マリが日本戦に向けた代表メンバー23名を発表!《国際親善試合》

2018.03.20 23:31 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マリサッカー連盟(MLI)は16日、23日に行われる国際親善試合の日本代表戦に向けた代表メンバー23名を発表した。

▽マリを率いるモハメド・マガスバ暫定監督は、守備の要であるDFモジャ・ワゲ(ワトフォード)や日本人MF南野拓実の同僚MFディアディエ・サマッセコウ[写真]、MFアマドゥ・ハイダラ(ザルツブルク)らを選出。

▽しかし、これまで主力として活躍したMFアダマ・トラオレ(モナコ)やMFヤクバ・シラ(メヘレン)が招集外となり、これまであまり代表経験の少ない若手選手を中心としたメンバーを招集した。

◆マリ代表メンバー23名
GK
ジギ・ディアラ(スタッド・マリアン)
ママドゥ・サマサ(トロワ/フランス)
アリー・イランゴ(ディナン・レオン/フランス)

DF
ハマリ・トラオレ(レンヌ/フランス)
シャルレス・トラオレ(トロワ/フランス)
バカイェ・ディバシー(アミアン/フランス)
モジャ・ワゲ(ワトフォード/イングランド)
ママドゥ・フォファナ(アランヤスポル/トルコ)
ファライ・サッコ(ヴィトーリア/ポルトガル)
アブドゥル・カリム・ダンテ(アンデルレヒト/ベルギー)

MF
ラッサナ・クリバリ(バスティア/フランス)
ソレイマン・ディァッラ(ランス/フランス)
イヴェス・ビショーマ(リール/フランス)
ディアディエ・サマッセコウ(ザルツブルク/オーストリア)
アマドゥ・ハイダラ(ザルツブルク/オーストリア)

FW
アダマ・ニアネ(トロワ/フランス)
アリ・マール(ロルカ/スペイン)
アダマ・トラオレ(マゼンベ/コンゴ民主共和国)
ノウハ・ディコー(ハル・シティ/イングランド)
ムサ・ジェネポ(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
アブデュレイ・ディアビ(クラブ・ブルージュ/ベルギー)
ムサ・ドゥンビア(ロストフ/ロシア)
ラサナ・エンディアイ(ギダルス)

関連ニュース
thumb

サラーvsマネ…W杯に出られるのはどちらか、W杯アフリカ最終予選のカードが決定《カタールW杯アフリカ予選》

国際サッカー連盟(FIFA)は22日、カタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ予選の組み合わせを発表した。 出場5枠が与えられているアフリカ予選。グループステージを勝ち抜いた10カ国が直接対決し、出場5チームを決める戦いが3月に予定されている。 FIFAがアフリカ最終予選の組み合わせを発表。その結果、リバプールファンにとっては心苦しいカードが誕生してしまった。 今回決定した組み合わせの1つがエジプト代表vsセネガル代表。リバプールの攻撃を支える、モハメド・サラーとサディオ・マネが直接対決となり、どちらかはW杯に出場することが可能となるが、もう一方はW杯で見ることができない。 その他、カメルーン代表vsアルジェリア代表、ナイジェリア代表vsガーナ代表、DRコンゴ代表vsモロッコ代表、マリ代表vsチュニジア代表となった。 カメルーンvsアルジェリア、ナイジェリアvsガーナも実力国同士の対戦となる一方で、マリは勝利すれば初出場に、DRコンゴもザイール代表時代の1974年大会には出場したが、DRコンゴになってからは初のW杯出場を目指すこととなる。 なお、予選は3月24日に1stレグ、5日後に2ndレグが実施される。 <span class="paragraph-title">【動画】リバプールファンは悩ましい!? サラーvsマネ、互いの代表でのプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Sadio Mane Mohamed Salah<br><br>of Africa&#39;s elite superstars will go head-to-head for <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> spot! <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldCup</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/WCQ?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WCQ</a> | <a href="https://twitter.com/MoSalah?ref_src=twsrc%5Etfw">@MoSalah</a> | <a href="https://twitter.com/EFA?ref_src=twsrc%5Etfw">@EFA</a> | <a href="https://twitter.com/Fsfofficielle?ref_src=twsrc%5Etfw">@Fsfofficielle</a> | <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup?ref_src=twsrc%5Etfw">@FIFAWorldCup</a> <a href="https://t.co/Dbk8lrdhyZ">pic.twitter.com/Dbk8lrdhyZ</a></p>&mdash; #TotalEnergiesAFCON2021 (@CAF_Online) <a href="https://twitter.com/CAF_Online/status/1484952063725477894?ref_src=twsrc%5Etfw">January 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.23 21:22 Sun
twitterfacebook
thumb

コートジボワール&マリが首位通過を決める!前王者アルジェリアは未勝利で敗退…《アフリカ・ネーションズカップ》

20日にアフリカ・ネーションズカップのグループステージ最終節の4試合が行われた。 グループEではコートジボワール代表vsアルジェリア代表の強豪対決は実現。グループ首位のコートジボワール(勝ち点4)は、グラデル、アラー、ペペを3トップに並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだ。 一方、前大会王者ながらグループ最下位に沈むアルジェリア(勝ち点1)は、マフレズやベンラーマ、ベナセルらを先発で起用。最前線にブネジャーを据えた[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 決勝トーナメント進出へ勝利が絶対条件のアルジェリアだが、先制したのは首位通過の狙うコートジボワールだった。22分、ボックス右深くまで切り込んだペペの折り返しをケシエが左足で流し込んだ。 先制したコートジボワールは、39分にセットプレーからサンガレが追加点を挙げると、後半序盤の54分にもドリブルでボックス内まで持ち上がったペペがゴールネットを揺らし3点目。 その後、コートジボワールは73分にベンデブカのゴールで1点を返されたが、2点差を維持して逃げ切り、3-1で勝利した。 また、同時刻開催のグループB最終節もう1試合のシエラレオネ代表vs赤道ギニア代表は、パブロ・ガネのゴールで逃げ切った赤道ギニア代表が0-1で勝利した。 この結果、グループEはコートジボワールが首位、赤道ギニアが2位で決勝トーナメント進出を決めた。 グループFでは、グループ首位のガンビア代表(勝ち点4)が、3位のチュニジア代表(勝ち点3)と対戦。試合はゴールレス終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにジャロウがゴールネットを揺らし、ガンビアが1-0で勝利した。 また、同時刻開催のマリ代表vsモーリタニア代表は、2-0でマリが勝利。この結果、グループFはマリが首位通過、ガンビアが2位通過を決めた。 また、各グループ3位で上位4カ国となったカーボベルデ代表、マラウイ代表、チュニジア代表、コモロ代表が決勝トーナメント進出進出を決めている。 ◆各グループ最終節 結果&日程 ・グループE ▽1/20(木) コートジボワール代表 3-1 アルジェリア代表 シエラレオネ代表 0-1 赤道ギニア代表 ・グループF ▽1/20(木) ガンビア代表 1-0 チュニジア代表 マリ代表 2-0 モーリタニア代表 ・グループA ▽1/17(月) カーボベルデ代表 1-1 カメルーン代表 ブルキナファソ代表 1-1 エチオピア代表 ・グループB ▽1/18(火) マラウイ代表 0-0 セネガル代表 ジンバブエ代表 2-1 ギニア代表 ・グループC ▽1/18(火) ガボン代表 2-2 モロッコ代表 ガーナ代表 2-3 コモロ代表 ・グループD ▽1/19(水) ギニアビサウ代表 0-2 ナイジェリア代表 エジプト代表 1-0 スーダン代表 2022.01.21 06:20 Fri
twitterfacebook
thumb

王者アルジェリアがまさかの敗戦でGS敗退の危機…優勝候補コートジボワールは後半AT被弾でドロー《アフリカ・ネーションズカップ》

16日にアフリカ・ネーションズカップのグループステージ第2節の4試合が行われた。 グループEでは、前大会王者のアルジェリア代表が赤道ギニア代表と対戦し、0-1で敗戦した。 初戦のシエラレオネ代表戦を痛恨のゴールレスドローで終えたアルジェリアは、前節に続きマフレズやフェグリ、ベナセル、ベンセバイニらが先発に名を連ねた。 試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半。赤道ギニアは70分、左CKをニアでホセテ・ミランダがフリックすると、ゴール右手前に流れたボールを走りこんだエステバン・オビアンが押し込んだ。 先制を許したアルジェリアは、83分にブラヒミのロングパスに反応したベライリがペナルティライン付近からハーフボレーシュートを突き刺したが、これはオフサイドの判定でゴールは認められず。 試合はそのまま0-1でタイムアップ。2連覇を目指すアルジェリアが、まさかの敗戦でグループステージ敗退の危機を迎えている。 また、同日に行われたグループD第2節もう一試合のコードジボワール代表vsシエラレオネ代表は、後半アディショナルタイムにアルハジ・カマラのゴールでシエラレオネが追いつき、2-2の引き分けに終わった。 グループFでは、グループ本命対決と目された初戦のマリ代表戦を0-1で敗れたチュニジアが、モーリタニア代表と対戦し4-0で完勝した。 チュニジアは開始早々の4分にハムザ・マトルティのゴールで先制すると、8分にもベン・スリマネのパスをボックス中央で受けたワービ・ハズリがゴール左隅へシュートを突き刺して追加点。 その後は一進一退の展開が続いたが、チュニジアは64分にアリ・マールルのパスをボックス中央のガイレヌ・シャーラリが落とし、最後は走りこんだハズリがゴール右隅に流し込んだ。 さらにチュニジアは、66分にもハズリのパスからボックス内に侵入したセイフェディン・ジャジリが難なくゴールネットを揺らし、試合を決定づける4点目。 結局、試合はそのまま4-0でタイムアップ。今大会初勝利を飾ったチュニジアがグループステージ突破に望みを繋いでいる。 また、ガンビア代表vsマリ代表は、終了間際の90分にムサ・バロウのPKでガンビア代表が追いつき、1-1の引き分けに終わっている。 ◆各グループ第2節結果&日程 ・グループE ▽1/16(日) アルジェリア 0-1 赤道ギニア コートジボワール 2-2 シエラレオネ ・グループF ▽1/16(日) チュニジア4-0 モーリタニア ガンビア 1-1 マリ ・グループA ▽1/13(木) カメルーン 4-1 エチオピア カーボベルデ 0-1 ブルキナファソ ・グループB ▽1/14(金) セネガル 0-0 ギニア マラウイ 2-1 ジンバブエ ・グループC ▽1/14(金) モロッコ 2-0 コモロ ガボン 1-1 ガーナ ・グループD ▽1/15(土) ナイジェリア 3-0 スーダン ギニアビサウ 0-1 エジプト 2022.01.17 06:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ナイジェリア、エジプト、カメルーンらが2次予選を突破!最終予選に進む10カ国が決定《カタールW杯アフリカ予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ2次予選の全日程が終了し、最終予選に進む10カ国が決定した。 2次予選では、4チーム10グループに分かれてホーム&アウェイのリーグ戦を行い、各グループの首位10チームが最終予選に進出する。 グループAの最終節では、首位のアルジェリア代表と2位のブルキナファソ代表が対戦。ホームのアルジェリアは負けてしまうと予選敗退というプレッシャーを抱えていたなか、マンチェスター・シティFWのリヤド・マフレズのゴールなどもあり、2-2で試合終了。最終予選に駒を進めた。 グループCでも最終節にて天王山が実現。ナイジェリア代表とカーボベルデ代表が相まみえた。こちらも敗北すれば予選敗退という状況のナイジェリアだったが、1-1のドローに持ち込んで最終予選に進出している。 一方、グループDでは逆転劇が発生。2位カメルーン代表がリヨンFWのカール・トコ・エカンビの先制点を守り切り、首位コートジボワール代表を撃破。コートジボワールは2大会連続で予選敗退となった。 また、リバプールFWモハメド・サラー擁するエジプト代表は、4勝2分けと無敗で2次予選を終了。アーセナルFWピエール=エメリク・オーバメヤンがけん引するガボン代表に勝ち点7差をつけ、グループFを突破した。 そして、2015年3月~2018年4月まで日本代表の指揮官を務めたヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いるモロッコ代表は6戦全勝。20得点を挙げて失点はわずか「1」と、圧倒的な強さでグループIを通過している。 その他、グループBはチュニジア代表、グループEはマリ代表、グループGはガーナ代表、グループHはセネガル代表、グループIはモロッコ代表、グループJはDRコンゴ代表がそれぞれ最終予選へと駒を進めることになった。 なお、最終予選は10チームを上位と下位に分け、上位チームと下位チームがホーム&アウェイ方式で直接対決。勝利した5チームが本戦行きの切符を手にするレギュレーションとなっている。 ◆最終予選進出10カ国 グループA:アルジェリア(次点:ブルキナファソ) グループB:チュニジア(次点:赤道ギニア) グループC:ナイジェリア(次点:カーボベルデ) グループD:カメルーン(次点:コートジボワール) グループE:マリ(次点:ウガンダ) グループF:エジプト(次点:ガボン) グループG:ガーナ(次点:南アフリカ) グループH:セネガル(次点:トーゴ) グループI:モロッコ(次点:ギニアビサウ) グループJ:DRコンゴ(次点:ベナン) 2021.11.17 16:41 Wed
twitterfacebook
thumb

“裏”マリ代表はフランス色強めで期待の若手揃い!? 多重国籍選手でチームを組んでみた【裏イレブン】

日本代表にはあまりいない二重国籍選手。しかし、世界に目を向ければ、多くの選手が二重国籍であり、代表クラスの選手ともなれば、その決断を迫られる時がやってくる。 世代別の代表チームからA代表になる際にその決断の瞬間は訪れるが、中には世代別代表から変わらずに代表活動を続ける選手も多い。 今回は、マリ代表だったかもしれない選手たちをピックアップ。“裏”マリ代表として、2つ目の国籍としてマリを持ち、別の国の代表チームで活動する選手たちを並べたところ、そうそうたるメンバーが揃った。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5bTEzcXlkYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> マリ代表だったかもしれない選手にチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテやリヨンのFWムサ・デンベレ、ウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレらがおり、フランス色が強い印象だ。 ◆“裏”マリ代表 GK デイビット・サンガレ(19/ディナモ・モスクワ/ロシア) DF ジブリル・シディベ(27/エバートン/フランス) ムサ・ニアカテ(24/マインツ/フランス) アダマ・スマオロ(27/ジェノア/フランス) MF エンゴロ・カンテ(29/チェルシー/フランス) アブドゥライエ・ドゥクレ(27/ワトフォード/フランス) アダマ・トラオレ(24/ウォルバーハンプトン/スペイン) ムサ・シソコ(30/トッテナム/フランス) ムサ・ディアビ(20/レバークーゼン/フランス) FW ムサ・デンベレ(23/リヨン/フランス) アルサーヌ・プレア(27/ボルシアMG/フランス) 2020.06.08 22:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly