悲劇…ムニアイン、2度目のACL断裂で長期離脱へ

2017.09.30 15:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビルバオは29日、同クラブの元スペイン代表FWイケル・ムニアイン(24)が右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負ったことを発表した。▽ムニアインは28日に行われたヨーロッパリーグのグループステージ第2節、ホームでのゾリャ戦で試合終了間際に負傷。検査の結果、右ヒザ前十字じん帯断裂が確認された。


▽ムニアインは過去、2015年4月にも左ヒザ前十字じん帯を損傷し、252日にわたる長期離脱を余儀なくされた。スペイン『マルカ』によれば、今回も前回と同様に最大8カ月程度の長期離脱を強いられるとみられる。
関連ニュース
thumb

クーマン、バルサ指揮官としての初タイトルに満足 「素晴らしい気持ち」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が待望のタイトルに歓喜した。スペイン『マルカ』が報じている。 バルセロナは17日に行われたコパ・デル・レイ決勝のアスレティック・ビルバオに挑み、4-0で勝利。後半に4ゴールを奪い切り、3季ぶり31度目のコパ・デル・レイ優勝を果たした。 昨夏の指揮官就任から記念すべき初タイトルを獲得したクーマン監督は試合後、喜びの思いを口にした。 「素晴らしい気持ちだね。ここに辿り着くまで大変だったし、時間もかかった。我々は幸せであり、今季は少なくとも1つのタイトルを獲得するに値する。クラブはそれに相応しい。変化の年にあたる今季に獲得した非常に大きなタイトルだ」 また、この決勝戦で2ゴールを挙げ、今季が契約最終年の去就に注目を集めるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシにも言及した。 「彼の将来がどうなるかなんてわからない。この試合が彼のラストにならないのを祈る。誰もが彼に残留してほしいと思っている」 エースの残留を願ったオランダ人指揮官は佳境のラ・リーガ覇権争いに向けても決意を新たにしている。 「バルセロナは私のクラブだ。家なのだ。就任初日から大変だったが、シーズン最後の試合までリーガ優勝のために戦う」 2021.04.18 11:15 Sun
twitterfacebook
thumb

キャプテンとして初タイトルのメッシ「すごく特別なコパに」

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがキャプテンとして初のタイトルに歓喜した。 バルセロナは17日に行われたコパ・デル・レイ決勝のアスレティック・ビルバオに挑み、4-0で勝利。後半に4ゴールを奪い切り、3季ぶり31度目のコパ・デル・レイ優勝を果たした。 この決勝戦にフル出場して2ゴールを挙げ、ロナルド・クーマン体制に初タイトルをもたらしたメッシ。個人としてもMVPに輝いた決勝戦後、クラブ公式チャンネルで喜びを露わにした。 「このクラブのキャプテンであるのはすごく特別なこと。このカップを掲げることができ、僕にとってもすごく特別なコパになったよ」 また、「彼らは前半にたくさん動かされ、後半に落ちていった」と試合を振り返ると、無観客開催について「ファンと祝えないのは残念。それが今の状況だ。辛いけどね」と憂いた。 そんなメッシを擁するバルセロナは今後、ラ・リーガ優勝が大きな目標に。リーグ戦での歩みも振り返り、優勝争いに絡む状況を喜び、右肩上がりのチーム状態を主張している。 「僕らはシーズンの前半戦に苦しみ、簡単にポイントを落としてしまった。それから強さを取り戻して、争いに加わることができたよ。この前のクラシコは良い結果にならなかったけどね」 <span class="paragraph-title">【動画】キャプテン・メッシ、歓喜のトロフィーリフト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6Qko5REY1TyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.18 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシ2発にデ・ヨング1G2Aのバルサが3季ぶり31度目の優勝、ビルバオは無念の決勝連敗《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ決勝、アスレティック・ビルバオvsバルセロナが17日に行われ、0-4でバルセロナが勝利した。 準決勝でレバンテを退けたビルバオと、セビージャを退けたバルセロナによる決勝。 2週間前に行われたレアル・ソシエダとの昨季決勝に敗れたビルバオは、フラットな[4-4-2]を採用。イニャキ・ウィリアムズとラウール・ガルシアの2トップで臨んだ。 一方、3季ぶりの優勝を目指すバルセロナは[3-5-2]で臨み、負傷明けのピケが3バックの中央に入り、メッシとグリーズマンが2トップを形成した。 立ち上がりからバルセロナが圧力をかける展開となると、5分に決定機。浮き球パスに抜け出したメッシの落としから、F・デ・ヨングが左ポスト直撃のシュートを浴びせた。 その後も押し込み続けたバルセロナは21分にメッシがボックス内から右足で枠内シュートを記録。前半半ば以降も同様の構図で試合が進んだが、自陣で身体を張るビルバオ相手に決定機を生み出すには至らずゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、コンディション不良のムニアインに代えてレクエを投入したビルバオに対し、バルセロナは開始3分にビッグチャンス。メッシのスルーパスでボックス右に抜け出したデストが折り返し、グリーズマンがプッシュ。だが、GKウナイ・シモンの残した足に止められてしまった。 さらに52分、CKの流れからブスケッツにビッグチャンスが訪れるも、ルーズボールを押し込みにかかったシュートは再びGKウナイ・シモンの好守に阻まれた。 それでも60分、バルセロナが均衡を破る。メッシのパスを右サイド高い位置で受けたF・デ・ヨングがクロスを入れ、グリーズマンが合わせた。 そして63分、バルセロナが一気に突き放す。左サイドのジョルディ・アルバのアーリークロスをF・デ・ヨングがダイビングヘッドで押し込んだ。 さらに5分後、バルセロナに決定的な3点目が生まれる。F・デ・ヨングとのパス交換でボックス右に侵入したメッシがDF2人をカットインでかわしてゴール左へシュートを流し込んだ。 止まらないバルセロナは72分、グリーズマンのスルーパスで左サイドのスペースを突いたジョルディ・アルバがクロスを送ると、ゴール前のメッシが合わせて4点目を奪った。 後半の4発で圧勝としたバルセロナが3季ぶり31度目のコパ・デル・レイ優勝を果たしている。一方、敗れたビルバオは無念の決勝2連敗でタイトル獲得とはならなかった。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】バルセロナが4発快勝!コパ・デル・レイを制す!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpZFBjWUVIcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.18 06:22 Sun
twitterfacebook
thumb

ビルバオが2週間で2度目のコパ・デル・レイ決勝に臨む!指揮官「ソシエダ戦は過去のこと」

アスレティック・ビルバオのマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が、コパ・デル・レイ決勝のバルセロナ戦に向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 準決勝でそれぞれレバンテとセビージャを下したビルバオとバルセロナによる2020-21シーズンのコパ・デル・レイ決勝戦。バルセロナにとっては2シーズンぶりの決勝となるが、ビルバオは例年とは少し様子が異なる。 昨シーズンの同大会でも決勝へ進出していたビルバオだったが、新型コロナウイルスの影響により長らく延期が続いていた。そして、レアル・ソシエダとのバスク・ダービーによる決勝が行われたのは、当初の予定からおよそ1年後の先日4月4日。ビルバオは約2週間の間に、決勝戦を2回戦う異例のクラブとなった。 ソシエダとの決勝は0-1で敗れ、26シーズンぶりの大会制覇を逃したビルバオ。マルセリーノ・ガルシア・トラル監督は、すでにソシエダ戦を過去のものとし、ビルバオという街にトロフィーを持ち帰りたいという強い意志を示した。 「ソシエダとの決勝戦はもう過去のことだ。自分たちの力が発揮できなかった理由を分析し、今は明日の90分間のことだけを考えている。この決勝戦にはとても期待しているよ。非常に難しい相手だが、優勝してビルバオにトロフィーを持ち帰りたいという思いは消えていない」 「自分たちのことに集中し、自分たちの力を最大限に発揮しなければならない。我々は選手たちにゲームの進め方を浸透させ、結果を考えずにゲームをするという自信と決意を持たせる必要がある。結果は産物であり、そのために肉体的にも精神的にも最高の状態にしておかなければならない。このクラブの選手とファンは、この舞台に相応しいのだ」 「頭と心。それが我々は勝利に導くのだ」 なお、ビルバオとバルセロナは今季4度目の対戦となる。リーグ戦ではダブルを喫しているが、今年1月に行われたスーペルコパ・デ・エスパーニャでは、延長戦の末、ビルバオが3-2で勝利していた。 2021.04.17 18:20 Sat
twitterfacebook
thumb

バスク人の矜持! アスレティック主将ムニアインはコパ決勝敗戦後、1人でラ・レアルの優勝称える

先週末に行われた2019-20シーズンのコパ・デル・レイ決勝、アスレティック・ビルバオとレアル・ソシエダによるバスク・ダービーにおいて、敗れたアスレティック主将FWイケル・ムニアインがまさに圧巻の振る舞いを見せた。『ESPN』が伝えている。 今回の一戦は当初、2020年4月に開催予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって延期に。その後、一時はラ・リーガ同様に無観客開催での実施を検討していたが、滅多にないバスク・ダービーを愛するサポーターの前で戦いたい両クラブは、優勝チームに付与されるヨーロッパリーグ(EL)出場権を辞退してまで、有観客開催にこだわった。 しかし、1年近く経過した段階でもコロナウイルスの終息の目途が立たず、今月17日には2020-21シーズンの決勝戦(バルセロナvsアスレティック)が控えている事情もあり、最終的に両クラブは有観客での開催を断念。今月3日に中立地セビージャにて、一部ゲストと報道陣のみの入場を認めた無観客で戦うことになった。 その試合では見ごたえのある拮抗した攻防が繰り広げられた中、後半半ばにFWミケル・オヤルサバルが決めたPKによるゴールが決勝点となり、1-0で勝利したソシエダが33年ぶり3度目の優勝を果たした。 試合終了後には歓喜に沸くソシエダ陣営と、多くの選手がピッチに突っ伏すアスレティック陣営という、勝者と敗者のコントラストが明瞭に。 そして、敗れたアスレティックの多くの選手たちはセレモニー後、ピッチで大騒ぎするライバルをしり目に足早にロッカールームへと引き上げていった。 そういった中、唯一ピッチ上に残っていたのが、カピタンのムニアインだった。 ムニアインは準優勝チームに贈呈された盾を脇に抱えてソシエダのトロフィーリフトに合わせて惜しみない拍手を捧げた。さらに、両手を身体の前で組みながら歓喜に沸くライバルチームから目をそらさずに、最後まで敬意を示し続けた。 以前からバスク人としての連帯感を強調する両クラブは互いを尊重し、サポーター同士の関係性も良好であることが知られているが、敗戦直後にムニアインが見せた矜持はなかなか真似できない素晴らしい振る舞いだった。 なお、今回のムニアインの素晴らしい振る舞いによって、17日に控えるバルセロナとの今シーズンの決勝戦ではラ・レアルのサポーターからも盛大な後押しが期待できるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】ムニアインはコパ決勝敗戦後、1人でラ・レアルの優勝称える</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Athletic Club captain Iker Muniain stayed to watch and applaud the entirety of Real Sociedad&#39;s trophy lift and celebrations.<br><br>Fuel for the next Copa del Rey final in two weeks <a href="https://t.co/JzmJiVcX1Y">pic.twitter.com/JzmJiVcX1Y</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1379084600480260103?ref_src=twsrc%5Etfw">April 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.04.07 00:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly