ユベントスのレジェンドで副会長のネドベド氏が故郷クラブで現役復帰

2017.09.24 10:34 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェコのレジェンドであり、現在はユベントスの副会長を務めるパベル・ネドベド氏(45)が、故郷のクラブFKスカルナで現役復帰した。クラブ公式サイトが伝えた。

▽チェコのプラハで生まれたネドベド氏は、スカルナで幼少期を過ごした。その後、スパルタ・プラハで飛躍すると、1996年にラツィオへと移籍。ラツィオでも活躍していたが、クラブの財政危機もあり2001年にユベントスへと移籍。2009年の現役引退までユベントスでプレーした。

▽ユベントス時代にはセリエAで2度優勝、個人でも2003年にバロンドールを受賞する活躍を見せ、引退後はクラブの副会長に就任していた。

▽契約の詳細は明かされておらず、またユベントスの副会長の仕事もあるために、どの程度試合に出場するかは確定していないとのことだ。

関連ニュース
thumb

ロカテッリとラビオが復帰、ミレッティもボローニャ戦出場へ

不振のユベントスに朗報だ。MFマヌエル・ロカテッリ、MFアドリアン・ラビオ、DFアレックス・サンドロの3選手が、10月2日に行われるセリエA第8節ボローニャ戦に出場できるようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 また、同メディアによれば足首を痛めてU-21イタリア代表を離脱したMFファビオ・ミレッティもボローニャ戦に出場できると報じている。 代表ウィーク前、格下モンツァに敗れた泥沼のユベントス。マッシミリアーノ・アッレグリ監督への風当たりが引き続き強い中、心強い戦力たちが復帰するようだ。 2022.10.01 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ復帰説をトッテナム監督コンテが一蹴! 「無礼だ」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督(53)がユベントス復帰話を否定した。 ユベントスでは開幕からの低調な滑り出しより、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の更迭話が浮上中。イタリアメディアではコンテ監督を後任候補として取り上げ、本人も古巣復帰に前向きとしている。 だが、2021年11月からトッテナムを率い、今季で指揮2年目のコンテ監督は噂に不快感を表立たせたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がイタリア人指揮官のコメントを報じている。 「信じられないね。時期的にユベントスの監督にもトッテナムで働く私にも無礼だと思う。我々はシーズンを始めたばかりだ。この手の話は何度もしているし、私はハッピーだし、常にトッテナムでの時間をエンジョイできていると言っている」 「クラブと私はシーズンを通して、ベストな解決策を見つけていくんだ。そして、確かにトッテナムでの時間を楽しめている。オーナーやファビオ・パラティチとは素晴らしい関係にある。今後に向けて問題もない。我々2人は契約にサインしたんだ」 「誰かがこの話をしているのを聞きたくないね」 2022.09.30 15:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドで「思うようにいかなかった」 ポグバも自覚

ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバにもマンチェスター・ユナイテッドで思い通りの活躍ができなかったという感覚があるようだ。 ユベントスでの4年間で実力を証明してみせ、2012年にユナイテッド復帰を果たしたポグバ。移籍金額も当時の史上最高額とまさに鳴り物入りだったが、相次ぐケガによる稼働率の悪さや、波の激しいプレーぶりからファンの信頼を掴み切れず、契約切れの今夏にユベントスでの再起を決意した。 ユナイテッドにもヨーロッパリーグとリーグカップの2つしかタイトルをもたらせず、周囲から失敗とする見る向きが強い29歳だが、本人もその自覚があるようだ。ファッション誌『GQ Italia』のインタビューでユベントス復帰を振り返るなかで、ユナイテッドでの歩みも語った。 「ユベントスに戻るという選択をしたのは僕の心だと思いたいし、そう言いたい。それにここに戻ってくるのにおそらく正しいタイミングだった。マンチェスターでのこの3年間はケガもあってコンディション面が整わず、思うようにいかなかったんだ。別にミステリーなんかじゃない」 「ユベントスはここ2年間、スクデットから遠ざかっている。僕らにとって良いチャレンジで、また一緒になり、双方にとって本来の居場所に立ち戻ろうとするための正しいタイミングだった。きっとね」 「自分のなかで、このジャージはすごく特別なもの。僕のベストを引き出してくれる。このチームとは良い歴史を築き、離れても決して忘れられないものだった。ここに戻ってくるというのはもっと頑張る理由になるし、刺激でもある。ここが自分の居場所だと疑ったことは一度もない」 2022.09.30 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルもボルシアMGの左SB獲得に動く!ユベントスとの争奪戦に

インテルがボルシアMGからアルジェリア代表DFラミ・ベンセバイニ(27)の獲得を検討しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 2015-16シーズンにレンタル加入したモンペリエで台頭したベンセバイニは、その翌年に完全移籍したスタッド・レンヌでは本職の左サイドバックを主戦場にセンターバックや守備的MFのポジションでプレーし、在籍3年間で公式戦98試合に出場していた。 また、2019年のボルシアMG加入以降は、左サイドバックのレギュラーとしてプレーしここまで公式戦90試合に出場し21ゴールを記録。今季もブンデスリーガ6試合で2ゴールを挙げていた。 高精度の左足のキックに186cmとサイズにも恵まれるアルジェリア代表DFを巡っては、ユベントスなどからの関連も伝えられているが、『ガゼッタ・デロ・スポルト』によればインテルも今冬の争奪戦に参戦。 なお、インテルはドイツ代表MFロビン・ゴセンスを獲得する以前から、ベンセバイニに関心を示しており、今でも代理人と話し合いを続けているとのこと。 また、同紙はEU外選手枠が埋まっているユベントスに対し、インテルには空きがあり、そのことが獲得の際に彼らのアドバンテージになると予想している。 ボルシアMGとベンセバイニは来夏までとなっているが、選手側が契約交渉に乗り気でない現状から来年1月にも500~800万ユーロ(約7億~11億円)の金額で手放しうると報じられるが、果たして。 2022.09.30 07:01 Fri
twitterfacebook
thumb

得点ペース鈍化のヴラホビッチ… 同胞の元ユーベFWが擁護「多くの利益をもたらす吉兆」

ユベントスで不振気味のセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチを、同胞の名ストライカーが擁護している。 今年1月に鳴り物入りでユベントスへ加入し、2季目を迎えたヴラホビッチ。今季はセリエA開幕から4戦4発と、エースとしての存在感を見せつけていたが、ここ最近は公式戦4試合連続でネットを揺らせていない。 だが、そんな状況で迎えた代表ウィークでは、27日のノルウェー代表戦で自身久々となるゴールを記録。旧ユーゴスラビア代表やユベントスなどで活躍したダルコ・コヴァチェビッチ氏はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、このゴールを契機にユベントスでも量産体制に入るはずだと、同胞の後輩に太鼓判を押した。 「ユベントスにとってのシーズンはまだまだ始まったばかりなのさ。現時点で何ひとつ状況が好転していないことは否定できないが、多くの重要なプレーヤーのケガが悪い影響を与えていると思う」 「ヴラホビッチ? 彼はパフォーマンスが上がっていなかったに過ぎない。ノルウェー戦の得点は彼がユーベに多くの利益をもたらす吉兆だよ。(ファンには)ユーベが並外れた重圧の中で戦わなくてはならないクラブであることを忘れて欲しくない」 2022.09.29 21:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly