山形が広島MF長沼洋一を育成型期限付き移籍で獲得

2017.08.18 15:41 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
▽モンテディオ山形は18日、サンフレッチェ広島に所属するMF長沼洋一(20)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2017年8月18日から2018年1月31日までとし、当該間で対戦する全ての公式戦に出場することができない。背番号は「32」に決定している。

▽長沼は、2016年に広島ユースからトップチーム昇格を果たした。今シーズンはここまで、YBCルヴァンカップで6試合1得点を記録。天皇杯には1試合出場していた。

▽山形への加入が決定した長沼は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆モンテディオ山形
「サンフレッチェ広島から来ました長沼洋一です。モンテディオ山形の勝利に貢献できるように精一杯、頑張ります。応援をよろしくお願いします」

◆サンフレッチェ広島
「モンテディオ山形に期限付き移籍することになりました。このタイミングでチームを離れることになり迷惑をかけますが、自分が一段階でも二段階でも上の選手になるために決断しました。成長して広島に帰ってきたいと思いますので、今後とも応援をよろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

J2残留目指す愛媛が山形DF栗山直樹を期限付きで獲得「愛媛一丸となって一緒に頑張りましょう」

愛媛FCは22日、モンテディオ山形のDF栗山直樹(31)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日までとなり、山形との公式戦には出場できない。なお、背番号は「15」をつける。 栗山は静岡県出身で、清水東高校から専修大学を経て、2013年にジェフユナイテッド千葉へと入団。大学時代にケガをした状態で千葉へ加入したが、出番は得られず。2014年途中にFC町田ゼルビアへと期限付き移籍するもそこでも出番はなかった。 2015年に千葉へ復帰し、J2で7試合、天皇杯で3試合に出場。2016年に山形へと完全移籍した。 山形ではJ2通算114試合に出場し9得点を記録していた。 栗山は両クラブを通じてコメントしている。 ◆愛媛FC 「愛媛FCに携わる皆様、チームとして苦しい状況が続いてますが愛媛が残留し、より良い順位で終われるよう自分の持てる力全てを注いで、チームの力になれる様に頑張りたいと思います。絶対に皆さんの力が必要です。愛媛一丸となって一緒に頑張りましょう」 ◆モンテディオ山形 「5年半ありがとうございました。僕の中でモンテディオ山形というクラブは特別なクラブです。プロ初ゴールやJ1昇格プレーオフを戦ったこと、何よりサポーターの皆さんに、2代目『山形の壁』に任命してもらえて本当に幸せでした」 「大好きな山形にずっといたい気持ちももちろんありますが、自分の現状を考えた時、自分がよりサッカー選手として成長するためにはどうするかずっと考えていた中で、このような決断をさせていただきました」 「またいつか山形の力になれる様に頑張ってきたいと思います。本当にありがとうございました」 2021.07.22 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す山形が横浜FMの高卒ルーキーMF樺山諒乃介を育成型期限付き移籍で獲得「目に見える結果を残せるように」

モンテディオ山形は22日、横浜F・マリノスのMF樺山諒乃介(18)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日までとなる。背番号は「35」となる。なお、今シーズンの横浜FMとの対戦では出場できない。 樺山は大阪府の興国高校から今シーズン入団。開幕戦の川崎フロンターレ戦で、高卒ルーキーとしてはDF松田直樹以来の先発デビューを果たす。 開幕から3試合は出場機会を得たが、その後は出場機会があまり訪れず、ここまで明治安田生命J1リーグで5試合の出場にとどまっていた。 樺山は両クラブを通じてコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「モンテディオ山形のファン・サポーターの皆さん。横浜F・マリノスから来ました樺山諒乃介です。J1昇格、J2優勝に向けてピッチで目に見える結果を残せるように全力で頑張ります!よろしくお願いします!」 ◆横浜F・マリノス 「今回、モンテディオ山形に育成型期限付き移籍をする事になりました。この半年間、横浜F・マリノスで学んだ事を山形で活かして活躍してきます!寂しい気持ちはありますが、活躍して人としてもサッカー選手としても何倍も大きくなって帰ってきます! 半年間ありがとうございました!行ってきます!」 2021.07.22 10:10 Thu
twitterfacebook
thumb

山形がFC東京下部組織出身の東洋大学MF横山塁の加入内定を発表…今季は関東2部で5得点

モンテディオ山形は19日、東洋大学のMF横山塁(21)の来季加入内定を発表した。 横山は東京都出身で、FC東京U-15深川、FC東京U-18を経て、東洋大学へと進学した。 今シーズンは関東大学サッカーリーグ2部で9試合に出場し5ゴール1アシストを記録している。 横山はクラブを通じてコメントしている。 「プロのキャリアをモンテディオ山形という素晴らしいチームでスタート出来ること、大変誇りに思います。今まで支えてくれた全ての人に感謝して、自分のプレーで見てくださる皆様に楽しんでいただけるよう精一杯頑張ります」 「少しでも早くピッチに立ち山形の勝利に貢献できるように頑張りますので、応援宜しくお願いします」 2021.07.19 12:53 Mon
twitterfacebook
thumb

山形がクラブ記録の6連勝で磐田の無敗ストップ! 新潟とドローの京都が首位で中断期間へ【明治安田J2第23節】

明治安田生命J2リーグ第23節の7試合が17日に各地で行われた。 前節、レノファ山口FCと引き分け連勝が「8」でストップした首位のジュビロ磐田(勝ち点48)は、東京オリンピック開催に伴う中断前最後の一戦でピーター・クラモフスキー体制移行後9戦無敗(8勝1分け)で6位に付けるモンテディオ山形(勝ち点39)との上位対決に臨んだ。 試合はキックオフ早々にいきなり動く。開始30秒、ハーフウェイライン付近の右から半田の縦パスに抜け出した中原がボックス右ゴールライン際でマイナスに折り返すと、中央に走り込んだ林が右足のダイレクトシュートをゴール左隅に突き刺した。 電光石火のゴールで勢いづくアウェイチームは以降もファジーなポジショニング、相手の布陣とのミスマッチを生かしながらボールの主導権を握る。これに対して磐田は徐々に落ち着きを取り戻すと、11分にはボックス付近で松本と短いパス交換を行った山本康がグラウンダーの左足のシュートを放つが、これは惜しくも左ポストを叩いた。 以降は磐田がボールを握り返して押し返していくが、ルキアンらをうまく抑え込まれてなかなか決定機まで持ち込めない。すると、37分には右サイドの半田からの斜めのパスをボックス手前の林が絶妙なワンタッチで落とすと、最後は中原が完璧な左足のコントロールシュートをゴール左隅に突き刺し、起点となった半田を含め林と中原のコンビで2点を奪って試合を折り返した。 互いに選手交代なしで臨んだ後半は引き続きビハインドの磐田がボールを保持して相手を押し込む。立ち上がりこそ山形の鋭いカウンターに晒されたが、53分にはボックス右で大津が放ったシュートのこぼれ球をルキアンが押し込み、得点ランキング単独トップとなる12ゴール目を挙げた。 早い時間帯に1点を返して勢いづく磐田は相手陣内でハーフコートゲームを展開。防戦一方の山形に対して、ボックス内で幾度も際どいシュートシーンを作り出すが、GKビクトルや相手守備陣の再三の攻守に阻まれる。 その後、小川航や大森、ファビアン・ゴンザレスと攻撃的なカードを切った磐田は力業で相手ゴールをこじ開けにかかるが、山形の粘りが勝って試合はこのままタイムアップを迎えた。 この結果、前回対戦に続き磐田を破った山形が2008年以来となるクラブ記録となる6連勝を達成した。一方、磐田は13戦ぶりの黒星を喫している。 また、サンガスタジアム by KYOCERAで行われた2位の京都サンガF.C.(勝ち点47)と、3位のアルビレックス新潟(勝ち点44)の上位対決は、1-1のドローに終わった。 共に前半戦最終戦を落とすも、後半戦を白星スタートで飾った両雄による注目の直接対決は、前回対戦同様に球際のバトルが強調される白熱の展開に。ホームの京都がアグレッシブな前からの守備で主導権を掴むと、15分には古巣対戦の荻原の鋭い左クロスからゴール前に攻め残っていたヨルディ・バイスに続けて決定機が訪れる。だが、ここはGK小島のビッグセーブなどに阻まれ、早い時間帯の先制点とはならず。 それでも、攻勢を続ける京都は30分過ぎにゴールをこじ開ける。34分、武田からの短い縦パスを収めたピーター・ウタカが左サイドのスペースに走り込む荻原に丁寧なパスを通すと、荻原がボックス左で得意の左足を振り抜き古巣のゴール右隅へ突き刺した。 荻原のJ2初ゴールで先手を奪ったホームチームは以降もウタカ、福岡のシュートで2点目に迫るが、新潟も攻撃こそ停滞したものの粘りの守備で追加点は許さずに前半を終えた。 迎えた後半は選手交代とハーフタイムの修正によってビルドアップを改善した新潟が相手を押し込んでいく。京都は前半のようになかなか良い形でボールを奪えなくなるが、粘りの守備で決定機を許さず。 その後は互いに交代カードを積極的に切って行く中、藤原がボックス内で倒される際どい場面があったもののPKは与えられず。そして、微妙なレフェリングが続いたこともあり、試合はカードが飛び交う荒れ模様の展開に。 そういった中、75分には左サイドを打開した途中出場の本間からの折り返しに反応した高木がペナルティアーク付近から右足を振ると、コース自体は甘かったものの、ボールをキャッチにいったGK若原が痛恨のファンブル。そのままゴールネットに吸い込まれた。 1-1の振り出しに戻った試合は終盤にかけても一進一退の攻防が続く。互いに幾度か相手ゴールに迫るが、身体を張った粘りの守備を崩し切れず。後半アディショナルタイムには新潟がボックス手前左の好位置でFKを獲得したが、本間が右足で直接狙ったシュートは壁に阻まれた。 この結果、新潟との上位対決をドローで終えた京都が勝ち点で並んだ磐田を得失点差で抜き、首位で中断期間を迎えることになった。 その他の試合では8位のV・ファーレン長崎(勝ち点37)と、18位のギラヴァンツ北九州(勝ち点19)の“九州ダービー”は、ウェリントン・ハットのJ初ゴールを含む2ゴールの活躍により、長崎が3-2で競り勝っている。。また、3連勝で5位に付けるヴァンフォーレ甲府(勝ち点40)と、7戦未勝利で降格圏手前の17位に位置する栃木SC(勝ち点21)の一戦は、鳥海の前半序盤のゴールを守り切った甲府が豊田陽平スタメンデビューの栃木を破り、4連勝を達成した。 ◆第23節 ▽7/17(土) 栃木SC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ヴァンフォーレ甲府</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-1 ツエーゲン金沢 松本山雅FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 水戸ホーリーホック</span> 京都サンガF.C. 1-1 アルビレックス新潟 ジュビロ磐田 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 モンテディオ山形</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レノファ山口FC 1</span>-0 ブラウブリッツ秋田 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 3</span>-2 ギラヴァンツ北九州 ▽7/18(日) 《18:00》 ファジアーノ岡山 vs ザスパクサツ群馬 《19:00》 大宮アルディージャ vs FC琉球 FC町田ゼルビア vs SC相模原 愛媛FC vs 東京ヴェルディ 2021.07.17 21:07 Sat
twitterfacebook
thumb

山形の正守護神・藤嶋栄介が右ヒザ内側半月板損傷で全治約6週間

モンテディオ山形は23日、GK藤嶋栄介の負傷を発表した。 クラブの発表によると、藤嶋は13日に行われた明治安田生命J2リーグ第18節のレノファ山口FC戦で負傷したとのことだ。 藤嶋は山口戦に先発出場。しかし58分にボールをキャッチすると、自ら交代を要求。ビクトルが代わりにピッチに立っていた。 クラブの発表によると、検査の結果、右ヒザ内側半月板損傷と診断。全治は約6週間とのことだ。 藤嶋は今シーズンの明治安田生命J2リーグで12試合に出場していた。 2021.06.23 14:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly