アーセナル、DFチャンバースとの契約延長発表!2017.10.12 02:21 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは11日、イングランド代表DFカラム・チャンバース(22)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽2014年にサウサンプトンからアーセナルに5年契約で加入したチャンバースは、2019年までの現行契約をさらに2年間延長した。

▽チャンバースは、昨シーズンにミドルズブラに1年間のレンタル移籍で武者修行に出されたものの、これまでアーセナルのトップチームで公式戦60試合に出場。センターバックと右サイドバックを主戦場とする同選手は、今シーズンEFLカップ1試合に出場している。

▽また、ここ数年招集から遠ざかっているものの、イングランドのフル代表で通算3キャップを誇り、今後の成長次第で代表返り咲きの可能性は十分にある。
コメント
関連ニュース
thumb

アゼルバイジャンの英国大使が断言…ムヒタリアンの安全は保障する!EL決勝出場なるか

ヨーロッパリーグ(EL)でチェルシーとの決勝戦を控えるアーセナル。来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得のためにも負けられない試合だが、アーセナルには解決しなければならない問題がある。 アゼルバイジャンのバクーで開催される今回の決勝戦。MFヘンリク・ムヒタリアンにとって、母国のアルメリアとアゼルバイジャンとの間にある長年にわたる紛争ゆえに身に危険が及ぶ可能性がある。 今季のEL・グループステージではアゼルバイジャンのカラバフとの対戦の際にはアウェイの試合には帯同しなかった。また、ドルトムントに在籍していた2015年の同大会でもアゼルバイジャンのガバラとの試合を欠場した背景がある。 その可能性が今回も指摘されているが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、アゼルバイジャンの英国大使であるタヒル・タギザーデ氏がムヒタリアンの身の安全を保障すると断言しているようだ。「絶対に」と強調する同氏はこう話す。 「これは最高クラスのイベントだ。我々の目的が政治的試合を行うことだとすれば、それは違う。政治家ではなく、フットボーラーとしての報酬を受けているんだ。どうにかこの問題を取り除こう」 「私が保証できるのは、アゼルバイジャン政府がやるべきことをすべて行い、この試合に来る全てのファンやスタッフに安全と安心を提供することだ」 2019.05.21 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックスの司令塔ハキム・ジイェフ、過去に2つの“憧れのクラブ”を告白していた!?

イギリス『デイリー・ミラー』が、アヤックスに所属するモロッコ代表MFハキム・ジイェフ(26)が過去に2つのクラブに憧れを抱いていることを明かしていたことを伝えている。 卓越した左足のテクニックと創造性を武器に、“エールディビジ最高のテクニシャン”と評されるジイェフは昨シーズン、公式戦39試合9ゴール18アシストを記録。今シーズンもここまで公式戦49試合21ゴール24アシストの数字を残し、チームの国内2冠、チャンピオンズリーグ(CL)ではベスト4進出に貢献している。 ジイェフには現在、アーセナルやリバプール、マンチェスター・ユナイテッドのプレミアリーグ勢に加え、バイエルンやドルトムントなど、欧州ビッグクラブが獲得に関心を示している。また、先日にはアヤックスのスポーツ・ディレクターを務めるマルク・オーフェルマルス氏が「彼に対してクラブにとって良いオファーが届けば、移籍を認めることを約束している」とコメントしていた。 そんなジイェフは2017年の『Ajax TV』で、自身の憧れのクラブや選手について明かしていた。 「(将来プレーしたいクラブについて)2つのクラブがある。それはアーセナルとバルセロナさ。僕の最終的な夢だよ」 「(目標とする選手について)1人だけいるんだ。メスト・エジルだよ」 「(エジルと同等のレベルにいるか)いやいや。僕はエジルのレベルにはまだほど遠いよ」 現在、その目標の一つであるアーセナルから関心を寄せられている。果たして今夏、ジイェフはアーセナルに加入することになるのだろうか。 2019.05.21 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

エジルがトルコ大統領と会食…露W杯前後に物議を醸したあの問題が再加熱か

アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルが、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と会食をしていたことが分かった。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 両者の関係は、昨年のロシア・ワールドカップ開幕前の5月に、エジルと同胞のMFイルカイ・ギュンドアンとともにロンドンで今回のように会食をしたことで話題となった。 トルコ系ドイツ人であるエジルとギュンドアンは当時の写真をSNSにアップしたことで、人権問題などで非難されるエルドアン政権を支持しているとメディアや周りの人々に批判された。ギュンドアンはすぐに釈明したものの、エジルはワールドカップ中も沈黙を続け、批判が集中。 大会後、DFB(ドイツサッカー連盟)のラインハルト・グリンデル会長は、ドイツ代表が同大会で1勝2敗でグループステージ敗退という結果もあったことから、エジルがギュンドアンのように直ちに釈明したなかったことに苦言を呈した。 するとエジルは自身のツイッターで今回の騒動について言及。エルドアン大統領と写真を撮ったことに「政治的意図はない」としながら、その件でメディアやファン、さらにはDFBから人種差別的発言を受けたと主張し、ドイツ代表から引退するまでに至った。 そんな背景がありながら、エジルはアミネ・ギュルシェ夫人とともにエルドアン大統領と会食を行ったようだ。エジルと夫人は3月にもエルドアン大統領と面会していたようで、その時は今年6月に予定されている結婚式の招待状を手渡したのだという。 だがそれにも、ここ数年でトルコと人権問題で対立しているドイツ国内からは批判があったとされるエジル。今回の会食も物議を醸しそうだ。 2019.05.20 15:05 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、EL優勝逃せば今夏は緊縮財政に…

アーセナルは今月30日にチェルシーとのヨーロッパリーグ(EL)決勝戦を戦う。この一戦は今夏の補強費に甚大な影響を与えることになるようだ。イギリス『BBC』の著名ジャーナリスト、デイビッド・オーンスタイン氏が明かした。 ウナイ・エメリ監督就任1年目となった今シーズンのプレミアリーグをチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位で終えたアーセナル。そのため、今季の最低限のノルマと言われる来季のCL出場権獲得に向けては、チェルシーとのダービーとなったELファイナルを制するほかない状況だ。 来季CL出場の有無がリクルートに関して影響を与える一方、今夏の補強予算という面でも大きな影響を与えるようだ。 オーンスタイン氏は『BBC 5 Live Sport』で、アーセナルが来季CL出場を逃した場合の補強予算が4000万ポンド(約56億2000万円)ほどになると予想。一方、ELに優勝してCL出場が決定した場合、補強予算は最大で1億ポンド(約140億円)ほどになるようだ。 また、今夏の補強ポジションに関してはセンターバックとユベントスに移籍するウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの後釜となるボックストゥボックスタイプのセントラルMF、ウインガーの3つのポジションとなるようだ。 現在、アーセナルではFWアレクサンデル・ラカゼットとFWピエール=エメリク・オーバメヤンの2枚看板以外に高額の移籍金が見込める選手もいないため、来シーズンに成功を収めるうえではEL制覇が必須と言えそうだ。 2019.05.16 14:38 Thu
twitterfacebook
thumb

EL決勝の主審がイタリア人レフェリーのジャンルカ・ロッキ氏に決定!

欧州サッカー連盟(UEFA)は13日、5月30日(木)にアゼルバイジャンのバクー・オリンピックスタジアム行われるチェルシーとアーセナルのヨーロッパリーグ(EL)決勝でイタリア人レフェリーのジャンルカ・ロッキ氏(45)が主審を務めることを発表した。 6年ぶり2度目の優勝を目指すチェルシーと、19年ぶり2度目の決勝進出でEL初制覇を目指すアーセナルの“ビッグロンドン・ダービー”となったELファイナルを裁くのは2008年から国際審判員を務める経験豊富なイタリア人レフェリーのロッキ氏となった。 過去に2度(2010年、2017年)EL決勝で第4審判を務めた経験を持つロッキ氏は、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)6試合を担当。さらに、同氏は2017年8月に行われたUEFAスーパーカップのレアル・マドリーvsマンチェスター・ユナイテッドを裁いていた。 なお、ロッキ氏と共に試合を裁く副審はイタリア人レフェリーのフィリッポ・メリ氏とロレンツォ・マンガネッリ氏、第4審判はイタリア人レフェリーのダニエレ・オルサート氏が担当する。 2019.05.14 00:01 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース