メッシの善意が文化の違いで侮辱に… スパイクの寄付がエジプトで非難轟々2016.03.31 02:59 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現フットボール界最高のスーパースターであるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、自身のスパイクを寄付したことによりアラブ地域で問題となっている。イギリス『BBC』など複数メディアが伝えた。▽メッシは今週、エジプトのテレビ番組にてプレゼンターに自身のスパイクを寄付することを申し出た。しかし、エジプト並びにアラブ諸国の文化として、靴を履いて人を踏んだり、靴で人を傷つけることは最大のタブーとみなされているため、スパイクを寄付したメッシの行為は侮辱的なものと扱われることになってしまった。

▽そして、やはりメッシの行為に対して一部のエジプト人が怒りをあらわにしている。SNSを通じて投稿された非難の声(一部)は以下のとおり。

「これは最悪だ。彼に数千ドルが支払われ、終いに彼は靴を寄付した。バカなプレゼンターは満足した」

「エジプトの名前は、メッシの靴よりも偉大だ。これはエジプトに対する多大なる侮辱」

▽また、メッシからスパイクを受け取った女性プレゼンターに対しても、非難の声が及んでいる。

「アラブ民族よ起きろ。そしてコーヒーを飲め。眠る時間ではない。彼女(プレゼンター)は、この取るに足らない寄付を拒否しなければいけなかった」

▽さらに、エジプト議会の議員までもが、テレビ番組にて彼自身の履き物を脱ぎ、今回の侮辱への返しとしてメッシに履き物を寄付すると断言したという。

▽メッシは、サッカーボールやユニフォームと同じように、サッカー選手が寄付する一般的なものとしてスパイクを提供したつもりだろうが、予想外にも非難を受けることになってしまった。
コメント
関連ニュース
thumb

サラーが2年連続でアフリカ年間最優秀選手賞を受賞!

8日、リバプールに所属するエジプト代表MFモハメド・サラー(26)が、アフリカサッカー連盟(CAF)選定の2018年度におけるアフリカ年間最優秀選手賞に選ばれた。なお、同選手は2年連続での受賞となる。 2017年6月にリバプールへ加入したサラーは、昨シーズンのプレミアリーグで最多記録更新となる32ゴールを記録して得点王を獲得。公式戦44ゴールでクラブのチャンピオンズリーグ準優勝にも貢献した。 また、エジプト代表でも1990年大会以来となるワールドカップ出場に導き、ケガの影響から本調子ではなかったものの、本大会では2ゴールした。 迎えた2018-19シーズンでもプレミアリーグで21試合13ゴール8アシストを記録しており、チームの首位キープに貢献している。 なお、2日に発表された最終候補にはリバプールに所属するセネガル代表FWサディオ・マネ(26)、アーセナルに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(29)が選ばれており、2017年度の最終候補と同じ顔触れが揃っていた。 2019.01.09 08:55 Wed
twitterfacebook
thumb

カメルーン開催断念の2019年アフリカ・ネーションズカップはエジプト開催に決定!

アフリカ・サッカー連盟(CAF)は8日、2019年アフリカ・ネーションズカップ(ANC)をエジプトで開催することを発表した。 今年6月15日から7月13日にかけて、これまでの16カ国から24カ国に出場国を拡大して行われるANCだが、当初の開催国カメルーンは準備の遅延が指摘され開催が危ぶまれ、昨年11月末に同国での開催断念が発表されていた。 11月30日にガーナのアクラで10時間以上に及ぶ会合を終えたCAFのアフマド・アーマド会長は「年末までに新たな開催国を決定する」とコメントし、カメルーンでの開催を見送ったことを明言した。 代替開催国の最有力候補にはモロッコの名前が挙がっていたが、後に同国は立候補しないことを宣言。そして、代替開催に名乗りを挙げていた南アフリカを抑えて最終的にエジプトが開催国に決定した。 2019.01.08 21:01 Tue
twitterfacebook
thumb

サラーが2年連続BBCアフリカ年間最優秀選手賞を受賞

▽イギリス『BBC』は14日、2018年のBBCアフリカ年間最優秀選手賞にリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーを2年連続で選出したことを発表した。 ▽1992年度からスタートしたアフリカ大陸出身の現役サッカー選手に与えられる同賞は、世界中のサッカーファンによるインターネット投票によってノミネートされた5人の現役選手の中から選ばれる。 ▽候補者に選ばれていたのはサラーの他、リバプールの同僚であるセネガル代表FWサディオ・マネ、ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、ユベントスのモロッコ代表DFメディ・ベナティア、アトレティコ・マドリーのガーナ代表MFトーマス・パルティの5選手。 ▽昨年の受賞者でもあるサラーは昨季、プレミアリーグで32ゴールをマークして得点王を獲得。今季のプレミアリーグでも10ゴールを記録し、得点ランキング首位に立っている。ロシア・ワールドカップでは2ゴールを決めたが、エジプトはグループステージ敗退に終わっていた。 2018.12.15 05:30 Sat
twitterfacebook
thumb

余計なお世話…クロップ、サラー移籍説提唱のアギーレに反抗

▽リバプールの指揮を執るユルゲン・クロップ監督がエジプト代表を率いるハビエル・アギーレ監督に反撃した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2017年夏にローマから加入した昨シーズンに圧倒的な輝きを解き放ったエジプト代表FWモハメド・サラー。先日にリバプールと長期の契約延長に合意したが、アギーレ監督が先日、レアル・マドリーの関心が取り巻くサラーの去就に対して「1、2年後にリバプールを去るかもしれない」と語り、周囲を賑わせた。 ▽24日に再開するプレミアリーグ第13節でワトフォードと対戦するクロップ監督。その発言について問われると、次のように突っぱねた。 「じゃあ、彼(アギーレ)はこの2年間でタイトルが獲れなければ、ほかのクラブや国に移籍しなければならない」 「何故、あのような発言が飛び出したのか理解不能だね。私はその意見に同意しない。絶対に」 「ただ、意見は自由さ。そういう世界なのだからね。彼は何だって希望を言うことができる」 2018.11.24 09:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「サラーは1、2年後にリバプールを去るかもしれない」、エジプト代表のアギーレ監督が主張

▽エジプト代表を率いるハビエル・アギーレ監督が、同国代表でエースを担うリバプールFWモハメド・サラー(26)が、1、2年後にリバプールを去る可能性があると主張した。同監督が『ONSport』で語った。 ▽昨夏、ローマからリバプールへの移籍をキッカケに真のワールドクラスに成長したサラーは、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ、ブラジル代表FWネイマールらと共に、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの2強に迫る第2グループを牽引する1人となっている。 ▽そして、将来のバロンドール候補にはレアル・マドリーとバルセロナのスペイン2強を中心にメガクラブが獲得の可能性を窺っている。 ▽そのサラーに関して元日本代表指揮官で今年8月からエジプト代表を率いているアギーレ監督は、リバプールが今季、あるいは来季に何らかのトロフィーを獲得できなければ、タイトルを求めて退団する可能性が高いと主張している。 「サラーはトロフィーを獲得できなければ、1年後、あるいは2年後にリバプールを去るかもしれない」 「リバプールのユルゲン・クロップはそのことをよく理解しているはずだ。したがって、彼らはトロフィーを獲得するために全力を尽くしている」 2018.11.22 14:37 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース