阪南大学のユニバ代表MF重廣卓也が京都に特別指定で加入「勝利のために頑張りたい」

2017.08.30 21:38 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本サッカー協会(JFA)は30日、阪南大学サッカー部のMF重廣卓也(22)を、21日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先は京都サンガF.C.となる。なお、背番号は「38」をつける。▽重廣は、広島皆実高校から阪南大学へと進学。ユニバーシアード日本代表にも選ばれ、第29回大会の優勝メンバーの1人として活躍した。重廣はクラブを通じてコメントしている。


「いち早くチームに馴染み、戦力になれるよう、京都サンガの勝利のために頑張りたいと思います」

▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。
関連ニュース
thumb

J1通算289試合出場、名古屋のJ1初優勝に貢献したDF増川隆洋が現役引退「ケジメを付けさせていただきます」

京都サンガF.C.は17日、DF増川隆洋(41)の現役引退を発表した。 増川は兵庫県出身で、琴丘高校から大阪商業大学へと進学すると、2002年にアビスパ福岡へ練習生として入団。2003年に正式契約を結んだ。高校時代の同級生には元日本代表FW播戸竜二氏がいた。 2005年には名古屋グランパスへと完全移籍。長身を生かした守備で主力としてプレー。2010年には、DF田中マルクス闘莉王とセンターバックコンビを形成し、チームのJ1リーグ初優勝に貢献し、ベストイレブンにも選ばれていた。 その後、2014年にヴィッセル神戸へ、2016年に北海道コンサドーレ札幌、2018年に京都へと移籍。2019年限りで京都を退団し、所属先を探していた。 J1通算289試合11得点、J2通算110試合6得点、リーグカップ通算47試合2得点、天皇杯通算25試合5得点を記録。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも19試合に出場していた。 増川はクラブを通じてコメント。ケジメを付けると下。 「本日、私、増川隆洋は現役引退を発表させていただきます。昨年無所属になった後も現役続行の道を熟考しましたが、この場を借りてケジメを付けさせていただきます」 「些細なきっかけで始めたサッカーが、夢を育て、日々の活力となり、そして責任感を与えてくれました。プロになれるチャンスを与えてくれたアビスパ福岡をはじめ、名古屋グランパス、ヴィッセル神戸、北海道コンサドーレ札幌、京都サンガF.C.の5クラブで17年間もプレーさせていただきました。どのクラブでも多くの方のサポートのおかげで充実した現役生活を送ることが出来ました」 「幼い時から私を支えてくれた友人や指導者の方々、各クラブでお世話になったクラブ関係者の皆様、監督、コーチ、チームメイト、スポンサー企業の方々、ファン、サポーターの皆様、私に関わってくれた全ての方々に感謝します。また、このような引退発表の場を与えてくださった京都サンガF.C.さまのご厚意に御礼申し上げます」 「そして最後に…どんな時もそばにいてくれた父、母、兄、妻、子どもたち、本当にありがとう」 2021.02.17 15:15 Wed
twitterfacebook
thumb

京都退団の加藤順大、京都府4部チームに選手兼監督として加入!

京都サンガF.C.は29日、GK加藤順大(36)がマッチャモーレ京都山城に加わると発表した。 加藤は浦和レッズ、大宮アルディージャを経て、2019年に京都入り。昨季は出番なしに終わり、シーズン終了後に退団した。 マッチャモーレ京都山城は2020年8月に設立され、今年から京都府リーグ4部に加盟予定。加藤は初代監督にも就任するという。 2030年にJリーグ入りを目指すクラブで、オンラインサロンを活用した参加型スポーツクラブ。マッチャモーレ京都山城の経営の意思決定はすべてこのオンラインサロンを通して行われ、サロンメンバーは意思決定だけではなく、さまざまな制作に参加することができる。 加藤はマッチャモーレ京都山城の公式サイトを通じて、意気込みを語っている。 「この度マッチャモーレ京都山城の監督兼選手で加入する加藤順大です。塚本代表と一緒に一からサッカークラブを立ち上げました。このクラブは地域と共に育ち、生きていきます」 「幼稚園、小学校、施設などでサッカーの楽しさ、身体を動かす楽しさを伝えていきます。中学生、高校生、大学生の練習に参加し、シュートも受けます。必要であれば朝の子供達の登校の旗振り等も考えています」 「仕事で忙しいお父さんお母さんの助けになりたいです。おじいちゃん、おばあちゃんの散歩にも付き合います。五里五里の丘で紙飛行機愛好家の皆様に紙飛行機を教えていただきたいです」 「塚本代表の出身地である京都山城地域でサッカー選手として19年目の今年新たなチャレンジです。サッカーでたくさんの人と出会えた喜びをたくさん伝えていきます。京都3部昇格を目指します。よろしくお願いします」 2021.01.29 15:05 Fri
twitterfacebook
thumb

J3参入の宮崎が、京都DF宮城雅史を完全移籍で獲得「笑い合えるシーズンとなるよう精一杯プレーさせて頂きます」

テゲバジャーロ宮崎は20日、京都サンガF.C.のDF宮城雅史(29)が完全移籍で加入することを発表した。 宮城は沖縄県出身で、駒澤大学からJFLの栃木ウーヴァに入団。2014年にレノファ山口FCへと移籍すると、2018年から京都でプレーしていた。 これまでJ2通算57試合3得点、J3通算34試合5得点、JFL通算43試合9得点を記録していた。 なお、2020シーズンは出場機会がなかった。 宮城はクラブを通じてコメントしている。 「ハイサイ〜」 「2021年シーズン、最高の年、テゲバジャーロ宮崎でプレーさせていただきます、宮城雅史です!」 「J3昇格元年、この大事な年にチームと共に闘い、プレー出来ることに感謝し、テゲバジャーロ宮崎に関わる全ての皆さまと共に笑い合えるシーズンとなるよう精一杯プレーさせて頂きます」 2021.01.20 12:22 Wed
twitterfacebook
thumb

石櫃洋祐が現役引退を表明…神戸、名古屋、京都で活躍のプロ15年間に終止符

京都サンガF.C.は19日、DF石櫃洋祐(37)の現役引退を発表した。 石櫃は2006年に大阪学院大学からヴィッセル神戸に入団後、2012年に名古屋グランパス移籍。2014年から京都に加わり、7年間を過ごしたが、昨季終了後に契約満了による退団が決定した。 右サイドバックを主戦場に活躍するなかで、2008年に日本代表候補にも選出。J1リーグ通算140試合6得点、J2リーグ通算230試合9得点を記録したプロ15年間のキャリアに幕を下ろす決断をした。 石櫃は京都の公式サイトを通じて、現役引退を報告。過去所属クラブに感謝の言葉も送りつつ、現役生活最後の挨拶をした。 「みなさん、こんにちは! 石櫃洋祐です! 2020年シーズンをもって引退します!」 「僕にプロサッカー選手としてプレーさせていただいたヴィッセル神戸、名古屋グランパス、京都サンガF.C.に関わる全ての皆様にとても感謝しています!」 「これまでともに闘ったチームスタッフ、チームメイトの皆様は本当に僕の宝物です! そしていつもどんな時も応援してくれたファン、サポーターの皆様にはいつもパワーをもらい、僕の力になっていました!」 「これからも自分らしく、何事にも全力で闘っていきたいと思います! 本当に幸せなプロサッカー選手としての15年間でした! ありがとうございました!!」 2021.01.19 13:05 Tue
twitterfacebook
thumb

J2得点王、京都のエースFWピーター・ウタカが新型コロナウイルス感染

京都サンガF.C.は18日、FWピーター・ウタカが新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、ウタカはオフを利用してドバイに滞在。9日に空港で新型コロナウイルスのPCR検査を受けた結果、陽性判定となったとのことだ。 ウタカは発熱などの症状がないとのこと。来日のスケジュールは未定となっている。 ウタカは2020年にヴァンフォーレ甲府から京都に加入。明治安田J2で40試合に出場し22得点を記録。リーグ得点王に輝いていた。 2021.01.18 21:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly