グラナダ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 グラナダ 56 16 8 14 52 45 7 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.07.19
28:00
ラ・リーガ
第38節
グラナダ 4 - 0 アスレティック・ビルバオ
2020.07.16
28:00
ラ・リーガ
第37節
マジョルカ 1 - 2 グラナダ
2020.07.13
29:00
ラ・リーガ
第36節
グラナダ 1 - 2 レアル・マドリー
2020.07.10
26:30
ラ・リーガ
第35節
レアル・ソシエダ 2 - 3 グラナダ
2020.07.04
29:00
ラ・リーガ
第34節
グラナダ 2 - 2 バレンシア
基本データ

正式名称:グラナダCF

原語表記:Granada Club de Futbol

創立:1931年

ホームタウン:グラナダ

チームカラー:赤

関連ニュース
thumb

グラナダがゴナロンの買い取りオプションを行使、2023年まで契約

グラナダは11日、元フランス代表MFマキシム・ゴナロン(31)の買い取りオプションを行使したことを発表した。また、同選手と2023年6月まで契約を結んでいる。 『フットボール・イタリア』によれば、グラナダは所属元のローマに400万ユーロ(約5億円)の移籍金を支払うとのことだ。 ゴナロンはレンタルで加入していた2019-20シーズン、ラ・リーガで7位、コパ・デル・レイでベスト4と躍進したグラナダで公式戦25試合に出場し、1ゴールを記録していた。 2020.08.12 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

EL初出場のグラナダ、フルキエをワトフォードから買い取り

グラナダは24日、グアドループ代表DFディミトリ・フルキエ(27)をワトフォードから買い取ることを発表した。契約期間は2023年6月までとなっている。 右サイドのスペシャリストであるフルキエは、今年1月にワトフォードからグラナダにレンタルで加入。2017年以来、自身2度目のワトフォードでのプレーとなった中、加入後は右サイドバックや右サイドハーフでラ・リーガ17試合に出場し、クラブの7位フィニッシュとヨーロッパリーグ初出場に貢献していた。 2020.07.25 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

EL初出場のグラナダ、35歳ソルダードと1年契約延長!

グラナダは22日、元スペイン代表FWロベルト・ソルダード(35)と2021年6月まで契約を延長したことを発表した。 レアル・マドリーの下部組織出身で、ヘタフェやバレンシアで活躍したストライカーのソルダードは、トッテナム、ビジャレアルを経て昨年までフェネルバフチェでプレー。 そして昨年夏、ラ・リーガ1部復帰を果たしたグラナダにフリーで加入すると、ラ・リーガで33試合に出場して7ゴール5アシスト、コパ・デル・レイ6試合に出場して4ゴール2アシストを記録。ラ・リーガで7位フィニッシュを果たしたグラナダのヨーロッパリーグ初出場に貢献していた。 2020.07.23 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

セルタ、躍進グラナダからWGバディージョを獲得

セルタは22日、グラナダのスペイン人FWアルバロ・バディージョ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までの3年間となっている。 ベティスの下部組織出身であるウインガーのバディージョは、2011年8月にベティスでプロデビュー。その後、ウエスカに移籍し、2018年夏にグラナダに移籍していた。 昨季はラ・リーガ2部で40試合に出場して4ゴール11アシストを記録し、1部昇格に貢献。今季は負傷の影響で中断明け後は試合に絡めなかったものの、ラ・リーガ22試合に出場して3ゴール1アシストを記録し、チームのヨーロッパリーグ出場に貢献していた。 今季、残留圏内ぎりぎりの17位で終えていたセルタでは前日、フェイエノールトを退団していたペルー代表MFレナト・タピア(24)を獲得していた。 2020.07.23 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコと引き分けたソシエダが6位でEL出場権獲得! 特例で7位グラナダも初出場決定!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ最終節が19日に一斉開催された。レアル・マドリーの3季ぶりの優勝に加え、すでに来シーズンのチャンピオンズリーグ出場枠も全て埋まった中、注目となったのはヨーロッパリーグ(EL)出場権争いだ。 新型コロナウイルスの影響でご多分に漏れず異例のシーズンとなったラ・リーガ。紆余曲折ありながらも無事に最終節を迎えることになったが、一方でコパ・デル・レイはビルバオとソシエダによる決勝戦が再開未定となっている。無観客では行わないとの方針も固められており、中止もしくは来シーズンへの後ろ倒しの可能性が高まりつつある。 そうなると、同大会優勝チームに送られる来季のEL出場権は、リーグ7位のチームに与えられることになるようだ。すでにビジャレアルが一枠確保しているため、残る2つの椅子はソシエダ、ヘタフェ、バレンシア、グラナダが争うことになった。 勝てば自力で出場権を獲得できる6位のソシエダ(勝ち点55)はアトレティコ・マドリーと対戦。互いに硬い入りとなり試合は均衡。数少ないチャンスをモノにしたのはホームのアトレティコだった。 30分、右サイドからのクロスをH・エレーラが胸で落としたところをジエゴ・コスタがシュート。ボールの行き先は右に逸れてしまったが、これを上手く収めたモラタがバックヒールでオシャレに繋ぐと、最後はコケがゴール正面から豪快に蹴り込んでネットを揺らした。 後半はお互いに攻撃的な交代カードを切る中、ソシエダは途中出場のポルトゥが終盤に決定機を迎えるがゴールならず。このまま終わるかに思われた87分、右サイドのボックス付近でのFKのチャンスで、こちらも途中出場のヤヌザイがゴール前に送ると、コースが変わったのか、GKオブラクが弾ききれずゴールイン。 このゴールで勝ち点「1」をもぎ取ったソシエダは、勝ち点「56」でシーズンを終えた。 7位のヘタフェ(勝ち点54)はレバンテとの対戦となったが、前半と後半に2度もVARでゴールが取り消しにされると、71分にPKを獲得するも、ハイメ・マタがこれをミス。さらには後半アディショナルタイムに失点し敗戦を喫した。また、8位のバレンシア(勝ち点53)もセビージャに敗れ勝ち点を伸ばすことが出来ず。 一方、9位のグラナダ(勝ち点53)は難敵ビルバオに4-0で快勝を収め、最終勝ち点を「56」に伸ばした。 この結果、ソシエダが6位で来季のEL出場権を獲得。そして、土壇場で7位に浮上したグラナダも初のヨーロッパ大会出場が決定した。 2020.07.20 06:20 Mon
twitterfacebook

順位表




得点ランキング