アタランタ、輝き取り戻したデ・ケテラエルを完全移籍で獲得!

2024.06.16 00:30 Sun
Getty Images
アタランタは15日、ミランからレンタルしていたベルギー代表MFチャールズ・デ・ケテラエル(23)の買い取りオプションを行使したことを発表した。

昨シーズン、クラブ・ブルージュからミランへ加わるもその巨大なポテンシャルを発揮できず、わずか1年でアタランタに買い取りオプション付きのレンタルで加入したデ・ケテラエル。
それでも、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下で復活を遂げると、2023-24シーズンは公式戦50試合に出場し14ゴール11アシストを記録。クラブ史上初となるヨーロッパ・リーグ(EL)制覇やコッパ・イタリア準優勝にも貢献した。

『フットボール・イタリア』によれば、アタランタはデ・ケテラエルの移籍金として2200万ユーロ(約37億4000万円)をミランに支払うとのことだ。

アタランタの関連記事

ボローニャは12日、アタランタのイタリア人FWニコロ・カンビアギ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月までの5年間。移籍金は1000万ユーロ(約17億2000万円)とのことだ。 アタランタの下部組織出身である走力に長けたセカンドストライカーのカンビアギは、2022年夏からエンポリにレンタル。在籍2シーズンで公式戦66試合出場8ゴール7アシストを記録していた。 ラツィオやジェノアも獲得に興味を示していたようだが、チャンピオンズリーグに出場するボローニャが獲得を決めた。 2024.07.13 08:00 Sat
セルティックのデンマーク代表MFマット・オライリー(23)にアタランタの動きがあったようだ。 セルティックでは日本代表MF旗手怜央とともに、中盤の主力に数えられ、昨季も公式戦49試合で19得点18アシストの活躍を披露したオライリー。ユーロ2024の代表から落選したのは驚きだったが、今年1月にアトレティコ・マドリーの関心が囁かれ、今夏も去就が注目される。 イタリア『スカイ』によると、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(25)と元イングランド代表DFベン・ゴッドフリー(26)に続いて、フロジノーネからイタリア人MFマルコ・ブレシャニーニ(24)の獲得に迫るアタランタがオライリーにも注目し、最初のオファーを出したという。 アタランタの提示額はおよそ1500万ユーロ(約25億9000万円)とされるが、セルティックの要求額とは差があり、より高い金額を提示する必要があるそうだ。 アタランタではオランダ代表MFトゥン・コープマイネルス(26)の将来が懸念事項。オライリーを巡る動きもコープマイネルスの状況を考えてのものとみられるようだが、いかに。 2024.07.12 11:05 Fri
レスター・シティは9日、アタランタの元U-21イタリア代表DFカレブ・オコリ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月30日までの5年となる。 オコリは、アタランタのアカデミー育ち、2020年9月にファーストチームに昇格すると、SPAL、クレモネーゼ、フロジノーネと武者修行を繰り返した。 アタランタのファーストチームでは17試合に出場。レンタル先を含め、セリエAで51試合1アシスト、セリエBで43試合1ゴール1アシストを記録していた。 世代別のイタリア代表を経験しているセンターバックで、2023年に行われたU-21欧州選手権では、イタリア代表として参加していた。 A代表歴はまだないが、将来が期待されるセンターバック。プレミアリーグ昇格を果たしたレスターでどのようなシーズンを迎えるか注目される。 2024.07.09 23:25 Tue
アタランタは5日、ガラタサライのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(25)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、特定の条件を満たした場合は買い取り義務が発生する。 ザニオーロはジェノアやフィオレンティーナの下部組織で育つと、エンテッラ、インテルの下部組織でもプレー。2018年7月にインテルからローマに完全移籍した。 天才肌のゲームメーカーだったが、度重なるヒザの重傷に見舞われることに。右ヒザの半月板損傷と前十字じん帯断裂の重傷を負うと、復帰してすぐに代表戦で今度は左ヒザに重傷を負うなどした。 2023年2月にガラタサライに完全移籍。2023-24シーズンはアストン・ビラへレンタル移籍していた中、公式戦39試合で3ゴールを記録していた。 ローマ時代には公式戦128試合で24ゴール18アシスト。セリエAでは94試合で13ゴール10ゴールを記録している。 2023-24シーズンのアタランタはヨーロッパリーグ(EL)を見事に優勝。2024-25シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)に参加することになるが、ザニオーロが輝きを見せられるか注目だ。 2024.07.05 22:05 Fri
アタランタがガラタサライのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(24)獲得を決めたようだ。 ザニオーロは2023年冬に、ローマからガラタサライへ完全移籍。その後、昨夏の移籍市場では買い取りオプション付きのレンタルでアストン・ビラに加入したが、思うような成績を残せず、買い取りオプションは行使されないままトルコへ戻っていた。 そんなザニオーロに対しては、アタランタとフィオレンティーナが接触。選手自身はセリエA復帰を熱望しており、ガラタサライも2027年まで契約を残すイタリア代表MFの売却を望んでいたことから、交渉の進展が注目されていた。 そんな中で、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏や複数メディアの報道によると、ザニオーロのアタランタ行きが決まったとのことだ。 契約は買い取りオプションの付随したレンタル移籍となり、アタランタはガラタサライにレンタル料として600万ユーロ(約10億円)を支払う予定。また、買い取りオプション金額は1450万ユーロ(約25億円)となり、一定の条件を満たすと買い取り義務に変更する仕組みと報じられている。 ザニオーロは4日にメディカルチェックを受ける模様。巨大なポテンシャルを秘める同選手が、再びセリエAでプレーする日が近づいてきている。 2024.07.04 08:25 Thu

セリエAの関連記事

ボローニャは12日、アタランタのイタリア人FWニコロ・カンビアギ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月までの5年間。移籍金は1000万ユーロ(約17億2000万円)とのことだ。 アタランタの下部組織出身である走力に長けたセカンドストライカーのカンビアギは、2022年夏からエンポリにレンタル。在籍2シーズンで公式戦66試合出場8ゴール7アシストを記録していた。 ラツィオやジェノアも獲得に興味を示していたようだが、チャンピオンズリーグに出場するボローニャが獲得を決めた。 2024.07.13 08:00 Sat
ラツィオは12日、スペイン人DFマリオ・ヒラ(23)がトレーニング中の負傷で左足の小指を骨折したことを発表した。全治に関しては今後数日以内に受ける検査で明確になるとのこと。 レアル・マドリーの下部組織出身で2022年夏からラツィオでプレーするセンターバックのマリオ・ヒラ。昨季は飛躍を遂げ、公式戦29試合に出場していた。 そのマリオ・ヒラに対し、古巣のレアル・マドリーはリールのDFレニー・ヨロの獲得が失敗に終わった場合、復帰を要請する可能性が報じられていたが、この負傷によって復帰は遠のいたと言えるかもしれない。 2024.07.13 07:30 Sat
リーベル・プレートは12日、インテルのアルゼンチン人DFフランコ・カルボーニ(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 レンタル期間は2026年1月までの1年半でイタリア『トゥットメルカート』によると買い取る際の移籍金は500万ユーロ(約8億6000万円)とのこと。 2020年1月にカリアリからインテルの下部組織に加入したアルゼンチン出身の左サイドバック兼、左MFのフランコ・カルボーニは、これまでカリアリやモンツァ、テルナーナにレンタル。昨季後半はセリエBのテルナーナで主力として19試合に出場していた。 イタリアでプロキャリアをスタートさせたフランコ・カルボーニだったが、母国の名門で更なる飛躍を期すことになった。 2024.07.13 07:00 Sat
ラツィオは12日、イタリア代表FWチーロ・インモービレ(34)がベシクタシュに移籍したことを発表した。 2016年にセビージャから加入して以降、ラツィオのエースとして通算340試合207ゴールを記録し、3度のセリエA得点王にも輝いたレジェンドのインモービレ。 ラツィオとの契約は2026年まで残っていたが、昨季の不調、クラウディオ・ロティート会長との問題もあり、今夏のタイミングで移籍を決断するに至った。 空港でイタリア『スカイ』のインタビューを受けたインモービレは「この8年間は素晴らしかった。特別な旅だったが、全ての偉大な物語と同じようにこの旅も終わりを迎えたんだ。ラツィアーレは素晴らしかった。彼らは僕に全てを与えてくれた。この決断は極めて冷静に下されたものだ。誰のせいでもないよ。ラツィオは若いチームになるけどマルコ・バローニ監督の下、とても意欲的だ。トルコから応援しているよ」とエールを送った。 移籍市場に精通するジャーナリストのニコロ・スキラ氏によれば、インモービレは年俸600万ユーロ(約10億4000万円)の2年契約+1年の延長オプションという条件で個人間合意。さらに、クラブ間では移籍金300万ユーロ(約5億2000万円)程度の条件で合意に至ったとのことだ。 2024.07.13 06:30 Sat
インテルは12日、シモーネ・インザーギ監督(48)と2026年6月まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から1年更新した格好だ。 2021年夏にインテルの指揮官に就任したS・インザーギ監督は、コッパ・イタリア連覇に加えて昨季のスクデット獲得と、インテルに3季連続でタイトルをもたらしていた。 サウジアラビアのアル・ナスルから年俸2000万ユーロ(約34億9000万円)+ボーナスの巨額オファーが届いていたようだが、インテルと契約延長したS・インザーギ監督は以下のように述べた。 「これまでたくさんのオファーを貰ったが、インテルを離れることを考えたことはなかった。インテルに評価してもらっていると感じるし、他のオファーを聞きたくもない。クラブ、選手、ファンと一体感があるんだ。もちろん、他のクラブから評価されることは嬉しいが、離れようと思ったことはないよ」 2024.07.13 06:00 Sat

アタランタの人気記事ランキング

1

EL王者アタランタ、イタリア代表MFザニオーロを買取義務のレンタル移籍でガラタサライから獲得!

アタランタは5日、ガラタサライのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(25)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、特定の条件を満たした場合は買い取り義務が発生する。 ザニオーロはジェノアやフィオレンティーナの下部組織で育つと、エンテッラ、インテルの下部組織でもプレー。2018年7月にインテルからローマに完全移籍した。 天才肌のゲームメーカーだったが、度重なるヒザの重傷に見舞われることに。右ヒザの半月板損傷と前十字じん帯断裂の重傷を負うと、復帰してすぐに代表戦で今度は左ヒザに重傷を負うなどした。 2023年2月にガラタサライに完全移籍。2023-24シーズンはアストン・ビラへレンタル移籍していた中、公式戦39試合で3ゴールを記録していた。 ローマ時代には公式戦128試合で24ゴール18アシスト。セリエAでは94試合で13ゴール10ゴールを記録している。 2023-24シーズンのアタランタはヨーロッパリーグ(EL)を見事に優勝。2024-25シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)に参加することになるが、ザニオーロが輝きを見せられるか注目だ。 2024.07.05 22:05 Fri
2

昇格組レスターがアタランタのDFオコリを完全移籍で獲得、アカデミー育ちでセリエA 51試合に出場

レスター・シティは9日、アタランタの元U-21イタリア代表DFカレブ・オコリ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月30日までの5年となる。 オコリは、アタランタのアカデミー育ち、2020年9月にファーストチームに昇格すると、SPAL、クレモネーゼ、フロジノーネと武者修行を繰り返した。 アタランタのファーストチームでは17試合に出場。レンタル先を含め、セリエAで51試合1アシスト、セリエBで43試合1ゴール1アシストを記録していた。 世代別のイタリア代表を経験しているセンターバックで、2023年に行われたU-21欧州選手権では、イタリア代表として参加していた。 A代表歴はまだないが、将来が期待されるセンターバック。プレミアリーグ昇格を果たしたレスターでどのようなシーズンを迎えるか注目される。 2024.07.09 23:25 Tue
3

ユベントスの2番手GKペリン、年俸2倍オファー含めた7つもの打診を全て拒否か

ユベントスの元イタリア代表GKマッティア・ペリン(31)が、手元に届いた打診全てを拒否したようだ。 ユベントスの2番手GKペリン。 時折、正GKヴォイチェフ・シュチェスニーとのローテーションで起用される元イタリア代表の実力者だが、そんななかでも今季は加入後最少となるセリエA出場3試合にとどまった。 そのためか、31歳とまだまだ若いペリンには各クラブが熱視線。イタリア『トゥット・スポルト』によると、アタランタ、モンツァ、フィオレンティーナ、コモ、パルマ、古巣ジェノアがユベントスに照会を依頼したという。 また、スュペル・リグ(トルコ1部)の強豪、ジョゼ・モウリーニョ新監督のフェネルバフチェは、年俸純額300万ユーロ(約5.1億円)をペリン側に提示。現年俸の2倍とされる額だ。 ただ、契約をあと1年残すペリンは全ての打診にお断り。ユベントスはクリスティアーノ・ジュントリSDが2年延長+オプション1年を調整しており、ペリンは今後のキャリアをこちらに一本化しているとのことだ。 2024.06.24 20:55 Mon
4

ザニオーロがアタランタ加入へ、買取OP付きのレンタル移籍でクラブ間合意

アタランタがガラタサライのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(24)獲得を決めたようだ。 ザニオーロは2023年冬に、ローマからガラタサライへ完全移籍。その後、昨夏の移籍市場では買い取りオプション付きのレンタルでアストン・ビラに加入したが、思うような成績を残せず、買い取りオプションは行使されないままトルコへ戻っていた。 そんなザニオーロに対しては、アタランタとフィオレンティーナが接触。選手自身はセリエA復帰を熱望しており、ガラタサライも2027年まで契約を残すイタリア代表MFの売却を望んでいたことから、交渉の進展が注目されていた。 そんな中で、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏や複数メディアの報道によると、ザニオーロのアタランタ行きが決まったとのことだ。 契約は買い取りオプションの付随したレンタル移籍となり、アタランタはガラタサライにレンタル料として600万ユーロ(約10億円)を支払う予定。また、買い取りオプション金額は1450万ユーロ(約25億円)となり、一定の条件を満たすと買い取り義務に変更する仕組みと報じられている。 ザニオーロは4日にメディカルチェックを受ける模様。巨大なポテンシャルを秘める同選手が、再びセリエAでプレーする日が近づいてきている。 2024.07.04 08:25 Thu
5

イタリア帰還望むザニオーロ、現時点では古巣復帰が有力な選択肢…

イタリア帰還が噂されるイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(24)は、現時点で古巣復帰の可能性が高いようだ。 昨夏、ガラタサライから買い取りオプション付きのレンタル移籍でアストン・ビラに加入したザニオーロ。即戦力として大きな期待が寄せられていたが、公式戦39試合出場で2ゴール、プレミアリーグでの先発はわずか9試合にとどまった。 これにより、ビラは買い取りオプションを行使を見送り、2027年まで契約を残すガラタサライへの復帰が決定した。 ただ、ガラタサライとザニオーロの双方にイスタンブールでプレーを継続する意思はなく、イタリア帰還が有力な選択肢となっている。 そういった中、ここ最近ではアタランタ、フィオレンティーナが有力な新天地候補に挙がっているが、イタリア『スカイ・スポルト』によると、その獲得レースをリードしているのは、同選手が2010年から2016年まで下部組織でプレーしていたフィレンツェの名門だという。 現在、ガラタサライはザニオーロの売却条件を1900万ユーロ(約32億7000万円)に減額し、出場試合数に応じて買い取り義務が発生するレンタル移籍での売却を考慮しているという。 この条件をフィオレンティーナは受け入れる構えである一方、アタランタはやや消極的な構えを見せており、ザニオーロ個人の意思は別として、クラブ間の交渉においてはヴィオラがリードしている状況だ。 2024.06.30 17:15 Sun

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly