン開幕から指揮を執っていたが、選手の大半が入れ替わるという事態に加え、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者がクラブ内で出たこともあり出遅れると、開幕9試合未勝利と大きく低迷した。 その後第10節のジェフユナイテッド千葉戦で初勝利。第12節のザスパクサツ群馬戦ではホーム初勝利をあげ、続くツエーゲン金沢戦も連勝。その後、大分トリニータ、V・ファーレン長崎と引き分けが続いたが、いわてグルージャ盛岡、ベガルタ仙台とホームで連敗。再び降格圏に落ちていた。 25日に行われた第18節のFC琉球戦では、勝ち点が並ぶ相手に1-0と勝利を収めて降格圏を脱出していたが、監督交代となった。 霜田監督はクラブを通じてコメントしている。 「この世界では結果の責任が常に監督にありますので、このクラブの決断を真摯に受け止めるとともに、いつも応援をしていただいたサポーターの皆さまに、本当に心から感謝いたします。NACK5スタジアム大宮でいつも最高の雰囲気を作っていただき、アウェイの地にも大勢のサポーターに駆けつけていただき、どんなときも変わらぬ応援をしてくださったサポーターの皆さんに、もっともっと勝利を、笑顔を届けたかったです。それができなかったことが無念でなりません」 「それでも、チームを愛し選手たちを信じてNACK5スタジアム大宮で指揮をとり、皆さんと一緒に闘えたことはとても幸せでした。今後の大宮アルディージャを陰ながら応援しています。ありがとうございました」 相馬氏は、現役時代は鹿島アントラーズや東京ヴェルディ、川崎フロンターレでプレー。日本代表の左サイドバックとしても活躍、1998年のフランス・ワールドカップにも出場していた。 引退後はFC町田ゼルビアで監督業をスタート。その後、川崎Fの監督に就任。モンテディオ山形のコーチを経て、再び町田の監督に就任すると、2020年からは古巣鹿島のコーチに就任。しかし、アントニオ・カルロス・ザーゴ監督が解任されると、2021年4月からは鹿島で監督を務め、チームはV字回復。4位でシーズンを終えていたが、同年限りで退任していた。 相馬新監督はクラブを通じてコメントしている。 「大宮アルディージャにかかわるすべての皆さま、はじめまして。このたび監督に就任しました、相馬直樹です。皆さまと一緒に笑顔を分かち合えるよう、すべての力を出し切りたいと思います。ご支援、ご声援をよろしくお願いします」 昇格を掲げる中で、2年連続で残留争い中の大宮。残りは24試合あるが、相馬監督の下でチームは浮上することができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】霜田監督のラストマッチは、田代のスーパーゴールで勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="RRtvEJQSMU8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.26 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

GK負傷により例外補強、J3今治がC大阪のGK茂木秀を育成型期限付き移籍で獲得…今季は水戸で5試合に出場

FC今治は26日、セレッソ大阪のGK茂木秀(23)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 背番号は「21」。期限付き移籍期間は2022年5月26日から2023年1月31日までとなる。 なお、今回の期限付き移籍GK選手の負傷に伴う、登録ウインドーの適用例外に関する申請に。GK滝本晴彦が今季絶望となる重傷を負っていた。 茂木は桐光学園高校から2017年にC大阪へと入団。2021年はFC町田ゼルビア、今シーズンは水戸ホーリーホックへ期限付き移籍していた。 今シーズンは水戸で明治安田生命J2リーグで5試合に出場していた。 茂木はクラブを通じてコメントしている。 ◆FC今治 「FC今治のみなさん、はじめまして。水戸ホーリーホックから加入することになりました茂木秀です」 「僕自身強い覚悟を持ってきたのでそれをチームに還元できれば嬉しく思います。J2昇格へ向けて共に戦いましょう!」 ◆水戸ホーリーホック 「シーズン途中ではありますが、FC今治に移籍することになりました。僕自身もっと成長するために今回の決断に至りました」 「水戸ホーリーホックにはたくさんのいい経験をさせてもらい、本当に好きなクラブになりました。またいつかプレーできる日を楽しみにしています」 「チームは今波にのっていてJ1昇格が見えてきていると思うので、是非J1へいけるように応援しています!」 「水戸ホーリーホックのファン・サポーターの皆さん、短い間でしたが温かい声援、サポートありがとうございました」 ◆セレッソ大阪 「水戸ホーリーホックからFC今治へ移籍することになりました。成長する姿を見せたいと思うのでこれからも応援よろしくお願いします」 2022.05.26 10:25 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪の日本代表MF坂元達裕がオーステンデに完全移籍、2025年夏まで契約

セレッソ大阪は25日、日本代表MF坂元達裕(25)がオーステンデに完全移籍することを発表した。 坂元はFC東京U-15むさし出身で、前橋育英高校、東洋大学と進学。2019年にモンテディオ山形へと加入した。 1年でC大阪に完全移籍すると、得意のドリブル突破を見せるなど活躍。2021年6月に日本代表デビューを果たした。 2022年1月にオーステンデへと期限付き移籍。ジュピラー・プロ・リーグでは11試合に出場し1アシストを記録していた。 坂元はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、ベルギー1部のKVオーステンデに完全移籍することになりました。半年前に僕の思いは伝えましたが、セレッソ大阪で経験したたくさんのことを糧に、海外で上を目指してこれからもチャレンジし続けます」 「セレッソ大阪の勝利を願っているので、たまには僕のことを気にしてくれたら嬉しいです!頑張ってきます!」 なお、坂元はオーステンデと2025年夏までの契約を結んだ。 <span class="paragraph-title">【動画】チームメイトとゴール後のパフォーマンスのダンスを練習する坂元達裕</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Hopelijk zien we dit dansje volgend seizoen ook vaak terug op het veld na een goal <a href="https://t.co/Msw4G3Fi2r">https://t.co/Msw4G3Fi2r</a> <a href="https://t.co/jfOb9b7DqO">pic.twitter.com/jfOb9b7DqO</a></p>&mdash; KV Oostende (@kvoostende) <a href="https://twitter.com/kvoostende/status/1529416996260962304?ref_src=twsrc%5Etfw">May 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.25 21:13 Wed
twitterfacebook
thumb

INAC神戸をWEリーグ初代女王に導いた星川敬監督が初のJ参戦! YS横浜の監督就任「目標のひとつだった」

Y.S.C.C.横浜は25日、新監督にINAC神戸レオネッサを率いていた星川敬監督(45)を招へいすることを発表した。 星川氏は、現役時代はヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ)でプレー。引退後、日テレ・ベレーザ(現:日テレ・東京ヴェルディベレーザ)のコーチや監督を歴任し、2010年にINAC神戸の監督に就任。皇后杯やなでしこリーグ連覇など3シーズンで5つのタイトル獲得に貢献した。 その後、チェルシーレディースのコーチを務めると、ポーランドやスロベニアの男子チームでコーチなどを務めると、2021年にINAC神戸に復帰。今シーズンから創設されたWEリーグでは初代女王にチームを導くなど、女子サッカー界で手腕を奮ってきた。 日本では初めて男子チームを率いることになる星川監督は、クラブを通じてコメントしている。 「私、星川敬は日本の女子サッカーをきっかけに、欧州で約8年指導者として様々な経験をして参りました。帰国後、再度女子サッカーで指揮をとらせていただきましたが、この度、目標のひとつであったJリーグで指揮をとる事になりました」 「Y.S.C.C.は非常に歴史のあるクラブです。現在の順位はJリーグで最下位ではありますが、まだ発揮できていない選手のポテンシャルがあるはずです。そこをいかに引き出すかによって、より良いシーズンになる可能性があると思っています」 「さらに愛されるクラブになるように、女子サッカーや欧州での経験を活かして、この素晴らしい機会に全力で取り組んでいきます。Y.S.C.C.のサポーター、スポンサーの皆様応援よろしくお願いいたします」 2022.05.25 18:41 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly