「基本的にうるさいタイプ」声出しで周りを鼓舞し自分も上げる清水梨紗、全てはパリ五輪へ「良いスタートが切れた」

2024.07.08 23:20 Mon
チームのムードを変える清水梨紗
©超ワールドサッカー
チームのムードを変える清水梨紗
パリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンが8日、オリンピックに向けて始動した。

13日は、金沢でガーナ女子代表と対戦するなでしこ。メダル獲得に向けて準備していくなか、酷暑が襲っている。
初日は1時間半程度のトレーニングを実施。フィジカル的なものから、ボールを使ったミニゲームまで実施。選手たちは汗を流した。

初日のトレーニングを終えたDF清水梨紗(ウェストハム)がメディアの取材に応じた。

シーズンが終了してから時間が経っている中、「今回の初日に向けて動いてくるというのがチームからの提示でした」と、コンディションを上げてくるように伝えられていたという清水。「普通に練習できるようにとは言われていました」と、オフでありながらもコンディションは上げていたという。
この日は暑さもある中でのトレーニングとなったが、清水の声はよく出ていた。

「基本的にうるさいタイプではあるんですが、キツい練習こそみんなでやりたいので、意識しているというよりは、自分1人じゃないんだと言い聞かせているというか、励ましになる感じで、チーム全員でという思いが声につながっていると思います」

周りを鼓舞しつつ、自分も鼓舞しているという清水。年齢的にもチーム内では上の方になり、若干立場は変わったという。

「もう28歳になったので、自分自身だけのプレーではなく、他の選手についても気にかけていますし、言うところは言っているので、自分もしっかりやらないとという意識にはなっています。割と思っていることを伝えるようにしています」

自らの行動やパフォーマンスのためにも、周りにも厳しく言うことは言うという清水。その中で、パリ五輪に向けた初日については「13日までの試合まで時間はなくて、逆算してもこの初日にみんなが準備して来たことは伝わりましたし、自分もそこは意識していたので、良いスタートが切れたと思います」と、一定の手応えはあったようだ。

そのパリ五輪初戦では、世界女王のスペイン女子代表と対戦する。

「特に意識はしていないです」と、まだ意識は向いていないという清水。それでも「この練習もスペイン戦に繋がってくると思いますし、戦術どうこうではなく、コンディションだったり、自分自身のレベルアップだったりは繋がってくると思います」と、全てが五輪に繋がっていくものだと語った。

清水梨紗の関連記事

なでしこジャパンは13日、金沢ゴーゴーカレースタジアムでMS&ADカップ2024 〜能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~のガーナ女子代表戦に臨み、4-0で勝利した。 能登半島地震の復興支援マッチと銘打たれるが、パリ・オリンピック前国内最後の強化試合でもあるなでしこ(FIFAランキング7位)。ロンドン五輪の銀メダル以来、12年ぶりのメダル獲得を目指す戦いがいよいよ間近のなか、FIFAランキング65位のガーナ女子と対戦した。 この試合に向けては3バックでなく、清水梨紗、高橋はな、南萌華、北川ひかるの4バックが用いられ、アンカーに入る熊谷紗希の両脇に長野風花と長谷川唯。前線3枚に藤野あおば、田中美南、宮澤ひなたが並んだ。 テストマッチといえど、本番さながらの内容と結果が期待される一戦。開始2分に敵陣左サイドからのFKに田中美南が頭で合わせると、5分にも敵陣中央でのFKからボックス右の高橋はなが頭で狙いにいき、シュートシーンを作り出す。 なでしこの攻めが続くなか、11分にはセンターFWの田中が豪快な右足ミドルを放っていくが、惜しくもクロスバー。18分にも左サイドからのクロスを田中が胸トラップで収めにかかり、大外の藤野あおばがフィニッシュに持ち込む。 そのなか、23分に自陣中央で複数人での囲い込みでボールを奪った流れから、長谷川唯が一気に縦パスを出すと、藤野が反応。裏に抜け出した藤野が相手をひっくり返す形に持ち込み、ポーティア・ボアキエがたまらずファウルで止める。 このプレーがボアキエのレッドカードを誘って、なでしこが数的優位に。なでしこが一方的に攻め入る流れになるが、45+1分の右CKでも田中、高橋と立て続けにシュートを放っていきながらゴールを割れず。0-0で試合を折り返す。 前半のうちに崩し切れずだったが、後半から3バックにシフトすると、その頭から出場した浜野まいかが51分にバイタルエリア中央からスルーパス。ボックス左に抜け出した田中が左足フィニッシュでネットを揺らしてみせる。 最初はオフサイド判定だったが、VARの末にゴールが認められ、なでしこがついに先制。すると、65分には右CKからニアの田中が頭で合わせると、ファーの浜野が先制アシストに続いて、右足追加点を決め、ガーナ女子を突き放す。 その直後に平尾知佳と清家貴子を送り込むなか、67分にバイタルエリア左でFKのチャンス。キッカーの藤野が右足で直接狙っていくと、うまく壁上を通過したボールがゴール左上に吸い込まれ、勝利をほぼ決定づける3点目を奪う。 そんななでしこは74分にも古賀塔子と植木理子を投入しながら次のゴールも目指し、80分にバイタルエリア右でのFKから藤野のキックに植木が頭で合わせ、トドメの4得点目。後半アディショナルタイムに右ヒザを痛め、プレーを続けられなかった北川ひかるの状態が気がかりが、被災地の石川県を盛り上げる4発快勝劇を演じ、五輪壮行試合としても弾みをつけた。 なでしこは今後、フランスに飛び、19日に非公開でコロンビア女子代表相手に練習試合。パリ五輪のグループステージではC組に入り、スペイン女子代表、ブラジル女子代表、ナイジェリア女子代表と対戦する。 なでしこジャパン 4-0 ガーナ女子代表 【なでしこ】 田中美南(後6) 浜野まいか(後20) 藤野あおば(後22) 植木理子(後35) ◆出場メンバー ()内=途中出場選手 GK 山下杏也加(→後21 平尾知佳) DF 清水梨紗(→後21 清家貴子)、高橋はな、南萌華、北川ひかる MF 長野風花、熊谷紗希(→後29 古賀塔子)、長谷川唯 FW 藤野あおば(→後37 林穂之香)、田中美南(→後29 植木理子)、宮澤ひなた(→HT 浜野まいか) <span class="paragraph-title">【動画】藤野あおばが完璧FKでチーム3点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">️MS &amp; ADカップ2024<br>なでしこジャパンvsガーナ<br>後半22分<br>藤野あおば FKを直接決める!なでしこジャパン3点目!<br>フジテレビ系列で生放送中️<br>TVerでLive配信中️ <a href="https://t.co/NFlAqxS8e6">https://t.co/NFlAqxS8e6</a><a href="https://twitter.com/jfa_nadeshiko?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_nadeshiko</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/3ChKrifEFd">pic.twitter.com/3ChKrifEFd</a></p>&mdash; フジテレビサッカー (@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1812036664757485809?ref_src=twsrc%5Etfw">July 13, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.13 17:32 Sat
マンチェスター・シティ・ウィメンに加入したなでしこジャパンのDF清水梨紗(28)が、新天地での意気込みを語った。 12日、シティはウェストハムを退団していた清水の加入を発表。契約期間は2027年6月30日までの3年間、背番号は「2」に決定した。 日テレ・東京ヴェルディベレーザの下部組織時代からの親友である、なでしこジャパンMF長谷川唯と再びチームメイトになる清水。クラブでのファーストインタビューで意気込みを語った。 「本当にこのチームの仲間に入れて凄く嬉しいですし、早くみんなとプレーがしたいと思っています」 シティとはウェストハム時代に対戦している中、印象については「見ていて楽しいサッカーをしているなと思っていましたし、やっぱりチャンピオンズリーグに出て自分も活躍したいなと思いました」とコメント。より高いレベルでのプレーができると期待しているようだ。 実際にクラブに来ての印象は「ビックリしましたし、改めてここに私も入れるんだと実感して、今はとても楽しみです」とコメント。「施設の大きさに一番ビックリして、全てが揃っているなと思いました」と、規模の大きさにまずは驚いたという。 恵まれた環境で、トップレベルでのサッカーができることについては「全てをここでできるということは、自分のコンディションにとっても良いことだと思いますし、何もかもがここに揃っていることはプラスでしかないです」と地震への影響をコメント。「新しい刺激というのを受けられると思いますし、その選手たちに負けないように頑張っていきたいと思います」と、新たなチームメイトとのプレーにも言及した。 シティが戦うFA女子スーパーリーグ(FAWSL)では、チェルシー・ウィメンが5連覇中。2016年に優勝しているシティだが、その後は8シーズンで2位が6回、3位が1回という状況だ。 「このシティがトップのレベルだと思っているので、その中で自分がどう活躍していくかというのを日々努力しながら頑張りたいと思います」と語る清水。親友でもある長谷川についても言及し、同じようにチームの力になっていきたいと意気込んだ。 「凄く長い期間一緒にやってきた選手なので、一緒にプレーすることは楽しみですし、自分もシティの力になれるように頑張っていきたいと思います」 長谷川からはは「良いチームだと聞いています」と語った清水。「今の自分の実力も試せますし、このチームで優勝だったり、たくさん色々な試合で勝っていきたいと思います」と、改めてシティで成し遂げたいことを言及。ウェストハムでは右サイドバックだけでなく、左サイドバックや昨シーズン終盤はボランチでプレーしていたが、「ほとんど右サイドバックでプレーしていますが、左サイドバックでもプレーできることは求められていると思います。そういったところで自分の良さを出せればと思います」と、チームに求められていることを出していきたいとした。 プレースタイルtについては「シティは凄くボールを保持するチームですし、そういうプレースタイルが好きなので、合っていると思います」と、シティの戦い方が自分にも合っていると語る清水。「試合に出続けたい」と目標を語る中で、タイトル獲得を口にした。 「イングランドのトップレベルのリーグで優勝カップを挙げることは凄くハードですし、それに対して自分が貢献してシティが優勝というのに少しでも力になれればと思います」 日本人選手2人目の加入となり、年齢と契約内容を考えても即戦力としての活躍が期待されていることは間違いない。 応援してくれるファンに向けては「チームに貢献できるように頑張るので、これから応援よろしくお願いします」とコメント。どんなプレーを見せてくれるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title”>【動画】まるでモデル! 清水梨紗のシティ加入ムービーが話題</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://t.co/JCXZX8GtnM">pic.twitter.com/JCXZX8GtnM</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCityJP) <a href="https://twitter.com/ManCityJP/status/1811717709207601330?ref_src=twsrc%5Etfw">July 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.13 12:55 Sat
なでしこジャパンDF清水梨紗(28)がマンチェスター・シティ・ウィメンへ加入した。背番号は「2」に決定。契約期間は2027年6月30日までの3年となる。 日テレ・東京ヴェルディベレーザの下部組織時代からの親友である、なでしこジャパンMF長谷川唯とのクラブチームでの再共闘が決定した多才な右サイドバックは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語った。 「まず第一に、これは挑戦になりますが、覚悟はできています。シティはボールを多く保持するフットボールスタイルでプレーしていて、私はそれが気に入っています。私は技術的に優れ、ボールを保持しているときは落ち着いてプレーできるので、シティのスタイルでうまくプレーできると思います」 「早くスタートして、新しいチームメイトと一緒にトロフィーを掲げるのが待ちきれません」 一方、チームを率いるガレス・テイラー監督は「リサはチームに知性と技術的な質をもたらす。彼女はWSLで豊富な経験を持つ定評のある国際選手であり、我々は彼女をクラブに迎えることができて嬉しく思っている」と、経験豊富な右サイドバックの加入を喜んでいる。 日テレ・東京ヴェルディベレーザの下部組織から長谷川と共にトップチームに昇格した清水は、なでしこリーグ、WEリーグで長らく主力として活躍。2022年夏にはウェストハム・ウィメンに完全移籍し、海外初挑戦を果たした。 その新天地では本職のサイドバックだけでなくボランチで新境地を開き、2シーズン連続で主力として活躍。ただ、昨シーズン終了までとなっていたクラブからの延長オファーを断り、ハマーズでは1カ月被っていたものの、共演は果たせなかった長谷川と再共演となるシティ行きを決断した。 共にパリ・オリンピックを戦うなでしこジャパンに招集中の2人は、パリでの成功を収めたのち、クラブではチェルシーに僅差で屈したFA女子スーパーカップ(FAWSL)のタイトルを目指すことになる。 <span class="paragraph-title">【動画】シティの清水梨紗が初お披露目!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">A new addition in defence! <br><br>Welcome to City, Risa! <a href="https://t.co/nrLtT4njC9">pic.twitter.com/nrLtT4njC9</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCity) <a href="https://twitter.com/ManCity/status/1811717139025317958?ref_src=twsrc%5Etfw">July 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.12 21:27 Fri
日本サッカー協会(JFA)は12日、「MS&ADカップ2024~能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~」のガーナ女子代表戦、そしてパリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンの背番号を発表した。 パリ・オリンピックに向けた活動を行っているなでしこジャパン。厳しい暑さが続く中、連日トレーニングに励んでいる。 13日には金沢ゴーゴーカレースタジアムでガーナと「MS&ADカップ2024~能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~」を戦い、その後フランスへと移動。オリンピックに向けた準備を進める。 背番号に関しては、「10」は継続してMF長野風花(リバプール)が着用。MF長谷川唯(マンチェスター・シティ)は「14」、WEリーグ得点王のMF清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)は「8」を着用する。 日本はグループステージでC組に入り、スペイン女子代表、ブラジル女子代表、ナイジェリア女子代表と対戦。女子W杯王者など難しい相手との戦いが待っている。 <span class="paragraph-subtitle">◆なでしこジャパンメンバー18名</span> GK 1.山下杏也加(INAC神戸レオネッサ) 18.平尾知佳(アルビレックス新潟レディース) DF 4.熊谷紗希(ローマ/イタリア) 2.清水梨紗(ウェストハム/イングランド) 13.北川ひかる(INAC神戸レオネッサ) 3.南萌華(ローマ/イタリア) 5.高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース) 6.古賀塔子(フェイエノールト/オランダ) MF 8.清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース) 14.長谷川唯(マンチェスター・シティ/イングランド) 16.林穂之香(ウェストハム/イングランド) 10.長野風花(リバプール/イングランド) 7.宮澤ひなた(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) 15.藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 12.谷川萌々子(FCローゼンゴード/スウェーデン) FW 11.田中美南(INAC神戸レオネッサ) 9.植木理子(ウェストハム/イングランド) 17.浜野まいか(チェルシー/イングランド) ◆バックアップメンバー4名 GK 22.大場朱羽(ミシシッピ大学) DF 20.守屋都弥(INAC神戸レオネッサ) 21.石川璃音(三菱重工浦和レッズレディース) FW 19.千葉玲海菜(フランクフルト/ドイツ) 2024.07.12 12:05 Fri
10日、パリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンは、なでしこリーグ1部のヴィアマテラス宮崎とトレーニングマッチを行った。 パリ・オリンピック前には、13日に金沢でガーナ女子代表とのMS&ADカップを戦うなでしこジャパン。その2日前、千葉県内でトレーニングマッチを実施。30分×3本という変則的なマッチとなった。なお、谷川萌々子(FCローゼンゴード/スウェーデン)のみ継続して別メニューとなった。 <span class="paragraph-subtitle">◆1本目</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/nade20240710_tw1.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> GK:山下杏也加 DF:高橋はな、熊谷紗希、南萌華 MF:清水梨紗、林穂之香、長谷川唯、北川ひかる FW:清家貴子、植木理子、宮澤ひなた [3-4-3]の布陣で臨んだなでしこジャパン。ヴィアマテラスの出方を窺ったのもあったか、選手の距離感が遠く、なかなかボールをうまく繋ぐことができない。 それでも6分、裏へのボールに抜け出した清家が右サイドから折り返すと、走り込んだ林が蹴り込んで先制点を奪う。 ヴィアマテラス宮崎のプレスに対してビルドアップがうまく行かない中、ロングボールで背後を突こうとするも、精度が悪く攻撃がつながらない。難しい状況が続いた中、1-0で終了した。 <span class="paragraph-subtitle">◆2本目</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/nade20240710_tw2.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> GK:大場朱羽 DF:石川璃音、熊谷紗希、古賀塔子 MF:清水梨紗、長谷川唯、長野風花、宮澤ひなた FW:藤野あおば、田中美南、浜野まいか 1本目から8名を入れ替えたなでしこジャパン。インターバルでかなり修正を施し、しっかりとビルドアップして攻撃を仕掛けていく。 すると2分、浜野が田中のスルーパスに上手く抜け出してゴールを奪う。 前線の3人は流動的に動きつつ、ウイングバックも好きをみてスペースをついていく戦いに。すると15分には、右サイドからのクロスがクリアされるが、長谷川が縦につけたボールを田中がボックス内で上手く反転してそのまま左足シュート。これが決まり、2点目を奪う。 1本目よりも試合をコントロールするなでしこ。すると28分にはカウンターから長谷川のダイレクトパスに抜け出た藤野がしっかりとゴールを奪い、3-0で2本目を終えた。 <span class="paragraph-subtitle">◆3本目</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/nade20240710_tw3.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> GK:平尾知佳 DF:高橋はな、南萌華、古賀塔子 MF:清家貴子、林穂之香、長野風花、守屋都弥 FW:浜野まいか、藤野あおば、千葉玲海菜 3本目で全選手を起用した池田太監督。しかし、3本目はチャンスこそ多く作るものの、コンディションの問題もあるのか、動きが重くキレを失う。 4分には右サイドを抜けた清家のクロスに対し、逆サイドの守屋が飛び込んでヘッドも枠外。8分には長野のパスに左サイドを抜け出した千葉が角度のないところからシュートも枠を外す。 さらに9分には千葉がGKと一対一のチャンスを迎えるが、これはセーブされることに。ゴールが遠く焦れる展開が続いたが、22分に抜け出した藤野がGKもかわして無人のゴールに蹴り込み、1-0で勝利。3本合計5-0でなでしこジャパンが勝利を収めた。 2024.07.10 21:30 Wed

なでしこジャパンの関連記事

なでしこジャパンのFW浜野まいか(チェルシー・ウィメン)が、ガーアン女子代表選を振り返った。 13日、金沢ゴーゴーカレースタジアムで、MS&ADカップ2024 〜能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~のなでしこジャパンvsガーナ女子代表が行われた。 パリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンとしては、最後の実戦。これからパリへと移動し、現地で本大会に向けて調整を続ける。 試合は通常の[3-4-3]ではなく、[4-3-3]で臨んだ日本。しかし、前半はガーナがしっかりとボールを保持してて集ってくる中、なでしこはなかなかボールをうまく繋げず、攻撃の形がうまく作れない。そんな中で相手選手がDOGSOを取られて一発退場。日本は11vs10の戦いとなり、ブロックを作ってくる相手に対してさらに苦しむ形となった。 ゴールレスで迎えた後半は、[3-4-3]にシステムを変更。浜野は後半頭から左ウイングのポジションで出場した。すると、選手の距離感が良くなったこともあり、徐々にボールをつなげることに。すると、浜野のスルーパスから田中美南がゴール。これはオフサイドを取られるも、VARチェックの結果ゴールが認められ先制。さらに、右サイドからのクロスに浜野がボレー気味に合わせて追加点。その後、藤野あおばが直接FK、植木理子がクロスをヘディングで合わせるなど、前線の4人がゴールを奪い、4-0で勝利を収めた。 後半から途中出場した浜野は前半試合をベンチから見守っていた中で、「11vs10になった中で、数的優位な場面は作れていたので、しっかりボールを保持して、日本らしいサッカーをできるなと余裕を少し持って入りました」とコメント。後半パフォーマンスが改善した理由については「11vs10というのは大きいなと思います」と、数的優位に立っていたことは大きく影響したとした。 自身は1G1Aの活躍を見せた中、五輪に向けて勢いづく結果に。「後半数的優位な中ですけど、しっかりボールを保持してゴールに向かうというアクションができたので、パリに向けて良い形でやれたと思います」と、自身にできると振り返った。 いよいよ10日後にはオリンピックが開幕。これまでも強い思いを語ってきた浜野だが「W杯と同じでオリンピックは自分にとっては想像つかない大舞台です。想像していないからこそ恐怖心はないです」と、想像できないぐらいの大きなものだとした。 なでしこジャパンの初戦は世界女王のスペイン女子代表。浜野はU-20ワールドカップの決勝でも対戦している国だ。 「スペインというチームはサッカー大国で、自分の憧れの国。ブラジルもそうですが、サッカーが日常にある国に日本がなっていくためには、そういう国に勝たないといけないです。1試合1試合勝っていきたいと思います」と、強国相手にもしっかりと結果を残したいと意気込んだ。 パリ・オリンピックに向けての心境は「想像はつかないですが、毎日しっかりコンディションを整えて、ケガなしで思い切ってプレーできるようにしたいです」と、試合にしっかりと出られるように準備をするとコメント。ゴールやアシストという結果も最近はついてきているが「立ち位置とかはわからないですが、試合に入っていって、結果も出ているので、今まではチャレンジという感じでしたが、背負うものが大きくなるので、しっかり戦いたいです」と、日の丸を背負うことの大きさを実感し始めているという。 「国を背負うということがどれほど大きいことがわからなかったですけど、今になって石川にもたくさんの方が足を運んでくださって、やっぱり応援されているのはわかりますし、本当に勝たなければいけないという思いが強くなりました。金メダルを獲って帰りたいと思います」 浜野は常に金メダルを口に。女子W杯はケガで悔し涙に終わったが、パリ・オリンピックは歓喜の涙に変えられるか注目だ。 <span class="paragraph-title”>【動画】浜野まいかがダイレクトボレーでネットを揺らす!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">(@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1812035351629955122?ref_src=twsrc%5Etfw">July 13, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.13 21:30 Sat
なでしこジャパンのMF長谷川唯(マンチェスター・シティ・ウィメン)が、ガーアン女子代表選を振り返った。 13日、金沢ゴーゴーカレースタジアムで、MS&ADカップ2024 〜能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~のなでしこジャパンvsガーナ女子代表が行われた。 パリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンとしては、最後の実戦。これからパリへと移動し、現地で本大会に向けて調整を続ける。 試合は通常の[3-4-3]ではなく、[4-3-3]で臨んだ日本。長谷川はボランチではなく、インサイドハーフのポジションでプレー。しかし、ガーナがしっかりとボールを保持してて集ってくる中、なでしこはなかなかボールをうまく繋げず、攻撃の形がうまく作れない。 そんな中で相手選手がDOGSOを取られて一発退場。日本は11vs10の戦いとなり、ブロックを作ってくる相手に対してさらに苦しむ形となった。 ゴールレスで迎えた後半は、[3-4-3]にシステムを変更。すると、選手の距離感が良くなったこともあり、徐々にボールをつなげることに。すると田中美南、浜野まいか、藤野あおば、植木理子と前線の4人がゴールを奪い、4-0で勝利を収めた。 試合後、長谷川はゲームを振り返り、前半は最悪の出来だったと振り返った。 「4-0という結果自体はパリの大会に向けて勢いづくと思いますが、前半は特に課題が多い試合になったなというのが正直なところです」 「自分自身、少し前目でプレーすることもあった中で、前で待つシーンが多かったなと思って、なかなかボールに触れずにリズムが出ないなというところでした」 「個人としても今までで最悪なぐらいの内容かなと思いましたが、後半はシステムを変えて少しボールを触れるようになった中で、リズムができてチャンスメイクは多少できたかなと思います。もっと早く前半から良いテンポで回せるように、システムなりポジションなり、立ち位置を考えてできれば良いなと思います」 「今回はチャレンジした部分も多いので、パリではそこまでの余裕もないので、しっかり考えてプレーしたいと思います」 システムが変わったこともあり、なかなか良い形でボールに触れていなかった長谷川だったが、後半はいつものポジションに戻り、しっかりとゲームメイク。後方の方がプレーはしやすいものの、前に入ってもしっかりとプレーしたいと反省した。 「もちろん後ろに下がった方が相手のプレッシャーもなくて余裕ができて簡単にプレーできると思いますけど、できれば狭いスペースでチャンスメイクできればと思っています」 「そもそもそこにボールが入るか入らないかというのがあるので、縦パスを入れるタイミングは相手が10人になって引いてきた部分もあったので難しかったですけど、縦パスを自分が入れる役なのか、受け手になるのかは、試合の流れを見ながらポジションを取っていければと思います」 試合中にはMF長野風花や前半はアンカーに入っていたDF熊谷紗希らと何度もコミュニケーションを取っていた。 特に前半は修正に苦労していたが「前半は相手が11人の時はポゼッションされてボールを持たれた感覚があって、思っていたよりも繋いでくる印象でした」と振り返り、「1トップで追いきれない時に自分が前に行って2トップにする感じで柔軟性を持ちました」と、自身がサポートに入ることで活路を見出そうとしていたという。 また数的優位になってからのプレーについては「カウンターっていうのが自分たちのリスクがなくなった中で、ブロックが敷かれると難しく、最近はそういう戦い方はしていないなと思いました」と、なかなか引いた相手と戦うことがなく、戸惑ったとコメント。「前半は本当に苦労したなと思いますし、ボールを触れない時間帯が多かったなと思います。11人でやりたかった部分はありますけど、本大会でこういう試合もあり得ると思うので、そういう点では大会前の一番大事な試合で良い試合になったと思います」と、想定外のことも起こったものの、その確認が本大会前にできたことをポジティブに捉えた。 この試合では藤野の直接FKなど、セットプレーも機能した。長谷川は「セットプレーというのは代表活動で力を入れてきているというか、色々なパターンを練習でやっているので、それが出たと思いますし、狙い通りの得点が決められたと思います」とコメント。「本大会ではセットプレーがカギになると思うので、続けていければ良いかなと思います」と、自分たちのものにしたいとした。 残り10日で開幕を迎えるパリ・オリンピック。「自分たちの頭の整理が大事だと思います」と、残りの日々の大切さを語る長谷川。「残り10日で、強度はまだ足りなかったと思うので、一対一は個人が突き詰めていきながら、チームとしては戦術の整理、いくつかある中でのプレー選択をしっかりやれていければ良いかなと思います」と語り、これまで長らくプレーしてきた選手たちと池田太監督と共に、最高の姿をパリで見せることを約束した。 2024.07.13 21:05 Sat
なでしこジャパンは13日、金沢ゴーゴーカレースタジアムでMS&ADカップ2024 〜能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~のガーナ女子代表戦に臨み、4-0で勝利した。 能登半島地震の復興支援マッチと銘打たれるが、パリ・オリンピック前国内最後の強化試合でもあるなでしこ(FIFAランキング7位)。ロンドン五輪の銀メダル以来、12年ぶりのメダル獲得を目指す戦いがいよいよ間近のなか、FIFAランキング65位のガーナ女子と対戦した。 この試合に向けては3バックでなく、清水梨紗、高橋はな、南萌華、北川ひかるの4バックが用いられ、アンカーに入る熊谷紗希の両脇に長野風花と長谷川唯。前線3枚に藤野あおば、田中美南、宮澤ひなたが並んだ。 テストマッチといえど、本番さながらの内容と結果が期待される一戦。開始2分に敵陣左サイドからのFKに田中美南が頭で合わせると、5分にも敵陣中央でのFKからボックス右の高橋はなが頭で狙いにいき、シュートシーンを作り出す。 なでしこの攻めが続くなか、11分にはセンターFWの田中が豪快な右足ミドルを放っていくが、惜しくもクロスバー。18分にも左サイドからのクロスを田中が胸トラップで収めにかかり、大外の藤野あおばがフィニッシュに持ち込む。 そのなか、23分に自陣中央で複数人での囲い込みでボールを奪った流れから、長谷川唯が一気に縦パスを出すと、藤野が反応。裏に抜け出した藤野が相手をひっくり返す形に持ち込み、ポーティア・ボアキエがたまらずファウルで止める。 このプレーがボアキエのレッドカードを誘って、なでしこが数的優位に。なでしこが一方的に攻め入る流れになるが、45+1分の右CKでも田中、高橋と立て続けにシュートを放っていきながらゴールを割れず。0-0で試合を折り返す。 前半のうちに崩し切れずだったが、後半から3バックにシフトすると、その頭から出場した浜野まいかが51分にバイタルエリア中央からスルーパス。ボックス左に抜け出した田中が左足フィニッシュでネットを揺らしてみせる。 最初はオフサイド判定だったが、VARの末にゴールが認められ、なでしこがついに先制。すると、65分には右CKからニアの田中が頭で合わせると、ファーの浜野が先制アシストに続いて、右足追加点を決め、ガーナ女子を突き放す。 その直後に平尾知佳と清家貴子を送り込むなか、67分にバイタルエリア左でFKのチャンス。キッカーの藤野が右足で直接狙っていくと、うまく壁上を通過したボールがゴール左上に吸い込まれ、勝利をほぼ決定づける3点目を奪う。 そんななでしこは74分にも古賀塔子と植木理子を投入しながら次のゴールも目指し、80分にバイタルエリア右でのFKから藤野のキックに植木が頭で合わせ、トドメの4得点目。後半アディショナルタイムに右ヒザを痛め、プレーを続けられなかった北川ひかるの状態が気がかりが、被災地の石川県を盛り上げる4発快勝劇を演じ、五輪壮行試合としても弾みをつけた。 なでしこは今後、フランスに飛び、19日に非公開でコロンビア女子代表相手に練習試合。パリ五輪のグループステージではC組に入り、スペイン女子代表、ブラジル女子代表、ナイジェリア女子代表と対戦する。 なでしこジャパン 4-0 ガーナ女子代表 【なでしこ】 田中美南(後6) 浜野まいか(後20) 藤野あおば(後22) 植木理子(後35) ◆出場メンバー ()内=途中出場選手 GK 山下杏也加(→後21 平尾知佳) DF 清水梨紗(→後21 清家貴子)、高橋はな、南萌華、北川ひかる MF 長野風花、熊谷紗希(→後29 古賀塔子)、長谷川唯 FW 藤野あおば(→後37 林穂之香)、田中美南(→後29 植木理子)、宮澤ひなた(→HT 浜野まいか) <span class="paragraph-title">【動画】藤野あおばが完璧FKでチーム3点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">️MS &amp; ADカップ2024<br>なでしこジャパンvsガーナ<br>後半22分<br>藤野あおば FKを直接決める!なでしこジャパン3点目!<br>フジテレビ系列で生放送中️<br>TVerでLive配信中️ <a href="https://t.co/NFlAqxS8e6">https://t.co/NFlAqxS8e6</a><a href="https://twitter.com/jfa_nadeshiko?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_nadeshiko</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/3ChKrifEFd">pic.twitter.com/3ChKrifEFd</a></p>&mdash; フジテレビサッカー (@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1812036664757485809?ref_src=twsrc%5Etfw">July 13, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.13 17:32 Sat
マンチェスター・シティ・ウィメンに加入したなでしこジャパンのDF清水梨紗(28)が、新天地での意気込みを語った。 12日、シティはウェストハムを退団していた清水の加入を発表。契約期間は2027年6月30日までの3年間、背番号は「2」に決定した。 日テレ・東京ヴェルディベレーザの下部組織時代からの親友である、なでしこジャパンMF長谷川唯と再びチームメイトになる清水。クラブでのファーストインタビューで意気込みを語った。 「本当にこのチームの仲間に入れて凄く嬉しいですし、早くみんなとプレーがしたいと思っています」 シティとはウェストハム時代に対戦している中、印象については「見ていて楽しいサッカーをしているなと思っていましたし、やっぱりチャンピオンズリーグに出て自分も活躍したいなと思いました」とコメント。より高いレベルでのプレーができると期待しているようだ。 実際にクラブに来ての印象は「ビックリしましたし、改めてここに私も入れるんだと実感して、今はとても楽しみです」とコメント。「施設の大きさに一番ビックリして、全てが揃っているなと思いました」と、規模の大きさにまずは驚いたという。 恵まれた環境で、トップレベルでのサッカーができることについては「全てをここでできるということは、自分のコンディションにとっても良いことだと思いますし、何もかもがここに揃っていることはプラスでしかないです」と地震への影響をコメント。「新しい刺激というのを受けられると思いますし、その選手たちに負けないように頑張っていきたいと思います」と、新たなチームメイトとのプレーにも言及した。 シティが戦うFA女子スーパーリーグ(FAWSL)では、チェルシー・ウィメンが5連覇中。2016年に優勝しているシティだが、その後は8シーズンで2位が6回、3位が1回という状況だ。 「このシティがトップのレベルだと思っているので、その中で自分がどう活躍していくかというのを日々努力しながら頑張りたいと思います」と語る清水。親友でもある長谷川についても言及し、同じようにチームの力になっていきたいと意気込んだ。 「凄く長い期間一緒にやってきた選手なので、一緒にプレーすることは楽しみですし、自分もシティの力になれるように頑張っていきたいと思います」 長谷川からはは「良いチームだと聞いています」と語った清水。「今の自分の実力も試せますし、このチームで優勝だったり、たくさん色々な試合で勝っていきたいと思います」と、改めてシティで成し遂げたいことを言及。ウェストハムでは右サイドバックだけでなく、左サイドバックや昨シーズン終盤はボランチでプレーしていたが、「ほとんど右サイドバックでプレーしていますが、左サイドバックでもプレーできることは求められていると思います。そういったところで自分の良さを出せればと思います」と、チームに求められていることを出していきたいとした。 プレースタイルtについては「シティは凄くボールを保持するチームですし、そういうプレースタイルが好きなので、合っていると思います」と、シティの戦い方が自分にも合っていると語る清水。「試合に出続けたい」と目標を語る中で、タイトル獲得を口にした。 「イングランドのトップレベルのリーグで優勝カップを挙げることは凄くハードですし、それに対して自分が貢献してシティが優勝というのに少しでも力になれればと思います」 日本人選手2人目の加入となり、年齢と契約内容を考えても即戦力としての活躍が期待されていることは間違いない。 応援してくれるファンに向けては「チームに貢献できるように頑張るので、これから応援よろしくお願いします」とコメント。どんなプレーを見せてくれるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title”>【動画】まるでモデル! 清水梨紗のシティ加入ムービーが話題</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://t.co/JCXZX8GtnM">pic.twitter.com/JCXZX8GtnM</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCityJP) <a href="https://twitter.com/ManCityJP/status/1811717709207601330?ref_src=twsrc%5Etfw">July 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.13 12:55 Sat
日本サッカー協会(JFA)は12日、「MS&ADカップ2024~能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~」のガーナ女子代表戦、そしてパリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンの背番号を発表した。 パリ・オリンピックに向けた活動を行っているなでしこジャパン。厳しい暑さが続く中、連日トレーニングに励んでいる。 13日には金沢ゴーゴーカレースタジアムでガーナと「MS&ADカップ2024~能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~」を戦い、その後フランスへと移動。オリンピックに向けた準備を進める。 背番号に関しては、「10」は継続してMF長野風花(リバプール)が着用。MF長谷川唯(マンチェスター・シティ)は「14」、WEリーグ得点王のMF清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)は「8」を着用する。 日本はグループステージでC組に入り、スペイン女子代表、ブラジル女子代表、ナイジェリア女子代表と対戦。女子W杯王者など難しい相手との戦いが待っている。 <span class="paragraph-subtitle">◆なでしこジャパンメンバー18名</span> GK 1.山下杏也加(INAC神戸レオネッサ) 18.平尾知佳(アルビレックス新潟レディース) DF 4.熊谷紗希(ローマ/イタリア) 2.清水梨紗(ウェストハム/イングランド) 13.北川ひかる(INAC神戸レオネッサ) 3.南萌華(ローマ/イタリア) 5.高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース) 6.古賀塔子(フェイエノールト/オランダ) MF 8.清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース) 14.長谷川唯(マンチェスター・シティ/イングランド) 16.林穂之香(ウェストハム/イングランド) 10.長野風花(リバプール/イングランド) 7.宮澤ひなた(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) 15.藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 12.谷川萌々子(FCローゼンゴード/スウェーデン) FW 11.田中美南(INAC神戸レオネッサ) 9.植木理子(ウェストハム/イングランド) 17.浜野まいか(チェルシー/イングランド) ◆バックアップメンバー4名 GK 22.大場朱羽(ミシシッピ大学) DF 20.守屋都弥(INAC神戸レオネッサ) 21.石川璃音(三菱重工浦和レッズレディース) FW 19.千葉玲海菜(フランクフルト/ドイツ) 2024.07.12 12:05 Fri

オリンピックの関連記事

いよいよ開幕が迫ってきたパリ・オリンピック。聖火リレーも14日にパリでついにスタートした。 その最初のランナーは、フランス代表としても活躍し、パリ・オリンピックにはU-23フランス代表を指揮するティエリ・アンリ監督が務めた。 聖火リレーがパリでスタートした7月14日は祝日。「バスティーユの日」として知られる祝日は、フランス革命記念日、フランス建国記念日とも言われ、建国記念日として知られる。 軍事パレードが行われた後、シャンゼリゼ通りで聖火リレーがスタート。最初のランナーであるアンリ監督は、パリ・オリンピックの大会組織委員会会長のトニー・エスタンゲット氏から聖火を手渡された。 アンリ監督は自身からスタートする聖火リレーについてコメント。「郊外(レ・ジュリス)出身の私が、建国記念日にこの有名な大通りにいることは特別なことだ」とかたり、「トニー・エスタンゲットが僕にオファーしてきた時は、冗談だと思った。でも、それを拒否することはできない。本当にたくさんの感情がある。永遠に刻まれて残るだろう」と、自身が務めることになることは驚いたとし、一生残る思い出だとした。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】名誉ある聖火ランナーを務めたアンリ監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="fr" dir="ltr">La flamme olympique de <a href="https://twitter.com/Paris2024?ref_src=twsrc%5Etfw"> <a href="https://twitter.com/hashtag/14Juillet?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#14Juillet</a> <a href="https://t.co/0AAOQrhHiN">pic.twitter.com/0AAOQrhHiN</a></p>&mdash; Jeux Olympiques (@jeuxolympiques) <a href="https://twitter.com/jeuxolympiques/status/1812447445621559460?ref_src=twsrc%5Etfw">July 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C9ZrYHmoB9s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C9ZrYHmoB9s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C9ZrYHmoB9s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Paris2024(@paris2024)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.07.15 22:01 Mon
なでしこジャパンのFW浜野まいか(チェルシー・ウィメン)が、ガーアン女子代表選を振り返った。 13日、金沢ゴーゴーカレースタジアムで、MS&ADカップ2024 〜能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~のなでしこジャパンvsガーナ女子代表が行われた。 パリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンとしては、最後の実戦。これからパリへと移動し、現地で本大会に向けて調整を続ける。 試合は通常の[3-4-3]ではなく、[4-3-3]で臨んだ日本。しかし、前半はガーナがしっかりとボールを保持してて集ってくる中、なでしこはなかなかボールをうまく繋げず、攻撃の形がうまく作れない。そんな中で相手選手がDOGSOを取られて一発退場。日本は11vs10の戦いとなり、ブロックを作ってくる相手に対してさらに苦しむ形となった。 ゴールレスで迎えた後半は、[3-4-3]にシステムを変更。浜野は後半頭から左ウイングのポジションで出場した。すると、選手の距離感が良くなったこともあり、徐々にボールをつなげることに。すると、浜野のスルーパスから田中美南がゴール。これはオフサイドを取られるも、VARチェックの結果ゴールが認められ先制。さらに、右サイドからのクロスに浜野がボレー気味に合わせて追加点。その後、藤野あおばが直接FK、植木理子がクロスをヘディングで合わせるなど、前線の4人がゴールを奪い、4-0で勝利を収めた。 後半から途中出場した浜野は前半試合をベンチから見守っていた中で、「11vs10になった中で、数的優位な場面は作れていたので、しっかりボールを保持して、日本らしいサッカーをできるなと余裕を少し持って入りました」とコメント。後半パフォーマンスが改善した理由については「11vs10というのは大きいなと思います」と、数的優位に立っていたことは大きく影響したとした。 自身は1G1Aの活躍を見せた中、五輪に向けて勢いづく結果に。「後半数的優位な中ですけど、しっかりボールを保持してゴールに向かうというアクションができたので、パリに向けて良い形でやれたと思います」と、自身にできると振り返った。 いよいよ10日後にはオリンピックが開幕。これまでも強い思いを語ってきた浜野だが「W杯と同じでオリンピックは自分にとっては想像つかない大舞台です。想像していないからこそ恐怖心はないです」と、想像できないぐらいの大きなものだとした。 なでしこジャパンの初戦は世界女王のスペイン女子代表。浜野はU-20ワールドカップの決勝でも対戦している国だ。 「スペインというチームはサッカー大国で、自分の憧れの国。ブラジルもそうですが、サッカーが日常にある国に日本がなっていくためには、そういう国に勝たないといけないです。1試合1試合勝っていきたいと思います」と、強国相手にもしっかりと結果を残したいと意気込んだ。 パリ・オリンピックに向けての心境は「想像はつかないですが、毎日しっかりコンディションを整えて、ケガなしで思い切ってプレーできるようにしたいです」と、試合にしっかりと出られるように準備をするとコメント。ゴールやアシストという結果も最近はついてきているが「立ち位置とかはわからないですが、試合に入っていって、結果も出ているので、今まではチャレンジという感じでしたが、背負うものが大きくなるので、しっかり戦いたいです」と、日の丸を背負うことの大きさを実感し始めているという。 「国を背負うということがどれほど大きいことがわからなかったですけど、今になって石川にもたくさんの方が足を運んでくださって、やっぱり応援されているのはわかりますし、本当に勝たなければいけないという思いが強くなりました。金メダルを獲って帰りたいと思います」 浜野は常に金メダルを口に。女子W杯はケガで悔し涙に終わったが、パリ・オリンピックは歓喜の涙に変えられるか注目だ。 <span class="paragraph-title”>【動画】浜野まいかがダイレクトボレーでネットを揺らす!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">(@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1812035351629955122?ref_src=twsrc%5Etfw">July 13, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.13 21:30 Sat
なでしこジャパンのMF長谷川唯(マンチェスター・シティ・ウィメン)が、ガーアン女子代表選を振り返った。 13日、金沢ゴーゴーカレースタジアムで、MS&ADカップ2024 〜能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~のなでしこジャパンvsガーナ女子代表が行われた。 パリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンとしては、最後の実戦。これからパリへと移動し、現地で本大会に向けて調整を続ける。 試合は通常の[3-4-3]ではなく、[4-3-3]で臨んだ日本。長谷川はボランチではなく、インサイドハーフのポジションでプレー。しかし、ガーナがしっかりとボールを保持してて集ってくる中、なでしこはなかなかボールをうまく繋げず、攻撃の形がうまく作れない。 そんな中で相手選手がDOGSOを取られて一発退場。日本は11vs10の戦いとなり、ブロックを作ってくる相手に対してさらに苦しむ形となった。 ゴールレスで迎えた後半は、[3-4-3]にシステムを変更。すると、選手の距離感が良くなったこともあり、徐々にボールをつなげることに。すると田中美南、浜野まいか、藤野あおば、植木理子と前線の4人がゴールを奪い、4-0で勝利を収めた。 試合後、長谷川はゲームを振り返り、前半は最悪の出来だったと振り返った。 「4-0という結果自体はパリの大会に向けて勢いづくと思いますが、前半は特に課題が多い試合になったなというのが正直なところです」 「自分自身、少し前目でプレーすることもあった中で、前で待つシーンが多かったなと思って、なかなかボールに触れずにリズムが出ないなというところでした」 「個人としても今までで最悪なぐらいの内容かなと思いましたが、後半はシステムを変えて少しボールを触れるようになった中で、リズムができてチャンスメイクは多少できたかなと思います。もっと早く前半から良いテンポで回せるように、システムなりポジションなり、立ち位置を考えてできれば良いなと思います」 「今回はチャレンジした部分も多いので、パリではそこまでの余裕もないので、しっかり考えてプレーしたいと思います」 システムが変わったこともあり、なかなか良い形でボールに触れていなかった長谷川だったが、後半はいつものポジションに戻り、しっかりとゲームメイク。後方の方がプレーはしやすいものの、前に入ってもしっかりとプレーしたいと反省した。 「もちろん後ろに下がった方が相手のプレッシャーもなくて余裕ができて簡単にプレーできると思いますけど、できれば狭いスペースでチャンスメイクできればと思っています」 「そもそもそこにボールが入るか入らないかというのがあるので、縦パスを入れるタイミングは相手が10人になって引いてきた部分もあったので難しかったですけど、縦パスを自分が入れる役なのか、受け手になるのかは、試合の流れを見ながらポジションを取っていければと思います」 試合中にはMF長野風花や前半はアンカーに入っていたDF熊谷紗希らと何度もコミュニケーションを取っていた。 特に前半は修正に苦労していたが「前半は相手が11人の時はポゼッションされてボールを持たれた感覚があって、思っていたよりも繋いでくる印象でした」と振り返り、「1トップで追いきれない時に自分が前に行って2トップにする感じで柔軟性を持ちました」と、自身がサポートに入ることで活路を見出そうとしていたという。 また数的優位になってからのプレーについては「カウンターっていうのが自分たちのリスクがなくなった中で、ブロックが敷かれると難しく、最近はそういう戦い方はしていないなと思いました」と、なかなか引いた相手と戦うことがなく、戸惑ったとコメント。「前半は本当に苦労したなと思いますし、ボールを触れない時間帯が多かったなと思います。11人でやりたかった部分はありますけど、本大会でこういう試合もあり得ると思うので、そういう点では大会前の一番大事な試合で良い試合になったと思います」と、想定外のことも起こったものの、その確認が本大会前にできたことをポジティブに捉えた。 この試合では藤野の直接FKなど、セットプレーも機能した。長谷川は「セットプレーというのは代表活動で力を入れてきているというか、色々なパターンを練習でやっているので、それが出たと思いますし、狙い通りの得点が決められたと思います」とコメント。「本大会ではセットプレーがカギになると思うので、続けていければ良いかなと思います」と、自分たちのものにしたいとした。 残り10日で開幕を迎えるパリ・オリンピック。「自分たちの頭の整理が大事だと思います」と、残りの日々の大切さを語る長谷川。「残り10日で、強度はまだ足りなかったと思うので、一対一は個人が突き詰めていきながら、チームとしては戦術の整理、いくつかある中でのプレー選択をしっかりやれていければ良いかなと思います」と語り、これまで長らくプレーしてきた選手たちと池田太監督と共に、最高の姿をパリで見せることを約束した。 2024.07.13 21:05 Sat
国際サッカー連盟(FIFA)は、パリ・オリンピックに関して、選手の入れ替えルールを変更することを発表した。 日本は男女共に出場果たしたパリ・オリンピック。男女全てのチームの代表メンバーが出揃うこととなった。 U-23日本代表はオーバーエイジを使用しなかったが、開催国のフランスはFWアレクサンドル・ラカゼット、モロッコはDFアクラフ・ハキミ、アルゼンチンはDFニコラス・オタメンディ、FWフリアン・アルバレスなど、実力者をチームに加えている。 ワールドカップ(W杯)などでは、23名のメンバーが招集可能となっている現行ルールだが、オリンピックは18名と極端に少ない構成に。中2日で試合も行われ、大きな負担がかかることが懸念されていた。 そんな中、大会開幕を約2週間後に控えた中、FIFAが国際オリンピック委員会(IOC)がルールの変更を決めたことを発表した。 登録選手は18名で変更はないものの、各国は4名のバックアップメンバーを登録している。この4名に関しては、各国の初戦の24時間前までにケガや病気などの理由であれば入れ替えられるというルールが設定されていた。 しかし、今回の変更により、大会期間中でも、医療上の理由に限り、選手を入れ替えることが可能に。本登録メンバーとバックアップメンバーを入れ替えることができることとなった。 また、一度離れた選手も、回復してプレーが可能となった場合には復帰もできるとのこと。各試合に18名までしか登録できないことは変わらないが、ケガなどで選手が減っていくということは無くなることとなった。 なお、バックアップの4名に関しては19番から22番の背番号が割り当てられることに。男女ともに日本は4名のバックアップメンバーを発表していたが、男子はバックアップの4名に関して帯同する予定はないと発表されていた。 2024.07.13 09:40 Sat
日本サッカー協会(JFA)は12日、「MS&ADカップ2024~能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~」のガーナ女子代表戦、そしてパリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンの背番号を発表した。 パリ・オリンピックに向けた活動を行っているなでしこジャパン。厳しい暑さが続く中、連日トレーニングに励んでいる。 13日には金沢ゴーゴーカレースタジアムでガーナと「MS&ADカップ2024~能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~」を戦い、その後フランスへと移動。オリンピックに向けた準備を進める。 背番号に関しては、「10」は継続してMF長野風花(リバプール)が着用。MF長谷川唯(マンチェスター・シティ)は「14」、WEリーグ得点王のMF清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)は「8」を着用する。 日本はグループステージでC組に入り、スペイン女子代表、ブラジル女子代表、ナイジェリア女子代表と対戦。女子W杯王者など難しい相手との戦いが待っている。 <span class="paragraph-subtitle">◆なでしこジャパンメンバー18名</span> GK 1.山下杏也加(INAC神戸レオネッサ) 18.平尾知佳(アルビレックス新潟レディース) DF 4.熊谷紗希(ローマ/イタリア) 2.清水梨紗(ウェストハム/イングランド) 13.北川ひかる(INAC神戸レオネッサ) 3.南萌華(ローマ/イタリア) 5.高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース) 6.古賀塔子(フェイエノールト/オランダ) MF 8.清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース) 14.長谷川唯(マンチェスター・シティ/イングランド) 16.林穂之香(ウェストハム/イングランド) 10.長野風花(リバプール/イングランド) 7.宮澤ひなた(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) 15.藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 12.谷川萌々子(FCローゼンゴード/スウェーデン) FW 11.田中美南(INAC神戸レオネッサ) 9.植木理子(ウェストハム/イングランド) 17.浜野まいか(チェルシー/イングランド) ◆バックアップメンバー4名 GK 22.大場朱羽(ミシシッピ大学) DF 20.守屋都弥(INAC神戸レオネッサ) 21.石川璃音(三菱重工浦和レッズレディース) FW 19.千葉玲海菜(フランクフルト/ドイツ) 2024.07.12 12:05 Fri

清水梨紗の人気記事ランキング

1

なでしこジャパンDF清水梨紗がマンチェスター・シティ加入…親友・長谷川唯と再共闘

なでしこジャパンDF清水梨紗(28)がマンチェスター・シティ・ウィメンへ加入した。背番号は「2」に決定。契約期間は2027年6月30日までの3年となる。 日テレ・東京ヴェルディベレーザの下部組織時代からの親友である、なでしこジャパンMF長谷川唯とのクラブチームでの再共闘が決定した多才な右サイドバックは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語った。 「まず第一に、これは挑戦になりますが、覚悟はできています。シティはボールを多く保持するフットボールスタイルでプレーしていて、私はそれが気に入っています。私は技術的に優れ、ボールを保持しているときは落ち着いてプレーできるので、シティのスタイルでうまくプレーできると思います」 「早くスタートして、新しいチームメイトと一緒にトロフィーを掲げるのが待ちきれません」 一方、チームを率いるガレス・テイラー監督は「リサはチームに知性と技術的な質をもたらす。彼女はWSLで豊富な経験を持つ定評のある国際選手であり、我々は彼女をクラブに迎えることができて嬉しく思っている」と、経験豊富な右サイドバックの加入を喜んでいる。 日テレ・東京ヴェルディベレーザの下部組織から長谷川と共にトップチームに昇格した清水は、なでしこリーグ、WEリーグで長らく主力として活躍。2022年夏にはウェストハム・ウィメンに完全移籍し、海外初挑戦を果たした。 その新天地では本職のサイドバックだけでなくボランチで新境地を開き、2シーズン連続で主力として活躍。ただ、昨シーズン終了までとなっていたクラブからの延長オファーを断り、ハマーズでは1カ月被っていたものの、共演は果たせなかった長谷川と再共演となるシティ行きを決断した。 共にパリ・オリンピックを戦うなでしこジャパンに招集中の2人は、パリでの成功を収めたのち、クラブではチェルシーに僅差で屈したFA女子スーパーカップ(FAWSL)のタイトルを目指すことになる。 <span class="paragraph-title">【動画】シティの清水梨紗が初お披露目!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">A new addition in defence! <br><br>Welcome to City, Risa! <a href="https://t.co/nrLtT4njC9">pic.twitter.com/nrLtT4njC9</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCity) <a href="https://twitter.com/ManCity/status/1811717139025317958?ref_src=twsrc%5Etfw">July 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.12 21:27 Fri
2

パリ五輪に臨むなでしこジャパンの背番号決定! 10番は継続して長野風花が着用【パリ五輪】

日本サッカー協会(JFA)は12日、「MS&ADカップ2024~能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~」のガーナ女子代表戦、そしてパリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンの背番号を発表した。 パリ・オリンピックに向けた活動を行っているなでしこジャパン。厳しい暑さが続く中、連日トレーニングに励んでいる。 13日には金沢ゴーゴーカレースタジアムでガーナと「MS&ADカップ2024~能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~」を戦い、その後フランスへと移動。オリンピックに向けた準備を進める。 背番号に関しては、「10」は継続してMF長野風花(リバプール)が着用。MF長谷川唯(マンチェスター・シティ)は「14」、WEリーグ得点王のMF清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)は「8」を着用する。 日本はグループステージでC組に入り、スペイン女子代表、ブラジル女子代表、ナイジェリア女子代表と対戦。女子W杯王者など難しい相手との戦いが待っている。 <span class="paragraph-subtitle">◆なでしこジャパンメンバー18名</span> GK 1.山下杏也加(INAC神戸レオネッサ) 18.平尾知佳(アルビレックス新潟レディース) DF 4.熊谷紗希(ローマ/イタリア) 2.清水梨紗(ウェストハム/イングランド) 13.北川ひかる(INAC神戸レオネッサ) 3.南萌華(ローマ/イタリア) 5.高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース) 6.古賀塔子(フェイエノールト/オランダ) MF 8.清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース) 14.長谷川唯(マンチェスター・シティ/イングランド) 16.林穂之香(ウェストハム/イングランド) 10.長野風花(リバプール/イングランド) 7.宮澤ひなた(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) 15.藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 12.谷川萌々子(FCローゼンゴード/スウェーデン) FW 11.田中美南(INAC神戸レオネッサ) 9.植木理子(ウェストハム/イングランド) 17.浜野まいか(チェルシー/イングランド) ◆バックアップメンバー4名 GK 22.大場朱羽(ミシシッピ大学) DF 20.守屋都弥(INAC神戸レオネッサ) 21.石川璃音(三菱重工浦和レッズレディース) FW 19.千葉玲海菜(フランクフルト/ドイツ) 2024.07.12 12:05 Fri
3

なでしこがパリ五輪に弾みの快勝劇! 10人のガーナ女子に前半無得点も後半一挙4得点【MS&ADカップ2024】

なでしこジャパンは13日、金沢ゴーゴーカレースタジアムでMS&ADカップ2024 〜能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~のガーナ女子代表戦に臨み、4-0で勝利した。 能登半島地震の復興支援マッチと銘打たれるが、パリ・オリンピック前国内最後の強化試合でもあるなでしこ(FIFAランキング7位)。ロンドン五輪の銀メダル以来、12年ぶりのメダル獲得を目指す戦いがいよいよ間近のなか、FIFAランキング65位のガーナ女子と対戦した。 この試合に向けては3バックでなく、清水梨紗、高橋はな、南萌華、北川ひかるの4バックが用いられ、アンカーに入る熊谷紗希の両脇に長野風花と長谷川唯。前線3枚に藤野あおば、田中美南、宮澤ひなたが並んだ。 テストマッチといえど、本番さながらの内容と結果が期待される一戦。開始2分に敵陣左サイドからのFKに田中美南が頭で合わせると、5分にも敵陣中央でのFKからボックス右の高橋はなが頭で狙いにいき、シュートシーンを作り出す。 なでしこの攻めが続くなか、11分にはセンターFWの田中が豪快な右足ミドルを放っていくが、惜しくもクロスバー。18分にも左サイドからのクロスを田中が胸トラップで収めにかかり、大外の藤野あおばがフィニッシュに持ち込む。 そのなか、23分に自陣中央で複数人での囲い込みでボールを奪った流れから、長谷川唯が一気に縦パスを出すと、藤野が反応。裏に抜け出した藤野が相手をひっくり返す形に持ち込み、ポーティア・ボアキエがたまらずファウルで止める。 このプレーがボアキエのレッドカードを誘って、なでしこが数的優位に。なでしこが一方的に攻め入る流れになるが、45+1分の右CKでも田中、高橋と立て続けにシュートを放っていきながらゴールを割れず。0-0で試合を折り返す。 前半のうちに崩し切れずだったが、後半から3バックにシフトすると、その頭から出場した浜野まいかが51分にバイタルエリア中央からスルーパス。ボックス左に抜け出した田中が左足フィニッシュでネットを揺らしてみせる。 最初はオフサイド判定だったが、VARの末にゴールが認められ、なでしこがついに先制。すると、65分には右CKからニアの田中が頭で合わせると、ファーの浜野が先制アシストに続いて、右足追加点を決め、ガーナ女子を突き放す。 その直後に平尾知佳と清家貴子を送り込むなか、67分にバイタルエリア左でFKのチャンス。キッカーの藤野が右足で直接狙っていくと、うまく壁上を通過したボールがゴール左上に吸い込まれ、勝利をほぼ決定づける3点目を奪う。 そんななでしこは74分にも古賀塔子と植木理子を投入しながら次のゴールも目指し、80分にバイタルエリア右でのFKから藤野のキックに植木が頭で合わせ、トドメの4得点目。後半アディショナルタイムに右ヒザを痛め、プレーを続けられなかった北川ひかるの状態が気がかりが、被災地の石川県を盛り上げる4発快勝劇を演じ、五輪壮行試合としても弾みをつけた。 なでしこは今後、フランスに飛び、19日に非公開でコロンビア女子代表相手に練習試合。パリ五輪のグループステージではC組に入り、スペイン女子代表、ブラジル女子代表、ナイジェリア女子代表と対戦する。 なでしこジャパン 4-0 ガーナ女子代表 【なでしこ】 田中美南(後6) 浜野まいか(後20) 藤野あおば(後22) 植木理子(後35) ◆出場メンバー ()内=途中出場選手 GK 山下杏也加(→後21 平尾知佳) DF 清水梨紗(→後21 清家貴子)、高橋はな、南萌華、北川ひかる MF 長野風花、熊谷紗希(→後29 古賀塔子)、長谷川唯 FW 藤野あおば(→後37 林穂之香)、田中美南(→後29 植木理子)、宮澤ひなた(→HT 浜野まいか) <span class="paragraph-title">【動画】藤野あおばが完璧FKでチーム3点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">️MS &amp; ADカップ2024<br>なでしこジャパンvsガーナ<br>後半22分<br>藤野あおば FKを直接決める!なでしこジャパン3点目!<br>フジテレビ系列で生放送中️<br>TVerでLive配信中️ <a href="https://t.co/NFlAqxS8e6">https://t.co/NFlAqxS8e6</a><a href="https://twitter.com/jfa_nadeshiko?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_nadeshiko</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/3ChKrifEFd">pic.twitter.com/3ChKrifEFd</a></p>&mdash; フジテレビサッカー (@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1812036664757485809?ref_src=twsrc%5Etfw">July 13, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.13 17:32 Sat
4

「CLで活躍したい」シティ加入のなでしこDF清水梨紗、チームメイトになる親友・長谷川唯に「一緒にプレーするのが楽しみ」

マンチェスター・シティ・ウィメンに加入したなでしこジャパンのDF清水梨紗(28)が、新天地での意気込みを語った。 12日、シティはウェストハムを退団していた清水の加入を発表。契約期間は2027年6月30日までの3年間、背番号は「2」に決定した。 日テレ・東京ヴェルディベレーザの下部組織時代からの親友である、なでしこジャパンMF長谷川唯と再びチームメイトになる清水。クラブでのファーストインタビューで意気込みを語った。 「本当にこのチームの仲間に入れて凄く嬉しいですし、早くみんなとプレーがしたいと思っています」 シティとはウェストハム時代に対戦している中、印象については「見ていて楽しいサッカーをしているなと思っていましたし、やっぱりチャンピオンズリーグに出て自分も活躍したいなと思いました」とコメント。より高いレベルでのプレーができると期待しているようだ。 実際にクラブに来ての印象は「ビックリしましたし、改めてここに私も入れるんだと実感して、今はとても楽しみです」とコメント。「施設の大きさに一番ビックリして、全てが揃っているなと思いました」と、規模の大きさにまずは驚いたという。 恵まれた環境で、トップレベルでのサッカーができることについては「全てをここでできるということは、自分のコンディションにとっても良いことだと思いますし、何もかもがここに揃っていることはプラスでしかないです」と地震への影響をコメント。「新しい刺激というのを受けられると思いますし、その選手たちに負けないように頑張っていきたいと思います」と、新たなチームメイトとのプレーにも言及した。 シティが戦うFA女子スーパーリーグ(FAWSL)では、チェルシー・ウィメンが5連覇中。2016年に優勝しているシティだが、その後は8シーズンで2位が6回、3位が1回という状況だ。 「このシティがトップのレベルだと思っているので、その中で自分がどう活躍していくかというのを日々努力しながら頑張りたいと思います」と語る清水。親友でもある長谷川についても言及し、同じようにチームの力になっていきたいと意気込んだ。 「凄く長い期間一緒にやってきた選手なので、一緒にプレーすることは楽しみですし、自分もシティの力になれるように頑張っていきたいと思います」 長谷川からはは「良いチームだと聞いています」と語った清水。「今の自分の実力も試せますし、このチームで優勝だったり、たくさん色々な試合で勝っていきたいと思います」と、改めてシティで成し遂げたいことを言及。ウェストハムでは右サイドバックだけでなく、左サイドバックや昨シーズン終盤はボランチでプレーしていたが、「ほとんど右サイドバックでプレーしていますが、左サイドバックでもプレーできることは求められていると思います。そういったところで自分の良さを出せればと思います」と、チームに求められていることを出していきたいとした。 プレースタイルtについては「シティは凄くボールを保持するチームですし、そういうプレースタイルが好きなので、合っていると思います」と、シティの戦い方が自分にも合っていると語る清水。「試合に出続けたい」と目標を語る中で、タイトル獲得を口にした。 「イングランドのトップレベルのリーグで優勝カップを挙げることは凄くハードですし、それに対して自分が貢献してシティが優勝というのに少しでも力になれればと思います」 日本人選手2人目の加入となり、年齢と契約内容を考えても即戦力としての活躍が期待されていることは間違いない。 応援してくれるファンに向けては「チームに貢献できるように頑張るので、これから応援よろしくお願いします」とコメント。どんなプレーを見せてくれるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title”>【動画】まるでモデル! 清水梨紗のシティ加入ムービーが話題</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://t.co/JCXZX8GtnM">pic.twitter.com/JCXZX8GtnM</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCityJP) <a href="https://twitter.com/ManCityJP/status/1811717709207601330?ref_src=twsrc%5Etfw">July 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.13 12:55 Sat
5

なでしこが30分×3本の変則的トレーニングマッチ、なでしこ1部ヴィアマテラス宮崎に5-0で勝利

10日、パリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンは、なでしこリーグ1部のヴィアマテラス宮崎とトレーニングマッチを行った。 パリ・オリンピック前には、13日に金沢でガーナ女子代表とのMS&ADカップを戦うなでしこジャパン。その2日前、千葉県内でトレーニングマッチを実施。30分×3本という変則的なマッチとなった。なお、谷川萌々子(FCローゼンゴード/スウェーデン)のみ継続して別メニューとなった。 <span class="paragraph-subtitle">◆1本目</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/nade20240710_tw1.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> GK:山下杏也加 DF:高橋はな、熊谷紗希、南萌華 MF:清水梨紗、林穂之香、長谷川唯、北川ひかる FW:清家貴子、植木理子、宮澤ひなた [3-4-3]の布陣で臨んだなでしこジャパン。ヴィアマテラスの出方を窺ったのもあったか、選手の距離感が遠く、なかなかボールをうまく繋ぐことができない。 それでも6分、裏へのボールに抜け出した清家が右サイドから折り返すと、走り込んだ林が蹴り込んで先制点を奪う。 ヴィアマテラス宮崎のプレスに対してビルドアップがうまく行かない中、ロングボールで背後を突こうとするも、精度が悪く攻撃がつながらない。難しい状況が続いた中、1-0で終了した。 <span class="paragraph-subtitle">◆2本目</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/nade20240710_tw2.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> GK:大場朱羽 DF:石川璃音、熊谷紗希、古賀塔子 MF:清水梨紗、長谷川唯、長野風花、宮澤ひなた FW:藤野あおば、田中美南、浜野まいか 1本目から8名を入れ替えたなでしこジャパン。インターバルでかなり修正を施し、しっかりとビルドアップして攻撃を仕掛けていく。 すると2分、浜野が田中のスルーパスに上手く抜け出してゴールを奪う。 前線の3人は流動的に動きつつ、ウイングバックも好きをみてスペースをついていく戦いに。すると15分には、右サイドからのクロスがクリアされるが、長谷川が縦につけたボールを田中がボックス内で上手く反転してそのまま左足シュート。これが決まり、2点目を奪う。 1本目よりも試合をコントロールするなでしこ。すると28分にはカウンターから長谷川のダイレクトパスに抜け出た藤野がしっかりとゴールを奪い、3-0で2本目を終えた。 <span class="paragraph-subtitle">◆3本目</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/nade20240710_tw3.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> GK:平尾知佳 DF:高橋はな、南萌華、古賀塔子 MF:清家貴子、林穂之香、長野風花、守屋都弥 FW:浜野まいか、藤野あおば、千葉玲海菜 3本目で全選手を起用した池田太監督。しかし、3本目はチャンスこそ多く作るものの、コンディションの問題もあるのか、動きが重くキレを失う。 4分には右サイドを抜けた清家のクロスに対し、逆サイドの守屋が飛び込んでヘッドも枠外。8分には長野のパスに左サイドを抜け出した千葉が角度のないところからシュートも枠を外す。 さらに9分には千葉がGKと一対一のチャンスを迎えるが、これはセーブされることに。ゴールが遠く焦れる展開が続いたが、22分に抜け出した藤野がGKもかわして無人のゴールに蹴り込み、1-0で勝利。3本合計5-0でなでしこジャパンが勝利を収めた。 2024.07.10 21:30 Wed

なでしこジャパンの人気記事ランキング

1

日本代表の新ユニフォームは「ヨウジヤマモト」と史上初のコラボ! テーマは「FIRE(炎)」、アウェイは赤い炎に注目

アディダスジャパンは21日、日本代表の新ユニフォームを発表した。 今夏行われる世界的なスポーツイベントを前に、日本代表の戦闘服が装いも新たに。アディダスは、「サッカー日本代表 2024 ユニフォーム」発表した。 新ユニフォームは、「ヨウジヤマモト」のデザイナーでもある日本が誇るファッションデザイナーの山本耀司氏がデザイン。アディダスとヨウジヤマモトのコラボレーションブランドである「Y-3」が日本代表と史上初のコラボレーションを果たした。 この新ユニフォームは、21日に行われたパリ・ファッションウィークにて発表。「ヨウジヤマモト」のコレクションの1つとして発表され、コレクションにはU-23日本代表のMF藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン)、なでしこジャパンのMF長野風花(リバプール)がランウェイを歩く特別な演出でお披露目された。 今回のユニフォームのテーマは「FIRE(炎)」。「サッカー日本代表2024ユニフォーム」の全体を通して一貫したモチーフとして登場するヨウジヤマモトによるデザインの炎のグラフィックは、サッカー日本代表が持つ揺るぎない力強さ、そして日本という国が持つ神秘的な力を象徴している。 ホームユニフォームはこれまでよりも暗い青であるダークネイビーが基調に。温度の高い「青い炎」をモチーフに、完全燃焼をいとわないサッカー日本代表のプレースタイルからインスパイアされたデザインとなっている。 ユニフォーム全面にあしらわれた、うねりを上げる小さな炎がひとつの大きな火柱へと成長するグラフィックは、それぞれのプレーヤーがひとつになった瞬間、チームとして凄まじい力を発揮するサッカー日本代表の力強さを表現している。 一方でアウェイユニフォームは、ホワイトを基調としながら異なる「赤い炎」のグラフィックを採用。余白を残しながら精密に配置された炎は、若さ溢れるチームによるピッチ上での溌溂としたプレーと、ヨウジヤマモトを象徴する「アシンメトリー」なデザインを体現している。 また、ゴールキーパーユニフォームにはホームユニフォームと同じ炎のグラフィックをフィーチャー。体の動きに合わせたカッティングとシルエットを採用することで、キーパーによる素早いアクションとより長いリーチをサポートする。 「サッカー日本代表 ユニフォーム」は、アディダス オンラインショップおよび直営店、アディダスアプリ、Y-3.com、Y-3 ZOZOTOWN、Y-3国内直営店、一部のアディダスおよび お取り扱い店舗にて6月22日(土)より先行発売、7月1日(月)より一般発売開始となる。 <span class="paragraph-title">【写真】山本耀司氏がデザインした日本代表の新ユニフォーム、テーマは「FIRE(炎)」</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="j82B9AIMKvA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/adidas20240621_tw11.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/adidas20240621_tw2.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/adidas20240621_tw3.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/adidas20240621_tw4.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/adidas20240621_tw15.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/adidas20240621_tw6.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> 写真:adidas is the official supplier of the Japan National Team 2024.06.22 05:00 Sat
2

「良い形でやれた」45分間の出場で1G1Aの活躍を見せた浜野まいか、パリ五輪へ「金メダルを獲って帰りたい」

なでしこジャパンのFW浜野まいか(チェルシー・ウィメン)が、ガーアン女子代表選を振り返った。 13日、金沢ゴーゴーカレースタジアムで、MS&ADカップ2024 〜能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~のなでしこジャパンvsガーナ女子代表が行われた。 パリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンとしては、最後の実戦。これからパリへと移動し、現地で本大会に向けて調整を続ける。 試合は通常の[3-4-3]ではなく、[4-3-3]で臨んだ日本。しかし、前半はガーナがしっかりとボールを保持してて集ってくる中、なでしこはなかなかボールをうまく繋げず、攻撃の形がうまく作れない。そんな中で相手選手がDOGSOを取られて一発退場。日本は11vs10の戦いとなり、ブロックを作ってくる相手に対してさらに苦しむ形となった。 ゴールレスで迎えた後半は、[3-4-3]にシステムを変更。浜野は後半頭から左ウイングのポジションで出場した。すると、選手の距離感が良くなったこともあり、徐々にボールをつなげることに。すると、浜野のスルーパスから田中美南がゴール。これはオフサイドを取られるも、VARチェックの結果ゴールが認められ先制。さらに、右サイドからのクロスに浜野がボレー気味に合わせて追加点。その後、藤野あおばが直接FK、植木理子がクロスをヘディングで合わせるなど、前線の4人がゴールを奪い、4-0で勝利を収めた。 後半から途中出場した浜野は前半試合をベンチから見守っていた中で、「11vs10になった中で、数的優位な場面は作れていたので、しっかりボールを保持して、日本らしいサッカーをできるなと余裕を少し持って入りました」とコメント。後半パフォーマンスが改善した理由については「11vs10というのは大きいなと思います」と、数的優位に立っていたことは大きく影響したとした。 自身は1G1Aの活躍を見せた中、五輪に向けて勢いづく結果に。「後半数的優位な中ですけど、しっかりボールを保持してゴールに向かうというアクションができたので、パリに向けて良い形でやれたと思います」と、自身にできると振り返った。 いよいよ10日後にはオリンピックが開幕。これまでも強い思いを語ってきた浜野だが「W杯と同じでオリンピックは自分にとっては想像つかない大舞台です。想像していないからこそ恐怖心はないです」と、想像できないぐらいの大きなものだとした。 なでしこジャパンの初戦は世界女王のスペイン女子代表。浜野はU-20ワールドカップの決勝でも対戦している国だ。 「スペインというチームはサッカー大国で、自分の憧れの国。ブラジルもそうですが、サッカーが日常にある国に日本がなっていくためには、そういう国に勝たないといけないです。1試合1試合勝っていきたいと思います」と、強国相手にもしっかりと結果を残したいと意気込んだ。 パリ・オリンピックに向けての心境は「想像はつかないですが、毎日しっかりコンディションを整えて、ケガなしで思い切ってプレーできるようにしたいです」と、試合にしっかりと出られるように準備をするとコメント。ゴールやアシストという結果も最近はついてきているが「立ち位置とかはわからないですが、試合に入っていって、結果も出ているので、今まではチャレンジという感じでしたが、背負うものが大きくなるので、しっかり戦いたいです」と、日の丸を背負うことの大きさを実感し始めているという。 「国を背負うということがどれほど大きいことがわからなかったですけど、今になって石川にもたくさんの方が足を運んでくださって、やっぱり応援されているのはわかりますし、本当に勝たなければいけないという思いが強くなりました。金メダルを獲って帰りたいと思います」 浜野は常に金メダルを口に。女子W杯はケガで悔し涙に終わったが、パリ・オリンピックは歓喜の涙に変えられるか注目だ。 <span class="paragraph-title”>【動画】浜野まいかがダイレクトボレーでネットを揺らす!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">(@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1812035351629955122?ref_src=twsrc%5Etfw">July 13, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.13 21:30 Sat
3

パリ五輪に臨むなでしこジャパンの背番号決定! 10番は継続して長野風花が着用【パリ五輪】

日本サッカー協会(JFA)は12日、「MS&ADカップ2024~能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~」のガーナ女子代表戦、そしてパリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンの背番号を発表した。 パリ・オリンピックに向けた活動を行っているなでしこジャパン。厳しい暑さが続く中、連日トレーニングに励んでいる。 13日には金沢ゴーゴーカレースタジアムでガーナと「MS&ADカップ2024~能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~」を戦い、その後フランスへと移動。オリンピックに向けた準備を進める。 背番号に関しては、「10」は継続してMF長野風花(リバプール)が着用。MF長谷川唯(マンチェスター・シティ)は「14」、WEリーグ得点王のMF清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)は「8」を着用する。 日本はグループステージでC組に入り、スペイン女子代表、ブラジル女子代表、ナイジェリア女子代表と対戦。女子W杯王者など難しい相手との戦いが待っている。 <span class="paragraph-subtitle">◆なでしこジャパンメンバー18名</span> GK 1.山下杏也加(INAC神戸レオネッサ) 18.平尾知佳(アルビレックス新潟レディース) DF 4.熊谷紗希(ローマ/イタリア) 2.清水梨紗(ウェストハム/イングランド) 13.北川ひかる(INAC神戸レオネッサ) 3.南萌華(ローマ/イタリア) 5.高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース) 6.古賀塔子(フェイエノールト/オランダ) MF 8.清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース) 14.長谷川唯(マンチェスター・シティ/イングランド) 16.林穂之香(ウェストハム/イングランド) 10.長野風花(リバプール/イングランド) 7.宮澤ひなた(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) 15.藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 12.谷川萌々子(FCローゼンゴード/スウェーデン) FW 11.田中美南(INAC神戸レオネッサ) 9.植木理子(ウェストハム/イングランド) 17.浜野まいか(チェルシー/イングランド) ◆バックアップメンバー4名 GK 22.大場朱羽(ミシシッピ大学) DF 20.守屋都弥(INAC神戸レオネッサ) 21.石川璃音(三菱重工浦和レッズレディース) FW 19.千葉玲海菜(フランクフルト/ドイツ) 2024.07.12 12:05 Fri
4

「CLで活躍したい」シティ加入のなでしこDF清水梨紗、チームメイトになる親友・長谷川唯に「一緒にプレーするのが楽しみ」

マンチェスター・シティ・ウィメンに加入したなでしこジャパンのDF清水梨紗(28)が、新天地での意気込みを語った。 12日、シティはウェストハムを退団していた清水の加入を発表。契約期間は2027年6月30日までの3年間、背番号は「2」に決定した。 日テレ・東京ヴェルディベレーザの下部組織時代からの親友である、なでしこジャパンMF長谷川唯と再びチームメイトになる清水。クラブでのファーストインタビューで意気込みを語った。 「本当にこのチームの仲間に入れて凄く嬉しいですし、早くみんなとプレーがしたいと思っています」 シティとはウェストハム時代に対戦している中、印象については「見ていて楽しいサッカーをしているなと思っていましたし、やっぱりチャンピオンズリーグに出て自分も活躍したいなと思いました」とコメント。より高いレベルでのプレーができると期待しているようだ。 実際にクラブに来ての印象は「ビックリしましたし、改めてここに私も入れるんだと実感して、今はとても楽しみです」とコメント。「施設の大きさに一番ビックリして、全てが揃っているなと思いました」と、規模の大きさにまずは驚いたという。 恵まれた環境で、トップレベルでのサッカーができることについては「全てをここでできるということは、自分のコンディションにとっても良いことだと思いますし、何もかもがここに揃っていることはプラスでしかないです」と地震への影響をコメント。「新しい刺激というのを受けられると思いますし、その選手たちに負けないように頑張っていきたいと思います」と、新たなチームメイトとのプレーにも言及した。 シティが戦うFA女子スーパーリーグ(FAWSL)では、チェルシー・ウィメンが5連覇中。2016年に優勝しているシティだが、その後は8シーズンで2位が6回、3位が1回という状況だ。 「このシティがトップのレベルだと思っているので、その中で自分がどう活躍していくかというのを日々努力しながら頑張りたいと思います」と語る清水。親友でもある長谷川についても言及し、同じようにチームの力になっていきたいと意気込んだ。 「凄く長い期間一緒にやってきた選手なので、一緒にプレーすることは楽しみですし、自分もシティの力になれるように頑張っていきたいと思います」 長谷川からはは「良いチームだと聞いています」と語った清水。「今の自分の実力も試せますし、このチームで優勝だったり、たくさん色々な試合で勝っていきたいと思います」と、改めてシティで成し遂げたいことを言及。ウェストハムでは右サイドバックだけでなく、左サイドバックや昨シーズン終盤はボランチでプレーしていたが、「ほとんど右サイドバックでプレーしていますが、左サイドバックでもプレーできることは求められていると思います。そういったところで自分の良さを出せればと思います」と、チームに求められていることを出していきたいとした。 プレースタイルtについては「シティは凄くボールを保持するチームですし、そういうプレースタイルが好きなので、合っていると思います」と、シティの戦い方が自分にも合っていると語る清水。「試合に出続けたい」と目標を語る中で、タイトル獲得を口にした。 「イングランドのトップレベルのリーグで優勝カップを挙げることは凄くハードですし、それに対して自分が貢献してシティが優勝というのに少しでも力になれればと思います」 日本人選手2人目の加入となり、年齢と契約内容を考えても即戦力としての活躍が期待されていることは間違いない。 応援してくれるファンに向けては「チームに貢献できるように頑張るので、これから応援よろしくお願いします」とコメント。どんなプレーを見せてくれるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title”>【動画】まるでモデル! 清水梨紗のシティ加入ムービーが話題</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://t.co/JCXZX8GtnM">pic.twitter.com/JCXZX8GtnM</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCityJP) <a href="https://twitter.com/ManCityJP/status/1811717709207601330?ref_src=twsrc%5Etfw">July 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.13 12:55 Sat
5

なでしこがパリ五輪に弾みの快勝劇! 10人のガーナ女子に前半無得点も後半一挙4得点【MS&ADカップ2024】

なでしこジャパンは13日、金沢ゴーゴーカレースタジアムでMS&ADカップ2024 〜能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~のガーナ女子代表戦に臨み、4-0で勝利した。 能登半島地震の復興支援マッチと銘打たれるが、パリ・オリンピック前国内最後の強化試合でもあるなでしこ(FIFAランキング7位)。ロンドン五輪の銀メダル以来、12年ぶりのメダル獲得を目指す戦いがいよいよ間近のなか、FIFAランキング65位のガーナ女子と対戦した。 この試合に向けては3バックでなく、清水梨紗、高橋はな、南萌華、北川ひかるの4バックが用いられ、アンカーに入る熊谷紗希の両脇に長野風花と長谷川唯。前線3枚に藤野あおば、田中美南、宮澤ひなたが並んだ。 テストマッチといえど、本番さながらの内容と結果が期待される一戦。開始2分に敵陣左サイドからのFKに田中美南が頭で合わせると、5分にも敵陣中央でのFKからボックス右の高橋はなが頭で狙いにいき、シュートシーンを作り出す。 なでしこの攻めが続くなか、11分にはセンターFWの田中が豪快な右足ミドルを放っていくが、惜しくもクロスバー。18分にも左サイドからのクロスを田中が胸トラップで収めにかかり、大外の藤野あおばがフィニッシュに持ち込む。 そのなか、23分に自陣中央で複数人での囲い込みでボールを奪った流れから、長谷川唯が一気に縦パスを出すと、藤野が反応。裏に抜け出した藤野が相手をひっくり返す形に持ち込み、ポーティア・ボアキエがたまらずファウルで止める。 このプレーがボアキエのレッドカードを誘って、なでしこが数的優位に。なでしこが一方的に攻め入る流れになるが、45+1分の右CKでも田中、高橋と立て続けにシュートを放っていきながらゴールを割れず。0-0で試合を折り返す。 前半のうちに崩し切れずだったが、後半から3バックにシフトすると、その頭から出場した浜野まいかが51分にバイタルエリア中央からスルーパス。ボックス左に抜け出した田中が左足フィニッシュでネットを揺らしてみせる。 最初はオフサイド判定だったが、VARの末にゴールが認められ、なでしこがついに先制。すると、65分には右CKからニアの田中が頭で合わせると、ファーの浜野が先制アシストに続いて、右足追加点を決め、ガーナ女子を突き放す。 その直後に平尾知佳と清家貴子を送り込むなか、67分にバイタルエリア左でFKのチャンス。キッカーの藤野が右足で直接狙っていくと、うまく壁上を通過したボールがゴール左上に吸い込まれ、勝利をほぼ決定づける3点目を奪う。 そんななでしこは74分にも古賀塔子と植木理子を投入しながら次のゴールも目指し、80分にバイタルエリア右でのFKから藤野のキックに植木が頭で合わせ、トドメの4得点目。後半アディショナルタイムに右ヒザを痛め、プレーを続けられなかった北川ひかるの状態が気がかりが、被災地の石川県を盛り上げる4発快勝劇を演じ、五輪壮行試合としても弾みをつけた。 なでしこは今後、フランスに飛び、19日に非公開でコロンビア女子代表相手に練習試合。パリ五輪のグループステージではC組に入り、スペイン女子代表、ブラジル女子代表、ナイジェリア女子代表と対戦する。 なでしこジャパン 4-0 ガーナ女子代表 【なでしこ】 田中美南(後6) 浜野まいか(後20) 藤野あおば(後22) 植木理子(後35) ◆出場メンバー ()内=途中出場選手 GK 山下杏也加(→後21 平尾知佳) DF 清水梨紗(→後21 清家貴子)、高橋はな、南萌華、北川ひかる MF 長野風花、熊谷紗希(→後29 古賀塔子)、長谷川唯 FW 藤野あおば(→後37 林穂之香)、田中美南(→後29 植木理子)、宮澤ひなた(→HT 浜野まいか) <span class="paragraph-title">【動画】藤野あおばが完璧FKでチーム3点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">️MS &amp; ADカップ2024<br>なでしこジャパンvsガーナ<br>後半22分<br>藤野あおば FKを直接決める!なでしこジャパン3点目!<br>フジテレビ系列で生放送中️<br>TVerでLive配信中️ <a href="https://t.co/NFlAqxS8e6">https://t.co/NFlAqxS8e6</a><a href="https://twitter.com/jfa_nadeshiko?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_nadeshiko</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/3ChKrifEFd">pic.twitter.com/3ChKrifEFd</a></p>&mdash; フジテレビサッカー (@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1812036664757485809?ref_src=twsrc%5Etfw">July 13, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.13 17:32 Sat

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly