スパルタ・プラハがインテルFWビアビアニを1年間のレンタル移籍で獲得2017.08.07 20:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スパルタ・プラハは7日、インテルの元U-21フランス代表FWジョナタン・ビアビアニ(29)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。

▽ビアビアニは、インテルの下部組織出身でキエーボやモデナ、パルマへとレンタル移籍を繰り返し、2010年2月にはパルマとインテルで共同保有となった。しかし、同年7月にインテルが保有権を買取るも、2011年1月にはジャンパオロ・パッツィーニとのトレードでサンプドリアへと完全移籍した。

▽その後は、パルマへの再び完全移籍し、2013-14シーズンはセリエA36試合で6ゴール7アシストを記録。しかし、2014年9月に心臟の疾患が見つかり、その後パルマが財政破綻したためフリーに。2015年7月からは再びインテルに加入することとなった。2016-17シーズンはヨーロッパリーグで3試合、セリエAで1試合の出場に留まっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

天才司令塔トーマス・ロシツキが現役引退を発表「熟慮した結果」

▽スパルタ・プラハは20日、元チェコ代表MFトーマス・ロシツキ(37)が現役を引退したことを発表した。 ▽母国クラブであるスパルタ・プラハでトップチームデビューを飾ったロシツキは、2001年にドルトムントに移籍。6シーズンにわたって在籍し、ブンデスリーガ制覇などに貢献した。 ▽2006-07シーズンからは10シーズンにわたってアーセナルでプレー。負傷癖もあってなかなかコンスタントにプレーできなかったが、持ち前の闘争心と優雅なプレーを見せ、ファンを魅了した。アーセナルでは2度のFAカップ優勝を経験した。 ▽その後、2016-17シーズンからはスパルタ・プラハに復帰したが、ここでも負傷に苦しまれた。 ▽チェコ代表としても105試合23得点の記録を残したロシツキは、スパルタ・プラハの公式サイトで以下のコメントを残した。 「プロとしてフットボールをする上で、自分自身を完全にケアすることが、もはやできないということに気づいた。慎重に考えたことでのものだ。ビッグクラブでもプレーできるよう最初のキャリアとして、僕を引き上げてくれたスパルタ・プラハに感謝したい。大好きな場所で、さようならと言えることを許してもらえたことにも感謝したい」 2017.12.20 20:03 Wed
twitterfacebook
thumb

ハル、チェコ代表DFオンドジェイ・マズフを獲得

▽ハル・シティは26日、スパルタ・プラハからチェコ代表DFオンドジェイ・マズフ(28)を獲得したことを発表した。契約は2019年までの2年間となる。 ▽チェコのブルノ出身のマズフは、フィオレンティーナやアンデルレヒトなどを経て、2015年12月に、フリーとなっていたところをスパルタ・プラハが獲得。加入2年目となった昨シーズンは、センターバックとして公式戦23試合に出場した。 ▽契約にサインしたマズフは、「イングランドでプレーするのは夢だった」として、加入の喜びを伝えている。 「ハルと契約できてとても嬉しいよ。クラブが素晴らしい機会を与えてくれて本当に感激だ。この移籍をサポートしてくれたみんなに感謝したい。シーズンのスタートが待ち切れないよ」 2017.07.26 20:18 Wed
twitterfacebook
thumb

スパルタ・プラハがバーゼルのオーストリア代表FWヤンコを完全移籍で獲得

▽スパルタ・プラハは7日、バーゼルのオーストリア代表FWマルク・ヤンコ(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2年間となる。 ▽ヤンコはザルツブルクやトゥベンテ、ポルト、トラブゾンシュポル、シドニーFCを経て2015年7月からバーゼルでプレー。今シーズンはスイス・スーパーリーグで24試合に出場し13ゴールを記録。チャンピオンズリーグでも5試合に出場していた。 ▽オーストリア代表としても2006年にデビューを果たすと、ワールドカップの出場はないもののユーロなど70試合に出場し34ゴールを記録している。 ▽スパルタ・プラハは、インテルやウディネーゼで指揮を執ったアンドレア・ストラマッチョーニ氏(41)を新監督に招へいしていた。 2017.06.07 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ロシツキがアキレス腱を手術し今季絶望…アーセナルから古巣復帰後19分間の出場に留まる

▽スパルタ・プラハは27日、アーセナルから今シーズン復帰した元チェコ代表MFトマシュ・ロシツキがアキレス腱の手術を受けたことを発表した。今シーズン中の復帰は絶望となる。 ▽36歳になったロシツキは、2006年からプレーしていたアーセナルを昨夏退団。自身が育ったスパルタ・プラハへと活躍の場を移していた。 ▽しかし、アキレス腱に慢性的な痛みを抱えており、今シーズンはチェコリーグ第6節のムラダー・ボレスラフ戦に72分から途中出場を果たしたのみに終わっていた。 ▽クラブの発表によると、ロシツキは保存療法を取り入れていたものの、状態が一向に改善されなかったために手術に踏み切ったとのこと。27日に手術は無事に完了したようだ。なお、ロシツキは新シーズンの開幕に間に合わせられるようにリハビリを続けるとのことだ。 ▽ロシツキは手術について「ケガは改善されなかった。秋の初めに問題があり、再治療した後、全ては良い方向に向かっていた。準備期間はとても良い状態だったが、残念なことに僕は離脱することとなった。手術は避けられなかったんだ」とクラブを通じてコメントしている。 ▽また、「これは人生の様なものだ。望みがあるかぎり、男は戦わなくてはいけない。そして、もう一度挑戦する」と語り、新シーズンからの復帰に意気込みを語った。 2017.03.28 16:49 Tue
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場もS・プラハに首位通過許す…2位キープのセインツは最終節で同勝ち点の3位H・ベエルシェバと直接対決《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループK第5節のスパルタ・プラハvsサウサンプトンが24日に行われ、スパルタ・プラハが1-0で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。 ▽グループステージ突破が懸かる首位のスパルタ・プラハ(勝ち点9)と、2位サウサンプトン(勝ち点7)のビッグマッチ。互いに開始直後からアグレッシブな入りを見せた中、先制点は11分に生まれる。相手陣内中央左で得たFKの場面でキッカーのドチカルがボックス左のスペースに浮き球のボールを送ると、これに反応したヌハモイネスが鮮やかなダイレクトボレーで合わせた。 ▽質の高いサインプレーから先手を許したサウサンプトンは、すぐさま前に出て攻勢を仕掛ける。16分にマックイーンがボックス内に抜け出してシュートを放つが、これはGKコウベクの好守に遭う。その後も19分にロング、24分にジェイ・ロドリゲスと積極的にシュートを放っていくが、前半のうちに追いつくことはできず。 ▽迎えた後半、立ち上がりにセットプレーから吉田が右足のシュートを放つなど、積極的な入りを見せたサウサンプトン。55分には負傷のホイビュルクに代えてロメウ、ジェイ・ロドリゲスに代えて、切り札のブファルを投入する。 ▽だが、前がかりなチームはホームチームの鋭いカウンターに晒されると、56分にはカラバエフ、58分にはドチカルのゴール前のスペースに入れたFKのボールが誰にも触れられず、ゴール右隅に向かうが、ここは名手フォースターのビッグセーブで凌ぐ。 ▽その後もフォースターに救われる場面が目立つサウサンプトンは、72分にクラジーを下げて主砲オースティンを投入。試合終盤にかけてはワード=プラウズの正確な右足のキックを起点に幾度もチャンスを創出するが、最後のところでフィニッシュがうまくいかない。 ▽90分には左サイドをこじ開けたレドモンドのクロスを、ゴール前のオースティンがジャンピングボレーで合わせにかかるが、わずかに届かない。さらにアディショナルタイムにはワード=プラウズのFKをゴール前競り勝った吉田が頭で合わすが、このシュートはGK正面を突いた。結局、試合はこのままタイムアップを迎え、スパルタ・プラハの首位通過が決定した。 ▽なお、同日行われた3位のハポエル・ベエルシェバ(勝ち点4)と、最下位のインテル(勝ち点3)の一戦は、ハポエル・ベエルシェバが3-2で勝利した。この結果、共に勝ち点7で並んだサウサンプトンとハポエル・ベエルシェバが、最終節の直接対決で2位通過を争うことになった。 2016.11.25 05:03 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース