失意のウルグアイがジャマイカに勝利締め《コパ・アメリカ》

2016.06.14 13:26 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽14日に行われたコパ・アメリカ センテナリオのグループC最終節、ウルグアイ代表vsジャマイカ代表は、ウルグアイが3-0の快勝で締めくくった。▽2戦全敗でグループステージ敗退が確定している失意のウルグアイと、こちらも連敗で決勝トーナメントの可能性が消滅しているジャマイカが相まみえた。前節の試合中に指揮官との衝突が報じられたスアレスは、この最終節も先発から外れた。

▽試合は比較的ウルグアイのペースで進むと、21分に動く。左サイドを起点とした攻撃からロデイロが最終ラインのスペースにラストパスと通す。これに反応したアベル・エルナンデスがボックス右から冷静にシュートを沈めた。

▽その後、受けに回るシーンが増えたウルグアイだったが、GKムスレラを中心とした守りで反撃を許さない。すると、1点リードで迎えた66分、左サイドから入れたロデイロのクロスがゴール前でA・エルナンデスの対応に入ったワトソンのオウンゴールを誘発した。

▽リードを広げることに成功したウルグアイはシュートチャンスこそあるものの、空砲続くカバーニを中心に試合を決定付けにかかると、88分に右サイドを抜け出したコルホがダメ押し。失意のウルグアイが意地の1勝を手にして今大会を去ることになった。
コメント
関連ニュース
thumb

スアレス&カバーニらウルグアイ代表の海外組メンバーが発表《カタールW杯南米予選》

ウルグアイサッカー協会(AUF)は25日、カタール・ワールドカップ南米予選に向けた国外メンバー25名を発表した。 今回は先行して発表された海外組では、FWルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー)やFWエディンソン・カバーニ(マンチェスター・ユナイテッド)、MFルーカス・トレイラ(アトレティコ・マドリー)など今夏移籍した選手たちも招集された。 ウルグアイ代表は11月に南米予選2試合を戦う予定で、13日にアウェイでコロンビア代表と、17日にホームでブラジル代表と対戦する。今回発表されたウルグアイ代表メンバーは以下の通り。 ◆ウルグアイ代表メンバー(海外組) GK マルティン・シルバ(リベルタ/パラグアイ) マルティン・カンパーニャ(アル・バーティン/サウジアラビア) ロドリゴ・ムニョス(セロ・ポルテーンヒョ/パラグアイ) DF マティアス・ビニャ(パウメイラス/ブラジル) セバスティアン・コアテス(スポルティング・リスボン/ポルトガル) マルティン・カセレス(フィオレンティーナ/イタリア) ディエゴ・ゴディン(カリアリ/イタリア) ホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリー/スペイン) ダミアン・スアレス(ヘタフェ/スペイン) ロナルド・アラウホ(バルセロナ/スペイン) MF ニコラス・デ・ラ・クルス(リーベルプレート/アルゼンチン) ジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/ブラジル) ナイタン・ナンデス(カリアリ/イタリア) ロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス/イタリア) ルーカス・トレイラ(アトレティコ・マドリー/スペイン) マウロ・アランバリ(ヘタフェ/スペイン) フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー/スペイン) FW ルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー/スペイン) クリスティアン・ストゥアーニ(ジローナ/スペイン) マキシミリアーノ・ゴメス(バレンシア/スペイン) エディンソン・カバーニ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ダルウィン・ヌニェス(ベンフィカ/ポルトガル) ホナタン・ロドリゲス(クルス・アスル/メキシコ) ブリアン・ロドリゲス(ロサンゼルスFC/アメリカ) ディエゴ・ロッシ(ロサンゼルスFC/アメリカ) 2020.10.25 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシPK弾のアルゼンチンが白星発進! ウルグアイはチリを劇的に下す《カタールW杯南米予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第1節が日本時間9日に行われた。 アルゼンチン代表はエクアドル代表とホームで対戦した。主将メッシをはじめ、ラウタロ・マルティネス、オカンポスを先発起用したアルゼンチンは12分、ボックス右のオカンポスが相手DFエストゥピニャンの深いタックルを受けてPKのチャンスを獲得。キッカーのメッシが相手GKに反応されながらゴール右に左足シュートを決め切り、先制に成功した。その後もゴールに迫りながら追加点を奪えなかったアルゼンチンだが、1点のリードを守り抜き、1-0の白星発進を切った。 スアレスやゴディン、ベンタンクール、バルベルデを先発に並べたウルグアイ代表はサンチェスやビダル、バルガスをスタートから起用したチリ代表とホームで激突。39分にスアレスのPK弾で先取した後、54分にサンチェスのゴールで追いつかれたが、後半アディショナルタイム3分にマキシ・ゴメスの土壇場弾で突き放してみせ、南米の強豪対決を見事に2-1の白星で飾った。そのほか、パラグアイ代表vsペルー代表は2-2のドローという結果に終わっている。 なお、ブラジル代表は9日にホームでボリビア代表とホームで対戦。コロンビア代表も9日にベネズエラ代表と相対する。 ◆第1節結果 10/8 ウルグアイ 2-1 チリ パラグアイ 2-2 ペルー アルゼンチン 1-0 エクアドル 10/9 ブラジル vs ボリビア コロンビア vs ベネズエラ 2020.10.09 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

"噛みつき事件"の被害者キエッリーニが加害者スアレスを語る「僕と彼は似ている」

ユベントスのイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスの“噛みつき事件”について言及している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 事件が起きたのは2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)のグループステージ第3節のイタリア代表とウルグアイ代表の一戦。ボックス内で競り合った際にキエッリーニは、スアレス(当時リバプール)に噛みつかれると、肩を出して噛み付かれたことを必死にアピールするも、認められなかった。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1dm5PNVh5RCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> その後、スアレスに対しては、国際サッカー連盟(FIFA)から4カ月間にも及ぶフットボール活動の禁止処分が科され、大きな話題となっていた。 キエッリーニは、元チームメイトを批判する発言などで、話題を呼んでいる自叙伝『Io, Giorgio』でこの騒動について綴っている。 「悪行はフットボールの一部だから不正だとは言えない。ライバルを倒すには賢くなければいけない」 「彼の狡猾さに関心しているよ」 「彼にそれがなかったら普通のフォワードになっているだろうね」 「あの試合ではほとんどカバーニのマークについていた。マークするのが難しいもう1人の男で、僕たちは遠慮しなかった」 「突然、肩を噛まれたとことに気づいた。起きた時は彼の接触プレーでの作戦で、僕だってそうしていたかもしれないよ。僕と彼は似ている。彼のようなストライカーをマークするのが好きだ」 2020.05.22 10:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ゴディン憧れのDFは? ウルグアイの先輩バルサのレジェンドをあげる「史上最高のDFの1人だ」

インテルのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが自らの憧れの選手について言及した。クラブとのインタビューで明かしている。 ウルグアイでプロキャリアをスタートさせたゴディンは、国内屈指強豪ナシオナル・モンテビデオでの活躍が認められ、21歳の時にビジャレアルへ移籍。その後、アトレティコ・マドリーに移籍すると、守備の要として12年にわたってチームを最終ラインから支えた。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIyYXN4SExEUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 今シーズンからは新たなチャレンジを求めインテルへ移籍。3バックへの適応に苦しみ出場機会に恵まれていない現状だが、リーダーシップとはプロ意識の高さをみせている。 そんなゴディンが、クラブとの公式インタビューで憧れの選手たちについて言及。少年時代の憧れは、リーベル・プレートやマルセイユなどで活躍したウルグアイの名ストライカー、エンツォ・フランチェスコリだと明かした。 「5歳から16歳か17歳でDFになるまで僕は攻撃的なポジションでプレーしていたんだ」 「子どもの頃のアイドルは、エンツォ・フランチェスコリだったよ、ウルグアイの他の子どもたちみんなと同じようにね」 また。憧れのDFたちについては、ウルグアイ代表の先輩であるディエゴ・ルガーノと、バルセロナのレジェンド、カルレス・プジョルの名前をあげた。 「それからはディエゴ・ルガーノに憧れを抱くようになったよ」 「僕にとって彼は模範的な存在だったし、代表チームで一緒にプレーすることができて、親しい仲になった」 「プロになってからだとプジョルがとても好きだった」 「彼の競争心やどの試合でもいつも同じように高い意識で臨むことのできるメンタルの強さに憧れたよ」 「彼が長い間史上最高のDFの1人で居続けることができたのはこれらのことがあったからだ」 2020.04.24 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

A・ギャンが2010年W杯ウルグアイ戦の“あの”PK失敗を回顧「今でも1人になると脳裏に浮かぶ」

ガーナ代表FWアサモア・ギャンが2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)でのPK失敗について語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ギャンもプレーしたガーナ代表は、南アフリカW杯で躍進。セルビア代表、オーストラリア代表、ドイツ代表と同居したグループステージを勝ち上がると、ラウンド16でアメリカ代表を延長の末に下し、ベスト8へ進出した。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJnVUxsZjlOSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> ベスト8ではウルグアイ代表と対戦すると、1-1で迎えた延長後半終了間際にウルグアイ代表FW ルイス・スアレスが手を使ってストップ。スアレスは一発退場となり、ガーナがPKを獲得した。 これを決めればアフリカ勢初となるW杯ベスト4進出となる状況だったが、PKキッカーのギャンのシュートは無情にもクロスバーを叩き失敗。その後のPK戦でガーナは敗れ、ベスト8で敗退していた。 ガーナのテレビ局『TV3ガーナ』のインタビューに応えたギャンは、当時を振り返り、今でもこの記憶が脳裏に焼き付いていると明かした。 「今でも1人になると脳裏に浮かぶよ」 「時々、世界の時間が巻き戻って、あの瞬間をやり直せればと感じることがある。だけど、この記憶は僕の人生で一生背負っていかなければならないことを理解しているよ」 「この過去について、僕にできることは何もない。だから受け入れている。母国を救うためにあの場所に立ったが、悪役になってしまった。このことはもう受け入れたよ。人々がどのように感じるか理解しているからね」 また、この試合の次の日の様子についても振り返り、一晩中泣いたことを明かした。 「あれは悲劇だった、クレイジーだったよ。僕は逆に落ち着いていた。なぜなら、僕は一晩中泣いていて一睡もしなかったからだ。僕はもう泣くことができず、なぜが落ち着いていたんだ」 しかし、ギャンはこの悲劇を経ても前を向いているようだ。一度は代表引退を発表するもすぐに撤回。汚名を返上すべく、心の炎を燃やしているようだ。 「ずっと自分に言い聞かせていたのは、次のチャンスを得ることだった。自分が汚名を返上できると分かっていたからね。必ずしもフットボールを通してではなく、他の何かでもそうすることができると。例えば僕はできなくても、いつか僕の子どもたちがやってくれるだろう」 「人々は僕に引退して欲しいと思っているみたいだが、僕はまだ終わってない」 「ガーナ代表で何も勝ち取っていないことを僕は許せない。だからそれを達成したいよ」 「多くの人が僕を引退させようとしてきたが、いつだって辞める日を決めるのは自分自身だと言い聞かせてきた。誰も僕を引退には追い込めないよ」 2020.04.20 16:45 Mon
twitterfacebook