ベティス、レスターからスペイン人若手FWをレンタル!2018.01.17 05:13 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベティスは16日、レスター・シティからスペイン人FWラウール・ウチェ(20)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽ラージョの下部組織出身のウチェは、多くのクラブが獲得に興味を示した中、2016年夏にレスターに4年契約で加入。だが、加入1年半でトップチームでの出場はなく、母国に戻って再起を図ることになった。

※画像はベティスのセティエン監督
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド、ベティスのアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソに関心か

マンチェスター・ユナイテッドが、ベティスに所属するアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 レアル・マドリー移籍が囁かれるMFクリスティアン・エリクセン(27)の流出に備えてトッテナムが6000万ユーロ(約73億4000万円)で獲得を狙っていると報じられたロ・セルソ。昨夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からベティスにレンタル加入し、公式戦46試合で16ゴール6アシストをマーク。今年4月には移籍金2200万(約26億9000万円)で完全移籍を果たし、2023年までの契約を結んだ。 契約解除金は推定1億ユーロ(122億4000万円)と見られているが、ベティスは財政難であることからトップ選手を複数売却しなければならない状況にあることが伝えられている。 そして、そんなベティスに圧力をかけているのがユナイテッドだ。今シーズンの乏しい成績から少なくない数の入れ替わりが予想されるユナイテッドも、アルゼンチン代表MFに目を光らせているようだ。 『マルカ』によれば、レアル・マドリーも目を光らせているというが果たしてロ・セルソの去就は…。 2019.05.26 22:29 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、エリクセン後釜にロ・セルソをリストアップ…約73億円を用意か

トッテナムがベティスに所属するアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)の獲得に動いているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 絶対的な司令塔に君臨しているMFクリスティアン・エリクセン(27)が流出の危機に瀕しているトッテナム。レアル・マドリーが同選手に対して強い関心を寄せており、ロ・セルソがエリクセンの去就のカギを握っていると『アス』は主張している。 エリクセンの流出に備えてトッテナムは、ロ・セルソに関心を寄せており、ベティスと数日間に渡り交渉を続けている模様。移籍金として6000万ユーロ(約73億4000万円)を投じる準備ができているという。 母国のロサリオ・セントラル出身であるロ・セルソは、足元の技術に加えパスセンスが光るトップ下を主戦場とするレフティーだ。パリ・サンジェルマン(PSG)からベティスにレンタル移籍した今シーズンは、公式戦46試合で16ゴール6アシストをマーク。今年4月には、推定移籍金2500万ユーロ~3000万ユーロ(約30憶6000万円~約36億7000万円)で完全移籍に切り替わっている。 以前、同メディアからエリクセンの後釜としてマドリーのスペイン代表MFダニ・セバージョスに興味を示しているとの報道があったトッテナムだが、本命は果たして…。いずれにせよ、エリクセンの今夏の動きに注目したい。 2019.05.25 19:03 Sat
twitterfacebook
thumb

今夏大幅入れ替えのアトレティコ、ロ・セルソに関心か

アトレティコ・マドリーが、ベティスに所属するアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)に関心を寄せているようだ。スペイン『Cadena COPE』の情報をもとにイギリス『90min』が報じている フランス代表DFリュカ・エルナンデス、同国代表FWアントワーヌ・グリーズマン、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンらの退団が決定しているアトレティコは、加えてマンチェスター・シティがスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスを7000万ユーロ(約86億3000万円)の契約解除金を満額支払う用意ができていると報じられるなど、来シーズンは大きくメンバーが変わる可能性が高くなっている。 そのため、選手の補強が急務となっている同クラブは、バルセロナやトッテナムも狙っていると言われるロ・セルソの獲得に興味を示しているという。今年4月にパリ・サンジェルマン(PSG)から買い取った同選手の契約解除金は1億ユーロとなっているが、ベティスは最低価格6000万ユーロ(約74億円)から交渉のテーブルに着く構えだという。 母国のロサリオ・セントラル出身であるロ・セルソは、足元の技術に加えパスセンスが光るトップ下を主戦場とするレフティー。2016年夏にPSGに加入すると、昨シーズンは公式戦48試合で6ゴール7アシストを記録。今シーズンはベティスに期限付き移籍し、公式戦46試合で16ゴール6アシストをマークしている。 2019.05.22 19:20 Wed
twitterfacebook
thumb

セティエン退任のベティス、ロペテギ招へいに動く?

ベティスがキケ・セティエン監督(60)の後任として、前レアル・マドリー指揮官のフレン・ロペテギ氏(52)の招へいに動いているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 今シーズンのリーグ戦を10位で終えたベティスは、2017年から2年間チームを率いてきたセティエン監督との契約を19日に解消。その後任に関しては20日にアラベスの指揮官を退任したアベラルド・フェルナンデス監督(49)らの名前が挙がっている。 しかし、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏は、ベティスが新指揮官の候補の1人としてロペテギ氏をリストアップしていると主張している。 ロペテギ氏は今シーズンのレアル・マドリーでの失敗の印象が強い一方、ポルトやスペイン代表では確かな実績を残している。 なお、ディ・マルツィオ氏はベティスの監督人事と共に新戦力補強に関しても言及。セルタに所属するスロバキア代表MFスタニスラブ・ロボツカ(24)の獲得に向け、2000万ユーロ(約24億5000万円)+同クラブにレンタル移籍中のアルジェリア代表MFリヤド・ブデブス(29)の譲渡という条件のオファーを掲示したようだ。 2019.05.21 16:37 Tue
twitterfacebook
thumb

アラベス、アベラルド監督の退任発表…乾の所属元ベティス就任の可能性も

アラベスは20日、アベラルド・フェルナンデス(49)の退任を発表した。 現役時代にバルセロナやアラベスでプレーしたアベラルド監督は、2017年12月に古巣のアラベス指揮官に就任した。昨シーズンはリーガエスパニョーラで1部残留に導くと、今シーズンも11位でフィニッシュ。一時はチャンピオンズリーグ出場権を争う健闘も見せた。 なお、スペインメディアでは現在、アベラルド監督のスペイン代表もしくはキケ・セティエン監督が退任するベティスの指揮官就任の可能性が伝えられている。もしベティスに就任した場合、今冬の移籍市場でベティスからアラベスにレンタルで加入し、アベラルド監督と共闘してきた日本代表MF乾貴士にとって、プラスに働く可能性がありそうだ。 2019.05.21 09:20 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース