アウグスブルク

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 アウグスブルク 32 9 5 13 29 41 -12 27
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-11
22:30
ブンデスリーガ
第28節
シャルケ vs アウグスブルク
2021-04-17
22:30
ブンデスリーガ
第29節
アウグスブルク vs ビーレフェルト
2021-04-20
27:30
ブンデスリーガ
第30節
フランクフルト vs アウグスブルク
2021-04-23
27:30
ブンデスリーガ
第31節
アウグスブルク vs ケルン
2021-05-09
25:00
ブンデスリーガ
第32節
シュツットガルト vs アウグスブルク
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.03
22:30
ブンデスリーガ
第27節
アウグスブルク 2 - 1 ホッフェンハイム
2021.03.21
26:00
ブンデスリーガ
第26節
フライブルク 2 - 0 アウグスブルク
2021.03.12
28:30
ブンデスリーガ
第25節
アウグスブルク 3 - 1 ボルシアMG
2021.03.06
23:30
ブンデスリーガ
第24節
ヘルタ・ベルリン 2 - 1 アウグスブルク
2021.02.28
23:30
ブンデスリーガ
第23節
マインツ 0 - 1 アウグスブルク
基本データ

正式名称:FCアウグスブルク

原語表記:FC Augsburg

創立:1907年

ホームタウン:アウグスブルク

チームカラー:赤と緑

関連ニュース
thumb

ライプツィヒが逃げ切り勝利でバイエルン追走、CLリバプール戦に弾み《ブンデスリーガ》

ライプツィヒは12日、ブンデスリーガ第21節でアウグスブルクをホームに迎え、2-1で勝利した。 前節、最下位シャルケに快勝として首位バイエルンを7ポイント差で追う2位ライプツィヒ(勝ち点41)は、4日後にチャンピオンズリーグ(CL)のリバプール戦を控える中、ウパメカノとザビッツァーがベンチスタートとなった以外はベストメンバーで臨んだ。 13位アウグスブルク(勝ち点22)に対し、[3-5-2]で臨んだライプツィヒは2トップにY・ポウルセンとエンクンク、中盤アンカーにカンプルが構えた。 そのライプツィヒが立ち上がりから攻勢に出ると、開始4分にエンクンクが直接FKでGKを強襲。その後も押し込むと、23分にはダニ・オルモの強烈なミドルシュートで牽制した。 そして33分、右クロスに合わせたダニ・オルモのシュートがGKを強襲するとルーズボールに詰めたボックス内のムキエレがオックスフォードに倒された。 このPKキッカーを務めたダニ・オルモはシュートを止められるも、キック前にGKのギキェヴィチがゴールラインを出ていたとして仕切り直しに。助かったダニ・オルモはシュートをしっかりと決めきってライプツィヒが先制した。 さらに43分、Y・ポウルセンがうまくDFと入れ替わったプレーからボックス右に侵入すると、ラストパスを受けたフリーのエンクンクが押し込んでライプツィヒが2-0とし前半を終えた。 迎えた後半もライプツィヒが主導権を握る中、63分にカンプルとムキエレをお役御免としアダムスとコナテを投入する。 アウグスブルクにシュートを打たせずに時間を進めていたライプツィヒだったが、75分にPKを献上してしまう。 コナテがドリブル突破を仕掛けてきたペデルセンをボックス内で倒してしまった。このPKをカリジウリに決められたライプツィヒは、85分に3点目のチャンス。だが、セルロートのシュートのルーズボールに詰めたエンクンクのシュートは左ポストに当たってしまう。 すると試合終了間際の追加タイム4分に大ピンチ。しかし、ハーンのヘディングシュートはゴール前のR・ケディラに当たって助かり、2-1で逃げ切り。 バイエルンとの勝ち点差を暫定4にするとともに、CLリバプール戦に弾みを付けている。 2021.02.13 06:28 Sat
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク、ボルシアMGからスロバキア代表MFベネスを半年レンタルで獲得

アウグスブルクは1日、ボルシアMGからスロバキア代表MFラズロ・ベネス(23)を今季終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2016年の夏に母国スロバキアのジリナから完全移籍でボルシアMFに加入したベネスは、卓越したテクニックと創造性を併せ持つ“ハムシク2世”と評される攻撃的MF。加入後は足の骨折などケガに悩まされたが、2019年1月にブンデス2部のホルシュタイン・キールにレンタル加入するとリーグ戦15試合に出場し2ゴール6アシストをマーク。 ボルシアMGに復帰した昨季は、ブンデスリーガ22試合に出場し4アシストを記録するなど、4年ぶりのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献。しかし、 今季は足首のケガで出遅れると、ここまで10試合の出場に留まっていた。 アウグスブルク加入の決まったベネスは、公式サイトで以下のように意気込みを語った。 「僕はこれからも成長できる若手ではあるが、ある程度の経験も持っていると自負している。今後、自分が成長するためにはコンスタントに試合に出場することが重要だと思っている。ここで出場機会を得て、アウグスブルクの掲げる目標の助けになりたいと思っているよ」 2021.02.02 02:28 Tue
twitterfacebook
thumb

アウグスブルクに逆転勝利のドルトムントが4試合ぶりの白星を飾る!《ブンデスリーガ》

ドルトムントは30日、ブンデスリーガ第19節でアウグスブルクと対戦し、3-1で勝利した。 リーグ戦連敗中の7位ドルトムント(勝ち点29)が、12位アウグスブルクをホームに迎えた一戦。前節、好調ボルシアMGに5年9カ月ぶりの敗戦を喫したドルトムントは、その試合から先発を3人変更。GKビュルキ、ジャン、ベリンガムに代えてGKヒッツ、デラネイ、レイナを先発で起用した。 ハーランドを最前線に配置した[4-2-3-1]を採用したドルトムントは、立ち上がりからボールを支配すると8分、ロイスのワンタッチパスでボックス右に抜け出したブラントがチャンスを迎えたが、シュートは飛び出したGKギキェヴィチのブロックに阻まれた。 良い入りを見せたドルトムントだったが、直後に訪れた相手のファーストチャンスでまさかの失点を喫する。10分、サイドチェンジを左サイドで深くまで駆け上がったイアゴがダイレクトで折り返すと、ニーダーレヒナーのフリックしたボールを中央で収めたハーンが冷静にゴール左へシュートを突き刺した。 先制を許したドルトムントは、19分に同点のチャンスを迎える。左サイドを突破したロイスの折り返しをペナルティアーク右に走り込んだレイナがシュート。これがグルエソの左手に当たると、VARの末にPKを獲得。しかし、ハーランドのPKはクロスバーを直撃。 さらにハーランドは、23分にもラファエウ・ゲレイロの左クロスからチャンスを迎えたが、ゴール右上を捉えたヘディングシュートはGKギキェヴィチの好セーブに防がれた。 二度のチャンスを逃したドルトムントだったが26分、左サイドで獲得したFKからロイスがクロスを上げると、ニアで合わせたデラネイのヘディングシュートがゴール右隅に突き刺さり、試合を振り出しに戻した。 その後も勝ち越し点を狙うドルトムントは、前半終了間際にミスからピンチを招く。43分、ブラントのミスパスを自陣でリヒターにカットされると、そのままシュートまで持ち込まれたが、これはゴール左に外れ難を逃れた。 迎えた後半も立ち上がりから主導権を握るドルトムントは、63分に勝ち越しに成功する。ラファエウ・ゲレイロのロングパスで左サイドを駆け上がったサンチョがボックス左から侵入すると、冷静にGKの脇を抜く技ありシュートでゴールネットを揺らした。 さらも75分には、左サイドをドリブルで持ち上がったハーランドがボックス左深くから折り返しを供給すると、これがウドゥオカイのオウンゴールを誘った。 結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。4試合ぶりの白星を飾ったドルトムントは、暫定ながら5位まで浮上している。 2021.01.31 01:31 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンが連勝で前半戦最終戦を飾る! 相手のPK失敗に救われる苦しい内容も勝負強さ発揮《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第17節、アウグスブルクvsバイエルンが20日に行われ、アウェイのバイエルンが0-1で勝利した。 前節、フライブルクに2-1で辛勝し公式戦の連敗をストップしたバイエルン。2位のRBライプツィヒの取りこぼしにより、ヘルプストマイスターを決めた絶対王者は前半戦最終戦で連勝を狙った。 前節からアルフォンソ・デイビスに代えてリュカを起用した以外、同じメンバーを継続したバイエルンは立ち上がりから相手を押し込んでいく。すると、13分にはリュカがボックス内でケディラに倒されてPKを獲得。これをキッカーのレヴァンドフスキが冷静に決めて幸先よく先制に成功した。 その後もがっちりと主導権を握って相手を押し込むアウェイチームは22分にニャブリが強烈なミドルシュートで相手ゴールを脅かす。さらに、コマンとニャブリの両ウイングの仕掛けを突破口に再三の決定機を創出。だが、相手GKの好守に阻まれる。 前半終了間際の43分にはニャブリの右からの鋭いクロスに反応したファーサイドのレヴァンドフスキがワンタッチで合わすが、これは惜しくも左ポストを叩いた。 1点リードで試合を折り返したバイエルンはなかなか追加点を奪えないものの、ほとんど相手に決定機を与えることなく危なげない試合運びを続ける。 67分にはレヴァンドフスキとニャブリを下げてサネとトリソを投入。この交代でミュラーを最前線に上げた。やや守備的な采配で逃げ切りを意識したバイエルンだったが、この直後に最大のピンチを招く。 76分、DFパヴァールのボックス内での不用意なハンドでPKを献上。しかし、キッカーのフィンボガソンが左を狙って蹴ったシュートは左ポストを叩き相手のミスによって同点のピンチを逃れた。 これで気を引き締めたいバイエルンだが、以降も攻撃では決定機まで持ち込めず、守備でも相手の攻勢に晒される苦しい状況が続く。それでも、試合最終盤にはミュラーに代えてハビ・マルティネスを投入する割り切った采配で虎の子の1点を守り切った。 フライブルク戦に続く苦しい内容も持ち味の勝負強さを発揮して勝ちきったバイエルンが前半戦最終戦を白星で飾り2連勝を達成した。 2021.01.21 06:29 Thu
twitterfacebook
thumb

遠藤先発のシュツットガルトがアウグスブルクに4発快勝で4試合ぶりの白星を飾る!《ブンデスリーガ》

遠藤航の所属するシュツットガルトは10日、ブンデスリーガ第15節でアウグスブルクと対戦し4-1で勝利した。 リーグ戦3試合勝利のない11位のシュツットガルト(勝ち点)が、10位アウグスブルク(勝ち点19)のホームに乗り込んだ一戦。シュツットガルトの遠藤は[3-4-2-1]のボランチの一角で先発し90分まで出場している。 試合は早い段階で動く。8分、ドリブルでボックス左から侵入したクリモビッツがオックスフォードに倒されてシュツットガルトがPKを獲得。このPKをニコラス・ゴンサレスがゴール左隅に沈め、先制に成功した。 先手を取ったシュツットガルトは、セットプレーから立て続けにピンチを迎える。14分、バイタルエリア中央右で与えたFKからキッカーのカリジウリに際どいシュートを枠の左に飛ばされるが、ここはGKコベルがわずかに触りのクロスバーを直撃した。さらに17分には、カリジウリの右CKからニアのバルガスにヘディンシュートを許したが、これも枠に上に外れた。 やや押し込まれる展開の続いたシュツットガルトだったが、29分にカウンターから追加点を奪う。ケンプフのロングフィードで左サイドを抜け出したソサがボックス左まで持ち上がると、マイナスの折り返しを走り込んだワマンギトゥカがゴール右隅に流し込んだ。 さらにシュツットガルト、36分にもドリブルで仕掛けたクリモビッツがボックス左から際どいシュートを放ったが、2点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、シュツットガルトは開始早々に失点を許す。46分、敵陣でこぼれ球をカットしたリヒターがダイレクトで左サイドに展開。ボックス左まで侵入したバルガスの折り返しをゴール前に駆け上がったリヒターが流し込み、アウグスブルクが1点を返した。 立ち上がりに失点したシュツットガルトは、61分に反撃。右サイドから切り込んだニコラス・ゴンサレスのクロスをファーサイドのカストロが右足ボレーで流し込んだ。当初、カストロのオフサイドと判定されたが、VARのレビューの結果、判定が覆りゴールが認められた。 76分にドリブルで持ち上がったアントンを倒したリヒターが2枚目のイエローカードで退場となり、数的優位まで手にしたシュツットガルトは、87分にも途中出場のディダヴィがゴールネットを揺らし、4点目。 その後、90分に遠藤を下げたシュツットガルトはこのまま危なげなく試合を終わらせ、4-1で勝利。リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾るとともに、2021年初勝利を飾った。 2021.01.11 01:31 Mon
twitterfacebook

順位表

得点ランキング