バロンドーラー・ネドベド「私に決定権があるならブッフォンへ」

2018.01.16 09:18 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてユベントスやチェコ代表として活躍し、現在はユベントスの副会長を務めるパベル・ネドベド氏が、かつてのチームメートであるイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンにエールを送った。

▽ブッフォンは、ユベントスで8度のセリエA優勝に加え、コッパ・イタリアも3度制するなど多くのタイトルを獲得。イタリア代表としてもワールドカップ(W杯)に5大会出場し、2006年のドイツ大会では優勝を成し遂げた。

▽世界最高のGKとして高い評価を得ているブッフォンだが、これまでバロンドールの候補者には選出されるも同賞を受賞したことはない。さらに、今月28日には節目となる40歳を迎える同選手は今シーズン限りで現役を退く考えを明かしており、最高の栄誉とされているバロンドールを受賞できないまま現役を終える可能性が高まっている。

▽2003年にそのバロンドールを獲得したことがあるネドベド氏は、ブッフォンが来シーズンも現役を続けるだろうとコメント。さらにブッフォンがバロンドールを受賞する選手に値すると強調した。

「彼はシーズン終了後に引退するとは言っていない。それは彼と会長が話し合って決めることだ」

「バロンドールについては、もし私に決定権があるのであればジジに送る。彼の功績をもってしても受賞できていないことは本当に残念だ」

関連ニュース
thumb

負傷者続出のミラン、カラブリアとケアーが右ハムストリングのケガで離脱

ミランのイタリア代表DFダビデ・カラブリアとデンマーク代表DFシモン・ケアーが負傷したようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 両選手は1日に行われたセリエA第8節のエンポリ戦に先発出場。しかし、カラブリアは39分に右足を負傷しDFピエール・カルルとの交代。ケアーは73分までプレーしたが右足を痛めDFセルジーニョ・デストとの交代を余儀なくされた。 『スカイ』によれば、カラブリアは右ハムストリング付近の筋腱損傷、ケアーは右ハムストリングに軽度の損傷が見つかったとのこと。なお、同紙は離脱期間についてカラブリアは約3カ月、ケアーは15日程度の離脱になると伝えている。 現在ミランでは、守護神のマイク・メニャンやテオ・エルナンデス、アレッサンドロ・フロレンツィ、ジュニオール・メシアス、ズラタン・イブラヒモビッチ、ディヴォク・オリジら負傷者が続出しており、2選手の離脱はチームにとって更なる打撃となる。 満身創痍のミランは今後、5日と11日にチャンピオンズリーグでチェルシーと、8日にセリエAでユベントスとの対戦が予定されている。 2022.10.03 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「アシストのドゥシャンに感謝」 ユベントスで初ゴールのコスティッチが歓喜

ユベントスのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチが移籍後初ゴールを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 公式戦5試合勝利がなかったユベントスは2日に行われたセリエA第8節でボローニャと対戦した。先発したコスティッチは24分にカウンターからFWドゥシャン・ヴラホビッチのパスを受けると、ボックス左から正確なシュートを決めて先制点をマーク。チームは後半にも2ゴールを追加し、公式戦6試合ぶりの勝利を手にしている。 試合後、ユベントスに加入して初ゴールを記録したコスティッチは喜びを露わにし、チームが不調から抜け出すきっかけになることを願った。 「ユベントスでの初ゴールを決めることができた。困難だった1カ月を乗り越えなければならないチームのため、本当に重要な勝利を得るため、ゴールを決められてとても嬉しいよ。アシストをしてくれたドゥシャンには感謝している。今度は僕が彼にアシストを返していかないといけないね」 「今は水曜日(5日)にあるチャンピオンズリーグ(CL)について考えたい。僕たちと一緒に戦ってきてくれたファンのためにも、ここ1カ月で起こったすべてをなかったことにできるようにしたいね」 2022.10.03 13:28 Mon
twitterfacebook
thumb

公式戦6試合ぶり白星のユベントス、アッレグリ監督「これからもハードワークが必要」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が久々の白星を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスはホームで2日に行われたセリエA第8節でボローニャと対戦した。公式戦5試合未勝利と不振に陥っていたが、この日は24分にMFフィリップ・コスティッチが移籍後初ゴールを決めて先制に成功。その後も主導権を握り続けると、59分にFWドゥシャン・ヴラホビッチ、62分にFWアルカディウシュ・ミリクと立て続けにストライカーに得点が生まれ、3-0の完勝となった。 公式戦6試合ぶりの勝利を飾った試合後、選手のパフォーマンスを称賛したアッレグリ監督だが、これからもハードワークを続け、チャンピオンズリーグ(CL)を含めて挽回していきたいと語った。 「私はスピリット、コンパクトさ、明確さを持ったチームが重要な勝利を得ることが好きだ。今夜は1カ月間勝利がなかったこともあり、テンポを落とすべき場面でそうしなかったかもしれない。ときには冷静に、注意深くなるべき場面もあるのだ。とはいえ、セリエAでもCLでも遅れをとっているし、これからもハードワークが必要になってくる」 「ミリクはフットボールを知っている選手だ。知的で、動き方を知っていて、フリーになる方法を熟知している。我々は彼のこうした特徴を理解していたよ。そして、彼はヴラホビッチともうまくプレーできている」 「マヌエル・ロカテッリもとても良いプレーぶりだった。それから、彼に代わって出場したレアンドロ・パレデスもね。アドリアン・ラビオはほかの選手とは違うエンジンを持っていて、調子が良い。彼はとても重要なシーズンを過ごせるだろう」 「今夜の試合ではすぐに試合を終わらせようとするとリスクが生じる、やり過ぎないようにしろと指示した。そして、我々は忍耐強く、リードしている状況をうまく利用できたと思う。こういう状況のとき、チームには明瞭さと冷静さが必要なのだ」 2022.10.03 10:39 Mon
twitterfacebook
thumb

アッレグリ続投のユベントス、ケガ人復帰で久々の快勝《セリエA》

ユベントスは2日、セリエA第8節でボローニャをホームに迎え、3-0で快勝した。 代表ウィーク前の前節、セリエA初昇格のモンツァに金星を献上した8位ユベントス(勝ち点10)は、アッレグリ監督の続投を決断した中、負傷明けのロカテッリ、ラビオ、アレックス・サンドロ、GKシュチェスニーが先発となった。 16位ボローニャ(勝ち点6)に対し、ヴラホビッチとミリクの2トップとするフラットな[4-4-2]で臨んだユベントスが立ち上がりから圧力をかけると、24分に押し切った。 カウンターに転じた流れからヴラホビッチのパスを受けたコスティッチがボックス左からシュートを決めきった。 コスティッチに移籍後初ゴールが生まれたユベントスがハーフタイムにかけても主導権を握り、1点をリードして前半を終えた。 そして迎えた後半、59分にリードを広げる。相手CKを跳ね返したロングカウンターの流れから、マッケニーのクロスをヴラホビッチが頭で押し込んだ。 さらに62分、勝負を決定付ける3点目。CKの流れからミリクが強烈なボレーでゴールに叩き込んだ。 その後はロカテッリやラビオら負傷明けの選手たちを交代させる余裕を見せたユベントスが3-0のまま快勝。リーグ戦4試合ぶりの勝利を手にした。 2022.10.03 05:38 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルがロカテッリに関心、ユーベ首脳陣にとっても必ずしも「売却不可」ではない?

アーセナルが、ユベントスのイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリ(24)に関心を抱いているようだ。 ロカテッリはミランの下部組織で育ち、サッスオーロを経由した昨夏に幼少期からの憧れであるユベントスの一員に。昨季は主力として公式戦43試合に出場し、背番号を5に変更した今季もセリエA5試合でピッチに立っている。 一方でプレミアリーグからの関心も。イタリア『カルチョメルカート』によると、今夏にマンチェスター・ユナイテッドから正式オファーがあったとのこと。ユベントスに忠誠を誓うロカテッリは、迷うことなくこれを一蹴したという。 だが、ユベントスの首脳陣らは必ずしもロカテッリを売却不可とは位置付けていないようで、来年1月の移籍市場でアーセナルへ売却する可能性があるという。 ロカテッリ自身が退団を考慮していないため、アーセナルが来冬に本腰を入れるかどうかは現時点で不透明。ただ、少なからず関心は持ち続けるつもりのようだ。 『カルチョメルカート』は、愛するクラブを退団という「邪念」を払い去るためには、ロカテッリ自らがプレーと結果で首脳陣らを納得させる必要があると付け加えている。 2022.10.02 21:42 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly