マフレズ2Gもアルジェリアが格下に痛恨ドロー… セネガルはチュニジアに完勝!《アフリカ・ネイションズカップ》

2017.01.16 05:53 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
▽15日にアフリカネイションズカップ2017のグループB第1節の2試合が行われた。

▽アルジェリア代表とジンバブエ代表の一戦は、2-2のドローに終わった。試合は、14大会ぶり2度目の優勝を狙うアルジェリアが先制する。

▽12分、FWスリマニのパスを右サイドで受けたFWマフレズがドリブルで仕掛けると、ボックス右まで持ち上がりシュート。これが左ポスト当たり、ゴールに吸い込まれた。

▽レスター・シティコンビの連係で先制したアルジェリアだっだが、すぐにジンバブエの反撃に遭う。17分、FWマシュー・ルシケとのワンツーでボックス左から侵入したMFマハチのシュートがゴール右隅に決まった。さらに29分には、DFベルヒテルがボックス内でファウルを犯しPKを献上すると、これをFWムシェクウィがゴール左に決められ、逆転を許してしまった。

▽迎えた後半、主導権を握るアルジェリアが猛攻に出ると試合終盤の82分、バイタルエリア中央でボールを受けたマフレズがミドルシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。結局、その後もスコアに動きはなく、両者ともに勝ち点1ずつを分け合う結果となった。

▽また、同日に行われたチュニジア代表vsセネガル代表は、0-2でセネガルが勝利。試合は開始10分、スルーパスに抜け出したMFクヤテがボックス内でDFアブデヌールに倒され、セネガルがPKを獲得。このPKをMFサディオ・マネが確実に決めた。

▽先制に成功したセネガルは、30分にもFWケイタの右CKを中央のDFカラが頭で叩き込み、追加点。結局、この2点を守り抜いたセネガルが今大会初勝利を飾った。

◆第1節
[グループA]
1/14
ガボン 1-1 ギニアビサウ
ブルキナファソ 1-1 カメルーン

[グループB]
1/15
アルジェリア 2-2 ジンバブエ
チュニジア 0-2 セネガル

[グループC]
1/16
コートジボワール vs トーゴ
DRコンゴ vs モロッコ

[グループD]
1/17
ガーナ vs ウガンダ
マリ vs エジプト

関連ニュース
thumb

途中出場2選手のゴールで逆転のカメルーンがエジプト破り、8大会ぶり5度目の優勝!《アフリカ・ネイションズカップ》

▽アフリカ・ネイションズカップ決勝戦のエジプト代表vsカメルーン代表が行われ、カメルーンが2-1で逆転勝利した。この結果、カメルーンが8大会ぶり5度目のアフリカ・ネイションズカップ制覇を果たした。 ▽準決勝でブルキナファソ代表をPK戦で退けたエジプトと、ガーナ代表を一蹴したカメルーンによる決勝戦。大会最多7度の優勝を誇るエジプトは、4大会ぶり8度目の優勝がかかるこの決勝に向けて、エースのFWサラー、MFエルネニー、DFエル・モハマディ、44歳のベテラン守護神エル・ハダリら主力が先発に入った。 ▽一方、8大会ぶり5度目の優勝を目指すカメルーンは、ヨーロッパ4大リーグで活躍する選手は少ないものの、FWムカンジョやMFズーア、MFシアニといった好調を継続するメンバーが先発に入り、FWエンジエやDFエンクル、FWアブバカルらがベンチスタートとなった。 ▽開始2分、サラーの絶妙な落としに反応したMFエル・サイードが最初の枠内シュートを放つと、カメルーンも7分にシアニのミドルシュートで応戦。注目の決勝戦は、立ち上がりからオープンな展開となった。 ▽拮抗した展開が続く中、均衡を破ったのは、エジプトが誇る元バーゼルのスターコンビ。22分、ボックス右角付近でサイドバックからのマイナスのリターンパスを受けたサラーが、ボックス内に走り込むエルネニーの足元に絶妙なスルーパスを通す。そして、エルネニーはボックス右角度のないところから、ゴール上隅に右足のシュートを突き刺した。 ▽一方、すぐさま反撃に転じるも、相手の高速カウンターを警戒してか、全体を押し上げ切れないカメルーンは、30分過ぎにアクシデント発生。右足内転筋を痛めたDFテイクがプレー続行不可能になり、エンクルが緊急投入された。その後、前半終盤にかけて攻勢をかけたカメルーンだったが、1点ビハインドで試合を折り返すことになった。 ▽迎えた後半、先に動いたのはカメルーンベンチ。タンベを下げてハーフタイム明けに背番号10のアブバカルをピッチに送り込んだ。だが、前半同様に相手の堅守攻略に手を焼く。 ▽後半に入ってよりサイドを意識した仕掛けを見せ始めたカメルーンは59分に追いつく。左CKの流れから左サイドのムカンジョが浮き球のクロスを送ると、この試合制空権を握っていたDFヘガジに競り勝ったエンクルの豪快なヘディングシュートがゴールネットを揺らした。味方の負傷で緊急投入のエンクルの大仕事で試合は振り出しに戻った。 ▽追いつかれて以降、相手の推進力に押され始めたエジプトは、66分にFWトレゼゲを下げて、ストーク・シティでプレーする20歳FWソビヒを投入。後半もサラーのスピードと個人技を武器にゴールチャンスを窺うが、周囲のサポートに恵まれず、ゴールが遠い。 ▽試合終盤にかけても一進一退の攻防が繰り広げられた試合は、1-1のまま延長戦突入と思われたが、土壇場の88分に試合が動く。後方からのフィードに反応したアブバカルが、ボックス手前で胸トラップから浮き球をコントロールして相手DFを振り切り、最後は右足のボレーシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽そして、途中出場の2選手の活躍で劇的逆転勝利を飾ったカメルーンが、8大会ぶり5度目のアフリカ・ネイションズカップ優勝を果たした。 2017.02.06 05:58 Mon
twitterfacebook
thumb

アラン・トラオレの直接FK弾で強豪ガーナを沈めたブルキナファソが3位で大会を終える!《アフリカ・ネイションズカップ》

▽4日にアフリカ・ネイションズカップ3位決定戦のブルキナファソ代表vsガーナ代表が行われ、1-0でブルキナファソが勝利した。 ▽準決勝でエジプト代表にPK戦の末に敗れたブルキナファソと、カメルーン代表に0-2で敗れたガーナ代表の一戦。ブルキナファソは、現在3得点で得点ランクトップタイのナクルマやバートランド・トラオレなど、好調の攻撃陣を起用。対するガーナ代表は、今大会2得点を挙げているジョルダン・アイェウやバドゥなどを数名の主力を起用したが、アンドレ・アイェウやアツ、守護神GKラザクらをベンチに置くなど、若手主体のスタメンで試合に臨んだ。 ▽試合は立ち上がりからガーナが攻勢に出ると25分、左CKをゴール正面のテクペテイが頭で合わせるがミートがずれたボールが相手DFに当たると、これに再びテクペテイが反応するもシュートはクロスバーに嫌われた。 ▽ガーナは30分にも、左サイドで倒されて獲得したFKをJ・アイェウが直接狙う。これは相手GKに弾れたが、こぼれ球を繫ぐと最後はメンサーがヘディングシュートでゴールを脅かすも、ボールは枠の上に外れ、ゴールレスで前半を終えた。 ▽後半に入っても一進一退の攻防が続くと、先に動いたのはガーナ。65分にテッテーを下げてギャンを投入。さらに70分にはA・アイェウ、75分にはアツをピッチに送り出した。 ▽積極的な選手交代を敢行したガーナだったが、試合はゴールレスのまま終盤へ。すると89分、スコアを動かしたのはブルキナファソだった。ボックス右手前でバートランド・トラオレがメンサーに倒され、FKを獲得。このFKをアラン・トラオレが直接ゴール左に突き刺した。結局、このFK弾が決勝点となり、強豪ガーナを撃破したブルキナファソがアフリカ3位に輝いた。 2017.02.05 06:47 Sun
twitterfacebook
thumb

強豪ガーナ撃破のカメルーンが8大会ぶりの決勝進出!《アフリカ・ネイションズカップ》

▽2日にアフリカ・ネイションズカップ2017準決勝のカメルーン代表vsガーナ代表が行われ、2-0でカメルーンが勝利した。 ▽準々決勝でセネガル代表をPK戦の末に下したカメルーン(グループA2位)と、DRコンゴ代表を2-1で下したガーナ(グループD2位)の一戦。8大会ぶり5度目の優勝を目指すカメルーンは、今大会でゴールを記録しているFWムカンジョやMFシアニ、DFエンガドゥ・エンガジュイらをスタメンに名を連ねた。 ▽一方、1982年以来5度目の優勝を目指すガーナは、アイェウ兄弟やFWアツ、MFアックアーといった欧州主要リーグで活躍する選手をスタメンで起用した。 ▽立ち上がりから攻勢をかけるカメルーンは12分、スルーパスで左サイドを突破した9のクロスをゴール前の18が合わせるも、これはGKの正面を突く。さらにカメルーンは22分、19の右クロスをニアの18がダイビングヘッドで合わせたが、これもGKラザクの好守に阻まれた。 ▽対するガーナは40分、23のロングスルーパスに抜け出したジョルダン・アイェウがゴール右からシュートを放ったが、これはゴール左に逸れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはガーナ。バイタルエリア右で獲得したFKをJ・アイェウが直接狙ったが、これはGKオンドアがセーブ。 ▽対するカメルーンは72分、アタッキングサード右手前でFKを獲得すると、ムカンジョのFKが相手DFのクリアミスを誘うと、ファーサイドでボールを受けたエンガドゥ・エンガジュイがゴール左からシュートを流し込んだ。 ▽その後はガーナの反撃に遭い、苦しい展開となったカメルーンだったが、MFマンジェクやDFアドルフォ・テイケウといった守備陣の活躍でこれを凌ぐ。 ▽すると、後半アディショナルタイム3分に自陣からのロングカウンターが炸裂。最後はFWアブバカルのパスを受けたFWバソゴグがボックス内まで持ち上がり、左アウトサイドで冷静にゴール左に決め、勝負あり。2-0で勝利したカメルーンがエジプト代表の待つ決勝へ駒を進めた。 2017.02.03 06:35 Fri
twitterfacebook
thumb

カハラバの劇的弾とアイェウ兄弟のアベック弾でエジプト&ガーナがベスト4進出! 《アフリカ・ネイションズカップ》

▽29日にアフリカ・ネイションズカップ2017の準々決勝が行われ、エジプト代表vsモロッコ代表は1-0でエジプトが勝利した。この結果、エジプトが4大会ぶりのベスト4進出を決めた。 ▽グループDを首位で通過したエジプトと、グループCを2位で通過したモロッコの一戦。4大会ぶりの優勝を目指すエジプトは、サラーやエル・モハマディ、サイードら主力を揃って起用した。対するモロッコも、ネスティリやエル・アハマディ、ベナティアなど欧州で活躍するメンバーが先発に名を連ねた。 ▽試合は、エジプトが立ち上がりから攻勢に出ると15分、右クロスをファーサイドで受けたトレゼゲがダイレクトシュートでモロッコゴールを脅かしたが、これは相手GKのブロックに阻まれた。一方のモロッコは34分、相手のクリアミスをサイスがボックス右から頭で流し込んだがボールはわずかに枠の上に外れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、試合のペースを握ったモロッコは55分、相手のクリアボールを敵陣で奪うと、バイタルエリア左でパスを受けたブスファがロングシュート。しかし、このシュートはクロスバーを直撃した。 ▽その後もモロッコペースで試合が進むと60分、ダ・コスタのサイドチェンジをボックス右で受けたファイルがダイレクトで折り返すと、走り込んだブハドゥズが滑り込みながら合わせたが、ミートのズレたシュートはゴール右に外れた。 ▽このままゴールレスで延長戦に突入かと思われた88分、エジプトに決定機。サラーの左CKをゴール正面のコカが胸で落とすと、このボールに反応したカハラバが浮き球を右足で流し込み、待望の先制点を奪った。 ▽結局、このゴールが決勝点となり1-0で勝利したエジプトが、ブルキナファソ代表の待つ準決勝へ駒を進めた。 ▽また、同日に行われたDRコンゴ代表vsガーナ代表は、1-2でガーナが勝利した。試合はゴールレスで迎えた後半、63分にガーナがジョルダン・アイェウのゴールで先制に成功。しかし、DRコンゴも68分にムポクのゴールで同点に追いつく。 ▽同点に追いつかれたガーナだったが78分、ボックス右から侵入したアツがロマリサに倒されPKを獲得。このPKをアンドレ・アイェウがゴール右下に決め、勝負あり。アイェウ兄弟のアベック弾で勝利したガーナが、6大会連続のベスト4進出を果たした。 ◆決勝トーナメント日程・結果 [準々決勝] 1/28 ブルキナファソ 2-0 チュニジア セネガル 0-0(PK:4-5) カメルーン 1/30 DRコンゴ 1-2 ガーナ エジプト 1-0 モロッコ 2017.01.30 06:24 Mon
twitterfacebook
thumb

マネPK失敗でセネガル敗退…PK戦制したカメルーン&ブルキナファソがベスト4進出!《アフリカ・ネイションズカップ》

▽アフリカ・ネイションズカップ2017準々決勝の2試合が28日に行われた。グループBを首位で通過したセネガル代表と、グループAを2位で通過したカメルーン代表の一戦は、ゴールレスドローに終わった。その後、延長戦でも決着が付かなかった試合はPK戦に突入。このPK戦を5-4で制したカメルーンが準決勝進出を決めた。 ▽アフリカ・ネイションズカップ初優勝を狙うセネガルは、サディオ・マネやケイタ・バルデ、シェイク・クヤテ、カリドゥー・クリバリなど欧州で活躍する主力をスタメンに選出した。一方、8大会ぶり5度目の優勝を目指すカメルーンは、グループリーグでゴールを記録したシアニやエンガドゥ・エンガジュイがスタメンに名を連ねた。 ▽2002年再現カードとなった一戦は、立ち上がりからポゼッションで上回るセネガルがカメルーンゴールに迫ったが、フィニッシュの精度を欠く。その後も一進一退の攻防が続いたが互いに決定機を活かすことができず、前半は両チーム枠内シュート0本で終了した。 ▽迎えた後半、カメルーンはエカンビを下げてズーアを投入。一方のセネガルは64分にマメ・ビラム・ディウフに代えてムサ・ソウを投入。後半も主導権を握ったセネガルだが、前半同様ゴール前での精度を欠くと、ゴールレスのまま後半が終了。試合は延長戦に突入した。 ▽延長前半、カメルーンは102分にタンベとジュームを下げてアブバカルとマンジェクを投入。すると延長後半の106分、カメルーンに決定機。味方のラストパスをゴール左で受けたズーアが角度のない位置からシュート。しかし、これはGKアブドゥライェ・ディアッロがファインセーブに阻まれた。 ▽結局、最後までスコアは動かず。互いに死力を尽くして迎えたPK戦では、互いに4人目まで成功し、決着は5人目に委ねられた。先攻のセネガルはS・マネがGKオンドアにセーブされた一方、カメルーンはアブバカルがゴール左にきっちり決めた。この結果、カメルーンが5大会ぶりのベスト4進出を果たした。 ▽また、同日に行われたブルキナファソ代表vsチュニジア代表は、2-0でブルキナファソが勝利した。試合はゴールレスで折り返した後半、ブルキナファソが主導権を握ると81分にペナルティアーク手前で獲得したFKの流れからバンセがゴールネットを揺らした。 ▽先制したブルキナファソは、85分にもブラティ・トゥーレのロングフィードに反応したナクルマが右サイドを突破すると、飛び出した相手GKを冷静にかわし無人のゴールに流し込み、勝負あり。完勝のブルキナファソが準決勝進出を決めた。 ◆決勝トーナメント日程・結果 [準々決勝] 1/28 ブルキナファソ 2-0 チュニジア セネガル 0-0(PK:4-5) カメルーン 1/30 エジプト vs モロッコ DRコンゴ vs ガーナ 2017.01.29 07:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly