横浜FC、GK南雄太(38)との契約更新を発表! 「全力の限りを尽くして闘い、復活してみせたいと思います」

2018.01.08 19:17 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜FCは8日、GK南雄太(38)と2018シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽神奈川県出身の南は、静岡学園高卒業後の1998年に、柏レイソルに入団した。2009年までの11シーズンを柏で過ごした後、ロアッソ熊本に活躍の場を移し、2014年に横浜FCに加入。昨シーズンは明治安田生命J2リーグ1試合に出場した。

▽南は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「2018年1月8日。背番号にちなみ『18』続きのこの日に横浜FCと合意に達し、今季も横浜FCで戦わせて頂く事になりました、南雄太です。自分にとって昨年は、選手生活20年で1番と言っていいほど不甲斐ない1年間であり、チームに全く貢献する事が出来ず、ただただ無力さを痛感した1年でした」

「シーズン中に39歳を迎える今季は、選手生活をかけてチームの目標の為、そして自分自身の為にどんな状況でも全力の限りを尽くして闘い、復活してみせたいと思います」

「そしてどんな時も支えてくれる、ファン、サポーター、スポンサーの皆様とシーズン終了後に共に喜び合えるよう精一杯頑張りますので、今シーズンもどうか熱いご声援、ご支援を宜しくお願いいたします」

関連ニュース
thumb

岡山がミッチェル・デュークの名を語ったフィッシング詐欺への注意喚起

ファジアーノ岡山は27日、所属するオーストラリア代表FWミッチェル・デュークの名を語ったフィッシング詐欺への注意喚起を行った。 クラブの発表によると、デュークは個人のFacebookにて、オーストラリア代表のユニフォームプレゼント企画を実施したところ、同選手を名乗る偽アカウントからプレゼントに当選したかのようなメッセージが届き、クレジットカード番号などの入力を求めるフィッシング詐欺が発生しているという。 これを受けクラブは、「デューク選手がクレジットカードの番号などを求めることは決してございませんので、ご注意ください」と、フィッシング詐欺への注意喚起を行っている。 2022.06.27 15:08 Mon
twitterfacebook
thumb

「スタッフの連携が…」低迷の大宮、選手挨拶の不手際を謝罪…途中での切り上げにOBも意見

大宮アルディージャは27日、試合後の選手挨拶に関して謝罪した。 26日、明治安田生命J2リーグ第23節でツエーゲン金沢をホームのNACK5スタジアム大宮へと迎えた大宮。互いに苦しいシーズンを送っている中、ゴールレスのまま試合は推移。しかし、86分に藤村慶太のミドルシュートが決まり、金沢が0-1で勝利していた。 降格圏に沈む大宮は、3試合ぶりの敗戦に。相馬直樹監督を迎えてからホームでは勝利なし。苦しい状況から抜け出せていない。 その大宮は、試合後には通常ゴール裏へ揃って挨拶に行き、バックスタンド側を回って一周。ゴール裏の角からロッカールームへと引き下がることが恒例となっていた。 勝敗に関係なくピッチを1周してスタンドへ挨拶することが恒例化されていた中、金沢戦は最後まで挨拶を行わず、ベンチの脇から選手たちが引き上げていっていた。 この件は、クラブOBでもある村山祐介氏もファンの投稿に反応し、「僕らが現役の頃は、フロントスタッフからもきちんとスタジアムの隅々まであいさつするように案内があったのだが今は違うのかな?」とツイート。また、「僕もここ数年の様子を外から見てますがまず気持ちが伝わってこないです。もちろん選手は全力でやってるとは思います。それでも見てる人に伝わってない時点でそれは全力ではないのです」と厳しい意見を述べていた。 大宮は謝罪声明を発表。スタッフ間の連携が行き届いていなかったとして謝罪。ピッチ上で上手く行っていないクラブの悪い側面を露呈することとなった。 「昨日行われました2022明治安田生命J2リーグ第23節ツエーゲン金沢戦試合終了後、ご挨拶のピッチ周回において、周回途中で選手をベンチ横よりロッカールームへ誘導する事象が発生しました。最後までスタンドでお待ちいただいたファン・サポーターの皆さまを含め、ご来場いただいたすべての皆さまへしっかりと感謝をお伝えできなかったことを深くお詫び申し上げます」 「昨日は、試合終了後に実施される監督インタビューより前にロッカールームでチームミーティングを実施したい意向がありましたが、コーチングスタッフと運営スタッフの連携が行き届いておらず、本来の選手入退場口であるメインスタンド西側端のゲートではなくメインスタンドホームベンチ横通路よりロッカールームへ選手誘導を行ってしまう事態となりました」 「今回の事案をクラブとして重大に受け止め、今後同様の事案が絶対に発生しないようお約束し取り組んでまいります」 「あらためて、選手を後押しし一緒に戦っていただいているファン・サポーターの皆さま、日頃よりご支援・熱い応援をいただいている大宮アルディージャにかかわる全ての皆さまに感謝をお伝えさせていただくと共に、お詫び申し上げます」 2022.06.27 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖FW藤原悠汰が山形に育成型期限付き移籍! 今季14試合3得点の大卒1年目

モンテディオ山形は27日、サガン鳥栖からFW藤原悠汰(23)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2023年1月31日まで。背番号「39」をつける。 藤原はサンフレッチェ広島のアカデミー育ちで、広島皆実高校、明治大学を経て、鳥栖に今季入団。ルーキーイヤーから公式戦14試合出場で3得点と記録中だったが、さらなる出番を求め、山形に活躍の場を移すことが決まった。両クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「モンテディオ山形の皆さん初めまして。この度サガン鳥栖のから加入する事になりました藤原悠汰です。フジハラなので、覚えていただけると嬉しいです」 「モンテディオ山形の勝利の為に、応援してくれる方々の笑顔や活力の為に、自身の持てる力を全て発揮して闘います。宜しくお願い致します」 ◆サガン鳥栖 「この度、モンテディオ山形へ育成型期限付き移籍をすることになりました。この決断をするにあたり、シーズン途中にも関わらず、受け入れて頂いた関係者の皆様に感謝しています」 「約半年間多くの事を学び、様々な事を考え日々取り組んで来ましたが応援していただく方々の期待に応えられず悔しい気持ちです。また成長した姿を見せれるよう日々懸命に取り組んできます」 「短い間でしたが、多くの方からの熱いメッセージは今でも忘れません。また、会える日まで頑張ります!」 2022.06.27 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

新潟との天王山を制した横浜FCが首位返り咲き! 新監督初陣の琉球は町田に敗戦【明治安田J2第23節】

26日、明治安田生命J2リーグ第23節の7試合が各地で行われた。 ニッパツ三ツ沢球技場では、今節最注目の横浜FCと新潟による天王山が行われた。立ち上がりからホームチームは渡邉、アウェイチームは舞行龍ジェームズがシュートを放つ白熱の展開に。徐々に新潟が敵陣でボールを回す時間が増えつつあった中、試合を動かしたのは横浜FCだった。 19分、左サイドの長谷川が右足でクロスを上げると、GKの目の前で小川が頭で合わせてネットを揺らした。 先制を許した新潟は高い支配率で試合を進めるも、なかなかゴール前でチャンスを作ることができず。38分に本間がカットインから放ったシュートはGKにキャッチされ、アディショナルタイムの松田のシュートはブロックされた。 試合を折り返すと、新潟はボックス右から鈴木がGK強襲のシュートを放つ。さらにこぼれ球を拾って二次攻撃を展開し、最後はボックス右から高木が狙うも、惜しくも枠を捉えることはできなかった。 さらに新潟は58分に決定機。左サイドからグラウンダーで入った斜めのパスをボックス松田がワンタッチで落とし、本間がダイレクトでコントロールショット。ゴール右上を捉えた完璧なコースだったが、GKブローダーセンにビッグセーブを見せつけられた。 守護神のファインプレーでリードを保った横浜FCは70分に突き放す。敵陣中央でヒールを使った巧みなコントロールを見せた長谷川からボックス右に走る渡邉へスルーパス。最後は冷静に流し込み、2点差に広げた。 その後、3点目にも迫った横浜FCが、守備でもクリーンシートのパフォーマンスで新潟に完勝。首位に返り咲いた。 フクダ電子アリーナでは千葉vs東京Vが行われた。前節に城福監督の初陣で白星を挙げた東京Vは、ミッドウィークに行われた天皇杯で川崎フロンターレ相手にジャイアントキリングを起こすなど公式戦2連勝を勢いづいていたが、この日は開始6分にFKから先制を許す苦しい展開に。 その後も失点が止まらず、37分には馬場がPKを与えて2失点目。後半立ち上がりの47分にもCKからネットを揺らされ、3-0とされる。 敗戦濃厚となるなか、後半アディショナルタイムに千葉GK新井がバスケス・バイロンとの接触の際に故意に頭を蹴られたとして逆上。相手を押し倒してしまい、一発退場となった。 千葉はすでに交代カードを使い切っていたため、GKはチャン・ミンギュが務めることに。すると、その直後のCKでンドカ・ボニフェイスにヘディングシュートを決められ失点。それでも千葉が3-1の快勝を収めている。 その他、ナチョ・フェルナンデス新監督の初陣となった琉球はホームで町田と対戦するも、0-1で敗戦。白星を飾ることはできなかった。 ◆第23節 ▽6月26日(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 3</span>-1 東京ヴェルディ 栃木SC 1-1 いわてグルージャ盛岡 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">横浜FC 2</span>-0 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 FC琉球 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 FC町田ゼルビア</span> 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レノファ山口FC 2</span>-1 ヴァンフォーレ甲府 ▽6月25日(土) ベガルタ仙台 1-1 モンテディオ山形 水戸ホーリーホック 1-1 ファジアーノ岡山 V・ファーレン長崎 0-0 ブラウブリッツ秋田 ロアッソ熊本 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 大分トリニータ</span> 2022.06.26 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

スポルティングのFWがJリーグに? 今季途中からギリシャ1部でプレー

スポルティングCPのブラジル人FWルイス・フェリピ(28)がJリーグにやってくる可能性があるようだ。ポルトガル『レコルド』が伝えた。 ルイス・フェリピは、長らくポルトガルでプレー。エストリル・プライアやフィレンセ、パソス・フェレイラなどでプレーし、2019年1月にスポルティングに完全移籍で加入した。 2021年8月からはサンタ・クララに加入し守田英正とチームメイトになるも試合でプレーせず。今年1月からはギリシャのOFIクレタにレンタル移籍していた。 スポルティングでは公式戦47試合で17ゴール6アシスト。プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)では86試合で25ゴール5アシストを記録。ヨーロッパリーグでも6試合で2ゴール1アシストを記録していた。 クレタではギリシャ・スーパーリーグで6ゴール3アシスト、プレイアウトで7試合5ゴールを記録していた。 クレタはレンタル移籍の延長をオファーしたものの、スポルティングが拒否。契約は残り2年となっているなか、完全移籍させたい目論見があるようだ。 スポルティングでは構想外となっている状況もある中で、新天地の候補には日本のクラブ、またはスペイン2部という選択肢があるとのこと。果たしてどのような結末を迎えるだろうか。 2022.06.26 11:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly