【プレミアリーグ第36節プレビュー】アーセナル&シティの2強は中位とのホーム戦! 不調リバプールvsスパーズも

2024.05.03 20:00 Fri
アーセナル&シティの2強は中位とのホーム戦
Getty Images
アーセナル&シティの2強は中位とのホーム戦
先週末に行われた第35節はノースロンドン・ダービーを制したアーセナル、ノッティンガム・フォレストに辛勝したマンチェスター・シティが勝ち点3を積み上げた一方、リバプールはウェストハムに痛恨のドロー。この結果、熾烈優勝争いからリバプールが最初に脱落する形となった。また、残留争いでは最下位のシェフィールド・ユナイテッドが3節を残して1年でのチャンピオンシップ降格が決定した。
PR
5月最初に行われる第36節ではリバプールの脱落で一騎打ちの形となった首位のアーセナル(勝ち点80)、2位のマンチェスター・シティ(勝ち点79)の優勝争いがもちろん最大の注目ポイントだ。
土曜のランチタイムキックオフに臨むアーセナルは、10位のボーンマスをエミレーツ・スタジアムで迎え撃つ。前節、アウェイ開催のノースロンドン・ダービーを2つのセットプレーと、FWサカの見事な個人技によって3-2と勝ち切ったアーセナル。守護神ラヤの軽率なミスなどもあって後半に1点差まで追い上げられたものの、要所を締める守備、決めるべきところで決め切る、勝てるチームの試合運びで重要なダービーで連勝を飾った。

ただ、ランチタイムキックオフ特有の難しさに加え、重要な連戦を終えた直後の格下相手の試合はある意味で落とし穴になりやすく、優勝争いの重圧を含めて難しい試合になることは間違いない。さらに、相手のボーンマスは直近ウォルバーハンプトン、ブライトンに2試合連続で完封勝利を収めるなど好調を維持している。より先制点が重要となる試合において得意のセットプレーと共に、サカやFWハヴァーツ、FWトロサールらの勝負強い働きを期待したい。

2位のシティはそのアーセナルの結果を把握した状況で、11位のウォルバーハンプトンとのホームゲームに臨む。前節のフォレスト戦はいずれも前後半の半ばに奪ったDFグヴァルディオル、FWハーランドの2ゴールによって2-0の勝利を収めたが、試合内容に関しては今季の中でも最も苦しんだ部類に入る厳しいものだった。相手のメリハリの利いたプレスにボールロストを繰り返し再三のカウンターでチャンスを作られた。仮にFWウッドらの決定機逸がなければ、敗戦の可能性もあった。それでも、結果的に2-0の勝利を収めたことで、ポジティブに課題と向き合えるはずだ。
その反省を踏まえて臨む今回のホームゲームは前回対戦で開幕連勝をストップされた因縁の相手、ウルブスとのリベンジマッチとなる。FWペドロ・ネトというキーマン不在も、直近のルートン・タウン戦で7試合ぶりの白星を挙げた侮れない相手に対しては、復帰戦でゴールを挙げたハーランドに加え、体調不良からの回復が見込まれるMFフォーデン、DFルベン・ディアスの復帰を追い風に勝ち切りたい。

共にシーズン最終盤を前に夢破れた感のある3位のリバプール(勝ち点75)と、5位のトッテナム(勝ち点60)は、バウンスバックの白星を目指して激突する。

マージーサイド・ダービーでの屈辱の敗戦に加え、前節はウェストハム相手に一時逆転に成功しながらも、リードを守り切れずに2-2のドローに終わったリバプール。数字上の可能性は残されているものの、現状上位2チーム両方が複数試合で取りこぼす可能性は低く、逆転での優勝は絶望的と言わざるを得ない。それはファン・サポーターを含め関係者全員が重々承知だが、クロップ体制をできるだけ良い形で締めくくるため勝利を積み重ねたい。アンフィールドでリーグ3戦ぶりの白星を目指す一戦は、誤審問題によって今季初黒星を喫したスパーズという因縁の相手だけにそのリベンジを含めしっかりとした戦いを見せたい。とりわけ、ハマーズ戦で指揮官との口論がクローズアップされたエースFWサラーの奮起に期待したいところだ。

一方、トッテナムはそのリバプール以上に厳しい状況に陥る。ニューカッスル戦での0-4の惨敗、前述のダービーでの敗戦に加え、ミッドウィーク開催の第26節延期分ではチェルシーに0-2の敗戦を喫し、今季2度目のリーグ3連敗となった。多くの離脱者の影響が大きかった1度目の3連敗とは異なり、今回の3連敗ではメンバー、日程面を含めて言い訳ができず、より深刻だ。これによって、7ポイント差の4位アストン・ビラを抜く可能性は限りなく低くなっており、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得は絶望的だ。逆に、EL出場権争いでも下位に迫られており、何とか不振を抜け出して最低限のノルマを達成したいところ。伝統的に相性が悪いアンフィールドでの一戦に加え、中2日という日程面でのディスアドバンテージも大きいが、序盤戦の逆境時に見せたような不屈のメンタリティを取り戻し、少なくとも難所から勝ち点を持ち帰りたい。

チェルシーのアシストによって悲願のCL出場に近づいたアストン・ビラだが、カンファレンスリーグ(ECL)ではオリンピアコス相手の準決勝1stレグでまさかの2-4のスコアで敗戦。ボールを持たされる苦手の展開の中で相手の主砲エル・カービにハットトリックを許すなど大量失点を喫した上、後半終盤のMFドウグラス・ルイスのPK失敗が痛恨。2点のビハインドを背負って週明けに敵地で行われる2ndレグに臨む形となった。そのECLに万全の状態で臨む上では大幅なターンオーバーを実施したいところ。前回対戦で6-1の圧勝を収めた上、直近2分け4敗と絶不調の12位ブライトンの状態を鑑みれば思い切ったメンバーで臨めるはずだが、エメリ監督の用兵に注目だ。

スパーズ相手に会心のシーズンダブルを決めて8位に浮上したチェルシーは、9位のウェストハムとのシックスポインターに臨む。トッテナム戦ではいずれもセットプレーからDFチャロバー、FWジャクソンが奪ったゴールを、多くの主力を欠く急造守備陣が粘りの守備で守り抜く2-0の快勝となった。ただ、継続性に大きな問題を抱えるチームだけに、前節リバプール相手にドローに持ち込んだハマーズとのダービーに向けては少なくない懸念もある。

6位のマンチェスター・ユナイテッドは、マンデーナイト開催のアウェイゲームで14位のクリスタル・パレスと対戦する。前節、降格圏の19位バーンリー相手に終盤のPKによる失点で勝ち点2を取りこぼした赤い悪魔。その失態の影響もあってか、今週に入っては監督人事に加え、スカッドの大幅刷新と外野が騒がしくなっており、何とかピッチ上の結果で沈静化を図りたい。ただ、対戦相手のパレスは直近のフルアム戦こそ引き分けたものの、その直前にリバプール、ウェストハム、ニューカッスルを連破するなどグラスナー監督の戦術浸透で最も調子が良いチームのひとつだ。その難敵に直近の数試合のようにわきの甘さを見せれば、食われる可能性は十二分にある。MFブルーノ・フェルナンデスを中心にしっかり気持ちを引き締めて臨みたい。

その他ではDF橋岡大樹を擁する18位のルートンと、残留争いを脱した15位のエバートンによるボトムハーフの直接対決、残留争いとEL出場権を左右する19位のバーンリーvs7位のニューカッスルのカードにも注目したい。

◆プレミアリーグ第36節
▽5/3(金)
《28:00》
ルートン・タウン vs エバートン

▽5/4(土)
《20:30》
アーセナル vs ボーンマス
《23:00》
ブレントフォード vs フルアム
バーンリー vs ニューカッスル
シェフィールド・ユナイテッド vs ノッティンガム・フォレスト
《25:30》
マンチェスター・シティ vs ウォルバーハンプトン

▽5/5(日)
《22:00》
ブライトン vs アストン・ビラ
チェルシー vs ウェストハム
《24:30》
リバプール vs トッテナム

▽5/6(月)
《28:00》
クリスタル・パレス vs マンチェスター・ユナイテッド

PR
関連ニュース

ユナイテッドがテン・ハグ監督解任を決断と現地報道…FAカップの結果は関係なく終了後に解任へ

マンチェスター・ユナイテッドが、エリク・テン・ハグ監督(54)の解任を決断したようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えた。 今シーズンはプレミアリーグで不安定な戦いに終始し、プレミアリーグになってから過去最低の8位でフィニッシュしたユナイテッド。FAカップは決勝まで残っており、今週末にプレミアリーグを4連覇したマンチェスター・シティと対戦する。 ユナイテッドは、FAカップで優勝しなければ来シーズンのヨーロッパの大会に出場できない状況。新オーナーを迎え、心機一転図りたい中で、つまづいた出出しになる可能性がある。 そんな中、『ガーディアン』によれば、ユナイテッドはFAカップの結果など関係なく、テン・ハグ監督を今シーズン限りで見切ることを決定したという。 2022年7月1日からユナイテッドで指揮を執るテン・ハグ監督。この2シーズンは困難に巻き込まれ続けていたが、昨年はプレミアリーグで3位、EFLカップ(カラバオカップ)で優勝を果たしたが、今シーズンはリーグで苦しい戦いが続いた。 今回の解任は新たなオーナーになるジム・ラトクリフ氏らの決断だとみられている。 なお、後任候補には、バイエルンの監督を退任するトーマス・トゥヘル監督や、チェルシーの監督を退任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督、イプスウィッチ・タウンをプレミアリーグ昇格に導き、過去にはユナイテッドでアシスタントコーチも務めていたキーラン・マッケンナ監督、ブレントフォードのトーマス・フランク監督、昨シーズン途中までチェルシーを指揮したグレアム・ポッター氏らが浮上している。 2024.05.24 23:05 Fri

EL出場権獲得もかかるFA杯決勝へ…テン・ハグ監督「簡単ではないがチャンスある」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がFAカップ制覇に向け、意気込んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 チャンピオンズリーグ(CL)はグループステージ最下位で敗退、プレミアリーグは8位フィニッシュと失意のシーズンを送ったユナイテッド。25日には挽回のラストチャンスとなるFAカップ決勝のマンチェスター・シティ戦が控える。 2年連続でファイナルでのマンチェスター・ダービーに臨むテン・ハグ監督は試合に向けた記者会見でタイトル獲得の重要性を強調。来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権もかかるなか、昨シーズンのEFLカップ(カラバオカップ)に続くタイトルへのラストチャンスを掴むつもりだ。 「トロフィーを獲得することが全てであり、我々にはその大きなチャンスがある。過去10年間、このクラブはあまりトロフィーを獲得していないが、この2年で2つのトロフィーを獲得するチャンスがある」 「うまくいかなかったシーズンだが、我々はこのような状況にあり、チャンスはある。決して簡単ではないが、我々はそこを目指して戦わなければならないし、目指すつもりだ」 「昨シーズンもやったように信じなければならない。そして知っての通り、我々は強い相手に対して度々ベストなサッカーをしている。土曜日もそれができると期待している」 また、今シーズンは不調のまま終わろうとしているFWマーカス・ラッシュフォードについてもコメント。ユーロ2024に臨むイングランド代表の候補メンバーからも外れたが、この悔しさをバネにしていると語った。 「彼は調子が良さそうだ。キャリアには浮き沈みがあるが、落ち込みもエネルギーになる。トレーニングでそれを目にした」 「彼は非常にやる気に満ちているだろうし、自らの足でそれを語るはずだ。彼には大きな才能があるし、すでに素晴らしいキャリアを築いている。これを乗り越え、さらに多くのゴールを決めていくと確信している」 2024.05.24 18:59 Fri

「ただの雑音」…ホイルンド、ユナイテッド同僚が自身に「パス出さない」報道に言及

デンマーク代表FWラスムス・ホイルンドが、一部メディアで報じられるマンチェスター・ユナイテッドのチームメイトが「パスを出さない」との記事に対してリアクションを示した。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 昨夏、アタランタから新エースストライカー候補として鳴り物入りでの加入となったホイルンド。加入1年目は公式戦42試合に出場し、プレミアリーグでの10ゴールを含む16ゴールを挙げた。 ただ、ケガの影響などもあってプレミアリーグ初ゴールを挙げるまで4カ月以上を要し、出場6試合連続ゴール後は次のゴールを挙げるまでに8試合を要するなど好不調の波が目立った。 そういったネガティブな面もあり、先日にイギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』は「ユナイテッドのあるメンバーは、ホイルンドのゴール前でのもたつきのせいで、数人のプレーヤーがファイナルサードで別の解決策を模索している、と内通者に語っている」と、同選手の能力を疑うユナイテッドのチームメイトがアタッキングサードでパスを出すことに消極的であると報じた。 また、マンチェスターのお膝元メディアは昨年12月にもプレミアリーグで無得点が続いてたホイルンドに対して、一部のチームメイトが疑問を抱いているとも報じていた。 一連の報道に対して、沈黙を貫いてきたホイルンドだったが、デンマーク『Tipsbladet』の直近のインタビューで、この一件に初めて言及。同メディアの主張が事実無根であると真っ向から否定してみせた。 「そんな記事は理解できない。自分が正しい位置にいれば、ボールをもらえると感じているよ」 「もう少しボールを受けたいと思った時もあるけど、いつもそれができるわけではないんだ。これはただの雑音だし、僕がシャットアウトしなければならないことのひとつの例だと思うよ」 さらに、アタランタ時代に比べて注目度の高さが別格であり、ゴシップ大国という側面もあるイングランドでの1年間のプレーを通じて、「ストーリーの90~95%はナンセンスなもので、ストーリーをフィルタリングする必要がある。それらを分類することを学ばなければならなかったよ」と、現在はそういった憶測や悪意のある記事に対して、必要以上にメンタル面を揺さぶられることはなくなったと語っている。 2024.05.24 18:15 Fri

ユナイテッドのファン&選手選ぶ年間最優秀選手賞、ポルトガル代表勢が占める! ブルーノは3度目のサー・マット・バズビー賞に

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが今季のサー・マット・バズビー年間最優秀選手賞に輝いた。 FAカップこそ決勝に勝ち上がるものの、チャンピオンズリーグではグループステージ最下位に終わり、主戦のプレミアリーグでもクラブ史上最低となる8位終戦のユナイテッド。散々たるシーズンとなるなか、中心として引っ張ったのがブルーノだ。 今季から主将としての大役も任されるなか、ユナイテッド5年目の今季もここまで公式戦47試合に出場して15得点12アシスト。この終盤戦では珍しくケガを理由に欠場する試合もあったが、4シーズン連続で45試合以上の出場と鉄人ぶりを発揮する。 そんな29歳MFはファン投票で決まるサー・マット・バズビー年間最優秀選手賞で40%の支持を集め、見事に2020-21シーズン以来となる3度目の栄冠を手に。次点は20%の評を集めたポルトガル代表DFジオゴ・ダロトだった。 ちなみに、ダロトは選手が選ぶ年間最優秀選手賞の方で初受賞。今季は最終ラインでケガ人が相次ぐなか、1人だけ大きな離脱なく、ユナイテッド加入後最多の公式戦49試合に出場しており、売りの攻撃面でも3得点5アシストと奮闘する。 2024.05.24 17:15 Fri

リリース条項存在のダニ・オルモ、リバプールやバイエルンも注目か

RBライプツィヒのスペイン代表FWダニ・オルモ(26)に関心が集まっている。ドイツ『ビルト』が報じた。 バルセロナの下部組織出身で、クロアチアのディナモ・ザグレブに移ってからプロキャリアをスタートさせたオルモ。2020年1月からはライプツィヒでプレーするスペイン代表アタッカーだが、約6000万ユーロ(約101億9000万円)の契約解除条項が存在することから今夏の去就が注目されている。 『ビルト』によると、その解除条項の有効期限は7月初旬までであと約5週間とのこと。期限を過ぎた場合、ライプツィヒは6000万ユーロをはるかに超えるオファーを受けた場合のみ交渉へ向かうという。 オルモに対しては、かねてから名前の挙がっていたバルセロナやマンチェスター・ユナイテッドに加え、リバプールも獲得を検討。アルネ・スロット新監督にとってお気に入りの選手のようだ。 また、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、バイエルンも獲得候補リストにこの26歳を追加。本人は現在、バルセロナでガールフレンドと共に休暇を過ごしているとのことだが、どのような未来が待ち受けているのだろうか。 2024.05.24 14:38 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly