ニュース一覧

thumb

新キャプテン候補に名乗りを挙げた板倉滉。最終ラインの統率役に求められることとは?【新しい景色へ導く期待の選手/vol.8】

3月シリーズはウルグアイに1-1にドロー、コロンビアに1-2の逆転負けと、厳しい船出を余儀なくされた新生・日本代表。2026年北中米ワールドカップ(W杯)ベスト8への道は想像以上に険しそうだ。 それでも、森保一監督は「未来を見据えて選手個々のレベルアップ、チーム全体の選手層・戦い方の選択肢を増やすことは絶対的に必 2023.03.30 19:30 Thu
Xfacebook
thumb

わずか4分でも大きな一歩。A代表デビューで「絶対生き残る」と決意した中村敬斗の今【新しい景色へ導く期待の選手/vol.7】

24日の第2次森保ジャパン初陣・ウルグアイ戦(東京・国立)の後半44分。三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)と交代し、記念すべきA代表デビューを飾ったのが、背番号7をつける中村敬斗(LASKリンツ)だった。 「同じポジションに三笘選手がいて、どう交代してもらえるのか分からない中で、少しでも使ってもらえたことは 2023.03.26 21:35 Sun
Xfacebook
thumb

主力としてオランダ1部優勝争い。満を持して代表右SB一番手を取りに行く菅原由勢【新しい景色へ導く期待の選手/vol.6】

第2次森保ジャパンの初陣となる24・28日のウルグアイ・コロンビア2連戦(東京・大阪)。3年後の2026年北中米W杯に向けた強化がいよいよスタートする。 そのメンバー26人が発表されたが、30代はシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)、遠藤航(シュツットガルト)、伊東純也(スタッド・ランス)の3人だけ。大幅な 2023.03.16 18:30 Thu
Xfacebook
thumb

ベルギー1年目で13ゴール、得点王も視野に。上田綺世は新生・代表FW陣の軸を担うのか?【新しい景色へ導く期待の選手/vol.5】

24・28日のウルグアイ・コロンビア2連戦(国立・ヨドコウ)に挑む第2次森保ジャパンのメンバー発表が15日と見られる中、日本代表スタッフ陣の選考作業も大詰めになりつつある。森保一監督や名波浩・前田遼一新コーチが特にディスカッションしているのが、最前線を担うFWをどうするかだろう。 ご存じの通り、2022年カタール 2023.03.06 22:00 Mon
Xfacebook
thumb

カタールW杯メンバー・町野修斗は第2次森保ジャパンの軸になれるのか?【新しい景色へ導く期待の選手/vol.4】

第2次森保ジャパンの初陣となる3月24・28日のウルグアイ(国立)&コロンビア(ヨドコウ)2連戦まで1カ月を切った。森保一監督や名波浩・前田遼一新コーチらの視察も熱を帯びている。今回は2022年カタール・ワールドカップ(W杯)の時とは違って選出人数が23人になると見られ、各ポジションとも激戦になるのは間違いないだろう。 2023.02.27 22:22 Mon
Xfacebook
thumb

森保監督の訪問で刺激。パリ五輪世代の星・鈴木唯人のフランスデビューはいつ?【新しい景色へ導く期待の選手/vol.3】

今年1月の欧州移籍市場で何人かの日本人若手選手が海外挑戦に踏み切ったが、その筆頭が2024年パリ五輪世代の主力アタッカー・鈴木唯人(ストラスブール)だ。 彼はご存じの通り、高校サッカーの名門・市立船橋高校出身。コロナ禍の2020年に清水エスパルス入りすると、ルーキーイヤーから30試合に出場。ゴールこそなかったが、 2023.02.15 21:30 Wed
Xfacebook
thumb

京都契約満了から丸1年でブンデスデビュー。2000年世代のドリブラー・上月壮一郎が示した潜在能力と可能性【新しい景色へ導く期待の選手/vol.2】

2022年カタールワールドカップ(W杯)の後、長いウインターブレイクに入っていたドイツ・ブンデスリーガ1部が20日から再開。吉田麻也(シャルケ)や遠藤航(シュツットガルト)、鎌田大地(フランクフルト)ら日本代表戦士たちが新たなスタートを切った。 こうした中、若い世代の面々も頭角を現しつつある。その筆頭がシャルケで 2023.01.24 21:45 Tue
Xfacebook
thumb

高校サッカーから欧州挑戦の成功例を作れるか?近未来の日本代表FW・福田師王の可能性 【新しい景色へ導く期待の選手/vol.1】

森保一監督の続投が決まり、名波浩・前田遼一両コーチの加入も正式決定するなど、3月に発足する新たな日本代表の陣容が固まりつつある。選手の方は2022年カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦した三笘薫(ブライトン)、堂安律(フライブルク)、板倉滉(ボルシアMG)ら東京五輪世代が今後のベースになると見られる。が、世界を見渡せ 2023.01.19 21:30 Thu
Xfacebook
thumb

日本が8強の壁を超えるために必要な個の成長。三笘、堂安に続くタレントの出現を熱望

約1カ月間にわたって熱戦が続いた2022年カタールワールドカップ(W杯)も18日のファイナルで幕を閉じた。頂点に立ったのは、36年ぶり3度目のタイトルを手にしたアルゼンチン。MVPを受賞したリオネル・メッシ(PSG)の凄さは誰もが認めるところだが、ヤングプレーヤー賞に輝いたエンソ・フェルナンデス(ベンフィカ)、中盤を支 2022.12.20 19:00 Tue
Xfacebook
thumb

クロアチア戦で流した涙を忘れるな。悔しさを糧に4年後は日本のエースに君臨へ/三笘薫(MF/ブライトン&ホーヴ・アルビオン)

2022年カタール・ワールドカップ(W杯)もいよいよ佳境。13日の準決勝第一試合では,アルゼンチンがクロアチアを3-0で撃破。盤石の強さでファイナル進出を決めた。5度目のW杯で初優勝を狙う35歳のエース、リオネル・メッシ(PSG)のゴール前の冷静さと傑出した決定力は年齢を重ねても衰えるどころか、逆に磨きがかかっている印 2022.12.14 21:00 Wed
Xfacebook
thumb

【新しい景色へ導く期待の選手】「どうあがいても長谷部誠になれない」から4年5月。偉大な主将を超える!/吉田麻也(シャルケ/DF)

日本代表は悲願のワールドカップ(W杯)ベスト8入りを果たせるのか…。その命運を左右する大一番・クロアチア戦が今日5日にアルワクラのアルジャノブ・スタジアムで行われる。 「クロアチアは強い相手。簡単な試合には絶対にならないと思いますし、引き締めながらやっていくつもりです」とキャプテン・吉田麻也(シャルケ)は決戦前夜 2022.12.05 22:15 Mon
Xfacebook
thumb

【新しい景色へ導く期待の選手】「スペイン戦が終わった時にどデカい声でブラボーと叫んでいる」。その光景を現実にすべく代表キャリアの全てを注ぐ!/長友佑都(FC東京/DF)

森保ジャパンの命運を左右するスペイン戦が12月1日夜(日本時間2日早朝)に迫った。泣いても笑ってもこの一戦で日本代表の行く末が決まる。自身のキャリアの集大成として挑んでいるベテラン勢は「絶対にここで終わらせない」という強い思いで戦うはずだ。 その筆頭がフィールドプレーヤー初のW杯4回出場を果たした長友佑都(FC東 2022.12.01 22:00 Thu
Xfacebook
thumb

【新しい景色へ導く期待の選手】右のスピードスターがドイツを切り裂く。最終予選のスターからW杯のスターへ!/伊東純也(スタッド・ランス/FW)

2018年9月の森保ジャパン発足から4年2カ月。その集大成となる2022年カタール・ワールドカップ(W杯)が23日の初戦・ドイツ戦からついにスタートする。 98年フランスからの過去6大会を見ても、初戦で勝ち点を奪った2002年日韓、2010年南アフリカ、2018年ロシアの3大会は決勝トーナメントに進出している。史 2022.11.23 10:00 Wed
Xfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.118】「強い日本を見せることが人気向上の一番の近道」。21歳・最年少レフティが示した本気と覚悟/久保建英(レアル・ソシエダ/FW)

2022年カタールワールドカップ(W杯)前最後のテストマッチとなる17日のカナダ戦(ドバイ)が迫ってきた。日本代表は11日から練習拠点「アル・サッド」で事前調整を続けてきたが、最初から帯同しているのは国内組7人だけで、欧州組は15日に合流した選手たちも多い。主力級ながらも試合間隔が短い鎌田大地(フランクフルト)や伊東純 2022.11.16 20:00 Wed
Xfacebook
thumb

世界舞台で忍者ポーズを届けられるのか?追加招集・町野修斗に託されるもの

長期リハビリ中の浅野拓磨(ボーフム)、板倉滉(ボルシアMG)の復帰がズレ込み、冨安健洋(アーセナル)や遠藤航(シュツットガルト)という主力級の面々までアクシデントに見舞われている日本代表。11月23日の2022年カタールワールドカップ(W杯)初戦・ドイツ戦(ドーハ)まで約2週間という押し迫った時期に、チームが野戦病院状 2022.11.15 12:30 Tue
Xfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.117】10月に入ってアーセナルでもフル稼働。満を持してカタールW杯に挑む若き守備の大黒柱/冨安健洋(アーセナル/DF)

「なかなか(代表でもクラブでも)コンスタントに試合に出ていない中で、あれだけ通常通りのパフォーマンスを出せるというのは、やっぱり実力のある選手だなと思います。あとはケガをしないでほしいですね」 9月23日のアメリカ戦(デュッセルドルフ)。キャプテン・吉田麻也(シャルケ)が神妙な面持ちでこう語った通り、2021年1 2022.10.23 19:10 Sun
Xfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.116】[4-2-3-1]への布陣変更で序列低下も「今に見てろよ」と燃える若きボランチ/田中碧(デュッセルドルフ/MF)

11月1日の2022年カタール・ワールドカップ(W杯)最終登録メンバー発表まで3週間。選手たちのサバイバルも佳境に突入している。森保一監督が「4年間かけてチーム作りをしてきてからのメンバー選考なので、大枠としては決まっている」とコメントした通り、26人のほとんどが9月のアメリカ・エクアドル2連戦(デュッセルドルフ)帯同 2022.10.11 21:50 Tue
Xfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.115】本番2カ月前にカタールW杯正GKに名乗り!エクアドル戦のMVP/シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/GK)

ドイツ、コスタリカ、スペインという強豪国と中3日でグループリーグを戦わなければならない2022年カタールワールドカップ(W杯)の日本代表。森保一監督も「初戦のプレッシャーや相手の力を踏まえた時、普段より想像以上に大きなエネルギーを使うので、心身ともに中3日で回復できない状況も起こり得る」と見ており、そのためには選手の入 2022.09.30 20:45 Fri
Xfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.114】欧州CLの存在感を9月代表でも示し、怒涛の勢いでカタールW杯をつかみ取る!/旗手怜央(セルティック/MF)

「セルティックでの日頃のパフォーマンス、そして、直近であればUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)でレアル・マドリードと戦った時にもすごくいいパフォーマンスをしていました。シャフタール(・ドネツク)と戦った試合でも彼自身のパフォーマンスは得点も含めていいものを確認できている。旗手(怜央)自身がよさを発揮して、結果を出し 2022.09.18 17:00 Sun
Xfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.113】当落線上からキーマンへ。新天地・フライブルクでゴールラッシュを見せる日本の切り札/堂安律(フライブルク/MF)

「代表に入りたいという気持ちでサッカー選手を始めたので、(3月のオーストラリア戦のメンバーに)入れなかったのは悔しい。でも感謝している。落選したことによって今の自分がいると思う。1日1日、頑張って、ワールドカップ(W杯)に辿り着けたらいいなと思っています」 2022年カタールW杯最終予選最大の山場でまさかの日本代 2022.09.11 18:00 Sun
Xfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.112】大迫勇也に再び暗雲が立ち込める中、森保監督は大ベテランに日本代表を託すのか?/岡崎慎司(シントトロイデン/FW)

2022年カタール・ワールドカップ(W杯)の日本代表の初戦・ドイツ戦(11月23日)まで3カ月を切った。森保ジャパンに残された強化の場は9月23・27日のアメリカ・エクアドル2連戦(デュッセルドルフ)だけ。そのメンバーは9月14日発表予定だが、指揮官も本番を見据えた26人で挑む思惑のようだ。 そこで満を持して復帰 2022.08.29 22:00 Mon
Xfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.111】ルヴァン8強敗退で残るはJ1タイトルのみ。パリ世代の主軸ボランチの最終アピールの行方はいかに?/藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス/MF)

「カタール・ワールドカップ(W杯)に行けたらいいですけど、そんなに簡単な壁ではない。この大会がよかったから呼ばれるというのはないと思うので。今回をきっかけに自信がついたので、Jリーグでもしっかり活躍していって、そういった日常が評価されていくことが大事だと思います」 先月27日のEAFA E-1選手権のラストマッチ 2022.08.13 18:15 Sat
Xfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.110】欧州関係者が「E-1最大の収穫」と認めた大型FW。近未来の代表1トップへ飛躍を!/町野修斗(湘南ベルマーレ/FW)

「この(EAFF)E-1選手権は集まった時からチームとして優勝を目指していたので、まず目標を達成できたこと、そして、個人としての3ゴールとしての目標を達成したことを嬉しく思っています」 27日に豊田で行われた韓国との優勝決定戦。この大一番でダメ押しとなる3点目をゲットし、3-0の勝利とタイトル獲得の原動力となった 2022.07.30 15:15 Sat
Xfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.109】カタール逆転滑り込みを賭けてE-1制覇に闘志。そして新天地・ウエスカへ/橋本拳人(ウエスカ/MF)

「Jリーグに戻ってからも、この時期に(EAFF)E-1選手権があることは分かっていたので、『入りたい』っていう思いを持ってプレーしていました。時期的に移籍の微妙なタイミングだとは思っていましたけど、選んでもらえたので期待に応えたい。アピールしたい気持ちはすごく強いです」 こう語気を強めたのは、代表デビューから3年 2022.07.24 15:00 Sun
Xfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.108】輝きを放った2007年U-17W杯から15年。父・貴史さんと同じA代表に上り詰めた右サイドのクロスマスター/水沼宏太(横浜F・マリノス/MF)

「サッカー選手である以上、A代表というのはずっと目指してきたところ。この年になってもできることを示せたんで、年長者らしくやっていきたいですね。ただ、特に自分を変えることはないし、プレーを評価してもらって、代表に選んでもらったので、思い切り武器を表現したい。『諦めずにひたむきに』というのが僕のモットーなので、そういうのを 2022.07.17 13:30 Sun
Xfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.107】森保監督好みのアグレッシブなアタッカー。E-1選手権でA代表デビューなるか?/満田誠(サンフレッチェ広島/MF)

昨季王者の浦和レッズがザスパクサツ群馬に苦杯を喫したのを皮切りに、今季上位争いを繰り広げる横浜F・マリノス、川崎フロンターレなどJ1勢が続々と敗れた22日の天皇杯3回戦。そんな中、サンフレッチェ広島は横浜FCに5-0と圧勝。実力差を見せつけた。 「世間的に見たら自分たちは受ける立場。アウェーだし、難しい状況の試合 2022.06.30 19:30 Thu
Xfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.106】悲願の代表初ゴールも序列爆上げはなし。カタールW杯本番へ巻き返しはなるのか?/久保建英(マジョルカ/MF)

「周りの選手が簡単なゴールを決めていくたびに『俺がそこにいたらよかったな』とか、僕のシュートがブロックされるたびに『何で僕のはブロックされるんだろう』と思ったり。こと代表ではいつもならで入らないことが多かった。『このまま一生入らないんじゃないか』と思った時もありましたね」 6月日本代表シリーズ3戦目となった10日 2022.06.18 15:00 Sat
Xfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.105】残り2試合で挽回できるか?韋駄天FWがW杯の大舞台に立つために必須な代表初ゴール/前田大然(セルティック/FW)

「パラグアイ戦(2日=札幌)で決定機を外してしまったので、今は悔いしか残っていないという状況です。逆にああいうのを決めていれば『すごくよかった』となっていた。残り2試合、チャンスがあるか分かりませんが、挽回したいと思ってます」 6月シリーズ突入後、パラグアイ戦と6日のブラジル戦(東京)に続けて途中出場した前田大然 2022.06.09 22:20 Thu
Xfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.104】「EL王者」の称号引っ提げ、カタールW杯メンバー滑り込みへ/鎌田大地(フランクフルト/MF)

「鎌田(大地=フランクフルト)と堂安(律=PSV)は所属チームで自分の存在をつねに見せ続け、いいプレーをしていた。タイトルを獲ったという自信は間違いなく彼らの力に上乗せされていく。貪欲に向上心を見せてくれるように期待しています」 6月の日本代表4連戦に向け、5月20日に行われたメンバー発表会見。森保一監督は202 2022.05.26 12:50 Thu
Xfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.103】マリノスの新得点源は代表滑り込みを果たせるか?/西村拓真(横浜F・マリノス/FW)

「西村(拓真)は今季、非常にいいスタート切った。トップ下にはマルコス・ジュニオール、吉尾海夏、西村の3人がいて、1人1人のキャラクター、能力が全く違う。試合ごとに選択肢が出てくるのはチームの強みになっている。その中でも西村は要求以上のことをやってくれていると思っています」 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)から 2022.05.14 14:30 Sat
Xfacebook

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly