アスレティック・ビルバオ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 アスレティック・ビルバオ 53 13 14 11 41 45 -4 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.18
23:15
リーガエスパニョーラ
第38節
セビージャ 2 - 0 アスレティック・ビルバオ
2019.05.12
25:30
リーガエスパニョーラ
第37節
アスレティック・ビルバオ 3 - 1 セルタ
2019.05.05
25:30
リーガエスパニョーラ
第36節
バジャドリー 1 - 0 アスレティック・ビルバオ
2019.04.27
20:00
リーガエスパニョーラ
第35節
アスレティック・ビルバオ 1 - 1 アラベス
2019.04.24
27:30
リーガエスパニョーラ
第34節
レガネス 0 - 1 アスレティック・ビルバオ
基本データ

正式名称:アスレティック・クラブ・デ・ビルバオ

原語表記:Athletic Bilbao

愛称:レオネス(ライオン)

創立:1898年

ホームタウン:ビルバオ

チームカラー:赤、白

関連ニュース
thumb

通算22シーズン在籍したスサエタが今季限りでビルバオを退団

アスレティック・ビルバオは6日、元スペイン代表MFマルケル・スサエタ(31)が今シーズン限りで退団することを発表した。 スサエタはビルバオのユース出身で、2007年にトップチームへと昇格を果たし、以降はビルバオ一筋で12シーズンプレーしていた。下部組織時代を合わせると、22シーズンにわたってビルバオに所属していた。 ビルバオでは、ここまで公式戦通算506試合に出場し56ゴール87アシストを記録。リーガエスパニョーラでは378試合に出場し38ゴール60アシスト、コパ・デル・レイは50試合に出場し6ゴール8アシストを記録。また、チャンピオンズリーグは6試合に出場し1ゴール1アシスト、ヨーロッパリーグは54試合に出場し10ゴール12アシストを記録していた。 今シーズンもキャプテンとしてリーガエスパニョーラで21試合に出場し1ゴール2アシスト、コパ・デル・レイで3試合に出場し2アシストを記録していた。 2019.05.07 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

マタ、残留or移籍で悩む プレミア&リーガクラブから関心

マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スペイン代表MFフアン・マタ(31)に複数クラブが関心を示しているという。イギリス『ミラー』が報じた。 今シーズン終了後に契約が失効するマタ。その契約期間が残り2カ月を切ったなか、ユナイテッドは同選手に対して、1年間の延長オプションが付随した単年契約のオファーを新たに打診したとみられる。だが、マタはプレータイムを得られる確証がないことを懸念しており、将来の回答を導き出せていない模様だ。 そのマタを巡っては、古巣バレンシアや、プレミアリーグ残留決定のブライトン&ホーヴ・アルビオンが関心。さらに、アスレティック・ビルバオが2年契約のオファーを提示して獲得を試みているとのことだ。 2014年1月にチェルシーから加入したマタは唯一無比のテクニシャンとして公式戦通算217試合45得点37アシストを誇り、FAカップやヨーロッパリーグ(EL)のタイトル獲得に貢献。今シーズンは公式戦31試合6得点4アシストを記録している。 2019.05.05 11:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ビルバオ、MFミケル・リコとMFイトゥラスペの契約を更新せず

ビルバオは4月30日、スペイン人MFミケル・リコ(34)とスペイン人MFアンデル・イトゥラスペ(30)の契約を更新しないことを発表した。両選手共に今季終了までの契約となっていた。 セントラルMFを本職とするミケル・リコは、2013年8月にグラナダからビルバオに移籍。ビルバオでは公式戦175試合に出場して13ゴール6アシストを記録。しかし、今季は足首の負傷で長期離脱を強いられ、リーグ戦4試合の出場に留まっていた。 同じくセントラルMFのイトゥラスペは1999年にビルバオの下部組織に入団。ビルバオでは2008年9月にデビューし、公式戦320試合に出場して3ゴール8アシストを記録。しかし、今季はベンチ外が続き、リーグ戦3試合の出場に留まっていた。 2019.05.01 02:30 Wed
twitterfacebook
thumb

CL出場争う上位対決は痛み分け…ベニャトゴラッソのビルバオに乾は途中出場から2度の好機演出《リーガエスパニョーラ》

アラベスは27日、リーガエスパニョーラ第35節でビルバオと対戦し、1-1で引き分けた。乾は82分から途中出場した。 7位ビルバオ(勝ち点49)と8位アラベス(勝ち点46)による一戦。来季のヨーロッパリーグないしはチャンピオンズリーグ出場権を懸けた上位対決だ。 ここ6試合勝ちがないアラベスは前節のバルセロナ戦からスタメンを3人変更。ケガから復帰した乾はベンチスタートとなった。 まずは8分にアラベスのチャンス。敵陣で相手のスローインを奪いカウンターへ。中央からボルハ・バストンのスルーパスを受けたジョニーがボックス左からシュートを放つが、左足のシュートは枠を捉えることが出来なかった。 33分にはピンチを迎える。ボックス右のわずかに外でFKを与えると、クロスにイニャキ・ウィリアムスのバイシクルシュートが炸裂。きれいに捉えたシュートだったが枠を外れ、難を逃れた。 しかし、もう一度与えたFKが命取りとなった。41分、ボックスからやや離れた左の位置でFKを与えると、ここからゴール左上隅に突き刺さるゴラッソをベニャトに決められ先制点を奪われてしまった。 だが、アラベスもFKを味方に付ける。45分に、失点シーンと全く同じ位置でのFKを敵陣側で獲得。こちらは左足で上げたクロスはGKに跳ね返されてしまうものの、ドゥアルテがボックスの外から放ったダイレクトシュートがGKを強襲。弾かれたところをボルハ・バストンが押し込んで同点に追いついた。 後半開始早々3本のシュートを放ったのはアウェイのアラベス。それ以降は拮抗した試合に。78分にクロスからイニャキ・ウィリアムスの危ないシュートを許したアラベスは82分にジョニーを下げて乾を投入。 すると85分、乾がドリブル突破からシュート。だがGKに阻まれた。さらに87分には、右に流れた乾のクロスからワカソに決定機。ダイレクトで狙っていったが守備網にかかった。 両者とも強いインテンシティを見せた白熱した試合は1-1で終了。ケガ明けの乾は途中出場から2つのチャンスを演出し、期待に応えた。 2019.04.27 21:59 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセロ、マドリー残留を強調 「マドリーは僕の家」

レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロ(30)が今夏の退団を否定した。スペイン『マルカ』が伝えている。 2022年までマドリーとの契約を残しているマルセロ。サンティアゴ・ソラーリ前監督の下ではDFセルヒオ・レギロンにポジションを奪われ、ベンチを温める日々が続いていた。 こうしたことからユベントス移籍が盛んに報じられ、一時は個人合意したという報道も…。だが、3月中旬にジネディーヌ・ジダン監督が復任すると、スタメンに返り咲き、出場停止を除く5試合に出場している。さらに直近2試合ではDFセルヒオ・ラモスの欠場でキャプテンマークも巻いている。 そうした中で、マルセロは、21日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のビルバオ戦後、イギリス『BeIn Sports』で、マドリーでの充実ぶりを強調した。 「僕が退団するかって? 僕がこのユニフォームを着るとき、誰もが僕が見せる喜びを知っているはずだから、話す必要はないよ」 「レアル・マドリーは僕の家だ。このユニフォームのために汗をかき、世界のトップをキープしなければいけない。プレーできていなかったときも、チームメイトをサポートしなかったことは一度もないよ」 2019.04.22 14:21 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング