元スペイン代表FWアドリアン・ロペス、古巣デポルティボにレンタルで復帰

2017.08.11 22:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽デポルティボは11日、ポルトから元スペイン代表FWアドリアン・ロペス(29)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。▽レアル・オビエド出身のアドリアン・ロペス。2011年夏にアトレティコ・マドリーに完全移籍すると、それまで鳴かず飛ばずのキャリアから一転、在籍した3年間で公式戦142試合に出場し26ゴール20アシストを記録した。その間にスペイン代表にも選出されるなど、キャリアのピークを迎えた。

▽この度、2006年から5年間在籍した古巣デポルティボに戻ってきたアドリアン・ロペスはその喜びを語っている。

「とてもとても幸せだ。大きな熱意と願望をもってここにいる。(デポルティボからの関心は)非常に興味深くて、僕にとってとても重要なものだった。僕はゴールを決めたい。できるだけたくさんのゴールをね」
コメント
関連ニュース
thumb

セルビアの18歳超新星ステバノビッチがシティに完全移籍! 浅野のパルチザン同僚が今冬ステップアップ

パルチザン・ベオグラードは10月31日、U-21セルビア代表MFフィリプ・ステバノビッチ(18)がマンチェスター・シティに完全移籍することを発表した。移籍のタイミングは2021年1月となる。 パルチザンのユースチーム出身のステバノビッチは176cmの右利きのアタッカー。2018年12月に16歳でトップチームデビューを飾った超新星は、その翌シーズンにヨーロッパリーグの予備予選のギャップ・コノーズ・キー・ノーマッズ戦で同コンペティションにおけるクラブ史上最年少ゴール(16歳311日)を記録。 昨シーズンは公式戦35試合9ゴール3アシストの見事なスタッツを記録すると、今シーズンもここまで公式戦15試合3ゴール2アシストの数字を残している。 左ウイングを主戦場に卓越した足元の技術、視野の広さを持つ18歳は巧みなボディフェイントから相手の逆を突くドリブル突破、フリーキックから直接ゴールを狙える右足の精度を最大の特長としている。 よりレベルの上がるプレミアリーグの舞台では球離れ、守備の献身性、ポジショニングなどの改善が必要となるが、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下でワールドクラスに成長するポテンシャルを持った大器だ。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、シティはステバノビッチの移籍金として800万ユーロ(約9億7000万円)+ボーナスを支払うことになるようだ。 なお、パルチザンでは日本代表FW浅野拓磨と前線でコンビを組んでいた。 2020.10.31 22:37 Sat
twitterfacebook
thumb

メス、バチュアイ弟のFWレヤ・イセカを獲得! 長期離脱エースの穴埋め

メスは29日、トゥールーズからベルギー人FWアーロン・レヤ・イセカ(22)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「24」に決定している。 クリスタル・パレスでプレーするベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(27)を実兄に持つレヤ・イセカは、アンデルレヒトでプロデビュー。マルセイユやズルテ・ワレヘムへのレンタル移籍を経て、2018年夏にトゥールーズへ完全移籍していた。 センターフォワードを主戦場とするスピードと打開力に長けたストライカーは、昨シーズンのリーグ・アンで22試合2ゴールの数字を残していたが、クラブの降格に伴い、今季ここまではリーグ・ドゥで2試合に出場していた。 なお、メスでは今季のリーグ・アンで6戦6ゴールを挙げていたU-20セネガル代表FWイブラヒマ・ニアネが前十字じん帯断裂の重傷を負い、長期離脱を強いられていた。 2020.10.30 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

LAギャラクシー、バロス・スケロット監督を解任…今季は西カンファレンスで最下位に低迷

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは29日、アルゼンチン人指揮官のギジェルモ・バロス・スケロット監督(47)の解任を発表した。なお、今シーズン終了まではアシスタントコーチを務めていたドミニク・キニア氏(53)が暫定監督を務める。 現役時代、ボカ・ジュニアーズで活躍したバロス・スケロット監督は、指揮官としても古巣ボカで2016-17シーズン、2017-18シーズンの国内リーグ連覇に導く手腕を発揮していた。 そして、2019年1月にLAギャラクシーの新指揮官に就任した。就任1年目はウエストカンファレンスで6位フィニッシュとなったが、今シーズンここまでは5勝11敗3分けでウエストカンファレンスの最下位(12位)に低迷。この成績不振を受けて、29日に解任となった。 2020.10.30 13:51 Fri
twitterfacebook
thumb

元トルコ代表MFエムレ氏がフェネルバフチェのスポーツ・ディレクターに就任

フェネルバフチェは29日、元トルコ代表MFのエムレ・ベロゾグル氏(40)をスポーツ・ディレクターに任命したことを発表した。 トルコ代表として101試合に出場し、2002年の日韓ワールドカップでは3位躍進に貢献したエムレ氏は、レフティーのプレーメーカーとして鳴らし、ガラタサライやインテル、ニューカッスルにフェネルバフチェ、イスタンブール・バシャクシェヒルなどで活躍。昨年8月にフェネルバフチェで現役を引退していた。 現役時代に3度在籍した古巣フェネルバフチェのSDに就任したエムレ氏は「幸せで誇りに思う」とコメントしている。 2020.10.30 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

元なでしこFW永里優季がNWSLの新規参入クラブへ移籍決定、9月に神奈川県2部のはやぶさイレブン加入

ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のレーシング・ルイビルFCは、元なでしこジャパンのFW永里優季(33)の獲得を発表した。 クラブの発表によると、永里の保有元であるシカゴ・レッドスターズとのトレードで獲得したとのこと。アメリカ女子代表FWサバンナ・マカスキル(24)と合わせて2人が移籍することになるようだ。 レーシング・ルイビルは新シーズンからNWSLに参入するクラブ。そのため、選手を補強している段階のようだ。 クリスティ・ホリー監督は永里について「試合での功績、そして貢献という点で、無限の称賛がある」とコメント。「彼女はそのレベルの経験があり、このチームを構築する上でインパクトがあるものになるでしょう」とコメントした。 永里は9月に神奈川県2部リーグのはやぶさイレブンに加入。女子選手が男子チームに加入したことは世界中でも大きな話題となっていた。 2020.10.28 18:55 Wed
twitterfacebook