アスレティック・ビルバオ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 アスレティック・ビルバオ 46 11 13 14 46 42 4 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.22
25:00
ラ・リーガ
第38節
エルチェ 2 - 0 アスレティック・ビルバオ
2021.05.16
25:30
ラ・リーガ
第37節
アスレティック・ビルバオ 0 - 1 レアル・マドリー
2021.05.12
27:00
ラ・リーガ
第36節
ウエスカ 1 - 0 アスレティック・ビルバオ
2021.05.08
28:00
ラ・リーガ
第35節
アスレティック・ビルバオ 2 - 2 オサスナ
2021.05.03
28:00
ラ・リーガ
第34節
セビージャ 0 - 1 アスレティック・ビルバオ
基本データ

正式名称:アスレティック・クラブ・デ・ビルバオ

原語表記:Athletic Bilbao

愛称:レオネス(ライオン)

創立:1898年

ホームタウン:ビルバオ

チームカラー:赤、白

関連ニュース
thumb

乱入した少年に“神対応”を見せたハーランド、サイン後にエスコート

若きゴールハンターはファンにも優しく対応した。 ドルトムントは24日、アスレティック・ビルバオとプレシーズンマッチで対戦。試合は2-0でアスレティックが勝利を収めた。 ドルトムントにとっては最初のプレシーズンマッチとなった試合だが、試合中には少年がピッチに乱入。ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの元へと駆け寄ったのだ。 試合真っ只中のCKの場面。ゴール前に集まった選手の中にハーランドを見つけた少年はハラーンドに駆け寄る。 本来では起こってはいけない行為だが、ハーランドはしっかりと対応。少年のシャツにサインを入れると、警備員が来る前に自らエスコートしてピッチ外に出るように促した。 なお、少年はその後警備員に連れられて出て行くこととなった。 この対応にはスタンドに集まった観客からも拍手が。またSNS上では、「ハーランドは素晴らしい」、「彼の日だった」、「ハーランドの魅力は、その美しさだ」とファンは“神対応”を見せた21歳のストライカーを称賛した。 ドイツ『ビルト』は試合後のハーランドのコメントを掲載。「チームに戻ってきて、新しいシーズンの最初のゲームでプレイできて嬉しい。もちろん、まだ良い状態ではないけど、今のところ重要ではない」とコメント。無得点に終わったことよりも、試合でプレーしたことが大事だとした。 <span class="paragraph-title">【動画】ハーランドが“神対応”、乱入少年にサイン&エスコート</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This young fan managed to get Haaland&#39;s signature, during a game <a href="https://t.co/4kVTu0E2q4">pic.twitter.com/4kVTu0E2q4</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1418969130108063745?ref_src=twsrc%5Etfw">July 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJnZ2x4SkVHYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.25 10:55 Sun
twitterfacebook
thumb

イバイ・ゴメスが2度目のアスレティック退団…通算在籍8年半で193試合出場

アスレティック・ビルバオは16日、スペイン人FWイバイ・ゴメス(31)が退団したことを発表した。 2010年にアスレティックの下部組織に入団し、同年にトップチームデビューも果たしたイバイ・ゴメスは、翌シーズン後半からレギュラーを勝ち取り、2012-13シーズンにはリーグ戦35試合を含む公式戦46試合に出場し、主力として活躍した。 ところが、監督交代で徐々に出番を減らすと、2015-16シーズンにはヒザのケガで長期離脱を余儀なくされ、2016年夏にフリーでアラベスへ移籍した。 その2年半後の2019年1月、イバイ・ゴメスは再びアスレティックに加入。当時リーグ戦17位で残留争いに巻き込まれていたチームで14試合に出場し、最終的に8位フィニッシュに貢献した。 通算在籍8年半で、公式戦193試合29ゴール27アシストの数字を残したイバイ・ゴメス。契約を1年残していた中での退団となったが、この3シーズンは「人生を捧げたチームでの2度目の仕事は期待していた通りにはならなかった」と、不本意な結果になってしまったことを悔やんだ。 それでも常に全力を出してきたという自負を掲げ、ファンやチームメイトに別れと感謝を告げるとともに、これからもサッカーを続けていくことを誓った。 「僕は自信を持ってここに来た。最高のレベルで3シーズンを過ごし、大きな情熱であるサッカーを楽しみ、全てを捧げたいと思っていた。僕が言えることは、どんな時でも200%の力を発揮し、想像もしなかった状況でも生き抜けることを学んだという良心を持ってこのクラブを去るということだ。僕はスポーツマンシップや自分を超えるという情熱を常に示してきたと思う」 「この期間、僕に示してくれた全ての愛情に感謝を送りたい。この困難な状況において、どれほどの励ましになったことだろうか」 「この素晴らしいチームとロッカールームを共有できて幸運だった。これからの成功を祈っているよ。僕たちの道は分かれることになるけど、いつも言っているように、もうひとつのアスレティックが続いていく」 「まだサッカーをプレーする機会がたくさんあり、それを最大限に楽しむための準備ができている。心を込めて、さようなら、アスレティック」 なお、31歳の新天地には古巣のアラベスが噂されている。 2021.07.17 14:17 Sat
twitterfacebook
thumb

アスレティックのレジェンドであるベニャ&スサエタが現役引退…豪クラブで共演後に決断

アスレティック・ビルバオのレジェンドである元スペイン代表MFベニャ・エチェバリア(34)と、同MFマルケル・スサエタ(33)が現役を引退することになった。両選手が所属するオーストラリアのマッカーサーFCが29日に発表した。 アスレティックのカンテラで育ったベニャは、アスレティック、ベティスでプリメーラ251試合に出場。プロキャリアを通じては公式戦459試合に出場した。 また、卓越した戦術眼とキック精度を併せ持つゲームメイカーは、スペイン代表でも通算3キャップを刻んでいた。 一方、ベニャと同じくアスレティック育ちのスサエタは、2019年のアスレティック退団後にガンバ大阪、メルボルン・シティを渡り歩いてきた。 プリメーラ通算379試合に加え、ヨーロッパリーグとチャンピオンズリーグで60試合に出場したいぶし銀のサイドプレーヤーは、プロキャリアを通じても551試合に出場してきた。また、2012年のパナマ代表戦でスペイン代表デビューも飾っていた。 今シーズンからAリーグに新規参入したマッカーサーFCではベニャがチーム2位の4アシスト、スサエタが同じくチーム2位の5ゴールと主力として活躍を見せたが、仲良く同じタイミングでの現役引退を決断した。 2021.06.30 05:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ビルバオに競り勝ったレアル・マドリー、最終節に逆転優勝の望みを残す《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは16日、ラ・リーガ第37節でアスレティック・ビルバオとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 前節グラナダ戦を4-1と勝利して首位アトレティコ・マドリーを2ポイント差で追う2位レアル・マドリー(勝ち点78)は、勝利を逃せば最終節を前にアトレティコの優勝が決まる中、グラナダ戦のスタメンからマルビンに代えてオドリオソラのみを変更した。 9位ビルバオ(勝ち点46)に対し、3トップに右からロドリゴ、ベンゼマ、ヴィニシウスと並べたレアル・マドリーがボールを持つ展開で立ち上がったものの、自陣で集中した守備を見せるビルバオを崩せない状況が続いた。 27分にはオドリオソラのクロスがボックス内のモルシージョの腕に当たったが、ノーファウル判定となった。ハーフタイムにかけてもチャンスを生み出せなかったレアル・マドリーは、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、開始5分にモルシージョにGKクルトワ強襲のシュートを打たれたレアル・マドリーだったが、前半同様に押し込む展開とすると、57分にモドリッチがミドルシュートで牽制。 そして61分には左CKからカゼミロのヘディングシュートがバーに直撃すると、68分に均衡を破った。CKの流れからボックス右のカゼミロのクロスをナチョが押し込んだ。 先制後はレアル・マドリーが試合をコントロール。83分にはピンチを迎えるも、ベスガのヘディングシュートはわずかに枠を外れて助かると、89分にラウール・ガルシアが主審への抗議の影響か一発退場となったビルバオ相手に1-0で逃げ切り。 オサスナに劇的逆転勝利を飾った首位アトレティコを2ポイント差で追走し、最終節に逆転優勝の可能性を残している。 2021.05.17 03:36 Mon
twitterfacebook
thumb

終盤被弾のセビージャ、連勝ストップで上位陣追走ならず…《ラ・リーガ》

セビージャは3日、ラ・リーガ第34節でアスレティック・ビルバオとホームで対戦し0-1で敗戦した。 リーグ戦5連勝と絶好調の4位セビージャ(勝ち点70)は、前節のグラナダ戦のスタメンから最前線のL・デ・ヨングをエン=ネシリに変更した以外は、同じスタメンで試合に臨んだ。 リーグ戦7試合負けなしの10位ビルバオ(勝ち点42)に対し、立ち上がりから攻勢をかけるセビージャは8分に最初のチャンス。ドリブルでボックス右から侵入したスソのクロスをファーサイドで飛び込んだオカンポスが右足に当てたが、バウンドしたボールは枠の上に外れた。 セビージャは20分にも、ヘスス・ナバスの右クロスをファーサイドのラキティッチが左足ボレーでゴールに迫ったが、このシュートはゴール右に逸れた。さらに24分には、アクーニャの左クロスからエン=ネシリがヘディングシュート。しかし、これはGKウナイ・シモンの好セーブに防がれた。 膠着状態が続く中、セビージャは39分にスソの浮かせたパスをボックス左横で受けたアクーニャがグラウンダーのクロスを供給すると、中央で納めたエン=ネシリが左足を振りぬいたが、シュートは再びGKウナイ・シモンのセーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半も両サイドから攻撃を組み立てるセビージャは、50分に右サイドから仕掛けたヘスス・ナバスのクロスがバレンシアガの右手に当たるも主審は故意でないと判断しノーハンドの判定に。 主導権を握りながらもゴールが遠いセビージャは、68分にラキティッチとスソを下げてL・デ・ヨングとジョルダンを投入。すると77分、オカンポスとのパス交換で左サイドからボックス手前に切り込んだアクーニャの強烈なミドルシュートがゴール右隅を捉えたが、三度GKウナイ・シモンの好セーブに阻まれた。 終盤に入っても圧力をかけ続けるセビージャだったが、試合終了間際にビルバオのロングカウンターか失点する。90分、左クロスのクリアを自陣中盤で拾ったサンセがドリブルで持ち上がると、DFをひきつけラストパス。これを受けたイニャキ・ウィリアムズが冷静にGKとの一対一を製紙、ゴール右にシュートを突き刺した。 先制を許したセビージャは最後まで諦めずにゴールを目指したものの、このままアスレティックに逃げ切られて痛恨の敗戦となった。この結果、セビージャは3位バルセロナ、2位レアル・マドリーとの勝ち点差が4ポイントに、首位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差が6ポイントに広がった。 2021.05.04 06:20 Tue
twitterfacebook

順位表

得点ランキング