シドニーFC

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 シドニーFC 3 0 3 3 5 11 -6 6
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-04-29
18:35
ACL2020グループH
第1節
シドニーFC vs 上海上港

ACL2020グループH
第4節
全北現代 vs シドニーFC

ACL2020グループH
第5節
上海上港 vs シドニーFC

ACL2020グループH
第6節
シドニーFC vs 横浜F・マリノス
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.03.04
17:30
ACL2020グループH
第3節
シドニーFC 2 - 2 全北現代
2020.02.19
19:30
ACL2020グループH
第2節
横浜F・マリノス 4 - 0 シドニーFC
基本データ

正式名称:シドニーFC

原語表記:Sydney FC

愛称:The Sky Blues

創立:2004年

ホームタウン:ニューサウスウェールズ州

チームカラー:紺と水色

関連ニュース
thumb

【ACLプレビュー】オーストラリア王者相手に、Jリーグ王者は連勝なるか《横浜F・マリノスvsシドニーFC》

19日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第2節が行われる。 Jリーグ王者として臨む横浜F・マリノスは、ホーム・横浜国際総合競技場にシドニーFCを迎え第2戦を戦う。 ◆初戦で勝利、連勝へ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20200219_18_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2014年以来のACL出場となった横浜FMは、初戦でアウェイの全北現代モータース(韓国)戦を戦った。 試合は終始押し込む展開となったものの、なかなかゴールを奪えず。それでもMF遠藤渓太が得点を含む2ゴールに絡む活躍を見せ、初戦で勝利を挙げた。 ホームで迎えるシドニー戦は、連勝といきたいところ。反省点としては全北現代戦で多くのチャンスを作りながらも、ゴールが2に終わったことだろう。 アンジェ・ポステコグルー監督も「良い結果、良いサッカーができて、良いスタートが切れた」と満足感を示していた。ホームでの初戦は4日後にJ1リーグの開幕を控えるだけに、しっかりと勝利して、リーグ戦開幕となるガンバ大阪戦に弾みをつけたい。 ◆初戦となるシドニーFC <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20200219_18_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 対するシドニーFCは、上海上港(中国)との初戦が新型コロナウイルスの影響で中止に。横浜FM戦が初戦となる。昨シーズンのAリーグでは、グランドファイナルで優勝をおさめて出場を決めている。 今シーズンもシーズン中ではあるが、現在勝ち点40で首位に立っており調子は良いだろう。Aリーグでは引き分けを挟んで11連勝中。1月31日に行われたブリスベン・ロアー戦も1-0で勝利を収めていた。 ブンデスリーガのボルシアMGやシャルケ、ヘルタ・ベルリンでもプレーしたMFアレクサンデル・バウムヨハンやディナモ・キエフやツルヴェナ・ズヴェズダでもプレーしたMFミロシュ・ニンコビッチ、レディングやボルトン、ウォルバーハンプトン、カーディフなどでプレーしたFWアダム・ル・フォンドレらが所属。ル・フォンドレは、今シーズンのAリーグで15試合に出場し15ゴールを記録している。 Aリーグ勢はグループステージでの敗退が多いものの、シドニーFCが脱却できるか。オーストラリア王者としての意地を見せてくるだろう。 ★横浜F・マリノス予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20200219_18_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:梶川裕嗣 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、伊藤槙人、ティーラトン MF:扇原貴宏、マルコス・ジュニオール、喜田拓也 FW:仲川輝人、オナイウ阿道、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆注目選手 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20200219_18_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 注目選手はMF遠藤渓太をピックアップ。 前節は1ゴール1アシストとチームの勝利に貢献。強力なアタッカー陳において、今シーズンはレギュラーポジション確保に燃えている。 トップに入るFWエリキも復帰し、競争はより激しくなることは想定されるが、しっかりとホームで活躍する姿を見せ、Jリーグ開幕戦に弾みをつけられるか。 2020.02.19 14:35 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーグ王者川崎F、4発で大勝も…上海上港が勝利で2年連続のGS敗退《ACL2019》

川崎フロンターレは21日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・2019グループH最終節でオーストラリアのシドニーFCと対戦し、4-0で勝利した。 負傷者を多く抱えながらも公式戦8試合負けなしと調子を上げてきた川崎Fは、直近の名古屋グランパス戦からスタメンを7名変更。前線ではケガの影響で出場が危ぶまれたレアンドロ・ダミアンが先発に起用された。 決勝トーナメント進出に向けて勝利が絶対条件の3位の川崎F(勝ち点5)は開始早々から畳みかける。9分、敵陣中央左サイドでボールを受けた脇坂が右足を一閃。弧を描いたボールがゴール右に吸い込まれて先制に成功する。 川崎Fは攻撃の手を緩めない。20分、ボックス右に侵攻したマギーニョがマイナスに折り返すとニアサイドの田中がこれをスルー。ゴール前に走り込んだ脇坂が右足でゴール左へ突き刺し、リードを広げた。 まだまだ勢いが止まらない川崎Fは28分、敵陣左サイドの深い位置から車屋がクロスを供給。ニアサイドで反応した山村は足を滑らせてしまうも、こぼれ球に反応した田中が右足でシュート。これがDFに当たってコースが変わり、ゴールネットを揺らした。 大量リードの川崎Fだが後半開始早々にピンチを招く。52分、イバノビッチとのワンツーでボックス内に進攻したグーチャンネジャドにループシュートを放たれると、これがクロスバーに直撃。こぼれ球をイバノビッチに押し込まれそうになったが、クロスバーの上を越えて助かった。 難を逃れた川崎Fは59分、レアンドロ・ダミアンが敵陣中央でボールを奪取し、そのままボールを持ち運ぶ。ボックス中央手前でGKベルと一対一の局面を迎えると右足を豪快に振りき、4点目を決める。 その後も山村が惜しいヘディングシュートを2度放つなどペースを渡すことなく川崎Fが試合を支配。4-0で勝利した。 しかし、同グループのもう一試合で、2位の上海上港(勝ち点6)がオスカルのハットトリックなどで蔚山を5-0で粉砕。この結果、逆転突破とはならず2年連続でのグループステージ敗退となった。 ◆グループH最終順位※勝ち点/得失点 1.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">蔚山現代</span> 11pt/-2 2.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">上海上港</span> 9pt/+5 3.川崎フロンターレ 8pt/+3 4.シドニーFC 3pt/-6 2019.05.21 21:23 Tue
twitterfacebook
thumb

上海上港がシドニーFCと2戦連続ドロー… 熾烈な2位争いは川崎Fを含む3つ巴の戦いに《ACL2019》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループH第4節の上海上港(中国)vsシドニーFC(オーストラリア)が23日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 第3節終了時点で2位に位置する上海上港(勝ち点4)が、4位シドニーFC(勝ち点2)をホームに迎えた一戦。上海上港はフッキやオスカルが揃って出場する中、エウケソンがベンチスタートとなった。一方のシドニーFCは、ル・フォンドレやシーム・デ・ヨング、ニンコビッチらが先発に名を連ねた。 試合はアウェイのシドニーFCが先に動かす。33分、流れるようなパス交換で右サイドを持ち上がったアンソニー・カセレスがゴール前にスルーパスを供給すると、これに反応したオニールが冷静にゴール右隅にシュートを流し込んだ。 先制を許した上海上港は、後半開始からエウケソンを投入。すると47分、フッキの右CKをエウケソンがヘディングで叩き込み、同点に追いつく。後半立ち上がりの同点弾で主導権を握った上海上港は、59にもジャン・ウェイの左クロスからワン・シャンチャオがゴールネットを揺らした。 逆転を許したシドニーFCだが、すかさず反撃に出る。すると62分、23の右クロスの流れ球を逆サイドで味方がワンタッチで繋ぐと、これをボックス左で受けたS・デ・ヨングのクロスからル・フォンドレがヘディングで流し込み、同点。 結局、その後は互いに勝ち越し点を奪えず、2-2で終了。前節と同一カードの一戦は、2戦連続で勝ち点1を分け合う形となった。 上海上港 2-2 シドニーFC 【上海上港】 エウケソン(後2) ワン・シャンチャオ(後14) 【シドニーFC】 オニール(前33) ル・フォンドレ(後18) 2019.04.23 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、同点弾演出も…前節首位撃破のメルボルン・V、AT被弾で2位浮上のチャンスを逃す《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは6日、オーストラリア・Aリーグ第24節でシドニーFCと対戦し、1-2で敗れた。本田はフル出場している。 前節、首位・パース・グローリーを撃破し、2位・シドニーFC(勝ち点46)との勝ち点差を「1」に縮めた3位のメルボルン・ビクトリー(勝ち点45)。今節のシドニーFCとの直接対決で、本田はダイヤモンド型[4-4-2]の右サイドハーフで先発した。 試合は開始から早い時間帯にホームのシドニーFCに先制点を与えてしまう。6分、自陣ボックス左への侵攻を許すと、カセレスからパスを受けたオニールにボックス右手前から強烈なミドルシュートをゴール右上に突き刺され、早くも追いかける展開を強いられる。 それでも16分、敵陣中央でボールを持った本田がキープから最終ラインの裏へスルーパス。相手DFの伸ばした足に引っかかったが、バーバルーゼスがブロックし、そのままボックス内に侵攻してGKとの一対一を制した。 その後、両者にゴールは生まれず試合は終盤に。しかし、試合終了間際、シドニーFCに勝ち越しゴールを奪われてしまう。後半アディショナルタイム3分、左サイドを突破され、クロスを入れらる。ここはヴァレリが阻んだが、ボックス中央のこぼれ球に反応したニンコビッチにシュートを打たれると、ブロックを試みたヴァレリに当たってそのままゴール左に吸い込まれた。 試合はそのまま1-2で終了。直接対決に敗れたメルボルン・Vは2位浮上ならず。レギュラーシーズンは残り3試合。明日、行われるセントラルコースト・マリナーズvsパース・グローリーの一戦で、首位のパース・グローリーが勝利した場合、首位の可能性が消滅する。 シドニーFC 2-1 メルボルン・ビクトリー 【シドニーFC】 ブランドン・オニール(前6) ニンコビッチ(後48) 【メルボルン・V】 バーバルーゼス(前16) 2019.04.06 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

鬼木采配的中! 途中出場の齋藤が値千金の決勝弾で2季ぶりACL勝利! 《ACL2019》

川崎フロンターレは13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループH第2節でシドニーFC(オーストラリア)をホームに迎え、1-0で勝利した。 上海上港(中国)との初戦を落とした川崎F(勝ち点0)は直近の明治安田生命J1リーグ第3節の横浜F・マリノス戦(2-2のドロー)からスタメンを3名変更。車屋、馬渡、知念に代えて長谷川、中村、小林を起用した。 試合は12分、長谷川が個人技で敵陣中央左サイドを打開して、バイタルエリア左からクロスを供給。ボックス中央手前のレアンドロ・ダミアンがワントラップから右足でシュートを放つが、ゴール右に外れてしまう。 続く20分には、ハーフウェイライン付近で中村がボールを奪取。こぼれ球に反応した家長が小林へと繋ぐ。小林が前線にパスを通すと、反応したレアンドロ・ダミアンが敵陣中央からドリブルで持ち運び、ボックス手前中央から右足で強烈なシュートを放つ。しかし、GKレッドメインの好セーブに阻まれた。 緻密なパスワークでポゼッションを高めていく川崎Fはその後、ボックス内まで侵攻するが決定的なシュートを打てず。試合を優勢に進めたが、スコアが動くことなく前半を終えた。 後半に入っても試合を優位に進める川崎Fは58分、ボックス左手前から長谷川が仕掛けて、カットインからシュートを放つ。カーブをかけて狙うもGKレッドメインに弾かれた。さらに直後の右CKでは、中村のクロスはクリアされたが、こぼれ球に反応した守田がボックス中央手前から狙う。しかし、ここもGKレッドメインが立ちはだかり、先制点を奪うことが出来ない。 猛攻をかける川崎Fは74分、家長からの縦パスを受けた田中が小林とのワンツーでボックス中央に侵攻。DFを一人かわしてシュートを放つも、GKレッドメインに弾かれる。さらに、こぼれ球に小林が反応したが、大きく枠を外してしまう。 チャンスを作るも決めきることができない川崎は81分、最後の交代枠で長谷川に代えて齋藤を投入する。 すると迎えた直後の83分、ボックス右手前から中村がクロスを供給。相手DFに当たってコースが変わったが、ボックス中央にいた途中出場の齋藤が反応した。右足でシュート撃つと、ボールはゴール右に吸い込まれ、終盤に待望の先制点を奪った。 このゴールが決勝点となり、試合は1-0で終了。鬼木監督の采配に応える齋藤の値千金弾で川崎Fは、ACLで2シーズンぶりに勝利を挙げ、公式戦5試合ぶりの白星を飾った。次節はグループリーグ首位の蔚山現代(韓国)と4月10日にアウェイで対戦する。 2019.03.13 21:33 Wed
twitterfacebook

順位表




得点ランキング