ヤヤ・トゥーレ代理人がグアルディオラに激怒「彼に人としての人格はない」「これはアフリカの呪いだ」2018.06.05 20:51 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティのコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレの代理人が、ジョゼップ・グアルディオラ監督に激怒している。『カルチョメルカート』が伝えた。▽今季で8シーズン目を迎えたヤヤ・トゥーレ。今季限りでフリーでの退団が見込まれている35歳の同選手は、今シーズンのリーグ戦出場は10試合のみ。先発出場は1試合だった。代理人のディミトリ・セルク氏は、指揮官グアルディオラに激怒している。ロシア『Sport24』のインタビューで以下のように語っている。

「グアルディオラが何を成し遂げた? 2年間で(ロベルト・)マンチーニや(マヌエル・)ペジェグリーニと同じことをしただけじゃないか。ペジェグリーニはチャンピオンズリーグ(CL)準決勝まで行ったが、グアルディオラはどうだ? シティは彼と3年間契約延長したが、彼がこの間にCL優勝することはないだろう、どんなにお金を使ってもね」

「人はそれがグアルディオラのスタイルなんだと、彼は魅力的なサッカーをしているんだと言うが、世界中のベストプレイヤーを買い集めればそれは簡単なことだ。(クラウディオ・)ラニエリを見てみるといい。彼はレスター・シティでプレミアリーグを優勝したんだ。メディアはグアルディオラについて色んなことを書くが、彼に人としての人格はない」

▽セルク氏の怒りは収まらない。

「神は全てをお見通しだ。彼の人としてのヤヤというクラブのレジェンドへの行為、それは様々な口実でピッチに立つ機会を与えなかった。彼は全てのアフリカ人を敵に回した。多くのアフリカのファンがシティから離れたことだろう。そして、多くのアフリカのシャーマンが将来グアルディオラがCLで優勝することを許さない。これはグアルディオラに対するアフリカの呪いだ。これからの人生が私が正しいかどうか見極めてくれるだろう」
コメント
関連ニュース
thumb

ロドリ⇔ジェズスのトレードの可能性が浮上?

マンチェスター・シティが、アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)の獲得に向けてブラジル代表FWの譲渡を取引の一部に加える可能性があるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 “ロドリ”ことロドリゴ・エルナンデスは昨夏、ビジャレアルからアトレティコに加入。バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの後継者としての呼び声高い守備的MFには、シティが獲得を希望しており、4月下旬に交渉が開始されたことが伝えられていた。 先日にはシティが、契約解除金7000万ユーロ(約85億7000万円)と共に正式オファーを提示する準備が整い、5年、もしくは6年の長期契約を提示することが伝えられていた。しかし、今回伝えられるところによると、金銭+ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(22)の譲渡という形で取引が進展する可能性があるようだ。 ジェズスは2017年1月にパルメイラスからシティに加入。彗星の如く現れ、昨シーズンはプレミアリーグで13ゴールを記録した。今シーズンは公式戦でこそ21ゴールを決めているが、プレミアリーグでは7ゴールと減少。先発回数も減少し、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの牙城を崩すことができなかった。 アトレティコは来シーズン、メンバーの大幅入れ替えが濃厚となっている。その中で、これまでエースを務めてきたフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)の退団が決定しており、新エースを求める同クラブにとって、悪くない話ではありそうだが、果たして…。 2019.05.21 13:40 Tue
twitterfacebook
thumb

国内3冠シティのクラブ最優秀選手はベルナルド・シウバ!

マンチェスター・シティは20日、2018-19シーズンにおけるクラブ年間最優秀選手にポルトガル代表MFベルナルド・シウバが選出されたことを発表した。 同賞はシティの選手やファンの投票によって選出。最終候補にはベルナルド・シウバの他、イングランド代表FWラヒーム・スターリング、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロがノミネートされていたが、62000人以上の票数が集まった中で、約48%の投票を得て、見事にクラブMVPに輝いた。 国内3冠を達成したシティは20日に優勝パレードを実施し、同イベント内で年間最優秀選手を発表。選出されたベルナルド・シウバは、以下のようにコメントした。 「皆さん、本当にありがとう。このような形で今シーズン、僕らを後押ししてくれた。皆さんがいなければ、僕らの成功はなかっただろう」 「感謝でいっぱいだ。来シーズン、僕らはより多くのタイトルをもたらしたいと思っている」 「多くのハードワークを強いられ、タフなシーズンとなった。長いシーズンを過ごし、選手全員、スタッフたちと共に4つのトロフィーを獲得する素晴らしいシーズンを送ることができた」 「きっと、(来シーズン)僕らは今よりも改善し、ヨーロッパタイトルに挑戦する。それは僕らがこれまで逃してきたものだ。サポーターの皆はもっと僕らに要求してほしい。僕らにはヨーロッパタイトルが必要だ。頑張っていこう!」 2017年5月にモナコからシティに加入したベルナルド・シウバ。在籍2年目を迎えた今シーズンは圧倒的な運動量と創造性でチームに欠かせない選手へと成長し、公式戦51試合13ゴール13アシストを記録した。 2019.05.21 11:10 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ、コンパニ&オタメンディ後釜にマグワイア注目か

マンチェスター・シティが、レスター・シティに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)の獲得に興味を抱いているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 マンチェスター・シティでは、19日にキャプテンのベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが今シーズン限りでの退団及び古巣のアンデルレヒトに選手兼監督として復帰することを発表。また、アルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(31)がコンスタントな出場機会を望んでおり、退団を考慮していることから新たなセンターバックの獲得を検討してるようだ。 そこで2人の後釜としてシティが注目しているのが、マグワイアだ。同選手にはライバルクラブであるマンチェスター・ユナイテッドが昨年から強く関心を示しているが、レスター側は主力選手たちが望まない限りは、売却する必要がないと考えているとのこと。なお、マグワイアは昨年9月に同クラブと2023年6月まで契約延長。そのため、獲得には高額な移籍金が必要となりそうだ。 マグワイアは2017年6月にハル・シティからレスターに完全移籍。以降、チームの守備の要として君臨し、今シーズンもここまで公式戦32試合3ゴールを記録している。 2019.05.21 08:50 Tue
twitterfacebook
thumb

戦い切ったギュンドアン、シティと再び延長交渉へ!

マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン(28)がクラブとの延長交渉再開を希望している模様だ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 2020年6月にシティとの契約が失効するギュンドアン。今年に入り、クラブとの契約延長に向けた交渉が取り沙汰されたが、ギュンドアンに焦りはなく、今シーズン終了まで回答保留の姿勢を取り続け、将来が不透明な状況だった。 だが、イングランド史上初となるシティの国内3冠に大きく貢献したギュンドアンは、ドイツ『ビルト』のインタビューで、去就について次のようにコメント。シティとの滞る延長交渉の再開に意欲を示したという。 「ここ数カ月の僕は試合に向けて完全に集中したいという考えがあった。それが正しい道だったとわかってくれたと思う。僕の調子やチームの結果でね。状況を振り返る時間がたっぷりできたから、クラブと(延長交渉を)再開するよ」 2016年夏にドルトムントから加わったギュンドアンは在籍3年目の今シーズン、プレミアリーグ連覇を決めた最終節に直接FKを決めるなど公式戦50試合に出場して6得点8アシストを記録。アンカーとしても、存在感を高めた。 2019.05.20 13:55 Mon
twitterfacebook
thumb

シティ退団のコンパニ、古巣・アンデルレヒトに選手兼監督として13年ぶりに帰還!「次世代に今まで得た知識を提供したい」

今シーズン限りでマンチェスター・シティを退団するベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(33)が、アンデルレヒトの選手兼監督になることを自身のフェイスブックで発表した。契約期間は2019年7月から3年間となっている。 2003年にアンデルレヒトでプロキャリアをスタートさせたコンパニは、ハンブルガーSVを経て、2008年8月にシティに加入した。以降、シチズンズに必要不可欠な守備の柱として君臨し、負傷に悩まされるシーズンもありながら、在籍11年間で公式戦360試合20ゴール11アシストを記録。4度のプレミアリーグ優勝を経験した他、FAカップを2度、EFLカップを4度制覇するなど、数々のタイトル獲得に貢献してきた。今シーズンも公式戦26試合に出場し、国内3冠の力になっていた。 そのコンパニは19日にシティ退団を発表。その際、フェイスブック(Vincent Kompany)での投稿では自身のシティへの想いを綴った文章を第1章とし、同章の最後に「僕の将来についての発表はまもなく第2章で」と去就を明かすことを報告していた。 そして、13年ぶりに古巣帰還を報告。コンパニは以下のように語った。 「僕はキャリアを終えるという決断にまだ抗うことを選んだ。過去に感謝しながら、野心と共に未来に突き進む決断を下した。そこで、今後3年間、アンデルレヒトで選手兼監督を務める。ベルギーは最高だ」 「これはみんなにとって驚く決断かもしれない。でもこれは、僕がこれまでやってきたことの中で最も情熱的で合理的な判断によって下されたものだ」 「僕はフットボーラーとして、アンデルレヒトに生まれ、6歳の頃からアンデルレヒトと共にあった。34回、リーグタイトルを獲得しているどこにも引けを取らないクラブだ」 (省略) 「僕は昨年、代表活動の中でアンデルレヒトに訪れた。その時は挨拶をするためだけだった。その時、会長、スポーツディレクターたちからクラブが困難な状況にあったこともあり、僕に意見を訪ねてきたんだ。そして、自分の考えを明かすとと共に、彼らの考えを聞いた。野心的で勇敢だった。だからこそ戻ることを決意した。彼らが必要とするならば、助けたいと」 (省略) 「そしてこの間、アンデルレヒトから電話がきた。本当に予想外で、彼らは選手兼監督というポジションを提供してきたんだ。スポーツディレクターとテクニカルディレクターが詳細や展望について説明してくれた。そして、考え抜いた中でサポートを誓ったんだ。オーナーは時間、予算、スタッフ、設備など、全面的な支援を約束してくれた。それに興味をそそられたよ」 「僕はここ(マンチェスター・シティ)で夢を見た。そしてこの3年間は多くを学んだ。驚くべき指揮官から。グアルディオラは僕のゲームに対する愛情を再燃させた。それを目の当たりにし、分析し、夢中になり、学んだ。シティのフットボールは僕がプレーしたいフットボールだった。それは僕が指導し、実現させたいフットボールでもある」 「僕はアンデルレヒトでの挑戦を選んだ。選手兼監督。アンデルレヒトの次世代に今まで得た知識を提供したい」 「これは別れではない。また会おう」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=355114" terget="_blank">コンパニ、シティ退団ニュース&コメントはコチラ</a><hr></div> 2019.05.19 20:20 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース