アウグスブルク

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 アウグスブルク 36 10 6 18 36 54 -18 34
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.22
22:30
ブンデスリーガ
第34節
バイエルン 5 - 2 アウグスブルク
2021.05.15
22:30
ブンデスリーガ
第33節
アウグスブルク 2 - 0 ブレーメン
2021.05.07
27:30
ブンデスリーガ
第32節
シュツットガルト 2 - 1 アウグスブルク
2021.04.23
27:30
ブンデスリーガ
第31節
アウグスブルク 2 - 3 ケルン
2021.04.20
27:30
ブンデスリーガ
第30節
フランクフルト 2 - 0 アウグスブルク
基本データ

正式名称:FCアウグスブルク

原語表記:FC Augsburg

創立:1907年

ホームタウン:アウグスブルク

チームカラー:赤と緑

関連ニュース
thumb

レヴァンドフスキがブンデス新記録の41ゴール達成! 9連覇王者バイエルンが5発大勝で有終の美《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ最終節、バイエルンvsアウグスブルクが22日にアリアンツ・アレーナで行われ、ホームのバイエルンが5-2で勝利した。 前々節に前人未踏の9連覇を達成したバイエルンは、今シーズンのホーム最終戦で12位のアウグスブルクと対戦した。 今節ではフリック監督を始めアラバ、ボアテング、ハビ・マルティネスと今季限りでの退団が決定している重鎮との別れと共に。前節のマインツ戦でシーズン40ゴールを挙げ、1971-72シーズンにゲルト・ミュラーが記録したシーズン最多ゴール記録に肩を並べたレヴァンドフスキの新記録更新に注目が集まった。 試合前に今季限りでクラブを去る選手、スタッフに向けたセレモニーが行われた関係で他会場のキックオフから5分ほど遅れてスタートした一戦。開始3分にはアウェイチームのリヒターがGKノイアーの前目の立ち位置を見極めてロングシュートを放つが、これはわずかに枠の右に外れた。 ややゆったりとした入りを見せるも徐々にエンジンがかかり始めたバイエルンは、最初の決定機をゴールに結びつけた。9分、相手ボックス付近のカウンタープレスからボールを奪ってボックス右のニャブリにボールが渡ると、鋭いグラウンダーのクロスがファーに飛び込んだコマンの手前でクリアを試みたDFハウウェレーウのオウンゴールを誘った。 幸先よく先制したバイエルンは時折相手に自陣深くまで攻め込まれるものの、しっかりと主導権を掌握。17分にはレヴァンドフスキのヘディングパスで完璧に背後を取ったニャブリがGKと一対一の絶好機も、ここは相手GKの好守に遭う。 それでも、直後の23分には波状攻撃からレヴァンドフスキの2度の決定的なシュートはGKに阻まれるが、コマンの右ポスト直撃のシュートのこぼれ球をニャブリが頭で押し込んで追加点を奪取する。 その後、25分にはリュカのボックス内でのファウルでPKを与えるが、ここはカリジウリのシュートをGKノイアーが見事な読みと反応ではじき出し、ゴールを許さない。 2点リードの余裕な展開を受けて、バイエルンはミュラーを中心にレヴァンドフスキに新記録達成のゴールを決めさせようと丁寧な攻めを続けるが、アウグスブルク守護神ギキェヴィチが記録阻止に向けて驚異的なパフォーマンスを発揮。再三のビッグセーブで立ちはだかる。 ただ、33分にはキミッヒがボックス手前から強烈なブレ球のミドルシュート、43分にはコマンが地を這う鋭いミドルシュートを続けて突き刺して勝利を決定づける連続ゴールとした。 結局、4点リードで試合を折り返したホームチームは、後半も引き続きエースの今季41ゴール目を目指して相手を押し込む入りを見せる。だが、ギキェヴィチを中心とする相手の守備を前に主役がなかなか仕事を果たせない。 そういった中、61分には3枚替えを敢行し、ボアテングに代わってハビ・マルティネスと互いに今季限りで退団する重鎮が入れ替わりでピッチに。すると、この交代でバランスが悪くなったか、67分には相手FKからハーンに1ゴールを決められると、直後の72分にもハーンのスルーパスに反応したニーダーレヒナーにディフェンスラインが付き切れず、GKとの一対一を決められて2点目まで献上してしまう。 その後、ミュラーと共に今季限りで退団するアラバを下げてチュポ=モティング、トリソの投入で試合を締めにかかる中で、最後の最後にこの日の主役が魅せた。 90分、波状攻撃からボックス手前でサネが放った鋭いシュートをGKが前にこぼすと、これに反応したレヴァンドフスキが冷静に右足で流し込み、爆撃機ゲルト・ミュラー超えのシーズン41ゴール目を挙げた。 そして、レヴァンドフスキの新記録を見守るかのように直後にタイムアップの笛がなり、前人未踏の9連覇を成し遂げたドイツの盟主がエースの新記録達成で見事に有終の美を飾った。 2021.05.23 00:43 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫途中出場のブレーメンがアウェイで完敗…6戦ぶり白星のアウグスブルクは1部残留を決める!《ブンデスリーガ》

大迫勇也の所属するブレーメンは15日、ブンデスリーガ第33節でアウグスブルクと対戦し0-2で敗戦した。大迫は81分から出場している。 前節のレバークーゼン戦をゴールレスで終え、リーグ戦の連敗を止めた15位ブレーメン(勝ち点31)が、3連敗中の14位アウグスブルク(勝ち点34)のホームに乗り込んだ一戦。ブレーメンの大迫は公式戦5試合連続のベンチスタートとなった。 1部残留を決めたい両者の一戦は、立ち上がりから一進一退の攻防が続く。そんな中、アウグスブルクは13分にボールと関係ない場所でゲブレ・セラシェと接触した際に、後方から右足で同選手の足を蹴りつけたバルガスがVARの末に一発退場となった。 数的優位となったブレーメンは21分、右サイドから攻撃を仕掛けるとゴール前の混戦からサージェントに決定機が訪れたが、シュートはゴールカバーに戻ったオックスフォードのブロックに阻まれた。 さらに23分には、ゲブレ・セラシェの右クロスをファーサイドのゼルケが頭で折り返すと、最後はゴール前のフュルクルクがダイビングヘッドで合わせたが、これはフュルクルクのオフサイドを取られた。 その後も10人のアウグスブルクに対して押し気味に試合を進めるブレーメンだったが、GKギキェヴィチの牙城を破るまでには至らず。前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、ブレーメンは49分にニーダーレヒナーに対してアフターチャージを見舞ったグロスが、この試合2枚目のイエローカードで退場処分となった。 数的同数となったブレーメンは、56分にゼルケとトプラクを下げてラシツァとフリードルを投入。しかし、先にスコアを動かしたのはホームチームだった。 57分、アウグスブルクは右CKのセカンドボールをボックス手前のグムニーがゴール前にはじき返すと、ゴール前でこれを収めたR・ケディラが反転からシュート。右ポストの内側に当たったボールがゴールに吸い込まれた。 先制を許したブレーメンは72分、ビッテンコートがペナルティーアーク手前から右足を振り抜くが、このミドルシュートは惜しくも左ポストを叩いた。 残留圏キープのためにもゴールが欲しいブレーメンは、81分にビッテンコートを下げて大迫を投入。しかし、再びスコアを動かしたのはアウグスブルク。89分、ドリブルでボックス右から侵入したハーンがラシツァに倒されPKを獲得すると、このPKをカリジウリがゴール左に決めた。 結局、ブレーメンはそのまま0-2で敗戦。6試合ぶりに勝利したアウグスブルクは1部残留が決定。一方、敗れたブレーメンは昇降格プレーオフ圏内の16位に後退している。 2021.05.16 00:40 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤フル出場のシュツットガルト、アウグスブルクに劣勢も競り勝って連敗を4でストップ《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは7日、ブンデスリーガ第32節でアウグスブルクをホームに迎え、2-1で競り勝った。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 4連敗中の10位シュツットガルト(勝ち点39)は、遠藤が[3-4-2-1]のダブルボランチの一角で32試合連続スタメンとなった。 13位アウグスブルク(勝ち点33)に対し、守勢の入りとなったシュツットガルトだったが、11分に最初のチャンスを生かして先制する。マッシモの浮き球パスをボックス中央のカライジッチがダイレクトで落とすと、ゴール前に入り込んだフェルスターが蹴り込んだ。 先制したシュツットガルトが徐々に主導権を握る展開としていたが、26分にピンチ。リヒターにボックス中央からシュートを許したが、GKブレドロウがセーブした。 ここからハーフタイムにかけてやや劣勢となったシュツットガルトは45分にもピンチ。しかし、リヒターにミドルシュートでゴールを脅かされるも、ここもGKブレドロウの好守で凌ぎ、前半を1点リードしたまま終えた。 迎えた後半も守勢の展開を強いられたシュツットガルトは、54分にニーダーレヒナーにミドルシュートでオンターゲットを記録されると、59分に追いつかれる。サイド攻撃で揺さぶられ、リヒターのヘディングシュートのルーズボールをニーダーレヒナーに頭で押し込まれた。 その後も劣勢が続いたシュツットガルトだったが、74分に勝ち越す。カライジッチのヘディングでのパスを受けたチュルリノフがボックス右ゴールライン際から折り返すと、カライジッチが頭で押し込んだ。 カライジッチの今季16ゴール目でリードしたシュツットガルトは終盤にかけてもアウグスブルクの攻勢を許したものの、2-1で逃げ切り。連敗を4で止めている。 2021.05.08 05:27 Sat
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリン、今季限りでアウグスブルク退団するケディラ弟の獲得を発表

ウニオン・ベルリンは26日、アウグスブルクに所属するドイツ人MFラニ・ケディラ(27)の獲得を発表した。契約期間は明かされておらず、来季に向けての補強と発表している。 ウニオン・ベルリンへの加入が決まったラニ・ケディラは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ここ数年、ウニオンは目覚ましい躍進ぶりを見せている。来季からこのクラブの一員としてブンデスリーガで戦えることをうれしく思っているよ。ウニオンの担当者との話し合いはとても説得力があった。だから、ここに入ることを決めたんだ」 ヘルタ・ベルリンの元ドイツ代表MFサミ・ケディラの弟として知られるラニは、2017年夏にライプツィヒからアウグスブルクに加入。アウグスブルクでは公式戦124試合に出場して5ゴール4アシシトを記録。 今季もブンデスリーガ24試合に出場して主力として活躍していたが、14日に今季限りでアウグスブルクを退団することを発表していた。 2021.04.26 23:05 Mon
twitterfacebook
thumb

13位アウグスブルクで監督交代 かつてELに導いたマルクス・ヴァインツィアル氏が復任

アウグスブルクは26日、ハイコ・ヘルリッヒ監督(49)を解任し、マルクス・ヴァインツィアル氏(46)を後任監督に任命したことを発表した。契約は2022年6月までとなる。 ヘルリッヒ氏は2020年3月に、マルティン・シュミット前監督の後任としてアウグスブルクの指揮官に就任。ブンデスリーガで15位フィニッシュし、なんとか残留に漕ぎ着けて今季を迎えたものの、第31節を消化した時点で9勝6分け16敗と13位に位置。直近4試合で獲得したのは1ポイントのみという状況だった。 新監督に選ばれたヴァインツィアル氏は2012年から2016年までの4年間にも同クラブを率いた人物。2014-15シーズンにはクラブ最高位となる5位という成績を収め、初のヨーロッパリーグ出場に導いていた。 5月7日の第32節シュツットガルト戦が初陣となるヴァインツィアル新監督は、クラブ公式サイトで「アウグスブルクを成功に道に戻したいと思っている。監督としてこのクラブで再び働く機会を得られるのは素晴らしいことだ」とコメントを残している。 2021.04.26 21:43 Mon
twitterfacebook

順位表

得点ランキング