右サイドバックの長谷部が1アシスト、フランクフルトがFC東京に逆転勝利《フレンドリーマッチ》

2015.08.03 00:12 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
▽2日にコメルツバンク・アレーナで行われた第2回フランクフルト・マイン・ファイナンス・カップ2015のフランクフルトvsFC東京は、3-2でフランクフルトが勝利した。▽新シーズンの開幕を2週間後に控えるフランクフルトと、東アジアカップの影響でリーグ戦が中断しているため、ドイツ遠征を実施しているFC東京によるフレンドリーマッチ。フェー監督が1年未満で復帰したフランクフルトは、[4-2-3-1]のシステムを採用し、長谷部が右サイドバックに、乾が左サイドハーフに起用された。

▽一方、東アジアカップに参加している森重や太田を欠くFC東京は、[4-3-1-2]のシステムを採用。森重が不在のセンターバックは吉本と丸山がコンビを組み、太田のいない左サイドバックに徳永、右サイドバックに松田を配した。また、2トップに前田とネイサン・バーンズを起用した。


▽立ち上がりから長谷部の右サイドを起点に攻めに出て行くフランクフルトは13分、ボックス手前でうまく前を向いた乾が右足でシュートを放つも、これはGKの正面。すると、反撃に出たFC東京がセットプレーのチャンスを生かして先制する。

▽20分、松田の左CKが直接ゴールに向かうと、これにGKリンドナーが辛うじて反応。さらに、こぼれ球を長谷部がヘディングでクリアした。しかし、このボールを前田が右足ボレーでゴール右に突き刺す。先制したFC東京は直後の22分、左サイドでボールを奪った河野がボックス中央に折り返したボールをネイサン・バーンズが左足で合わせて追加点を奪った。

▽2失点を喫したフランクフルトは前半の終盤に盛り返す。41分、長谷部が右サイドから入れたグラウンダーのクロスをセフェロビッチが右足でゴール右隅に流し込み、ようやく1点を返す。その後、ボックス手前から直接狙ったシュテンデラのFKはクロスバーに直撃するも、45分にそのシュテンデラが正確なキックで同点ゴールを挙げ、試合は2-2でハーフタイムを迎えた。

▽ハーフタイム明け、フランクフルトは乾を下げるなど3選手を交代。一方のFC東京は河野とバーンズに代えて中島と石川をピッチに送り出した。この後半はフランクフルトが押し気味に試合を進めると、60分に左サイドを突破したオチプカのクロスをアイグナーがヘディングでゴール左に決めた。

▽勝ち越したフランクフルトは、70分に長谷部など4選手を交代させる。その後は互いに攻め合いながらもゴールは生まれずに試合は終了。フランクフルトが2点差を跳ね返し、FC東京に逆転勝利を収めた。
関連ニュース
thumb

フランクフルト、重鎮DFチャンドラーと2025年まで契約延長!

フランクフルトは6日、アメリカ代表DFティモシー・チャンドラー(31)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 新たな契約にサインしたチャンドラーは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「私はすべてのユースチームを経験し、プロとしてもクラブで多くのことを経験してきた。アイントラフトとは、とても特別な関係にあると思っている。だからこそ、このように早い段階で契約を延長できたことは単純に嬉しいし、首脳陣の方々には感謝している。これからもこのファミリーの一員でいられることに感謝します!」 フランクフルト出身の元アメリカ代表DFであるチャンドラーは2011年にニュルンベルクでブンデスリーガデビュー。その後、2014年に下部組織時代を過ごした古巣に完全移籍で復帰を果たした。 以降はサイドバックやウイングバックを主戦場に在籍6年間で公式戦154試合に出場している。今シーズンは主に控えウイングバックとして公式戦14試合の出場にとどまっているがピッチ内での貢献は限定的だが、ユース出身であるうえに人格者として知られる同選手は、MF長谷部誠らと同様にチーム内で強いリーダーシップを発揮できる貴重な存在だ。 2021.05.07 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

鎌田&長谷部先発のフランクフルト、レバークーゼンに敗戦で5位ドルトムントとの勝ち点差は1に《ブンデスリーガ》

フランクフルトは24日、ブンデスリーガ第31節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、1-3で敗戦した。フランクフルトのMF鎌田大地は83分まで、MF長谷部誠は77分までプレーしている。 フランクフルト(勝ち点56)は前節、鎌田のアシストもあってアウグスブルクに快勝。5位ドルトムントとの4ポイント差を維持してチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位を堅守した。そのフランクフルトは鎌田と長谷部が揃って先発となった。 ヨーロッパリーグ出場権争いを展開している6位レバークーゼン(勝ち点47)に対し、鎌田が[3-6-1]の2シャドーの一角、長谷部がボランチでスタートした中、開始4分にピンチ。シックにGK強襲のシュートを打たれ、ルーズボールをベイリーに蹴り込まれたが、トラップが好守で凌いだ。さらに9分、ベララビのシュートでGKトラップを強襲された。 序盤のピンチを凌いだフランクフルトが徐々にポゼッションを高める中、33分に鎌田のパスを受けたボックス右のドゥルムがGK強襲のシュートを浴びせた。 ハーフタイムにかけてもフランクフルトがボールを握る時間が長かった中、前半はゴールレスで終えた。 迎えた後半開始2分、フランクフルトは鎌田に決定機。長谷部のパスを受けたアンドレ・シウバがボックス右に抜け出して折り返し、鎌田が合わせたがシュートはわずか枠の右に外れた。 すると53分にはピンチを迎えるも、左クロスにベララビが合わせたシュートは枠の右に外れて助かった。 互いに決定機があった後、主導権争いが続いていたが、70分にフランクフルトは先制される。途中出場のディアビが右サイドから入れたアーリークロスをファーサイドのベイリーにボレーで押し込まれた。 失点を受けて長谷部ら3選手に代えてヨビッチらを投入したフランクフルトだったが、80分に加点される。ロングカウンターを受けた流れから、ベイリーのスルーパスを受けた途中出場のアラリオにシュートを決められた。 終盤にかけてはレバークーゼンの前にチャンスを作れずにいたフランクフルトは試合終了間際にアンドレ・シウバがヘディングシュートで1点を返すも、反撃はここまで。 直後にデミルバイにゴールを許し、1-3で敗戦。5位ドルトムントとの勝ち点差が1に縮まっている。 2021.04.25 03:24 Sun
twitterfacebook
thumb

チームを牽引する日本代表MF鎌田大地が自宅で負傷、週末は欠場か?

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地が自宅で負傷していたようだ。 フランクフルトは24日、ブンデスリーガ第31節でアウェイでレバークーゼンと対戦する。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を懸けて戦っている中、同じくヨーロッパの出場権を目指すレバークーゼンとの大事な一戦となる。 そんな中、チームを牽引している鎌田が負傷したとのこと。レバークーゼン戦に向けた公式会見でアディ・ヒュッター監督が明かした。 「大地は自宅で指を挟んだようだ。とても痛みを伴っている」 「彼はスプリント(添え木)をつけているが、試合の強度が高炒め、彼の指が激しく痛むのか、それとも別の解決策を探す必要があるのか、様子を見なければいけない」 今シーズンの鎌田は、ブンデスリーガで28試合に出場し5ゴール14アシストを記録。20日に行われたアウグスブルク戦でも1アシストを記録し、チームの勝利に貢献していた。 まだ起用できるかどうかを判断する段階とのことだが、代役として見込んでいたトルコ代表MFアミン・ユネスも内転筋に痛みを抱えている状況とのこと。ヒュッター監督はどのような決断を下すだろうか。 2021.04.23 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

暫定3位のフランクフルト、指揮官はトップ4確保に自信「歴史的なシーズンになるチャンスがある」

フランクフルトのアディ・ヒュッター監督は、チームが暫定3位に浮上したことを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 日本代表MF長谷部誠とMF鎌田大地の所属するフランクフルトは、20日にブンデスリーガ第30節でアウグスブルクと対戦。前節の大敗を引きずりたくないチームは、前半で先制に成功すると後半にも鎌田のアシストにより追加点を奪い、2-0のスコアで勝利した。 この結果、フランクフルトはヴォルフスブルクをかわしてリーグ暫定3位に浮上。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向け、大きな1勝となっている。 試合後のインタビューに応じたヒュッター監督も、前節の敗北から素早い立ち直りを見せたチームを称賛した。 「最も重要なことは、(0-4で敗れた)ボルシアMG戦の後で必要な反応を示せたことだ。我々を苦しめたアウグスブルクには賛辞を送りたい。彼らはアグレッシブかつコンパクトであり、我々を非常に不愉快にさせた」 「後半はより良いサッカーができたが、ビッグチャンスを作れずにいた。だから、勝ち点3は我々にとって非常に良いことだ。最終的には、勝利を収められたからね。歴史的なシーズンとなるチャンスが残っていることを、クラブ全体で喜んでいる」 また、ヒュッター監督は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により無観客試合が続いている現状にも言及。ファンのサポートに感謝しつつ、このままトップ4確保を達成したいと意気込んだ。 「ファンが感情を昂らせ、スタジアムにいたいという気持ちは伝わってくる。彼らにとっては辛いことだろう。それでも、彼らはチームにとってとても良いサポートをしてくれているよ」 「重要なのは、CL出場権を自分たちの手で勝ち取ることにある。4月は素晴らしい成績を収めており、我々が2021年に得た勝ち点はバイエルンをわずか2ポイント下回っているだけだ。これを続けていきたいし、勝利は傷口を癒すものだね」 2021.04.21 16:37 Wed
twitterfacebook
thumb

鎌田アシストのフランクフルト、前節の大敗を払拭し暫定3位浮上《ブンデスリーガ》

フランクフルトは20日、ブンデスリーガ第30節でアウグスブルクをホームに迎え、2-0で勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地は83分までプレーし、MF長谷部誠は後半から出場している。 前節、ヒュッター監督の来季新天地となるボルシアMGに惨敗した4位フランクフルト(勝ち点53)は、鎌田が[3-5-2]のトップ下で先発となり、長谷部は引き続きベンチスタートとなった。 11位アウグスブルク(勝ち点33)に対し、フランクフルトが押し込む入りとなると5分、アンドレ・シウバのヘディングシュートが枠を捉えた。 その後、10分にリヒターにオンターゲットのシュートを記録されたフランクフルトは、1分後にはベネスの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKトラップが好守で凌いだ。 ひやりとしたフランクフルトだったが、引き続き押し込む流れが続くと、36分にコスティッチの左クロスからアンドレ・シウバのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKのセーブに阻まれる。 それでも38分、CKの流れからフランクフルトが先制する。鎌田が右サイドからクロスを上げると、ヒンテレッガーが頭で押し込んだ。 迎えた後半、ヒンテレッガーに代えて長谷部をリベロに投入したフランクフルトは、58分に追加点を奪う。鎌田、ローデと繫ぎ、ローデのパスを受けたボックス左のコスティッチがクロスを上げ、アンドレ・シウバがヘディングシュートを決めた。 リードを広げたフランクフルトは72分、CKの流れでトゥタのハンドによりPKを献上するも、相手キッカーのフィンボガソンのシュートは枠の上に外れて助かり、2-0のまま勝利。 前節の惨敗を払拭する勝利を手にし、暫定3位としている。 2021.04.21 05:44 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly