鹿児島がGK岩崎知瑳、DF谷口功と契約更新

2017.12.14 20:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
▽鹿児島ユナイテッドFCは14日、GK岩崎知瑳(22)、DF谷口功(26)との契約更新を発表した。

▽岩崎は2017シーズンの公式戦出場はなく、谷口は明治安田生命J3リーグ8試合出場1得点を記録していた。両選手はクラブを通じてコメントしている。

◆GK岩崎知瑳
「来シーズンも鹿児島でプレーをさせていただくことになりました。来年はクラブのJ2昇格のために全力を尽くします。来シーズンが飛躍の年となるよう日々努力していきます。応援よろしくお願いします。」

◆DF谷口功
「来年も鹿児島ユナイテッドFCでプレーさせていただくことになりました。鹿児島ユナイテッドが、必ずJ2昇格を成し遂げれるように、謙虚に、そして常に高い志を持ってチームに貢献できるよう頑張ります」
コメント
関連ニュース
thumb

鹿児島DFフォゲッチが負傷、4月に手術

鹿児島ユナイテッドFCはDFフォゲッチの負傷を発表した。 クラブの発表によると、フォゲッチはトレーニング中に負傷。左大腿直筋近位腱断裂と診断され、4月30日に鹿児島市内の病院にて手術を受けていたとのこと。全治は約6カ月とのことだ。 フォゲッチは、今シーズンから鹿児島に加入。過去には世代別のブラジル代表にも呼ばれていた。 2020.06.23 18:11 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿児島が大分退団のFW馬場賢治、栃木退団のMF三宅海斗を獲得

鹿児島ユナイテッドFCは18日、FW馬場賢治(34)、MF三宅海斗(22)が完全移籍で加入することを発表した。 馬場は、ヴィッセル神戸や湘南ベルマーレ、水戸ホーリーホックでプレーし、2018年にカマタマーレ讃岐から大分トリニータに加入。2019シーズンはJ1リーグ2試合の出場に留まり、2019年7月にFC岐阜へ期限付き移籍すると、19試合に出場も無得点。昨シーズン限りで大分を退団していた。 三宅は、東福岡高校から鹿屋体育大学へ進学すると、大学2年次にデュッセルドルフのセカンドチームへ加入。2019年7月に栃木SCへと加入すると明治安田生命J2リーグ11試合、天皇杯1試合に出場。しかし、今年1月に双方合意の下で契約を解除し退団していた。両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW馬場賢治 「鹿児島ユナイテッドFCを愛する皆さん初めまして、この度加入させていただくことになりました馬場賢治です。まずはどこのクラブからも声がかからずなかなかチームが決まらない中で、後がなくなりかけていたサッカー人生からまだ先の見えるサッカー人生にしてくれた鹿児島ユナイテッドFCには本当に感謝しています」 「もう鹿児島のために全てをかけなかったら漢じゃないと思っています。今シーズンの鹿児島ユナイテッドFC J3優勝と、鹿児島ユナイテッドFCがこれからもっともっとたくさんの人たちから愛され、誰もが誇れる最高のクラブになっていくための力になることに、僕のサッカー人生の全てをかけます」 「鹿児島ユナイテッドFCを愛する沢山の人たちで一丸となって、熱く熱く最高の1年にしましょう!皆さんこれからよろしくお願いします」 ◆MF三宅海斗 「鹿児島ユナイテッドFCに加入することになりました三宅海斗です。サッカーができることに幸せを感じながら、サポートして下さる全ての方々に感謝し、クラブの目標を達成する為に頑張ります。応援よろしくお願いします」 2020.02.18 10:20 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿児島退団のDF谷口功、現役引退を発表!「今まで出会ったたくさんの方々に感謝」

鹿児島ユナイテッドFCは15日、DF谷口功(28)が現役を引退すると発表した。 鹿児島実業高校から桃山学院大学に進学した谷口は、2013年にギラヴァンツ北九州でプロキャリアをスタート。2014年から期限付き移籍で鹿児島に加わり、2015年に完全移籍を果たした。 その鹿児島でJ3参戦やJ2昇格に貢献してきた谷口だが、昨シーズンは天皇杯1試合のみの出場に。シーズン終了後、契約満了で退団が決まった。 キャリア通算記録は、明治安田生命J3リーグ26試合1得点、天皇杯4試合1得点。引退決定を受け、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「2019年シーズンをもちまして現役生活を引退する事を決断しました。7年間プロサッカー選手としての時間を過ごせた事は本当に幸せな事だと実感しています」 「今まで経験したすべてのカテゴリーで素晴らしい指導者の方々と出会い、熱心に指導していただいたおかげで今があります。プロになって、北九州、鹿児島で共に戦ったチームメイト、監督、コーチ、そしていつも僕たちの事を1番に考えて、裏方で支えてくれたスタッフの皆さん、本当にありがとうございました」 「ギラヴァンツ北九州、鹿児島ユナイテッドFC、この2つのチームのエンブレムを背負って戦えた事を心から誇りに思います。特に鹿児島でJ2昇格を成し遂げた事は、一生忘れることの出来ない最高の思い出です」 「そして、どんな時も変わらず最大級のサポートしてくれた家族、友人、今まで出会った本当にたくさんの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。全ての素晴らしい出会いに心から感謝しています」 「良い時もそうでない時も、いつも最高の応援をしていただいて、どんな時もサポートしてくれた北九州、鹿児島のファン、サポーターの皆様、本当にありがとうございました。最後に、これから新たな道に進む自分自身にめちゃくちゃ期待してます。ありがとうございました!」 2020.02.15 12:47 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿児島がブラジル人DFを獲得 背番号は「2」

鹿児島ユナイテッドFCは7日、ブラジル人DFフォゲッチ(24)の加入を発表した。 フォゲッチはこれまでサンパウロU-23などブラジル複数クラブでプレー。世代別代表歴を持つ。鹿児島入りを受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「鹿児島のサポーターの皆さま、こんにちは! 鹿児島に入団する事になったフォゲッチです。このチームの一員になる事が出来とても嬉しく思っています。2020年が鹿児島にとって素晴らしい年になるよう一丸となってJ3優勝を目指して頑張りましょう! 一丸となれば更に強くなれる!」 2020.02.07 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿児島退団のMF中原優生が現役引退 「初ゴールを決めた時のことは今でも嬉しく鮮明に覚えています」

鹿児島ユナイテッドFCは6日、昨シーズン限りで退団していたMF中原優生(26)が現役を引退することを発表した。 中原は2016年に鹿屋体育大学から鹿児島へ加入した。初年度こそ明治安田生命J3リーグに29試合出場し、8得点の数字を収めたが、徐々に出番が減少。昨シーズンはJ2リーグ4試合の出場にとどまり、契約満了が発表されていた。 現役生活に幕を下ろす中原はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「鹿児島ユナイテッドという素晴らしいチームで4年間サッカーできたのは、僕の人生の財産です。4年前、白波スタジアムで初ゴールを決めた時のことは今でも嬉しく鮮明に覚えています。多くの時間ピッチでプレーすることはできませんでしたが、鹿児島のファン、サポーターの皆様には熱く、応援して頂きありがとうございました」 「また、鹿児島ユナイテッドFCのフロントスタッフ、スポンサーの皆様、私に関わって頂いた全ての方々、本当にありがとうございました。そして何より小さい頃から今日まで、何不自由なくサッカーをさせてくれた家族に感謝の気持ちでいっぱいです」 「サッカーを通して、沢山の人と出会い、素晴らしい経験をすることが出来ました。これからはその経験を生かし恩を返していければと思います。4年間短いサッカー人生でしたが、応援して頂き本当にありがとうございました」 2020.02.06 16:25 Thu
twitterfacebook