熊本DF薗田淳が藤枝MYFCに期限付き移籍2017.07.23 18:37 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽藤枝MYFCは23日、ロアッソ熊本からDF薗田淳(28)が期限付き移籍で加入することを発表した。

▽これまでに川崎フロンターレや北海道コンサドーレ札幌でプレーしてきた薗田は、2016シーズンに熊本でリーグ戦14試合に出場して1得点を記録。2017シーズンはここまで出場機会がなかった。

▽薗田は双方のクラブ公式サイトで以下のコメントを残している。

◆藤枝MYFC
「藤枝MYFCサポーターの皆さん、はじめまして。高校時代に多くの試合を戦ったここ藤枝でプロサッカー選手としてプレー する事が不思議な気持ちであり幸せな気持ちです。それと同時にこのタイミングでの加入という事で責任を感じます。 一つでも多くの試合に出て、チームを勝たせられる選手に成長できるよう普段のトレーニングから頑張りますので応援よ ろしくお願いします」

◆ロアッソ熊本
「スポンサー様、サポーターの皆さん。試合運営に関わるボランティアの皆さん。クラブのスタッフ、チームメート。バスの運転手さん。ロアッソ熊本に関わる皆様。様々なかたちで支えていただき、ありがとうございました」

「今シーズンを迎える際に覚悟を持ってこの熊本に戻ってきました。ただ過ごした半年はとても苦しい時間になりました。そんな中でも皆さんから元気やパワーをもらい、今現在復帰し、進化していくチームと共にこれからまたプレーすることで、この苦しんだ半年の全てをぶつけて恩を返していこうと思っていました。ただ、年齢やサッカー選手寿命を考えると、この先プレーできている時間の全てが貴重で、今もらったチャンスを大切にしたいと思い、このような決断をさせていただきました。これからも自分はまわりにいかされているという気持ちを忘れず、謙虚に厳しく前に進んでいきます」

「熊本地震によって厳しかった昨シーズンは、皆さんの支えなくして戦い抜くことはできませんでした。それはクラブにとって大きな経験でした」

「更に成長するためにどんな時も皆さんがクラブを支えてください!改めて1年半、ありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

熊本、ユース所属のMF小島圭巽をトップチームに登録!「試合に出られるように」

ロアッソ熊本は19日、ユースに所属するMF小島圭巽(17)をトップチームに2種登録したことを発表した。 熊本市出身の小島はブレイズ熊本から熊本ユースに入団。身長170㎝、体重65㎏のミッドフィルダーだ。 トップチームへの登録が決定した小島は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今回、2種登録をしていただき、とても嬉しく思います。ここがゴールではなくここからがスタートなので、これに満足することなく、日々の練習から意識を高く持って取り組み、目標であるトップチームの試合に出られるように努力していきたいと思います。応援よろしくお願いします」 2019.04.19 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

熊本、酒井崇一が負傷離脱 加療期間約8週間

ロアッソ熊本は17日、DF酒井崇一の負傷離脱を発表した。 酒井は3月29日の練習中に痛め、右ヒザ内側側副じん帯損傷で受傷日より加療期間約8週間の見込み。今シーズンはここまで出番がない状況だった。 熊本は現在、2勝2分け2敗の11位。28日に行われる次節、アスルクラロ沼津のホームに乗り込む。 2019.04.17 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

熊本、田村翔太に第一子の長男誕生

ロアッソ熊本は6日、FW田村翔太(24)に第一子となる長男が誕生したことを報告した。 田村は今年から熊本でプレー。ここまで明治安田生命J3リーグ3試合に出場して1得点を記録している。5日の子供誕生を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「元気な男の子を産んでくれた妻に感謝の気持ちでいっぱいです。2人の支えとなれるよう努力します」 2019.04.06 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

熊本に痛手…MF伊東俊とFW三島康平が長期離脱

ロアッソ熊本は4日、MF伊東俊とFW三島康平の負傷を発表した。 伊東は3月28日の練習中に負傷。右腓腹筋肉離れと診断され、加療期間は受傷日より約6週間と診断された。一方、三島は3月10日に行われた明治安田生命J3リーグ開幕節のAC長野パルセイロ戦で負傷。左ハムストリング肉離れと診断され、こちらも加療期間は受傷日より約6週間と診断されている。 伊東は2018年に京都サンガF.C.から熊本に加入。今シーズンはここまでJ3リーグに3試合出場していた。三島は2019年に松本山雅FCから加入。今シーズンはここまでリーグ戦1試合に出場していた。 2019.04.04 11:05 Thu
twitterfacebook
thumb

元日本代表FW巻誠一郎が16年のプロ生活に終止符…「これだけ長い間プレー出来るとは」

ロアッソ熊本は15日、元日本代表FW巻誠一郎(38)が現役を引退することを発表した。 熊本県出身の巻は、2003年に駒澤大学からジェフユナイテッド千葉に加入してプロキャリアをスタートした。イビチャ・オシム監督の下、2005年にJ1リーグで自身初の二ケタ得点を記録し、同年に日本代表デビュー。2006年のドイツ・ワールドカップには最後の最後にメンバー23名に滑り込み、ブラジル戦で先発出場した。 その後も千葉でプレーし続けた巻は、2010年7月にロシアのアムカル・ペルミに完全移籍。2011年3月には中国スーパーリーグの深圳紅鑽に加入したが、ケガにより退団し、2011年8月に東京ヴェルディへ移籍した。2014年からは地元・ロアッソ熊本でプレーし、昨シーズンは明治安田生命J2リーグで25試合1得点を記録していた。 キャリア通算では、J1で207試合53得点、J2で231試合16得点、リーグカップ戦で38試合12得点、天皇杯で21試合5得点を記録。また、代表では32試合8得点を記録した。 16年間のプロ生活に終止符を打った巻は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「皆様へご報告」 「私、巻誠一郎は2018シーズンをもちまして引退することにしました。プロサッカー選手として16年もの間プレー出来たのも、沢山の方々に支えていただき、育てていただいたおかげだと思ってます。今は感謝の気持ちしかないです」 「僕はジェフユナイテッド市原でプロとしてのキャリアをスタートしました。当時はプロのレベルの高さについて行けず、本当にプロでやっていけるのか不安で2〜3年くらいプレー出来たらいいかなとか思ってた事を思い出します」 「そんな僕がこれだけ長い間プロサッカー選手としてプレー出来るとは、僕も含めて誰が思ってたでしょうか、笑。サポーターがクラブを育て、選手を育てる! 少なくとも僕はサポーターの皆様に育てていただきましたし、人間としても成長させていただきました」 「サッカーからは普段の準備の大切さ、最後の1分1秒まで全力でプレーする事の大切さ、最後まで諦めない事の大切さ、自分を出し切る事の大切さを学びました。僕の人生の師はサッカーであり、サポーターや応援してくださる皆さんでした。嬉しい時も苦しい時も辛い時も皆さんと共に歯を食いしばり歩んだ事は僕の大事な財産です」 「本当にジェフ、ヴェルディ、ロアッソと素晴らしいクラブでプレー出来て、今は感謝の気持ちでいっぱいです」 「そして、最後に生まれ育った熊本のクラブでプレーさせていただけた事は本当に幸せでした。今後はサッカー界の発展の為に出来る事や熊本の県民の皆様の役に立てるような事を中心に微力ながらやっていければと思ってます。具体的な事はまた改めて皆さんに報告させていただけたらと思います。先ずは16年もの長きに渡り、ご声援いただき本当にありがとうございました」 2019.01.15 11:20 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース