横浜FC、DF永田拓也の負傷離脱を発表 右ヒザじん帯損傷で全治4カ月

2017.10.18 15:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜FCは18日、DF永田拓也の負傷離脱を発表した。

▽2014年から横浜FCでプレーする永田は、15日に行われた明治安田生命J2リーグ第37節の東京ヴェルディ戦で負傷。右ヒザ後十字じん帯損傷で全治4カ月と診断された。

▽27歳の永田は、今シーズンのここまでJ2第37節終了時点で24試合1ゴール。東京V戦後に中田仁司監督の解任を発表した20日に行われる次節、FC町田ゼルビアとのホーム戦に臨む。

関連ニュース
thumb

柏GK松本健太が左小指基節骨骨折で全治3カ月…今季はプロデビュー

柏レイソルは2日、GK松本健太の負傷を発表した。 クラブの発表によると、松本は9月22日のトレーニング中に負傷。検査の結果、左小指基節骨骨折と診断。全治は約3カ月とのことだ。 柏の下部組織出身の松本は、東洋大学を経て2020年に入団。今シーズンはプロデビューを果たし、明治安田生命J1リーグで1試合、YBCルヴァンカップで1試合に出場していた。 2022.10.02 20:38 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸のMF飯野七聖の今季が終了、トレーニング中に負傷し全治10〜12週間

ヴィッセル神戸は2日、MF飯野七聖の負傷を発表した。 クラブの発表によると、飯野は9月25日に行われたノエビアスタジアム神戸でのトレーニングで負傷したとのことだ。 神戸市内の病院で検査を行った結果、右腓腹筋肉離れと診断。全治は10〜12週間となり、一足先にシーズンを終えることとなってしまった。 飯野はサガン鳥栖で今季はスタート。明治安田生命J1リーグで16試合に出場し1得点を記録。シーズン途中に神戸へと移籍すると、J1で8試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でもプレーしていた。 2022.10.02 12:47 Sun
twitterfacebook
thumb

広島FW鮎川峻の離脱長引く…左足第5中足骨骨折の補強手術

サンフレッチェ広島は10月1日、FW鮎川峻が手術を受けたことを報告した。 鮎川は5月に左足第5中足骨骨折の治療で手術を受け、現在に至るまで離脱中。今回はその補強手術のようで、9月30日に広島県内の病院で行われたとのこと。 当初は全治3カ月と見られていたが、もうしばらく時間がかかることになった。なお、新たな治療期間などは明かされていない。 広島ユース出身の鮎川は、2021シーズンにトップチームデビューを果たし、公式戦26試合で2ゴールをマーク。今季は出場2試合目となったJ1第4節のFC東京戦でゴールを決めているが、ここまでの出場は3試合のみとなっている。 2022.10.01 20:25 Sat
twitterfacebook
thumb

琉球、選手2名の新型コロナ陽性と複数名の濃厚接触疑いを報告

FC琉球は1日、トップチーム選手2名の新型コロナウイルス感染を報告した。 当該選手はPCR検査で陽性診断。また、Jリーグのガイドラインに基づく「濃厚接触疑い者」にクラブ内の複数名が該当し、陽性者と濃厚接触疑いの者は適切な指導及び対策のもと、チーム活動から離れ、療養中だという。 チームは本日1日にホームで行われる明治安田生命J2リーグ第39節の横浜FCと対戦するが、試合当日のスクリーニング検査(抗原定性検査)で陰性判定を受けた者でエントリー予定とのことだ。 2022.10.01 13:15 Sat
twitterfacebook
thumb

栃木、選手4名が新型コロナに感染…スタッフ1名が濃厚接触疑い

栃木SCは1日、トップチーム選手4名の新型コロナウイルス感染を報告した。 当該選手は9月28日の抗原検査で陽性に。チームドクター判断のもとで新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けた。 現在は適切な対策のもとで療養中。ほか、スタッフ1名が濃厚接触疑いと判断され、適切に自主隔離・待機措置中だという。 2022.10.01 12:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly