「C・ロナウド負傷のタックルに悪意はなかった」 UEFA審判部長がパイエに言及

2016.07.18 08:26 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
UEFA審判部長のピエルルイジ・コッリーナ氏が、ユーロ2016決勝でポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを負傷させることになったフランス代表MFディミトリ・パイエのタックルに言及した。ファウルではあったが、パイエに悪意はなかったとの見解を示している。

ファイナルの序盤にパイエのタックルを受けてひざを負傷したC・ロナウドは、なんとかプレーを続けようとしたものの、最終的に涙を見せながら担架で運び出された。

パイエは試合後、「タックルに行っただけ」「意図的なことではなかった」と、C・ロナウドを負傷させるつもりはなかったと強調している。

コッリーナ氏も同じ見解のようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、次のように述べている。

「パイエのタックルは笛を吹くべきものだった。ファウルだった。イエローカードにも値したか? それは議論できるところだ。だが、ひざとひざの衝突であり、偶然のものだった」

「不運なエピソードだった。パイエはケガをさせたかったわけではない」

また、コッリーナ氏は大会全体を通じてのレフェリングに胸を張っている。

「我々は多くの賛辞を寄せてもらった。例えば(アレックス・)ファーガソンや(アーセン・)ヴェンゲルといった指導者からも大きな賛辞があった」

「ユーロ2012もうまくいき、それ以上にやるのは簡単なことじゃなかった。4年前の31試合から51試合となり、グループ3位チームでも決勝トーナメントに進めることで、すべての試合が決定的なものとなるなど、ずっと難しい大会だったが、我々はそれに成功したんだ」

さらに、抗議やシミュレーションによるイエローカードがほとんどなかったことも指摘している。

「205枚のイエローカードのうち、抗議によるものは9枚、シミュレーションによるものは1枚だけだった。一発レッドはフランス対アイルランド戦の1枚だけだ。決定機阻止でやむを得ないものだった。我々がプレーのことをよく考えていたということだ。それがスペクタクルにつながる。危険なタックルも最小限だった」


提供:goal.com


関連ニュース
thumb

トッテナム、35歳ロリスの後釜を見定め? リーズ正GKメリエを注視か

トッテナムが、主将であり不動の守護神でもあるフランス代表GKウーゴ・ロリス(35)の後釜探しに動いているようだ。 フランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のロリス。10年以上にわたって同国の主将を務めるなか、連覇を目指す今大会もここまで2試合でゴールマウスを守り、グループ最終節を待たずして決勝トーナメント進出を決めたチームの最後の砦として君臨している。 所属するトッテナムでも主将を務め、2012年夏の加入以降、通算437試合に出場。プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)といったメジャータイトルの獲得経験こそないものの、代えの利かない存在として活躍してきた。 だが、そんなロリスも来月26日で36歳に。選手寿命が長いGKとはいえ、トッテナムとしてはさすがに後釜を考えざるをえない模様で、イギリス『Football Insider』によると、リーズ・ユナイテッドのU-21フランス代表GKイラン・メリエ(22)を注視しているという。 メリエは2019年夏にロリアンからリーズへ加入し、2020-21シーズンからは正GKの立場を確立。今季も中断期間までにプレミア全14試合でゴールマウスを守っている。 また、ロリスの契約は2024年6月までだが、一部では今季がトッテナムでのラストシーズンになるとの憶測も。いずれにせよ、来夏に後釜を確保するべく、若くしてプレミア経験が豊富なロリスの同胞に狙いを定めたようだ。 2022.11.30 15:07 Wed
twitterfacebook
thumb

フランス代表の20歳カマヴィンガ、謙虚さ忘れずも野望を口に「いずれ僕の時代が…」

フランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガが大きな野望を語っている。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 カタール・ワールドカップ(W杯)メンバーのカマヴィンガはここまで2試合で出場なし。ただ、フランス代表はグループ最終節を残して決勝トーナメント進出を決めたため、30日のチュニジア代表戦ではスタメン起用されるとの見方が強い。 そんな観測もあるなかで前日会見に出席。スタメン出場すればターンオーバー要員ともとられる立場だが、いずれは自身が不動の存在になりたいと意気込んだ。 「もちろん全試合に出たい。誰かの代役を務めるのは苦ではないけど、辛抱強さも求められる。ずっとそのステータス(代役)を続けていくつもりはないよ」 「僕はマドリーでも周囲にスーパーな人たちがいて、彼らから学ぶ必要がある。いつだってベンチにいるのは楽しいことではないけど、我慢も大事だよ。いずれ僕の時代が来るはずさ」 所属するレアル・マドリーでもルカ・モドリッチやトニ・クロース、フェデリコ・バルベルデといった世界最高峰のMFたちから定位置を奪いたいと語った20歳のカマヴィンガ。一方、自身の持ち味も改めてアピールした。 「いくつかのポジションでプレーできるよ。お気に入りはDFの前の6番(ボランチ)だけど、適応力には自信がある。コーチに対して選択肢を与えられるはずだ。指示があるなら、僕はどこでだってプレーする」 カマヴィンガはチュニジア代表戦で左サイドバックとしてスタメン出場するとみられている。 2022.11.30 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

突破決定のフランス、カマヴィンガが左SBでW杯デビューか?

レアル・マドリーのフランス代表MFエドアルド・カマヴィンガが左サイドバックとしてワールドカップデビューを飾る見込みだ。 オーストラリア代表、デンマーク代表との2試合を連勝で飾り、最終節を残してグループリーグ突破を決めたフランス。 30日に行われるチュニジア代表戦は引き分けでも首位通過を決められるため、今後の戦いを睨んでターンオーバーを敢行する可能性が高い。 すでにベテランのFWオリヴィエ・ジルーらのベンチスタートが有力視される中、フランス『レキップ』はチュニジア戦の注目ポイントとしてカマヴィンガの左サイドバック起用を挙げている。 フランスではDFリュカ・エルナンデスの負傷離脱に伴い、左サイドバックを本職とする選手が実弟のDFテオ・エルナンデスのみとなっている。右サイドバックでプレーするDFバンジャマン・パヴァールやDFジュール・クンデを左に回す形、3バックへの変更でウイングバックでのプレーが可能なFWキングスレー・コマンを起用するプランもあるが、ディディエ・デシャン監督はここまで大会期間中に非公開で行われたトレーニングマッチでカマヴィンガの左サイドバック起用を試している。 そして、『レキップ』は同監督がこのチュニジア戦でテオを温存し、カマヴィンガを左サイドバックで起用する可能性を主張している。 アスリート能力と戦術眼を兼ね備える20歳MFは、本職のセントラルを主戦場に中盤の全ポジションでプレー可能。先日にはスタッド・レンヌで同選手を指導したジュリアン・ステファン監督(現ストラスブール)が、ポジショニングやサイドバックとしての思考面を除き同ポジションで十分にプレー可能との見解を示していたが、左サイドバックでのワールドカップデビューは実現するのか…。 2022.11.29 23:44 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ復帰の可能性をデシャン監督が否定「24人のことしか考えていない」

にわかに叫ばれたカリム・ベンゼマのフランス代表復帰だが、ディディエ・デシャン監督は否定している。 カタール・ワールドカップ開幕前から負傷していたベンゼマは、回復を見込んだ上でメンバー入りしていたが、その開幕目前にケガが重なってしまい、無念のリタイアに。自身のSNSでは「自分のポジションを譲るよ」と同胞にエールを送った。 しかし、『オンダ・マドリー』などのスペインメディアは今週半ばのレアル・マドリーでの練習復帰を予想しており、さらにフランス『RMC Sports』は、フランス代表再招集もあり得ると報じた。 ところが、30日にチュニジア戦が控えるデシャン監督は憶測を否定。メディアが流したデタラメだとし、これ以上の言及はしないと念を押した。 「それは私の心を占めるものではない。誰が何をどのように言っているのかは分からない。状況も、彼が回復するのに必要な時間も知っているはずだ」 「私には24人の選手がいて、彼らのことだけを考えている。周りがなんと言おうと勝手だが、私は日常業務に関係ないことについてコメントするつもりはない」 新たなバロンドーラーという大黒柱抜きで臨むことになったレ・ブルーだが、グループステージでは開幕連勝で難なく突破を決めた。 2022.11.29 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯リタイアのベンゼマが電撃復帰も? いまだ登録リストに名

カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕を目前にフランス代表を負傷離脱したFWカリム・ベンゼマだが、復帰する可能性が浮上している。 初のバロンドールに輝き、満を持してW杯に臨むはずだったベンゼマだが、大会直前に左足大腿四頭筋を負傷して無念のリタイアに。自身のSNSでは「自分のポジションを譲るよ」と同胞にエールを送った。 しかし、一部のスペインメディアで今週半ばに所属先のレアル・マドリーで練習復帰の見通しもなされる34歳はフランス『RMC Sports』によると、フランス代表の登録リストから抹消されていない模様だ。 ディディエ・デシャン監督はベンゼマに代わる選手を呼ばず、25選手で参戦しており、ケガが完治した場合は規約上、フランスサッカー連盟(FFF)や監督の判断次第でスカッドに復帰ができる状況だという。 そんなフランス代表だが、グループDの初戦からFWキリアン・ムバッペの2試合3ゴールなどで2連勝。一番乗りで決勝トーナメント進出を決め、ケガ人の多さを吹き飛ばしているが、ベンゼマの電撃復帰はあるのか。 なお、『RMC Sports』はベンゼマがこのままフランス代表に戻ってこなくても登録リストに名が残っている限り、チームの一員とみなされ、優勝すればメダルを受け取る権利があるとも伝えている。 2022.11.29 10:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly