ジェノア、かつてミランで活躍したターラブトをベンフィカから獲得! 18カ月のレンタル移籍2017.01.11 03:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアは10日、ベンフィカからモロッコ代表MFアデル・ターラブト(27)を18カ月のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽フランスのRCランスでプロデビューを飾ったターラブトは、その後トッテナムやQPRでプレー。2014年1月にレンタルで加入したミランでは、公式戦16試合の出場で4ゴール2アシストを記録するなど、印象的なパフォーマンスを披露した。だが、2015年に加入したベンフィカでは思うように出場機会を得られず、現在はリザーブチームにあたるベンフィカBでのプレーを強いられていた。

▽3年ぶりのセリエA復帰となるターラブトは、今冬にイタリア代表FWレオナルド・パヴォレッティ、ベネズエラ代表MFトーマス・リンコンを引き抜かれ、窮地に立つジェノアの救世主となれるか。
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル戦控えるナポリが10人のジェノアと1-1ドロー、今節でのユーベの8連覇は阻止《セリエA》

ナポリは7日、セリエA第31節でジェノアをホームに迎え、1-1で引き分けた。 前節エンポリ戦を1-2と敗れ、前日にミランに勝利した首位ユベントスとのポイント差が暫定21に広がった2位ナポリ(勝ち点63)は、この試合に敗れるとユベントスの8連覇が決まるが、4日後にヨーロッパリーグ準々決勝のアーセナル戦を控える中、現状のほぼベストメンバーを送り込んだ。 12位ジェノア(勝ち点33)に対し、立ち上がりからテンション高く攻勢に出たナポリはファビアン・ルイス、ミリクと立て続けに決定的なシュートを浴びせていく。 しかし8分にピンチ。ファビアン・ルイスのミスパスからクアメに決定機を許すも、GKカルネジスがセーブした。ここから徐々にナポリの圧力が弱まると、20分にパンデフのコントロールシュートでゴールを脅かされたが、GKカルネジスが凌いだ。 すると29分、ナポリが数的優位となる。アランの足首に対し、ストゥラーロが足裏を入れるタックルを見舞ってVARの末に一発退場となった。そして34分、中央でパスを受けたメルテンスのミドルシュートがゴール右に決まって、ナポリが先制した。 しかし追加タイム3分、クアメの突破を許すと、パンデフのクロスからボックス右のラゾビッチにボレーシュートを叩き込まれ、1-1で前半を終えた。 迎えた後半もナポリが押し込む展開で立ち上がっていくも、決定機を生み出すには至らず時間が経過していく。 そこで67分、アランに代えてインシーニェを左サイドに投入し、ジエリンスキをセンターに回した。 すると76分、ようやく決定機。カジェホンの右クロスにミリクがヘッド。しかし、わずかに枠の上に外れた。 しかし78分にはピンチ。カウンターを受け、ゴール前に飛び込んだクアメに合わせられたが、GKカルネジスがセーブした。さらに直後のCKの流れからロロンのボレーシュートでゴールを脅かされるも、わずかに枠を外れて助かった。 ひやりとしたナポリは85分、敵陣でボールを奪ったクリバリがそのままボックス内に侵入してシュートを放ったが、GKラドゥの好セーブに阻まれ、1-1でタイムアップ。 10人の相手に勝ち点を1を得るに留まったが、今節でのユベントスの8連覇は阻止している。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=a80lijbkher01fk3mmn6b9wbd" async></script> </div> 2019.04.08 05:34 Mon
twitterfacebook
thumb

復帰のイカルディが1G1Aの活躍でインテルが10人のジェノアに快勝! 3位を堅守!《セリエA》

インテルは3日、セリエA第30節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、4-0で快勝した。 前節ラツィオ戦を0-1と敗れてミラノ・ダービーでの勝利が霞んだ3位インテル(勝ち点53)は、4位以下の後続が迫っている中、契約延長問題でキャプテンを剥奪され、戦列を離れていたイカルディが先発に復帰した。 前々節ユベントスを撃破した11位ジェノア(勝ち点33)に対し、[4-3-3]で臨んだインテルは3トップに右からポリターノ、イカルディ、ペリシッチと並べた。 そのインテルがフラットな[4-4-2]のブロックを敷くジェノアに対し、ボールを持つ立ち上がりとなると、12分にCKの流れからナインゴランが強烈なミドルシュートでGKを強襲した。 そして15分、インテルが先制した。ポリターノが左サイドへ展開し、アサモアがクロス。ニアで2人が潰れ、ゴール前でフリーとなっていたガリアルディーニがボレーで押し込んだ。 さらに20分にはディフェンスライン裏に抜け出したイカルディのシュートが左ポストを直撃したインテルが試合をコントロールする中、38分に復帰したイカルディが仕事を果たす。ロングボールを収めたイカルディがボックス内に侵入したところでロメロに倒された。 このプレーでロメロには一発レッドカードが提示され、インテルにはPKが与えられた。そして、このPKをイカルディが決めてリードを広げた。 数的優位となったインテルが2点をリードして迎えた後半、54分に3点目を奪い切った。ショートカウンターに転じ、イカルディのラストパスを受けたペリシッチがGKとの一対一を確実に決めた。 その後も73分にポリターノがミドルシュートでGKを強襲したインテルは、80分にイカルディをお役御免とした中、81分に左CKからガリアルディーニのヘディングシュートが決まって4-0。 イカルディの復帰試合を快勝で飾ったインテルが3位を堅守している。 2019.04.04 05:50 Thu
twitterfacebook
thumb

スパレッティがジェノア戦でのイカルディ先発起用を明言!

インテルを率いるルチアーノ・スパレッティ監督が3日に行われるセリエA第30節ジェノア戦で、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディを先発で起用することを明言した。 契約延長交渉の難航によりキャプテンを剥奪されたイカルディは、ヒザの痛みを訴えて約6週間戦列を離れていた。そんな中、3月21日に練習に復帰していたイカルディがついに試合に復帰するようだ。 ジェノア戦前日会見に臨んだスパレッティ監督は次のようにコメントしている。 「マウロは明日先発する。彼は正しいリアクションを見せてくれた。プレーしてリズムを取り戻してくれるだろう。マウロは完璧に働いてくれているよ。マロッタCEOの働きもあって、問題は解消されつつある。これまではチームを守るために何かを言わなければならなかった」 前節ラツィオ戦を落としたインテルはチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位に付けているが、7位ローマまで6ポイント差と、CL出場権争いは大混戦となっている。 2019.04.02 23:40 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドのストイックぶりは14歳の頃から!? 元同僚「翌日、学校があるのに…」

ジェノアに所属する元ポルトガル代表MFミゲウ・ヴェローゾが、スポルティングの下部組織時代の同僚であるユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにまつわる逸話を明かした。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。 フットボール界のトップを走り続けるC・ロナウドは、ストイックすぎることで有名。練習の虫であった他にも、マンチェスター・ユナイテッド時代の同僚である元フランス代表DFパトリス・エブラがC・ロナウドにランチに招かれると、無味のチキンとサラダと水が出てきたことや、レアル・マドリー時代に指導したカルロ・アンチェロッティ監督が午前3時にレアル・マドリーのバスルームで氷水に浸かって身体のケアしていたことを明かすなど、監督や同僚によって数々のストイックぶりが明らかにされてきた。 しかし、そういった姿勢はプロフットボーラーになる前から変わらないのかもしれない。スポルティングの下部組織時代に共にプレーし、ポルトガル代表でも共闘してきたヴェローゾが秘話を語った。 「スポルティングのスポーツセンターに住んでいた時、クリスティアーノは14歳だった。翌日には学校があるため、夜11時には施設の管理人がしっかりと寝ているか見回りをしていたんだ。そしたらその管理人が、ジムでトレーニングをしているクリスティアーノを見つけんだ」 「僕がなぜ彼に驚かないのか理解してもらえたかな?」 2019.03.27 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド不在のユベントスが今季リーグ初黒星…! ストゥラーロ古巣弾のジェノアが4戦ぶり白星&得点《セリエA》

ユベントスは17日、セリエA第28節でジェノアのホームに乗り込み、0-2で敗北した。 リーグ無敗で5連勝中の首位ユベントス(勝ち点75)と、3試合勝ちの無い暫定13位ジェノア(勝ち点30)による一戦。ユベントスは、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのアトレティコ・マドリー戦からスタメンを6名変更し、C・ロナウド、マテュイディ、キエッリーニらに代えて、ディバラ、ベンタンクール、ルガーニらを起用した。また、C・ロナウドはベンチメンバーからも外れた。 大人しい入りを見せたユベントスは、序盤はジェノアのハイプレスに苦しみ、、なかなか決定機を作れず。しかし、比較的ボールを持てているジェノアもアタッキングサードでの精度を欠き多くのチャンスは得られない。17分にはボックス内に抜け出したクアメのシュートがブロックに遭い、跳ね返りに反応したサナブリアが至近距離から強烈なシュートを放つが、GKペリンがファインセーブで凌いだ。 その後、2トップの一角を務めているディバラが有機的に動きつつ攻撃をオーガナイズしようとするユベントスだったが、ギアは上がり切らず。30分にはセットプレーの流れからDFカンセロがハンドを犯したとしてジェノアにPKを献上。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によりその直前にジェノアの選手がボールに手で触れていたと判断され、ユベントスは危機を脱する。 0-0で折り返して迎えた後半、ユベントスは調子を上向かせてジェノアゴールに近いエリアでのプレーを増加させ始める。すると56分、ボックス左でジャンがキープし、左サイドをオーバーラップしたカンセロにボールを渡す。そして、カンセロが中央に折り返すとディバラがネットを揺らした。しかし、VARによる審議の結果、オフサイドがあったとしてゴールは取り消しとなる。 リズムに変化を付けたいユベントスは、60分にカンセロに代えてベルナルデスキを投入。対するジェノアも60分にサナブリアに代えてパンデフを、70分にラゾビッチに代えてストゥラーロ送り出し、勝ち点3を奪いに行く意思を明確にする。 すると72分、ユベントス陣内中央でボールを持ったパンデフがドリブルで侵攻した際に、チェックに行ったピャニッチが足を滑らせる。隙を見逃さなかったパンデフがボックス手前中央にパスを送ると、ストゥラーロがファーストプレーでミドルシュートを突き刺した。ストゥラーロにとっては、ジェノアでのセリエA初出場にして初得点、そして古巣相手の一発となっている。 さらに、81分にもジェノアのカウンターが発動。左サイドを駆け上がったクアメがボックス左にスルーパスを送ると、駆け込んでいたパンデフが左足を豪快に振り抜く。強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 結局、その後もユベントスが一矢報いることはなく試合が終了。この結果、ユベントスは今シーズンのリーグ初黒星を喫することに。対するジェノアは4試合ぶりの得点と白星を手にした。 2019.03.17 22:30 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース