アウグスブルク退団のアルティントップがスラビア・プラハに完全移籍

2017.06.27 22:17 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スラビア・プラハは27日、アウグスブルクを退団した元トルコ代表MFハリル・アルティントップ(34)の獲得を発表した。

▽アルティントップはカイザースラウテルンやシャルケ、フランクフルトでプレー。2013年にトラブゾンシュポルからアウグスブルクに加入すると、公式戦128試合に出場し、22ゴールを記録。今シーズンはリーグ戦31試合に出場し、6ゴールを挙げていた。

▽スラビア・プラハは、今シーズンのシノト・リガ(チェコ1部)で2008-09シーズン以来の優勝。来シーズンはチャンピオンズリーグの予選3回戦から出場する。


関連ニュース
thumb

吉田麻也所属のサンプドリアがジャンパオロ新監督を招へい! 2019年以来の復帰に

日本代表DF吉田麻也が在籍するサンプドリアは19日、マルコ・ジャンパオロ氏(54)の新監督就任を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなるが、2024年6月30日までの延長オプションが含まれている。 ロベルト・ダヴェルサ監督(46)の下で今シーズンをスタートしたサンプドリアだったが、セリエA22試合を消化した時点で5勝5分け12敗の15位と、結果が出ない日々が続いていた。 さらに、直近のリーグ戦では3連敗で5戦未勝利の苦境に陥っており、逆転負けを喫した15日のトリノ戦後にダヴェルサ監督の解任が決定した。 そして、新監督はかつて2016年夏から3年間にわたってサンプドリアを指揮し、3シーズン連続でリーグ10位以内に入るなど安定した成績に導いていたジャンパオロ氏に決定。 直近ではミランとトリノを指揮したが、いずれも1シーズン持たず解任の憂き目を味わい、2021年1月以降はフリーの状態が続いていたが、慣れ親しんだジェノヴァの地でチームを残留に導くことはできるか。 2022.01.19 22:33 Wed
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、アミン・ユネスの退団を発表…レンタル期間前倒しでナポリへ復帰

フランクフルトは18日、ドイツ代表MFアミン・ユネス(28)がナポリへ復帰することを発表した。 ボルシアMGの下部組織出身のユネスは、2011-12シーズンにトップチームデビューし、その後は2015年にアヤックス、ナポリには2018年にフリートランスファーで加入した。だが、度重なるケガの影響などもあり、在籍2年間で公式戦27試合の出場に留まると、2020年夏に買い取りオプション付きの2年契約でフランクフルトにレンタル移籍することに。 加入1年目はブンデスリーガで26試合3ゴール3アシストと、ハイパフォーマンスを見せる時期もあったが、シーズン終盤はケガで下降路線に。さらに、昨夏には給与アップを求めたとして、クラブとの関係が悪化。サウジアラビアへの移籍の噂もあった中で迎えた今季は、8月初旬に行われたDFBポカール1回戦での37分の出場以降、ベンチ入りすらできない状況が続いていた。 今冬も引き続きサウジアラビア行きの可能性は取り沙汰されていたが、ひとまず所属元のナポリに戻ることに。ドイツ方面の情報ではアル・イテファクへの移籍が濃厚のようだ。 2022.01.19 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

オルセン、シェフィールド・Uからアストン・ビラへレンタル先変更…2度目のプレミア挑戦へ

アストン・ビラは18日、ローマに所属するスウェーデン代表GKロビン・オルセン(32)を今季終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 スウェーデン代表として37キャップを誇るオルセンは2018年夏にコペンハーゲンからローマに移籍。加入初年度こそ公式戦35試合に出場したが、凡ミスを連発するなど不安定なパフォーマンで評価を落とすと守護神の座から転落。 現在では完全な構想外となっており、ここ2シーズンはカリアリ、エバートンへレンタル移籍を繰り返すと、今夏にはチャンピオンシップ(イングランド2部)のシェフィールド・ユナイテッドにレンタル移籍。シェフィールドではリーグ戦11試合に出場してたが、11月6日のブラックバーン戦を最後にベンチ外となっていた。 シェフィールド・Uとの契約を解除し、アストン・ビラへの加入の決まったオルセンは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「ここに来るのを待ち望んでいた数日間だったので、今朝起きて、このクラブと契約すると知ったときは、本当に嬉しかった。ビラへの移籍を決めるのは簡単なことだった。初めて代理人からその話を聞いたとき、クラブを変えてビラと契約するためにできることは何でもしようと思ったんだ」 「駐車場に到着して、(ボディムーア・ヒースの)建物を見ると、ビッグクラブであることがわかる。ここには、自分を向上させるために必要なものがすべて揃っているんだ」 「エミリアーノ・マルティネスは本当に良いGKで、彼と一緒に仕事をすることで、僕もより良いGKになれると思う。彼とのセッションのレベルは高いだろうし、お互いを高め合えることを期待しているよ」 2022.01.19 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、アーセナルからコラシナツを1年半のレンタルで獲得

マルセイユは18日、アーセナルからボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツ(28)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 2017年夏にシャルケからフリーでアーセナルに加入したコラシナツは、手薄の左サイドバックを救う救世主として、その後の3年で1シーズン平均35試合出場と主力として活躍。 しかし、昨季からは構想外となっており、2021年1月には古巣のシャルケにレンタルし、キャプテンとしてブンデスリーガ17試合に出場。だが、クラブが2部へ降格したため、予算上の都合で完全移籍は叶わなかった。 アーセナルへ復帰した今季も、ミケル・アルテタ監督の構想外となっており、ここまで公式戦わずか5試合の出場にとどまっていた。 なお、マルセイユは先日にDRコンゴ代表FWセドリック・バカンブ(30)をフリーで獲得しており、今冬の移籍市場において2人目の補強となった。 2022.01.19 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

元ブラジル代表GKラファエウがクルゼイロへフリーで移籍

元ブラジル代表GKラファエウ・カブラル(31)が、母国のクルゼイロにフリートランスファーで加入した。 2003年に母国の名門サントスのユースチームに入団したラファエウは、2009年にトップチームに昇格。サントスでは在籍4年間で公式戦126試合に出場し42試合のクリーンシートを達成。 その後、ナポリやサンプドリアでのプレーを経て、2019年の夏にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のレディングへ移籍。加入初年度から正守護神を務めると、在籍2年半で公式戦98試合に出場し30試合のクリーンシートを達成。 今季も開幕からゴールマウスを守っていたが、チャンピオンシップ第6節のQPR戦で負傷すると、アカデミー出身の北アイルランド代表GKルーク・サウスウッドにポジションを奪われ、直近のミドルズブラ戦ではベンチ外となっていた。 なお、レディングはラファエウのクルゼイロ加入の発表同日に契約解除を発表していた。 2022.01.19 01:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly