ヴィトーリア

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 ヴィトーリア 5 1 2 3 7 10 -3 6
基本データ

正式名称:ヴィトーリア・ギマランイス

原語表記:Vitoria Sport Clube

創立:1922年

ホームタウン:ギマラエス

チームカラー:白、黒

関連ニュース
thumb

今季5ゴールの仙台FWゲデスは来季も残留? レンタル延長交渉をシーズン終了後にもスタートか

ベガルタ仙台でプレーする元U-20ポルトガル代表FWアレクサンドレ・ゲデス(26)だが、来シーズンも日本に残る可能性があるようだ。ポルトガル『O Jogo』が報じた。 ゲデスは、今シーズン限りのレンタル移籍でヴィトーリア・ギマランイスから仙台に加入。ここまで明治安田生命J1リーグで24試合に出場し5ゴールを記録している。 ゲデスのレンタル移籍には買い取りオプションがついていないため、契約通り2021年1月1日で契約が満了することになるが、仙台はヴィトーリア・ギマランイスと交渉すると報道。12月から交渉が始まるとされている。 仙台は買い取りオプションがない中で、再びレンタル移籍でゲデスをチームに残したい考えがあるとのこと。チーム2位の得点数を記録しているゲデスを高く評価しており、シーズン終了後から交渉をスタートするようだ。 一方で、ヴィトーリアはレンタル移籍の延長を拒否する可能性があるものの、仙台には買い取り義務付きのレンタル移籍か、完全移籍での交渉も可能だとされている。 ゲデス自身は2023年6月までヴィトーリア・ギマランイスと契約を残しており、チーム事情もあまり良くないことからそのままヴィトーリア・ギマランイスがチームに残す可能性もあるとのことだ。 『O Jogo』は、日本政府が再び新型コロナウイルスの感染が拡大していることで外国人へのビザ発行を停止する可能性があり、Jリーグクラブが新たな外国人選手を獲得する上で障壁があると指摘。今プレーしている選手とさらに契約を結ぶことを目指しているクラブが多いとしている。 仙台は現在明治安田J1で最下位。徐々にチーム状態は改善しているが、ゲデスは来シーズンも仙台でプレーするだろうか。 2020.11.27 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

アウトサイドの“魔術師”、リカルド・クアレスマ【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はヴィトーリア・ギマランイスのポルトガル代表MFリカルド・クアレスマ(36)だ。 <div id=“cws_ad">◆“魔術師” リカルド・クアレスマ、ポルト時代の超絶テクニック集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwUHVzejVkMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スポルティング・リスボンの下部組織で育ったクアレスマは2001-02シーズンにプロデビュー。いきなりリーグ戦と国内カップの2冠に貢献すると、2003年夏にバルセロナへと引き抜かれた。しかし、当時のフランク・ライカールト監督との対立もあり、わずか1年でポルトガル代表MFデコとのトレードの形でポルトへと渡った。 ポルトでは切れ味鋭いドリブルや相手を手玉にとる変幻自在のテクニック、さらには代名詞ともいえるアウトサイドのシュートを武器に、ウイングとして鮮烈な活躍を披露。リーグ3連覇に貢献し、自身も2006-07シーズンには年間最優秀選手賞を受賞した。 2008年夏にはインテルへ移籍し二度目の国外挑戦を果たすが、守備的なセリエAに苦戦し、2008年の“期待外れ”だった選手に与えられるビドーネ・ドーロ(イタリア語で金のバケツ)を受賞した。 その後、チェルシー、アル・アハリ、古巣ポルトなどの強豪チームを渡り歩き、2010から2012年まで在籍したベシクタシュに2015年に復帰。トルコでは持ち前のテクニックに円熟味が加わり、”魔術師”の異名にふさわしい活躍を見せた。2019-20シーズンはトルコのカスムパシャでプレーしたが、シーズン限りで退団。ヴィトーリア・ギマランイスに加入した。 また、ポルトガル代表としては、ユーロに3大会連続で出場し、2016年のフランス大会では初制覇に貢献。また、ロシア・ワールドカップ(W杯)のイラン代表戦では1ゴールを記録し、決勝トーナメント進出の立役者の1人になっていた。プライベートではクリスティアーノ・ロナウドと大の仲良しであることも知られている。 2020.09.12 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

元ポルトガル代表FWクアレスマがヴィトーリア・ギマランイスに完全移籍

ヴィトーリア・ギマランイスは7日、カシムパシャの元ポルトガル代表FWリカルド・クアレスマ(36)を完全移籍で獲得したことを発表した。フリートランスファーでの加入となり、契約期間は2年間。1年間の延長オプションが付いている。 クアレスマはスポルティング・リスボンの下部組織で育ち、2001年7月にファーストチームへ昇格。その後はバルセロナ、ポルト、インテルへと移籍。チェルシーへのレンタル移籍を経て、2010年7月にベシクタシュへと完全移籍した。 その後もアル・アハリ(UAE)やポルト、ベシクタシュとチームを転々とし、2019年8月にカシムパシャへ完全移籍。2019-20シーズンはスュペル・リグで27試合に出場し4ゴールを記録していた。 また、ポルトガル代表としてはこれまで80試合に出場し10ゴールを記録。2018年のロシア・ワールドカップを最後に招集されていない。 これまでプリメイラ・リーガでは215試合に出場し42ゴール53アシストを記録。クラブは、チャンピオンズリーグの他、セリエAやスュペル・リグ、プリメイラ・リーガと数々のタイトルを獲得したクアレスマの経験に期待しているとのことだ。 2020.09.08 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコのU-20南アフリカ代表FWフォスターがヴィトーリア・ギマランイスと5年契約

ポルトガルのヴィトーリア・ギマランイスは13日、モナコからU-20南アフリカ代表FWライル・フォスター(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は5年間となる。 フォスターは、2019年1月に南アフリカのオーランド・パイレーツからモナコへ完全移籍で加入。2019-20シーズンはリーグ・アンで開幕戦から連続出場を果たすも、9月に日本代表DF植田直通が所属するセルクル・ブルージュへレンタル移籍していた。 セルクル・ブルージュでは、ジュピラー・プロ・リーグで18試合に出場し1ゴール1アシストを記録。モナコに復帰していたが、わずか1年半でヴィトーリアへ完全移籍することとなった。 フォスターは、2019年に行われたU-20ワールドカップに南アフリカ代表として出場し1ゴールを記録。2020年のゴールデンボーイ(最優秀若手選手)の候補者リストに名を連ねる逸材だ。 ヴィトーリアは、120万ユーロ(約1億5000万円)を支払いフォスターの保有権の95%を獲得。ボーナスとしてプラス30万ユーロ(約3800万円)を支払う可能性があるとしている。 2020.08.14 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

元ポルトガル代表MFチアゴがヴィトーリア・ギマランイスの新監督に就任、ユベントスやアトレティコでプレー

ヴィトーリア・ギマランイスは29日、元ポルトガル代表MFチアゴ・メンデス氏(39)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの2年間となる。 チアゴは、ブラガやベンフィカでプレーした後、2004年7月にチェルシーへと完全移籍。その後、リヨン、ユベントス、アトレティコ・マドリーでプレーし、2017年7月に現役を引退していた。 引退後は、ディエゴ・シメオネ監督の下でアトレティコでアシスタントマネージャーを務めていた。 現役時代はラ・リーガで最もプレーし175試合に出場し17ゴール12アシスト。ポルトガル・プリメイラ・リーガでは61試合で8ゴールを記録。チャンピオンズリーグでも52試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。 また、ポルトガル代表としても66試合に出場し3ゴールを記録していた。 チアゴは、監督キャリアは初のこと。今シーズンはリーグ戦を7位で終えていた。 2020.07.29 20:30 Wed
twitterfacebook

順位表




得点ランキング