「むしろプレミアへの憧れを隠す必要はない」ダンフリースが思いの丈を率直に語る「“夢”よりインテルが好き」

2024.06.19 15:25 Wed
インテルのオランダ代表MFデンゼル・ダンフリース(28)
Getty Images
インテルのオランダ代表MFデンゼル・ダンフリース(28)
インテルのオランダ代表MFデンゼル・ダンフリース(28)が去就について口を開いた。

インテルとの契約が残り1年、今夏の新天地行きが排除できないダンフリース。現在オランダ代表に帯同するなか、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏のインタビューであれこれ語った。
「インテルの一員として、2つ目のスター獲得(クラブ通算20回目のスクデット)に貢献できて嬉しい。2021年の加入からこれを確信していたし、3年間の努力は無駄じゃなかったね」

「言うまでもなくインテルは素晴らしい集団。選手、コーチ、職員…全員に固有のクオリティがあって、成長へ足を止めない。再びチャンピオンズリーグ(CL)でも競争できるはずだよ」

誰もが気になる「去就」に話題が及ぶと、インテルへの愛着を明言。思いの丈を率直に、隠すことなく語る。
「ミラノとインテルは僕が住む街、僕の家。家族で幸せだよ。だから、むしろプレミアリーグへの憧れを隠す必要はないんだ。“夢”があってもインテルを離れるのは難しい。サッカー関係者以外にもミラノでたくさん知り合いができたし、僕の体内にはネラッズーリの血が流れているんだ」

しかし、現実問題としてマロッタ・インテルはダンフリース売却を念頭に置き、契約交渉も停滞中。「残留か移籍か、ユーロ2024後にどちらかへ転ぶ」と明かした。

「たとえミランかユベントスへ移籍することになっても驚きはない。常套句だけど、サッカーの世界では何が起こるかわからないんだ。大前提にインテルを離れることに前向きじゃない、ってのは忘れて欲しくない」

「繰り返しておく…インテルは僕の家。長く契約延長について話し合っているけど、ある時期はクラブの経営が良くなく、現在はオーナーが変わって忙しい時期。ユーロ2024が終わればどちらへ転ぶか僕もわかるはずだよ」

インテルはダンフリース売却に備えて日本代表DF菅原由勢(23)をリストアップしているとされる。

デンゼル・ダンフリースの関連記事

オランダ代表MFデンゼル・ダンフリース(28)とインテルの間で契約延長交渉が再開される。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 オランダ代表は10日、ユーロ2024準決勝でイングランド代表に逆転負けを喫し、ベスト4敗退。ダンフリースはチームが先制してすぐ、PK献上のファウルで同点弾を与えてしまった。 かねてより伝えられる通り、オランダの幕引きに伴い、ダンフリースとインテルの間で契約延長交渉が再開される見通しに。代理人は敗退に前後してインテル側へ連絡を取り、協議の日程を詰めたとのことだ。 現行契約は残り1年。両者は互いに延長合意を探りつつも、ダンフリースは年俸の大幅アップを求め、インテルは合意の道筋がないと判断すれば今夏中に売却する意向とされる。 妥当なシナリオとしては、年俸を現在の純額250万ユーロ(約4.4億円)から400万ユーロ(約7億円)に引き上げた上で、ボーナスを付帯させるというもの。契約延長か売却か、現時点ではどちらに転ぶか判断材料が乏しいようだ。 『カルチョメルカート』はまた、インテルがリストアップしていたAZの日本代表DF菅原由勢(23)が、サウサンプトン行きでほぼ決着したことを紹介。外的要因を考慮すればダンフリースは残留の可能性も低くない、としている。 2024.07.11 13:30 Thu
インテル所属のカナダ代表MFタジョン・ブキャナンが長期離脱へ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 コパ・アメリカ2024に参戦中のカナダ代表。 グループAを世界王者・アルゼンチン代表に次ぐ2位で通過したなか、日本時間6日10:00の準々決勝では、ベネズエラ代表と激突する。 1月にインテル入りしたブキャナンは、本職の右サイドハーフで今大会グループ全3試合に出場。ただ、練習中に脛骨を骨折してしまったようで、最悪4〜5カ月の長期離脱になるという。 カナダ代表チームの公式Xも現地時間2日、同日の練習でブキャナンが「脚を負傷した」との表現にとどめつつ負傷を報告。直ちに病院へ搬送され、これから精密検査に臨むとしている。 インテルで右ウイングバックを担うブキャナン。同ポジションで主力のオランダ代表MFデンゼル・ダンフリースには退団噂もある今夏だが、今後の展開やいかに。 2024.07.03 16:45 Wed
14日、ユーロ2024がいよいよ開幕。ドイツで行われる今大会は24カ国が出場し、7月14日までの1カ月間開催される。 今大会には最後の国際大会になる選手や、所属クラブで躍動した若手選手まで、622名の選手にプレーの可能性がある状況。出場24カ国を注目選手と共に紹介していく。 <span class="paragraph-subtitle">■オランダ代表</span> 出場回数:2大会連続11回目 最高成績:優勝(1988) ユーロ2020結果:ベスト16 予選結果:グループB・2位 監督:ロナルド・クーマン <span style="font-weight:800">◆注目選手</span> MFタイアニ・ラインデルス(ミラン) 1998年7月29日(25歳) 離脱者続出の中盤で躍動なるか。優勝候補数チームの下に位置する第2グループに属するオランイェでは、世界最高峰のDFであるファン・ダイク、通算45ゴールを挙げるエースのデパイら重鎮がキープレーヤーとなることに間違いない。また、ブンデスリーガで躍動したマートセン、フリンポン、シャビ・シモンズらサイドプレーヤーの活躍にも期待したいところだ。 ただ、今大会のカギを握る存在はフレンキー・デ・ヨング、トゥン・コープマイネルス、マールテン・デ・ローンら主軸の相次ぐ離脱で手薄となった中盤の軸を担う25歳となるはずだ。 近年多くの逸材を輩出する国内の強豪AZで台頭し、昨夏ミランへのステップアップを遂げたインドネシアにルーツを持つMF。AZ時代には中盤の前目の位置で攻撃センス、推進力を遺憾なく発揮するダイナミズムを最大の売りとしてきたが、ロッソネリではより深い位置でビルドアップ、前線と中盤を繋ぐリンクマンとしての新境地を開いた。ボックス・トゥ・ボックスのスタイルはそのままに、よりシンプル且つ効果的なプレー判断が光る洗練された万能型MFに進化した印象だ。 [4-3-3]をメインに[3-4-2-1]のオプション採用も想定される中、クーマン監督が選んだ中盤は深めの位置でプレーするスハウテンを除き、ボックス・トゥ・ボックスタイプの選手が多く、ラインデルスには自身の特長を活かしながらオーガナイザー、バランサーという側面をより強調したプレーが求められることになる。 <span style="font-weight:800">◆試合日程</span> ▽6月16日(日) 《22:00》 【D】ポーランド代表 vs オランダ代表 ▽6月21日(金) 《28:00》 【D】オランダ代表 vs フランス代表 ▽6月25日(火) 《25:00》 【D】オランダ代表 vs オーストリア代表 <span style="font-weight:800">◆招集メンバー</span> GK 1.バルト・フェルブルッヘン(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) 13.ユスティン・バイロウ(フェイエノールト) 23.マルク・フレッケン(ブレントフォード/イングランド) DF 2.ルシャレル・ヘールトライダ(フェイエノールト) 3.マタイス・デ・リフト(バイエルン/ドイツ) 4.ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/イングランド) 5.ナタン・アケ(マンチェスター・シティ/イングランド) 6.ステファン・デ・フライ(インテル/イタリア) 12.ジェレミー・フリンポン(レバークーゼン/ドイツ) 15.ミッキー・ファン・デ・フェン(トッテナム/イングランド) 17.デイリー・ブリント(ジローナ/スペイン) 20.イアン・マートセン(ドルトムント/ドイツ) 22.デンゼル・ダンフリース(インテル/イタリア) MF 7.シャビ・シモンズ(RBライプツィヒ/ドイツ) 8.ジョルジニオ・ワイナルドゥム(アル・イテファク/サウジアラビア) 14.タイアニ・ラインデルス(ミラン/イタリア) 16.ジョエイ・フェールマン(PSV) 24.イェルディ・スハウテン(PSV) 26.ライアン・グラフェンベルフ(リバプール/イングランド) FW 9.ワウト・ヴェグホルスト(ホッフェンハイム/ドイツ) 10.メンフィス・デパイ(アトレティコ・マドリー/スペイン) 11.コーディ・ガクポ(リバプール/イングランド) 18.ドニエル・マレン(ドルトムント/ドイツ) 19.ブライアン・ブロビー(アヤックス) 21.ジョシュア・ザークツィ(ボローニャ/イタリア) 25.ステーフェン・ベルフワイン(アヤックス) 2024.06.16 18:00 Sun
インテルのスポーツ・ディレクター(SD)、ピエロ・アウシリオ氏が去就注目のオランダ代表戦士について「売却の可能性あり」を明言した。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 主将にして現セリエANo.1のスター選手であるアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス、そして自国民No.1の市場価値を誇るイタリア代表MFニコロ・バレッラとの契約延長が近いとされるインテル。 ジュゼッペ・マロッタCEO(新会長)とのコンビで国内最強インテルを築いたアウシリオSDは、ラウタロ&バレッラと異なり、退団の噂が絶えないオランダ代表MFデンゼル・ダンフリース(28)について「2人と状況が違う」と話す。 「最近もダンフリースと話したよ。インテルに残留したい気持ちは間違いなくあるし、今回もそれを認めた。喜んでここに残る…と言いたいところだが、その契約につき、我々は様子を見ないといけない」 「詰まるところ、ダンフリースには他(クラブ)のチャンスが訪れる、と我々は踏んでいる。今はインテルの選手だし、我々は互いに満足感を持っている。もし他クラブから提案があれば、それについて本人交えて話し合うということだ」 ダンフリースは昨季まで2年間、インテル不動の右ウイングバックに君臨。しかし初スクデットの今季は序列が不安定になり、メンタルコントロールに苦しんだことも告白している。 契約は2025年6月まで。昨年から長く続く延長交渉は一向に進展しておらず、“マロッタ・インテル”の性質を考慮すれば、今夏での売却が最も妥当かつ、選手本人の今後を考えても良い選択肢ではないか、という見立てが少なくない。 2024.06.07 14:40 Fri
オランダ代表はユーロ2024を目前に控え、若手2人が序列アップに成功だ。オランダ『Voetbal International』が伝える。 6日、国際親善試合のオランダ代表vsカナダ代表が行われ、ホームのオランダが後半4発で4-0と勝利。レバークーゼン所属の人気銘柄DFジェレミー・フリンポン(23)は代表初得点だ。 そのフリンポンについてロナルド・クーマン監督は「かなり目立っていた。右サイドの深い位置まで侵入し、彼と同じくらいハイレベルな左サイドのアルフォンソ・デイビス(バイエルン)を凌駕していた」と賛辞を贈る。 オランダ代表の右サイドといえば、MFデンゼル・ダンフリース(28)が有力な選手だが、同選手は所属するインテルで今季1年不遇。クーマン監督は「右は選択肢が多い。ダンフリースには練習で左をやってもらった」と明かし、フリンポンのスターター起用継続を匂わせた。 また、今季プレミアリーグで頭角を表したDFミッキー・ファン・デ・フェン(23)。この日はDFデイリー・ブリントが中央に配置され、自身はシーズン終盤戦のトッテナムでも起用された左サイドバックとしてフル出場した。 オランダ各紙がフリンポンとともに軒並み最高評価を与えたファン・デ・フェンについて、指揮官も「左サイドだったから試合の入りを懸念していたが、要らぬ心配だった。スピードとパワーは見ての通り。私は十二分に満足している」と短く最大級に褒め称えた。 16日のユーロ2024グループステージ第1節・ポーランド代表戦まで、あと1週間あまり。オランダは代表キャップの少ない若い選手2人が、ここに来て序列アップに成功したようだ。 同代表はセンターバック層が非常に分厚いこともあり、ファン・デ・フェンについては左サイドバックがしばらく定位置となりそうだ。 2024.06.07 13:20 Fri

インテルの関連記事

リーベル・プレートは12日、インテルのアルゼンチン人DFフランコ・カルボーニ(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 レンタル期間は2026年1月までの1年半でイタリア『トゥットメルカート』によると買い取る際の移籍金は500万ユーロ(約8億6000万円)とのこと。 2020年1月にカリアリからインテルの下部組織に加入したアルゼンチン出身の左サイドバック兼、左MFのフランコ・カルボーニは、これまでカリアリやモンツァ、テルナーナにレンタル。昨季後半はセリエBのテルナーナで主力として19試合に出場していた。 イタリアでプロキャリアをスタートさせたフランコ・カルボーニだったが、母国の名門で更なる飛躍を期すことになった。 2024.07.13 07:00 Sat
インテルは12日、シモーネ・インザーギ監督(48)と2026年6月まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から1年更新した格好だ。 2021年夏にインテルの指揮官に就任したS・インザーギ監督は、コッパ・イタリア連覇に加えて昨季のスクデット獲得と、インテルに3季連続でタイトルをもたらしていた。 サウジアラビアのアル・ナスルから年俸2000万ユーロ(約34億9000万円)+ボーナスの巨額オファーが届いていたようだが、インテルと契約延長したS・インザーギ監督は以下のように述べた。 「これまでたくさんのオファーを貰ったが、インテルを離れることを考えたことはなかった。インテルに評価してもらっていると感じるし、他のオファーを聞きたくもない。クラブ、選手、ファンと一体感があるんだ。もちろん、他のクラブから評価されることは嬉しいが、離れようと思ったことはないよ」 2024.07.13 06:00 Sat
インテルがアルゼンチン代表MFバレンティン・カルボーニ(19)に関して、マルセイユとの交渉を始めたようだ。 カルボーニは15歳でインテル入りした攻撃的MF。23-24シーズンはトップチーム昇格のうえでモンツァへレンタル移籍し、キャリアで初めてセリエAをフルシーズン戦った。 途中出場も多かったが、多彩なアタッカーとしてコンスタントに試合に絡み続け、3月にアルゼンチン代表デビュー。そのまま定着し、現在はコパ・アメリカ2024に参戦中だ。 インテル視点だと新シーズンの戦力カウントも十分に可能な飛躍を遂げたが、選手層が分厚いためか、売却を考慮。同時に「マルセイユが獲得へ本腰」と報じられてきた。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、マルセイユとの協議はすでにスタート。 インテルの要求をマルセイユが呑めるか否か…また、実現した場合の移籍形態が完全移籍なのかレンタル移籍なのか微妙なところだが、少なくとも、マルセイユ側はカルボーニ本人の承諾さえ得られれば、獲得は間違いないと踏んでいるとのことだ。 2024.07.11 19:00 Thu
韓国代表DFキム・ミンジェ(27)に関し、バイエルンがインテルの打診を断ったようだ。 今夏の移籍が浮上しているキム・ミンジェ。 2022-23シーズンにナポリでスクデット、センターバックとしてセリエA最優秀DF賞を受賞し、鳴り物入りでバイエルン加入も、1年を通じてやや安定感を欠いた。 そこへシュツットガルトからDF伊藤洋輝が加入するなどし、キム・ミンジェは序列低下の可能性も。これは欧州各国のクラブも認識しているようで、インテルが関心との報道が。 しかし、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、バイエルンはインテルから届いたレンタル移籍の打診を断ったとのことだ。 インテルにとってのキム・ミンジェは、オランダ代表DFステファン・デ・フライ(32)を売却した場合の後釜候補。デ・フライは複数のサウジアラビアクラブが獲得を検討中とされる。 一度バイエルンに断られるも、今後もキム・ミンジェをリストアップし続けるようで、状況次第で再びバイエルンに声をかける可能性も排除できないとみられている。 2024.07.11 18:25 Thu
オランダ代表MFデンゼル・ダンフリース(28)とインテルの間で契約延長交渉が再開される。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 オランダ代表は10日、ユーロ2024準決勝でイングランド代表に逆転負けを喫し、ベスト4敗退。ダンフリースはチームが先制してすぐ、PK献上のファウルで同点弾を与えてしまった。 かねてより伝えられる通り、オランダの幕引きに伴い、ダンフリースとインテルの間で契約延長交渉が再開される見通しに。代理人は敗退に前後してインテル側へ連絡を取り、協議の日程を詰めたとのことだ。 現行契約は残り1年。両者は互いに延長合意を探りつつも、ダンフリースは年俸の大幅アップを求め、インテルは合意の道筋がないと判断すれば今夏中に売却する意向とされる。 妥当なシナリオとしては、年俸を現在の純額250万ユーロ(約4.4億円)から400万ユーロ(約7億円)に引き上げた上で、ボーナスを付帯させるというもの。契約延長か売却か、現時点ではどちらに転ぶか判断材料が乏しいようだ。 『カルチョメルカート』はまた、インテルがリストアップしていたAZの日本代表DF菅原由勢(23)が、サウサンプトン行きでほぼ決着したことを紹介。外的要因を考慮すればダンフリースは残留の可能性も低くない、としている。 2024.07.11 13:30 Thu

セリエAの関連記事

ボローニャは12日、アタランタのイタリア人FWニコロ・カンビアギ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月までの5年間。移籍金は1000万ユーロ(約17億2000万円)とのことだ。 アタランタの下部組織出身である走力に長けたセカンドストライカーのカンビアギは、2022年夏からエンポリにレンタル。在籍2シーズンで公式戦66試合出場8ゴール7アシストを記録していた。 ラツィオやジェノアも獲得に興味を示していたようだが、チャンピオンズリーグに出場するボローニャが獲得を決めた。 2024.07.13 08:00 Sat
ラツィオは12日、スペイン人DFマリオ・ヒラ(23)がトレーニング中の負傷で左足の小指を骨折したことを発表した。全治に関しては今後数日以内に受ける検査で明確になるとのこと。 レアル・マドリーの下部組織出身で2022年夏からラツィオでプレーするセンターバックのマリオ・ヒラ。昨季は飛躍を遂げ、公式戦29試合に出場していた。 そのマリオ・ヒラに対し、古巣のレアル・マドリーはリールのDFレニー・ヨロの獲得が失敗に終わった場合、復帰を要請する可能性が報じられていたが、この負傷によって復帰は遠のいたと言えるかもしれない。 2024.07.13 07:30 Sat
リーベル・プレートは12日、インテルのアルゼンチン人DFフランコ・カルボーニ(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 レンタル期間は2026年1月までの1年半でイタリア『トゥットメルカート』によると買い取る際の移籍金は500万ユーロ(約8億6000万円)とのこと。 2020年1月にカリアリからインテルの下部組織に加入したアルゼンチン出身の左サイドバック兼、左MFのフランコ・カルボーニは、これまでカリアリやモンツァ、テルナーナにレンタル。昨季後半はセリエBのテルナーナで主力として19試合に出場していた。 イタリアでプロキャリアをスタートさせたフランコ・カルボーニだったが、母国の名門で更なる飛躍を期すことになった。 2024.07.13 07:00 Sat
ラツィオは12日、イタリア代表FWチーロ・インモービレ(34)がベシクタシュに移籍したことを発表した。 2016年にセビージャから加入して以降、ラツィオのエースとして通算340試合207ゴールを記録し、3度のセリエA得点王にも輝いたレジェンドのインモービレ。 ラツィオとの契約は2026年まで残っていたが、昨季の不調、クラウディオ・ロティート会長との問題もあり、今夏のタイミングで移籍を決断するに至った。 空港でイタリア『スカイ』のインタビューを受けたインモービレは「この8年間は素晴らしかった。特別な旅だったが、全ての偉大な物語と同じようにこの旅も終わりを迎えたんだ。ラツィアーレは素晴らしかった。彼らは僕に全てを与えてくれた。この決断は極めて冷静に下されたものだ。誰のせいでもないよ。ラツィオは若いチームになるけどマルコ・バローニ監督の下、とても意欲的だ。トルコから応援しているよ」とエールを送った。 移籍市場に精通するジャーナリストのニコロ・スキラ氏によれば、インモービレは年俸600万ユーロ(約10億4000万円)の2年契約+1年の延長オプションという条件で個人間合意。さらに、クラブ間では移籍金300万ユーロ(約5億2000万円)程度の条件で合意に至ったとのことだ。 2024.07.13 06:30 Sat
インテルは12日、シモーネ・インザーギ監督(48)と2026年6月まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から1年更新した格好だ。 2021年夏にインテルの指揮官に就任したS・インザーギ監督は、コッパ・イタリア連覇に加えて昨季のスクデット獲得と、インテルに3季連続でタイトルをもたらしていた。 サウジアラビアのアル・ナスルから年俸2000万ユーロ(約34億9000万円)+ボーナスの巨額オファーが届いていたようだが、インテルと契約延長したS・インザーギ監督は以下のように述べた。 「これまでたくさんのオファーを貰ったが、インテルを離れることを考えたことはなかった。インテルに評価してもらっていると感じるし、他のオファーを聞きたくもない。クラブ、選手、ファンと一体感があるんだ。もちろん、他のクラブから評価されることは嬉しいが、離れようと思ったことはないよ」 2024.07.13 06:00 Sat

記事をさがす

デンゼル・ダンフリースの人気記事ランキング

1

ダンフリースとインテルの契約交渉が再開へ…延長or売却は現状50-50か

オランダ代表MFデンゼル・ダンフリース(28)とインテルの間で契約延長交渉が再開される。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 オランダ代表は10日、ユーロ2024準決勝でイングランド代表に逆転負けを喫し、ベスト4敗退。ダンフリースはチームが先制してすぐ、PK献上のファウルで同点弾を与えてしまった。 かねてより伝えられる通り、オランダの幕引きに伴い、ダンフリースとインテルの間で契約延長交渉が再開される見通しに。代理人は敗退に前後してインテル側へ連絡を取り、協議の日程を詰めたとのことだ。 現行契約は残り1年。両者は互いに延長合意を探りつつも、ダンフリースは年俸の大幅アップを求め、インテルは合意の道筋がないと判断すれば今夏中に売却する意向とされる。 妥当なシナリオとしては、年俸を現在の純額250万ユーロ(約4.4億円)から400万ユーロ(約7億円)に引き上げた上で、ボーナスを付帯させるというもの。契約延長か売却か、現時点ではどちらに転ぶか判断材料が乏しいようだ。 『カルチョメルカート』はまた、インテルがリストアップしていたAZの日本代表DF菅原由勢(23)が、サウサンプトン行きでほぼ決着したことを紹介。外的要因を考慮すればダンフリースは残留の可能性も低くない、としている。 2024.07.11 13:30 Thu
2

インテルの右WBブキャナンがコパ・アメリカ2024参戦中に骨折…最大4〜5カ月の離脱か

インテル所属のカナダ代表MFタジョン・ブキャナンが長期離脱へ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 コパ・アメリカ2024に参戦中のカナダ代表。 グループAを世界王者・アルゼンチン代表に次ぐ2位で通過したなか、日本時間6日10:00の準々決勝では、ベネズエラ代表と激突する。 1月にインテル入りしたブキャナンは、本職の右サイドハーフで今大会グループ全3試合に出場。ただ、練習中に脛骨を骨折してしまったようで、最悪4〜5カ月の長期離脱になるという。 カナダ代表チームの公式Xも現地時間2日、同日の練習でブキャナンが「脚を負傷した」との表現にとどめつつ負傷を報告。直ちに病院へ搬送され、これから精密検査に臨むとしている。 インテルで右ウイングバックを担うブキャナン。同ポジションで主力のオランダ代表MFデンゼル・ダンフリースには退団噂もある今夏だが、今後の展開やいかに。 2024.07.03 16:45 Wed
3

デ・ヨング、ファン・ダイク、デ・パイら主軸にシモンズ、ブロビーの若手も招集!オランダ代表が発表《ユーロ2024予選》

オランダサッカー協会(KNVBは17日、ユーロ2024予選に臨むオランダ代表メンバー25名を発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)ではグループステージを首位通過すると、準々決勝では優勝したアルゼンチン代表の前に敗れ、ベスト8で敗退となっていた。 ルイス・ファン・ハール監督から引き継いだロナルド・クーマン監督は37名の候補から25名に絞り込んでいた。 新体制での臨むユーロ予選には、DFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)やDFマタイス・デ・リフト(バイエルン)、MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)、FWメンフィス・デパイ(アトレティコ・マドリー)らが招集。また、MFシャビ・シモンズ(PSV)やFWブライアン・ブロビー(アヤックス)なども招集されている。 オランダはグループBに入っており、フランス代表、アイルランド代表、ギリシャ代表、ジブラルタル代表と同居。24日にアウェイでフランスと、27日にホームでジブラルタルと対戦する。 今回発表されたオランダ代表メンバーは以下の通り。 ◆オランダ代表メンバー25名 GK マルク・フレッケン(フライブルク/ドイツ) バルト・フェルブルーゲン(アンデルレヒト/ベルギー) ヤスパー・シレッセン(NECナイメヘン) DF ルシャレル・ヘールトライダ(フェイエノールト) ユリエン・ティンバー(アヤックス) デンゼル・ダンフリース(インテル/イタリア) デイリー・ブリント(バイエルン/ドイツ) マタイス・デ・リフト(バイエルン/ドイツ) スヴェン・ボトマン(ニューカッスル/イングランド) ナタン・アケ(マンチェスター・シティ/イングランド) タイレル・マラシア(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/イングランド) MF マッツ・ヴァイファー(フェイエノールト) シャビ・シモンズ(PSV) ケネト・テイラー(アヤックス) デイヴィ・クラーセン(アヤックス) マルテン・デ・ローン(アタランタ/イタリア) ジョルジニオ・ワイナルドゥム(ローマ/イタリア) フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン) FW メンフィス・デパイ(アトレティコ・マドリー/スペイン) ステーフェン・ベルハイス(アヤックス) ステーフェン・ベルフワイン(アヤックス) ブライアン・ブロビー(アヤックス) コーディ・ガクポ(リバプール/イングランド) ワウト・ヴェグホルスト(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) 2023.03.17 23:10 Fri
4

超万能かつ低年俸…財政難インテルにうってつけ? カナダ代表の24歳ブキャナンに関心

インテルが、クラブ・ブルージュのカナダ代表FWタジョン・ブキャナン(24)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 カタール・ワールドカップ(W杯)のカナダ代表にも名を連ねたブキャナン。昨年1月のクラブ・ブルージュ加入まではメジャーリーグ・サッカー(MLS)でプレーしていた右利きの快足ウィンガーだ。 クラブ・ブルージュではスタメンの座を確保し、今季の公式戦21試合で1得点4アシストをマーク。右サイドバックや両サイドハーフなど、1〜2試合ごとに異なるポジションで起用され続けているという超ユーティリティ戦士だ。 そんなブキャナンをインテルは右ウィングバックとして注視。今夏に向けては、昨夏に続いてオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(26)の売却が再燃しており、後釜として迎え入れたい考えのようだ。 また、財務バランスが常に気がかりなインテルにとってブキャナンはうってつけの選手とのこと。同選手のクラブ・ブルージュでの年俸は50万ユーロ(約7000万円)未満とされている。 2023.02.13 17:56 Mon
5

オランダ代表が26名に絞られる! ケガのデ・ローンやティンバーら4名が落選【ユーロ2024】

オランダサッカー協会(KNVB)は29日、ユーロ2024に臨むオランダ代表メンバー26名を発表した。 2大会連続11回目の出場となり、1988年以来の優勝を目指すオランダ代表。ロナルド・クーマン監督は16日に候補メンバー30名を発表していた。 登録メンバーは26名のため、4名が落選となった中、外れたのは負傷したMFマルテン・デ・ローン(アタランタ)、MFクインテン・ティンバー(フェイエノールト)の他、GKニック・オライ(スパルタ・ロッテルダム)、DFイアン・マートセン(ドルトムント)となった。 本大会には、DFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)やMFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)、DFマタイス・デ・リフト(バイエルン)、DFナタン・アケ(マンチェスター・シティ)ら、主軸は順当に残っている。 オランダ代表は、本大会でグループDに入っており、6月6日にカナダ代表、同10日にアイスランド代表とトレーニングマッチを行う。今回発表されたオランダ代表メンバーは以下の通り。 ◆オランダ代表メンバー26名 GK マルク・フレッケン(ブレントフォード/イングランド) バルト・フェルブルッヘン(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) ユスティン・バイロウ(フェイエノールト) DF ルシャレル・ヘールトライダ(フェイエノールト) ステファン・デ・フライ(インテル/イタリア) デンゼル・ダンフリース(インテル/イタリア) デイリー・ブリント(ジローナ/スペイン) ジェレミー・フリンポン(レバークーゼン/ドイツ) マタイス・デ・リフト(バイエルン/ドイツ) ミッキー・ファン・デ・フェン(トッテナム/イングランド) ナタン・アケ(マンチェスター・シティ/イングランド) ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/イングランド) MF ジョエイ・フェールマン(PSV) イェルディ・スハウテン(PSV) ジョルジニオ・ワイナルドゥム(アル・イテファク/サウジアラビア) ライアン・グラフェンベルフ(リバプール/イングランド) シャビ・シモンズ(RBライプツィヒ/ドイツ) タイアニ・ラインデルス(ミラン/イタリア) トゥン・コープマイネルス(アタランタ/イタリア) フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン) FW メンフィス・デパイ(アトレティコ・マドリー/スペイン) コーディ・ガクポ(リバプール/イングランド) ワウト・ヴェグホルスト(ホッフェンハイム/ドイツ) ドニエル・マレン(ドルトムント/ドイツ) ブライアン・ブロビー(アヤックス) ステーフェン・ベルフワイン(アヤックス) 2024.05.30 00:20 Thu

インテルの人気記事ランキング

1

バルセロナでのプレー継続は難しいカンセロ、代理人がインテル&ユベントス復帰の可能性探る

マンチェスター・シティのポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(30)にイタリア復帰の可能性が出てきているようだ。イタリア『スポルト・メディアセット』が伝えた。 マンチェスター・シティで構想外扱いとなり、2023-24シーズンはバルセロナへレンタル移籍したカンセロ。シーズン中に残留希望を明言していたが、財政難に悩むクラブが買い取ることは難しく、バルセロナは再レンタルの道を模索している。 そんななか、イタリア『ラ・スタンパ』は代理人のジョルジュ・メンデス氏が、インテルとユベントスに接触したと報道。かつて在籍したクラブへの復帰の可能性があるのかを探ったという。 インテルでは、コパ・アメリカ2024に参加していたカナダ代表MFタジョン・ブキャナンが練習中に脛骨を骨折し、最大4〜5カ月離脱の見込み。コロンビア代表MFフアン・クアドラードの退団も発表され、ウイングバックに補強の余地が生まれている。 ユベントスでは、元ブラジル代表DFアレックス・サンドロが契約満了により退団。元イタリア代表DFマッティア・デ・シリオはチアゴ・モッタ新監督の構想外と見られており、売却候補に挙がっている。 守備に不安はありながらも、両サイドで攻撃のクオリティを上げられるカンセロ。インテルかユベントスに重宝される可能性は十分あるが、最大の障壁は金銭面で、シティが要求する移籍金は2500万ユーロ(約43億5000万円)だという。 一方、買い取りオプションが付帯する形であればレンタル移籍も検討できる模様。また、カンセロの高年俸も問題となるが、チャンピオンズリーグ(CL)やクラブ・ワールドカップ(CWC)に出場するチームでプレーするためなら、本人は減俸も受け入れる覚悟のようだ。 ベンフィカの下部組織出身のカンセロは、2017-18シーズンにバレンシアからインテルへレンタル移籍。2018年8月にはユベントスへ完全移籍し、セリエAで計2シーズンプレーしてからマンチェスター・シティへと移っていた。 2024.07.08 13:28 Mon
2

ポルトがイラン代表FWタレミの退団を発表…数日中にもインテル入りか

ポルトは7日、イラン代表FWメフディ・タレミ(31)が契約満了により退団したことを発表した。 タレミは母国の強豪ペルセポリスやカタールのアル・ガラファなどを経て、2019年夏にリオ・アヴェへ加入。欧州初挑戦ながら1年目に公式戦37試合21得点を記録し、早くも翌夏に名門ポルト行きのチャンスを掴んだ。 ポルトでも加入当初からゴールを量産するなどエースとして君臨。通算182試合で91得点56アシストを記録し、プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)で得点王2回、ベストイレブン4回という輝かしい実績を誇っていた。 ポルトとの契約最終年となった2023-24シーズンは自身2度目のポルトガル1部得点王を受賞した昨季から一転、公式戦35試合11得点7アシストと平凡な結果に終わっていた。 なお、イタリアメディアによれば、フリーとなったタレミは2023-24シーズン終了前からインテルへの移籍がほぼ確実となっており、年俸300万ユーロ(約4億8000万円)+3年契約で合意していると報じられていた。 2024.07.08 07:00 Mon
3

インテル、ナポリを退団したジエリンスキの獲得を正式発表!4年契約を締結

インテルは6日、ナポリを退団したポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(30)の獲得を発表した。契約期間は2028年6月30日までとなる。 2011年にウディネーゼの下部組織に移籍したジエリンスキは、2012年11月にトップチームデビュー。2014年夏から2年間はレンタル移籍したエンポリでプレーすると、その時指導を受けたマウリツィオ・サッリ監督に求められる形で、2016年夏にウディネーゼからナポリへ完全移籍。 高い戦術眼とパスセンスに加え、中盤の複数ポジションをこなすユーティリティー性を併せ持つ万能型MFは、ボールのオン・オフ両面で質の高い動きをみせ、中盤と前線を繋ぐリンクマンとして絶大な存在感を放ち、在籍8年間で公式戦364試合で51ゴール46アシストを記録。 ナポリとの契約最終年となった2023-24シーズンもセリエAで28試合3ゴール2アシストを記録するなど、主軸としてプレーすると、クラブ側から契約延長を打診されたが、これを拒否しシーズン終了後に退団が発表されていた。 なお、イタリア『カルチョメルカート』によれば、ジエリンスキの年俸は450万ユーロ(約7億8500万円)になるとのことだ。 2024.07.07 00:40 Sun
4

伊藤洋輝の加入で難しい状況に? バイエルンの韓国代表DFキム・ミンジェ、セリエA復帰の可能性

バイエルンでプレーする韓国代表DFキム・ミンジェ(27)だが、セリエAに戻ってくる可能性があるようだ。 ナポリでプレーしていたキム・ミンジェは、2023年夏に5000万ユーロ(約87億2000万円)でバイエルンへと完全移籍した。 バイエルンでは公式戦36試合で1ゴール2アシストを記録。コンスタントに試合に出場していた一方で、期待されたほどの評価は得ていない状況だった。 そんな中、バイエルンは日本代表DF伊藤洋輝をシュツットガルトから完全移籍で獲得。ディフェンスラインの入れ替えが起こる可能性があり、キム・ミンジェには退団の噂も出ている。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、キム・ミンジェに対してインテルが関心を寄せているとのこと。再びセリエAでのプレー機会を与えようと考えているという。 伊藤に加え、2024年1月にトッテナムから加入した元イングランド代表DFエリック・ダイアーにポジションを奪われる形となったキム・ミンジェ。インテルは、買い取りオプションがなければ、バイエルンはレンタル移籍で手放すと考えているという。 インテルとバイエルンは、スイス代表GKヤン・ゾマー、フランス代表DFバンジャマン・パヴァールの移籍で関係を築いており、両クラブ間の移籍には大きな壁はなさそうだ。 また、インテルはオランダ代表DFステファン・デ・フライに退団の可能性があり、売却する場合はより獲得に動く可能性が高いという。 2024.07.07 22:57 Sun
5

インテルがジェノア守護神マルティネスを獲得、ゾマーの後継者に

インテルは9日、元スペイン代表GKジョゼップ・マルティネス(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金は1350万ユーロ(約23億5000万円)にボーナス200万ユーロ(約3億5000万円)とのこと。 マルティネスはバルセロナ下部組織出身のGKで、ラス・パルマスでプロデビュー後、RBライプツィヒ時代の2021年に23歳でスペイン代表初キャップ。ライプツィヒでは定位置を確保できなかった中、2022年夏加入のジェノアで正GKとなり、セリエA昇格と残留に大きく貢献していた。 インテルでは昨季、35歳のGKヤン・ゾマーが守護神を務めてスクデットを獲得。ただ、2024-25シーズン終了後に満了となる契約を延長する意思がインテルにはないようで、マルティネスがゾマーの後継者になることが見込まれている。 2024.07.10 07:30 Wed

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly