ニュース一覧

thumb

ミャンマー戦とJFLでの驚き/六川亨の日本サッカー見聞録

6月6日のW杯アジア2次予選は、アウェーとはいえ日本はミャンマーを5-0と順当に下して勝点3を積み上げた。試合開始から日本のボールポゼッションに走り回らされたミャンマーの選手は、後半の終盤になると足をつったりして、見ていて気の毒になるくらいだった。 日本の収穫としては、監督交代によりラツィオで出場機会を増やした鎌 2024.06.08 12:30 Sat
Xfacebook
thumb

ソシエダ戦の不思議な体験と五輪OA枠/六川亨の日本サッカー見聞録

すでにネットでも取り上げられていたが、29日の東京V対レアル・ソシエダ戦では珍しい体験をした。4万人も詰めかけながら、東京Vのゴール裏にグリーンのユニホームを着たサポーターはパラパラと散らばっているだけ。このため応援のチャントもない。無言の国立競技場には東京Vの選手が主審にアピールする声が4階の記者席まで聞こえてきた。 2024.05.31 22:00 Fri
Xfacebook
thumb

日本代表メンバー発表も伊東純也と三笘薫の名前は……/六川亨の日本サッカー見聞録

6月6日のアウェー・ミャンマー戦と11日の広島でのシリア戦に臨む日本代表26人が昨日24日に発表された。すでに2次予選は突破が決まっているため、国内組を中心にチームを作るプランもあったかもしれないが、森保一監督は海外組も含めてほぼベストメンバーを招集した。何事にも万全を期す、森保監督らしい人選と言える。 GKの前 2024.05.25 18:00 Sat
Xfacebook
thumb

「J開幕記念日」があるなら「代表記念日」があってもいいのでは/六川亨の日本サッカー見聞録

5月15日は「Jリーグ開幕記念日」ということで、本来なら16年ぶりにJ1へ復帰した東京V対横浜FMの試合を国立競技場で開催したいところだったのではないだろうか。しかし今シーズンの開幕戦で両者は対戦しているため、15日の「オリジナル10」の対戦は東京V対G大阪、広島対鹿島の2試合しかなかった。 この「Jリーグ開幕記 2024.05.17 22:00 Fri
Xfacebook
thumb

神戸vs京都にみるVARの功罪/六川亨の日本サッカー見聞録

5月9日は今年3回目となるレフェリーブリーフィングがJFAハウスで開催された。テーマはJ1リーグ第10節までの反則数や、イエローカードとレッドカードの昨シーズンとの比較だ。進行役を務めた佐藤隆治(審判)マネジャーによると「反則は去年と変わらない。チーム平均も横ばい」とのことだった。 ただイエローカードは243から 2024.05.10 15:00 Fri
Xfacebook
thumb

U-23ウズベキスタン戦で思い出したこと/六川亨の日本サッカー見聞録

今年1月のこと。アジアカップの取材のため、ドーハのカタール国立博物館近くのツイン1泊1万円近くのホテルに滞在した。海外取材にしては、いつもの倍近くの値段のホテルだった。これまでのように“貧乏旅行"もいいけど、そろそろ年齢に応じたホテルに泊まろうと思った次第である。 そしてこのホテル、宿泊している日本人はカメラマン 2024.05.04 20:30 Sat
Xfacebook
thumb

日本対カタールで細谷が152日ぶりに復活/六川亨の日本サッカー見聞録

公式戦152日ぶりのゴールとは知らなかった。昨夜のカタール戦で延長前半11分に決勝点を決めた細谷真大のゴールである。昨シーズンは14ゴールをマークしてJ1得点ランクの5位タイに躍進したものだ。 ところが1月のアジアカップでは初戦のベトナム戦のスタメンに起用されながら、前半45分で上田綺世との交代を余儀なくされた。 2024.04.26 12:35 Fri
Xfacebook
thumb

新理事会と残念だった西尾隆矢の報復/六川亨の日本サッカー見聞録

JFA(日本サッカー協会)は4月18日、宮本恒靖JFA新会長と新理事による最初の理事会(年度的には第6回)を開催した。既報のとおり技術委員長には影山雅永氏(JFAテクニカルダイレクター)が就任し、新たに各種部会が設置され、代表チームの強化を担当する技術委員会強化部会の部会長には山本昌邦氏(ナショナルチームダイレクター) 2024.04.19 17:00 Fri
Xfacebook
thumb

伝説の試合74年W杯決勝で残念だったこと/六川亨の日本サッカー見聞録

先週日曜日からNHK BSの『Jリーグタイム』の放送時間が変更された。そして『Jリーグタイム』の後に新番組、『FIFAワールドカップ伝説の試合ノーカット』という新番組がスタートした。過去のW杯の名勝負を4Kの高画質で再現した番組で、確かに画像は明るく鮮明で見やすかった。 記念すべき第1回は1974年西ドイツW杯決 2024.04.11 21:30 Thu
Xfacebook
thumb

攻撃陣が楽しみなU-23日本代表/六川亨の日本サッカー見聞録

パリ五輪の出場権がかかるU-23アジアカップ2024に出場する日本代表23名が決定した。意外だったのは左SBのレギュラー候補と思っていたバングーナガンデ佳史扶が外れたことだ。当初はGKに鈴木彩艶が招集可能ということで、「1クラブ3名」という招集制限からFC東京は松木玖生、荒木遼太郎に加えて佳史扶で、GK野澤大志ブランド 2024.04.04 21:30 Thu
Xfacebook
thumb

宮本新会長誕生で『会長の決断』とは/六川亨の日本サッカー見聞録

JFA(日本サッカー協会)は3月23日、新会長に「内定」していた宮本恒靖氏を新たな理事による第5回理事会で、互選を経て第15代の会長に正式に就任したことを発表した。 この会見には22日に亀岡でのU-23日本対U-23マリを取材し、その足で24日のJ2リーグ山口対愛媛、25日に小倉でU-23日本対U-23ウクライナ 2024.03.30 11:00 Sat
Xfacebook
thumb

北朝鮮戦の扱いをAFCはFIFAに丸投げ/六川亨の日本サッカー見聞録

JFAは22日、3月26日に平壌で開催が予定されていた北中米W杯アジア2次予選の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)対日本戦が中止になったと発表した。これはAFCが「北朝鮮対日本の試合は予期せぬ事情により、予定通りには開催されない」という声明を受けてのもの。 そして、すでに3月20日の時点で北朝鮮サッカー連盟からは第 2024.03.23 22:15 Sat
Xfacebook
thumb

伊東純也のメンバー外で思い出したこと/六川亨の日本サッカー見聞録

3月14日、14時からの代表メンバー発表ということで、誰もが気になったのが背番号14の去就だろう。結論から先に言うと、森保一監督は「ひとことで言うと、彼を守るために招集しなかったという判断を、私自身がさせていただいた」と切り出した。 スタッド・ランスでは活躍しているため「彼のパフォーマンスと状況を踏まえたうえで招 2024.03.15 08:30 Fri
Xfacebook
thumb

久しぶりに見たカンフーサッカー/六川亨の日本サッカー見聞録

3月6日に行われたACLの準々決勝第1戦で、敵地に乗り込んだ横浜F・マリノスはFWアンデルソン・ロペスとヤン・マテウスのゴールで山東泰山に2-1の勝利を収めた。試合は立ち上がりからホームの4万人を超える大観衆の後押しを受けた山東が押し気味に進めた。これに対して横浜FMもカウンターで対抗し、前半7分にはアンデルソン・ロペ 2024.03.07 21:15 Thu
Xfacebook
thumb

フェアだった北朝鮮の選手たち/六川亨の日本サッカー見聞録

なでしこジャパンが朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を2-1で退け、パリ五輪の出場権を獲得したのはご存知の通り。前回東京大会に続いての出場で(2大会連続6回目)、予選を突破しての出場は12年ロンドン五輪以来となる。 今回の予選は、アジア2次予選を首位通過した日本、北朝鮮、オーストラリアに加え、成績上位の2位ウズベキ 2024.03.01 12:30 Fri
Xfacebook
thumb

Jはアジアの審判のレベルアップに貢献してほしい/六川亨の日本サッカー見聞録

ACLのラウンド16で、甲府はアウェーこそ0-3と完敗したが、ホーム国立競技場での試合は終盤に1-1のタイスコアに追いつくなど粘りを見せた。相手の蔚山にはGKチョ・ヒョンウ、DFキム・ヨングォン、ソル・ヨンウらアジアカップでベスト4の守備陣が揃っている。にもかかわらずホームでの善戦を含め、グループリーグ突破など貴重な経 2024.02.22 18:15 Thu
Xfacebook
thumb

アジア杯敗退の検証がおざなりでは/六川亨の日本サッカー見聞録

アジアカップ2023の決勝戦からまだ1週間も経っていないが、すでにずいぶんと昔のような感覚がある。これも日本がベスト8で姿を消したからだろうか。お隣の韓国ではユルゲン・クリンスマンの責任を問う声、解任を求める声が日増しに高くなっていると思っていたら、ソン・フンミンとイ・ガンインがヨルダン戦の前日に仲違いをしたとの報道が 2024.02.16 18:35 Fri
Xfacebook
thumb

いよいよイラン戦。まさかのタレミ出場停止/六川亨の日本サッカー見聞録

ドーハで戦っている森保ジャパンに激震が走った。発端は一部週刊誌の報道で、伊東純也が2人の女性から刑事告訴されたというもの。これに対し伊東側の弁護士も虚偽告訴容疑の告訴状を出すなど、予断を許さない状況になっている。日本代表が国際大会の最中に告訴されるという、かつてない前代未聞の大事件だけに、今後の進捗状況を慎重に見守る必 2024.02.02 10:00 Fri
Xfacebook
thumb

韓国対マレーシア戦は想定外のドローで日本の相手はバーレーンに/六川亨の日本サッカー見聞録

1月12日に始まったアジアカップ2023も25日でグループリーグの全試合が終了した。日本がイラクに完敗して2位通過となったのは当初の予想と違ったものの、イラクの勝利は順当だっただけに、グループAからDの各1位(カタール、オーストラリア、イラン、イラク)とグループF1位のサウジアラビアは予想通りといったところ。 そ 2024.01.26 23:10 Fri
Xfacebook
thumb

アジアカップ2023でのタイの本気度とイラク戦で要注意の2選手/六川亨の日本サッカー見聞録

大会6日目を終えたアジアカップ2023は、グループAが2試合目を消化。地元カタールが2連勝で決勝トーナメント進出1番乗りを決めた。2位は2引分けの中国だが、最終戦の相手はカタール。連敗中のレバノン対タジキスタンでどちらかが勝利すれば2位の可能性があるだけに、どのチームにも決勝トーナメント進出の可能性が残されている。 2024.01.18 17:30 Thu
Xfacebook
thumb

タイ戦からアジア杯を展望/六川亨の日本サッカー見聞録

元日初となる代表戦は、日本がタイを5-0と一蹴した。森保一監督はCBに藤井陽也、トップ下に伊藤涼太郎、左FWに奥抜侃志の代表初招集の3人を起用。タイとの実力差から無難な守備に終始した藤井は別にして、伊藤も奥抜もアグレッシブに仕掛けていたものの、連係という点で時間不足だったことは明らかだった。 さらにタイがDFライ 2024.01.04 21:30 Thu
Xfacebook
thumb

Jリーグのシーズン移行は決まったが……/六川亨の日本サッカー見聞録

Jリーグは19日の実行委員会で、26-27シーズンからの秋春制への移行を全会一致で決めた。ただし、秋春制へ移行するメリットについては11月28日の理事会会見で示された資料からの進展はなく、やはり「移行ありき」が前提にあっての議論だったという印象が拭えなかった。 移行の理由の1つに、「夏場はパフォーマンスが落ちる」 2023.12.22 20:30 Fri
Xfacebook
thumb

2026年からのシーズン移行は規定路線?/六川亨の日本サッカー見聞録

来週月曜の18日、国立競技場でシャフタール・ドネツク対福岡のチャリティーマッチが19時から開催される。これはウクライナの復興支援を目的としたチャリティーマッチで、ウクライナの優勝チームであるシャフタール・ドネツクの来日は初めてではないだろうか。 クラブはチーム名が示す通りドネツクを本拠地としているが、ロシアのウク 2023.12.17 21:45 Sun
Xfacebook
thumb

シーズン移行の結論は12月or先送り?/六川亨の日本サッカー見聞録

JFA(日本サッカー協会)は、来年3月に改選を迎える会長選で、宮本恒靖JFA専務理事を唯一の会長候補として29日に発表した。宮本専務理事が立候補に必要な評議員16人以上の推薦を集めたからで、出馬が噂されていたJリーグチェアマン室特命担当オフィサーの鈴木徳昭氏は16人以上の推薦を集めることができなかった。 宮本専務 2023.11.30 15:00 Thu
Xfacebook
thumb

アウェー・シリア戦の報道から感じた新聞各紙の違い/六川亨の日本サッカー見聞録

21日のシリア戦はトップ下に起用された久保建英のミドルで先制すると、CFの上田綺世が2ゴールを奪うなどアウェーにもかかわらず5-0と圧勝した。残念ながらテレビ中継はなかったが、今回の日本側の代理店やテレビ局の決断は正しい判断だったことは先週のコラムでも書いた通り。 今回は2次予選だし、相手はシリア、さらに夜中の時 2023.11.25 18:30 Sat
Xfacebook
thumb

アウェー・シリア戦のテレビ中継は考え直すきっかけに/六川亨の日本サッカー見聞録

16日は北中米W杯のアジア2次予選が各地で一斉にスタートした。日本は伊東純也や久保建英らを温存しながらミャンマーに5-0と圧勝。ほぼ同じ時間に行われたオーストラリア対バングラデシュ戦もオーストラリアが7-0と大勝した。 それ以外にもカタールはアフガニスタンに8-1、韓国はシンガポールに5-0、イランは香港に4-0 2023.11.18 09:30 Sat
Xfacebook
thumb

シリア戦の放映権が決まらないJFAのジレンマ/六川亨の日本サッカー見聞録

11月16日のW杯アジア2次予選のミャンマー戦(吹田)と21日のシリア戦(サウジアラビア・ジッダ)に臨む日本代表26名が11月8日に発表されたのは当サイトでも既報のとおり。負傷の板倉滉と旗手怜央が外れた以外は“いつもの“ベストメンバーと言える。 そこで意外だったのは、山本昌邦ナショナルチームダイレクターが自ら発言 2023.11.10 13:05 Fri
Xfacebook
thumb

2034年W杯開催地はFIFAの規定路線通り?/六川亨の日本サッカー見聞録

こういうのを「出来レース」というのだろうか。それとも用意周到な「努力の成果」というべきだろうか。34年のW杯の開催地はサウジアラビアでほぼ決まったようだ。 FIFA(国際サッカー連盟)は10月4日の理事会で、34年のW杯は大陸ローテーション(持ち回り)の原則から、アジアとオセアニアからの立候補を受け付けることを確 2023.11.03 21:15 Fri
Xfacebook
thumb

いまだ謎の多いシーズン移行の実態/六川亨の日本サッカー見聞録

Jリーグは10月24日に理事会後の記者会見を開き、「シーズン移行」についてのブリーフィングを実施した。 会見では現在の問題点として次の6点を指摘した。 「スタジアム確保」。「JFL/地域リーグ/大学/高校などとの連携」。「新人選手の加入タイミング/制度設計」。「試合日程案の精査」。「移行期の大会方式」。「財源の 2023.10.26 20:00 Thu
Xfacebook
thumb

元日のタイ戦とアジアカップはU-22日本代表で参加すべき/六川亨の日本サッカー見聞録

期待したぶん、がっかりしたファン・サポーターも多かったのではないだろうか。 JFA(日本サッカー協会)は10月18日、来年元日の1月1日、国立競技場で日本代表戦を開催すると発表した。対戦相手は「ウインターブレイクのある国」ということで、さすがにドイツとの連戦はないだろうが、オランダやベルギーだったらと期待してしま 2023.10.21 12:30 Sat
Xfacebook

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly