アストン・ビラ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 アストン・ビラ 29 9 2 7 33 21 12 18
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-01-30
24:00
プレミアリーグ
第21節
サウサンプトン vs アストン・ビラ
2021-02-03
29:15
プレミアリーグ
第22節
アストン・ビラ vs ウェストハム
2021-02-06
21:30
プレミアリーグ
第23節
アストン・ビラ vs アーセナル
2021-02-13
24:00
プレミアリーグ
第24節
ブライトン&ホーヴ・アルビオン vs アストン・ビラ
2021-02-21
23:00
プレミアリーグ
第25節
アストン・ビラ vs レスター・シティ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.27
27:00
プレミアリーグ
第20節
バーンリー 3 - 2 アストン・ビラ
2021.01.23
29:00
プレミアリーグ
第11節
アストン・ビラ 2 - 0 ニューカッスル
2021.01.20
27:00
プレミアリーグ
第1節
マンチェスター・シティ 2 - 0 アストン・ビラ
2021.01.08
28:45
FAカップ
3回戦
アストン・ビラ 1 - 4 リバプール
2021.01.01
29:00
プレミアリーグ
第17節
マンチェスター・ユナイテッド 2 - 1 アストン・ビラ
基本データ

正式名称:アストン・ビラFC

原語表記:Aston Villa Football Club

愛称:ビラ、ビランズ

創立:1874年

ホームタウン:ビラ・パーク

チームカラー:えんじ

関連ニュース
thumb

アストン・ビラ加入のサンソン、夢だったプレミア挑戦に興奮「あの激しさが好きなんだ」

マルセイユからアストン・ビラに移籍したフランス人MFモルガン・サンソン(26)が、新天地での意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 サンソンはマルセイユ時代、公式戦157試合に出場し25ゴール22アシストを記録。今シーズンもリーグ・アンで12試合に出場しており、2ゴール3アシストをマークするなど主軸として活躍していた。 サンソンの獲得にはウェストハムなども興味を示していたが、移籍金1400万ポンド(約20億円)を提示したと報じられるアストン・ビラが獲得に漕ぎ着けた形だ。 26日に移籍が正式発表されたサンソンは、クラブの公式サイトが実施したインタビューで移籍が実現した喜びを語っている。 「ここに来られて本当に幸せだ。アストン・ビラファミリーの一員になれて、とても誇らしいよ。これから一緒に素晴らしいことができるよう願っている」 「ここは魔法のようなクラブであり、イングランドを代表するビッグクラブだ。アストン・ビラに声をかけられた以上、長く考える必要はなかったよ。僕自身にとってもキャリアにとっても、最高のチャンスだったんだ」 「監督と話したけど、彼はファンにも評価されている素晴らしい監督だね。優れたフットボールを披露していて、選手のプレーも良い。このチームでプレーする選手には好印象を抱いているし、一緒にプレーできることにとても興奮している」 「チームや、そこで培われているスピリットが大好きだ。僕は戦士として、選手全員がチームのため、クラブのため走る姿が好きだからね。僕もクラブのため、ベストを尽くすよ」 また、サンソンはインタビューのなかで、プレミアリーグ挑戦は自身の夢だったとコメント。クラブで全力を尽くしたいと意気込んだ。 「プレミアリーグでプレーするのは、小さい頃からの夢だった。試合は見ていたし、あの激しさが好きだね。だから、アストン・ビラと共にプレミアリーグでプレーできることを、とても誇りに思うよ」 2021.01.27 18:14 Wed
twitterfacebook
thumb

酒井&長友の同僚MFがアストン・ビラヘ完全移籍、4年半契約

アストン・ビラは26日、マルセイユのフランス人MFモルガン・サンソン(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は4年半。移籍金は非公開とのことだが、フランス『レキップ』によると、移籍金は1400万ポンド(約20億円)程度になるという。 サンソンは、ル・マンの下部組織出身で、2012年7月にトップチーム昇格。2013年7月にモンペリエへと完全移籍した。 モンペリエでは公式戦106試合に出場し13ゴール13アシストを記録。2017年1月にマルセイユへと完全移籍した。 <div id="cws_ad">◆サンソン決めた強烈ハーフボレー<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJqTG51ZFRDSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> マルセイユでは公式戦157試合に出場し25ゴール22アシストを記録。今シーズンはリーグ・アンで12試合に出場し2ゴール3アシスト。チャンピオンズリーグでも6試合に出場していた。 サンソンにはウェストハムなども興味を示していた中、アストン・ビラが獲得に漕ぎ着けた。 2021.01.27 10:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ポケットに手を突っ込んだままの監督が”華麗”トラップ! 解説者も沸く「なんてタッチだ」

アストン・ビラを指揮するディーン・スミス監督が、見事な足技を見せた。 アストン・ビラは20日に行われたプレミアリーグ第1節延期分で、マンチェスター・シティと対戦。試合はシティが2-0で完勝したが、前半にはスミス監督が中継を湧かせる場面があった。 <div id="cws_ad">◆ディーン・スミス監督が見事なボールコントロールを見せる<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=cf9h39l98tc419lz9e4gldgy3" async></script></div> 41分、最終ラインでボールを回していたアストン・ビラは、センターバックのイングランド代表DFタイロン・ミングスが左サイドのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュに向けて左足でロングパスを出す。 しかし、このパスがミスキックとなり、ボールはハーフウェイライン付近のテクニカルエリアに出ていたスミス監督のもとへ。すると、スミス監督はポケットに手を突っ込んだまま、右足のアウトサイドで華麗にトラップしてみせた。 この妙技には、イギリス『BT Sport』でこの試合の解説を務めていた元イングランド代表MFのスティーブ・マクマナマン氏が「なんてタッチだ。今の良かったよね?」と反応すると、コメンテーターのアダム・サマートン氏も「美しかった」と称賛した。 スミス監督は現役時代、レイトン・オリエントやシェフィールド・ウェンズデーなどイングランドの下部リーグを中心に活躍。主にセンターバックとしてプレーしていた。 なお、スミス監督はこの試合の79分に失点した場面で、シティのスペイン代表MFロドリのオフサイドが認められなかったことに猛抗議し、退席処分を受けている。 2021.01.22 12:13 Fri
twitterfacebook
thumb

「今シーズン最高のファーストタッチ」名手デ・ブライネも翻弄したブルキナファソ代表FWのジャンピングトラップを海外絶賛

マンチェスター・シティは20日に行われたプレミアリーグ第1節延期分で、アストン・ビラと対戦。リーグ5連勝中と勢いに乗るチームは、完全に試合を支配をしながら2ゴールを奪取。守備でも集中したプレーを見せ、そのまま2-0で勝利している。 その試合では敗れたアストン・ビラだが、52分にブルキナファソ代表FWベルトラン・トラオレが披露したプレーが反響を呼んでいる。 <div id="cws_ad">◆B.トラオレがGKからのロングパスを絶妙にトラップしてシュートまで持ち込む<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=x25wy6p717k1b6twv0aui53w" async></script></div> シティの攻撃を凌ぎ、GKエミリアーノ・マルティネスがボールをキャッチすると、トラオレは素晴らしい切り替えを見せ、前線へと奪取する。 それを見逃さなかったマルティネスがパントキックを前方に蹴ると、低い弾道でスピードに乗ったボールに対し、トラオレがジャンプしながらボールの勢いを殺しつつ、潰しに来たシティMFケビン・デ・ブライネをワンタッチでかわす絶妙なトラップを見せた。 そのままボールをボックス前まで運び、最後はシュートまで持っていくも、これは惜しくもGKエデルソンにセーブされた。 ゴールにはならなかったものの、名手デ・ブライネを翻弄するトラップに、イギリス『SPORT BIBLE』も「今シーズン最高のファーストタッチ」「本当に息を吞む瞬間」とその技術の高さを絶賛。もしゴールになっていたら今シーズンの最優秀ゴールになっていただろうとその凄さを取り上げている。 2021.01.21 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ベルナルド・シウバの今季初弾でビラ撃破のシティがリーグ6連勝で暫定首位に!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第1節延期分、マンチェスター・シティvsアストン・ビラが20日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが2-0で勝利した。 リーグ5連勝と絶好調のシティは前節終了時点で2位に浮上。6連勝を狙うミッドウィーク開催の一戦では4-0で快勝したクリスタル・パレス戦から先発3人を入れ替え。ジンチェンコ、フェルナンジーニョ、ガブリエウ・ジェズスに代えてカンセロ、ロドリ、フォーデンを起用した。 一方、新型コロナウイルスのチーム内クラスターの影響でトッテナム、エバートンとの2試合が開催延期となった11位のビラは2021年元日のマンチェスター・ユナイテッド戦以来、約20日ぶりのリーグ戦に臨んだ。 久々の試合ということもあり、試合勘の欠如を窺わせるアウェイチームに対してホームチームが攻勢を仕掛けていく。4分には右CKの場面でデ・ブライネのクロスをロドリが競り勝ってゴール前に折り返すと、これを至近距離のベルナルド・シウバがボレーで合わす。しかし、この決定的なシュートはGKマルティネスのファインセーブに阻まれた。 早い時間帯の先制点こそ逃したシティだったが、以降も試合に入り切れないビラを押し込んでハーフコートゲームを展開。最前線に入ったベルナルド・シウバらが積極的にポジションを入れ替えながら効果的にクサビを打ち込み、最後はサイドから再三の際どいクロスを供給。だが、徐々に試合勘を取り戻したビラの集中した守備を最後のところで崩し切れない。 前半半ばを過ぎると、守勢が続いたビラもバークリーの長い持ち出しを起点にカウンターを繰り出し始め、試合はより拮抗した展開に。その中で28分には序盤から足を気にしていたウォーカーが大事を取ってベンチに下がり、ジンチェンコを緊急投入。この交代でカンセロが右に、ジンチェンコが左に入った。 その後、バークリー、フォーデンと互いに枠内シュートを打ち合ったものの、試合は0-0のイーブンでの折り返しとなった。 後半は立ち上がりから攻め合うオープンな展開に。53分にはビラのカウンターからボックス内まで運んだトラオレが左足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKエデルソンの守備範囲。直後の54分にはカンセロの左足のシュートがクロスバーを叩く。 後半も優勢に試合を運ぶシティはデ・ブライネがケガか、コンディションの問題か59分にベンチに下がりジェズスを投入。その後は古巣対戦のドウグラス・ルイスにゴールを脅かされる場面があったものの、相手を押し込む状況が続く。 後半も終盤に突入すると、久々の試合ということもあり、ビラに消耗の色が見え始める。そして、79分にはシティに待望の先制点が生まれる。ロドリの高い位置でのボール奪取からボックス手前右のベルナルド・シウバにボールが渡ると、ポルトガル代表MFがカットインから強烈な左足のミドルシュートをゴール左上隅に突き刺した。 ベルナルド・シウバの今季リーグ初ゴールで勝利に大きく近づいたシティは試合終了間際の90分にもジェウスのヘディングシュートがDFキャッシュのハンドを誘いPKを獲得。これをキッカーのギュンドアンが冷静に決め勝利を決定づけた。 そして、曲者ビラに競り勝ったシティがリーグ6連勝で暫定首位に浮上した。 2021.01.21 05:23 Thu
twitterfacebook

順位表



得点ランキング