ウクライナ

日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ

UEFAネーションズリーグ リーグA グループ4
第6節
スイス vs ウクライナ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.11.14
28:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ4
第5節
ドイツ 3 - 1 ウクライナ
2020.10.13
27:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ4
第4節
ウクライナ 1 - 0 スペイン
2020.10.10
27:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ4
第3節
ウクライナ 1 - 2 ドイツ
2020.10.07
28:00
国際親善試合
フランス 7 - 1 ウクライナ
2020.09.06
27:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ4
第2節
スペイン 4 - 0 ウクライナ
基本データ

正式名称:ウクライナ代表

原語表記:Ukraine

愛称:Zhovto-Blakytni

ホームタウン:ウクライナ

チームカラー:黄、青

関連ニュース
thumb

ウクライナのクラスター発生によりスイスvsウクライナが延期に《UEFAネーションズリーグ》

欧州サッカー連盟(UEFA)は17日、同日に行われる予定だったUEFAネーションズリーグ2020-21・リーグA・グループ4最終節、スイス代表vsウクライナ代表を延期することを発表した。 ウクライナ代表では新型コロナウイルスの陽性者を複数抱え、13日にはFWアンドリー・ヤルモレンコら4選手が、16日にはDFエフヘン・マカレンコら3選手が、そして17日にはMFルスラン・マリノフスキーら3選手が新たに感染していた。 ドイツ代表、スペイン代表が同居するグループ4でウクライナ(勝ち点6)は3位、スイス(勝ち点3)は最下位となっている。なお、両チーム共にプレーオフ進出の可能性は絶たれている。 2020.11.18 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アタランタMFマリノフスキーらウクライナ代表3選手が新型コロナ陽性反応

ウクライナサッカー連盟(UAF)は17日、ウクライナ代表選手が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを発表した。 UAFの発表によると、PCR検査の結果4名が陽性反応を示したとのこと。うち1名はフィジカルコーチであり、残りの3名は選手だったとのことだ。 陽性を示した選手はアタランタのMFルスラン・マリノフスキー、シャフタール・ドネツクのDFセルゲイ・クリフツォフとFWジュニオール・モラエスとのことだ。 なお、クリフツォフとモラエスはすでに感染再発を防ぐ抗体を体内に持っているため、プレーできる可能性があるとのこと。欧州サッカー連盟(UEFA)とスイスのルツェルン州の自治体の判断に委ねられているとのことだ。 ウクライナ代表は、UEFAネーションズリーグ2020-21のリーグA・グループ4に入っており、17日にスイス代表と対戦する。 2020.11.17 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ジンチェンコが一部の自国ファンに憤る! ドイツ戦でのミス受け、自身と家族に脅迫メッセージ

マンチェスター・シティに所属するウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコが、先日のドイツ代表戦での自身のミスを批判するSNS上の不適切な反応に憤りを示している。 ジンチェンコは14日に行われたUEFAネーションズリーグのリーグA・グループ4のドイツ代表戦に出場。しかし、チームが1点リードで迎えた23分に敵陣で相手MFレオン・ゴレツカに不用意にボールを奪われた結果、このボールロストがFWレロイ・サネの同点ゴールに繋がり、最終的にチームは1-3で逆転負けとなった。 この痛恨の敗戦により、ウクライナは準決勝進出の可能性が絶望的となっている。 そして、試合後にはミスを犯したジンチェンコの公式『インスタグラム』に一部の不届きなウクライナファンから批判的なコメントが殺到。その中には同選手や家族に対する殺害を予告する脅迫的なものも含まれていた。 そのため、ジンチェンコは『インスタグラム』を通じてそういった不適切なコメントに憤りを示している。 「昨日の試合後に僕と家族に注がれたすべての汚れ(不適切なコメント)を読んだ。そして、僕らがどんな種類の人々を抱え、彼らがどのようにサポートしているかを改めて確認した」 「幸か不幸か、そういった人たちの中では敵陣で起きた幾つかのミスさえも、もはや許されないもののようだ」 「誰かがフィールドの敵陣でボールを失った場合、そういった人たちは僕や家族の死を願っている」 「もちろん、敗戦の責任を感じているけど、僕は適切なファンだけに目を向けることにするよ。残念ながら(リーグA残留の)可能性はわずかなものだけど、ファイナルは僕ら全員を待っている。チームと共に全力を尽くすよ」 フットボール界以外でもミスに対するネガティブな反応が目立つ昨今だが、ミスを自覚する選手に対してあまりに心無い反応は決して許されるべきではない。 2020.11.17 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴェルナーの2発でドイツがウクライナに逆転勝利!スペインをかわして首位浮上《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020 -21・リーグA・グループ4のドイツ代表vsウクライナ代表が14日に行われ、3-1でドイツが逆転勝利した。 首位スペイン代表を1ポイント差で追う2位ドイツと3位ウクライナの一戦。[4-3-3]で臨んだドイツは3トップに右からサネ、ニャブリ、ヴェルナーと並べ、中盤アンカーにコッホ、インサイドにゴレツカとギュンドアンを据えた。 コロナ陽性でヤルモレンコら4選手が欠場を余儀なくされたウクライナは、マリノフスキーやジンチェンコらが先発となった中、12分に先制する。ボックス内で混戦を生み、最後はヤレムチュクが蹴り込んだ。 まずい入りとなったドイツだったが、23分に追いつく。ゴレツカのボール奪取からスルーパスを受けたサネがボックス右からゴール左へシュートを流し込んだ。 同点として以降、攻勢を強めたドイツは33分に逆転する。コッホの浮き球パスをボックス右に走り込んだゴレツカが折り返し、最後はヴェルナーがヘッドで押し込んだ。 ハーフタイムにかけても主導権を握ったドイツが2-1で前半を終えた中、迎えた後半、52分にジンチェンコのシュートが左ポストに直撃するピンチを迎える。 それでも64分に突き放した。ギュンドアンのスルーパスでボックス右のスペースに走り込んだギンターの折り返しをヴェルナーが押し込んだ。 そして75分のマルロスのコントロールシュートが左ポストに直撃して助かったドイツが3-1で試合を締め、逆転勝利。最終戦を前にスペインをかわして首位に浮上している。 ドイツは3日後に行われる最終戦でスペインと、ウクライナはスイス代表と対戦する。 2020.11.15 06:53 Sun
twitterfacebook
thumb

ウクライナ代表で4選手がコロナ感染…ウェストハムのヤルモレンコら

ウクライナサッカー連盟(FFU)破13日、代表チーム4名とコーチ1名が新型コロナウイルスに感染したことを報告した。 12日にポーランド代表との親善試合を戦った後に行われたPCR検査で、ウェストハムFWアンドリー・ヤルモレンコ、ディナモ・キエフMFセルギー・シドルチュク、同MFビクトル・ツィガンコフ、シャフタール・ドネツクMFビクトル・コバレンコのコロナ感染が判明。コーチ1名を含めた5名は、現在宿泊先のホテルの部屋で隔離されているとのことだ。 アンドリー・チェフチェンコ監督率いるウクライナ代表は、14日にUEFAネーションズリーグ第5節のドイツ代表戦、17日に第6節のスイス代表戦が控えているが、現状で試合に出られる選手はGK4名を含めた21名のみとなっているようだ。 なお、リーグAグループ4に属するウクライナは、2勝2敗で3位に位置。首位のスペイン代表とは勝ち点「1」差となっている。 2020.11.14 20:47 Sat
twitterfacebook

順位表

得点ランキング