チェルシーが宿敵に会心のシーズンダブル! 3連敗スパーズはCL出場権獲得が絶望的に…【プレミアリーグ】

2024.05.03 05:36 Fri
Getty Images
プレミアリーグ第26節延期分、チェルシーvsトッテナムが2日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが2-0で勝利した。
PR
9位のチェルシー(勝ち点48)は前節、アストン・ビラとのアウェイゲームを2-2のドローで終えた。後半アディショナルタイムの劇的な逆転ゴールが微妙な判定で取り消される不運もあり、リーグ2戦未勝利。逆転でのヨーロッパ出場権獲得が絶望的になりつつある。それでも、勝ち続けて奇跡を祈るしかないブルーズは、ポチェッティーノ監督にとってイングランドでの通算400試合目の指揮となる古巣相手のメモリアルゲームで3戦ぶりの白星を狙った。前節からは先発1人を変更し、負傷のチアゴ・シウバに代えてギルクリストを右サイドバックで起用した。
一方、5位のトッテナム(勝ち点60)は前節、ホーム開催のアーセナルとのノースロンドン・ダービーで2-3の敗戦。後半の2ゴールで追い上げたが、前半の3失点が響き宿敵相手に屈辱の敗戦となった。これでリーグ連敗のスパーズは2試合消化試合が多い4位のアストン・ビラとのポイント差が「7」に広がり、自力での逆転の可能性が消滅。チェルシー同様に勝ち点3を積み上げ続けるしかないポステコグルーのチームは、前節から先発5人を変更。負傷のベン・デイビス、ヴェルナーに代えてエメルソン、ブレナン・ジョンソン、2セントラルMFをサール、ビスマに入れ替えたほか、前線もマディソンに代えてリシャルリソンを最前線に置いた。

ミッドウィーク開催ながらダービーらしい熱狂的な空気の中で幕を開けたダービー。立ち上がりにはホームのチェルシーにビッグチャンス。5分、中盤左でのボール奪取からムドリクのスルーパスに抜け出したジャクソンがGKヴィカーリオの股間を抜くシュートを放ったが、これはDFファン・デ・フェンの見事なゴールカバーに阻まれた。

ファーストチャンスをモノにできなかったものの、主導権を握ることに成功したチェルシー。以降も球際の勝負で優位に進めると、ジャクソンを起点に相手のハイラインの背後を突く形で幾度も良い形を作り出す。
両センターバックを中心にソリッドな相手の守備を前に決定機まであと一歩という場面が続くが、23分には右サイドからカットインしたマドゥエケが得意の左足を振っていくが、これは枠の上を外れた。

それでも、直後の24分には相手陣内中央右で得たFKの場面でキッカーのギャラガーが正確なボールをボックス左のスペースに入れると、うまくフリーで走り込んだチャロバーが対角を狙ったヘディングシュートをゴール右隅に流し込み、値千金の今季リーグ戦初ゴールとした。

生え抜き2人のコンビネーションで奪った先制点によって勢いづくホームチームは、引き続き球際の勝負で相手を上回る。32分には右で起点を作ったパーマーからボックス手前左でラストパスを受けたムドリクが右足を振るが、これはわずかに枠の右に外れた。

一方、またしても課題のセットプレーで失点した上、ビルドアップの機能不全で効果的なボールの前進もままならないトッテナム。この状況にピッチサイドのポステコグルー監督も怒りの形相でピッチの選手に盛んに指示を飛ばすシーンも。38分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でペドロ・ポロのクロスをファーで競り勝ったロメロが際どいヘディングシュートを放つが、これはわずかに枠の左に外れる。

その後、ようやく相手陣内でのプレータイムを増やしたアウェイチームは、右サイドのジョンソン、ポロを起点に幾度か際どいシーンを作り出したが、ボックス内でのサールのダイレクトシュートがDFチャロバーのブロックに阻まれるなど前半のうちにゴールをこじ開けることはできなかった。

互いに選手交代なしで臨んだ後半はオーストラリア人指揮官から激しい檄を受けたトッテナムが攻勢を仕掛ける立ち上がりに。後半は左サイドのソン・フンミンが攻撃に絡むシーンが増え、両サイドからポケットを取って際どい折り返しも増えていくが、仕留め切るまでには至らず。

この序盤で同点ゴールを奪えなかったポステコグルー監督は63分に3枚替えを敢行。サール、ビスマのセントラルMFをベンタンクール、ホイビュアに入れ替えたほか、リシャルリソンを下げて切り札のマディソンを投入。これで前線の配置も大きく入れ替えた。

一方、後半は防戦一方の展開が続いていたチェルシーだったが、前半と同じような時間帯にセットプレーから大きな追加点を奪う。72分、ククレジャが獲得したボックス手前中央のFKの場面で、キッカーのパーマーが鋭い左足のシュートを放つ。これはクロスバーを叩くが、浮き球のこぼれに反応したジャクソンの左隅を狙ったヘディングシュートが決まった。

この失点直後にホイビュアの絶妙な右クロスから訪れたジョンソンの決定機も決め切れず。厳しい状況となったトッテナムはジョンソン、エメルソンを下げてブライアン・ヒル、ロ・チェルソを投入。リスクを冒して前に出ていく。

対するチェルシーはムドリク、足が攣ったギルクリストを下げてカサデイ、トップチームデビューのアチェンポンを続けてピッチに送り出して逃げ切り態勢に入った。

その後、ベンタンクールらに幾度かチャンスはあったものの、最後までゴールが遠かったトッテナムは、一矢報いることも叶わず。この結果、宿敵相手にシーズンダブルを達成したチェルシーがリーグ3戦ぶりの白星を挙げた。

一方、敗れたトッテナムは逆転でのCL出場権獲得の夢がほぼ潰える形となった。

PR
関連ニュース

ビッグクラブから関心集中も、マッケンナ監督はイプスウィッチとの長期契約決断か

イプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督(38)は、チームに残留する見通しとなったようだ。 かつてマンチェスター・ユナイテッドに5年ほど在籍し、U-18チームの指揮官やファーストチームのアシスタントコーチを務めていたマッケンナ監督。2021年12月、当時リーグ1(イングランド3部)に所属していたイプスウィッチの指揮官に就任した。 キャリア初のトップチーム監督となったマッケンナ監督は、そこから一気にチームを押し上げることに。2022-23シーズンに2位でチャンピオンシップ(イングランド2部)昇格を果たすと、今シーズンも安定した戦いでチャンピオンシップ2位にチームを導き、プレミアリーグ昇格を達成した。 瞬く間にイプスウィッチをトップリーグまで押し上げたマッケンナ監督には、ビッグクラブからの関心が集中。これまでチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドが招へいを検討と報じられていた。 しかし、イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン記者によると、マッケンナ監督はイプスウィッチで引き続き指揮を執る決断を下したとのこと。現在はクラブと長期契約について交渉中であり、近いうちに新契約が締結される模様だ。 チームを2年連続昇格へと導いた最大の立役者が残留となれば、来シーズンのプレミアリーグでもイプスウィッチの戦いには大いに期待できるだろう。 2024.05.28 16:20 Tue

チェルシーがフリーのアダラバイヨ獲得狙うも…現時点ではニューカッスル行きが濃厚か

チェルシーがフルアムのイングランド人DFトシン・アダラバイヨ(26)獲得に向けて動き始めているようだ。 チェルシーはチームのDFラインを牽引していた大ベテランのチアゴ・シウバが、今シーズン限りで退団。センターバックの確保は今夏の優先目標となっており、クラブの動向が注目されていた。 そんな中で、イギリス『デイリー・メール』によるとチェルシーはアダラバイヨにオファーを出した模様。自国選手を増やしたい意向を持つクラブにとって、フルアムとの契約が今季限りとなっているアダラバイヨは格好のターゲットになったようだ。 ただし、アダラバイヨにはマンチェスター・ユナイテッドやミランなど複数クラブが関心を寄せていることに加え、現在はニューカッスルが獲得のポールポジションに立っているとのこと。すでに代理人との話し合いも進展しており、合意に近づいているという。 196cmの長身を武器とするセンターバックのアダラバイヨは、下部組織時代から過ごしたマンチェスター・シティで主力に定着できずも、2020年に加入したフルアムで定位置を確保。今シーズンは序盤こそ負傷欠場が続いたものの、復帰してからは主軸として公式戦25試合に出場した。 チェルシーはまだアダラバイヨ獲得の可能性はあると踏んでいるようだが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督がチームを去り、後任がまだ正式決定していないチーム事情もあって、厳しい戦いが予想される。 2024.05.28 13:30 Tue

チェルシーが元ペップの右腕でレスターを1年でプレミアに昇格させたマレスカ監督と交渉か? レスターは16〜20億円を要求する可能性

マウリシオ・ポチェッティーノ監督が退任したチェルシー。新監督探しが急務となっている中、レスター・シティのエンツォ・マレスカ監督(44)の招へいに向けて交渉をスタートしているという。イギリス『BBC』が伝えた。 今シーズンのチェルシーは、ポチェッティーノ監督が就任したものの、チーム内ではケガ人が続出。イングランド代表MFコール・パーマーが気を吐き、シーズン22ゴールの活躍を見せたものの、チームは6位でフィニッシュ。カンファレンスリーグ(ECL)の出場権確保に留まった。 シーズン終了目前に控えた中、ポチェッティーノ監督は退任を決断。クラブと補強に関しての意見が合わず、主導権を握りたかったことが認められなかったため、双方合意の上で契約が解除された。 またしても指揮官を探さなければいけなくなったチェルシー。候補に上がっているマレスカ監督は、2023年6月にレスターの監督に就任。すると、チャンピオンシップ(イングランド2部)初挑戦ながら見事に優勝を果たし、チームをプレミアリーグに導いていた。 現役時代はユベントスやボローニャ、フィオレンティーナ、ピアチェンツァ、セビージャ、オリンピアコス、マラガ、サンプドリア、パレルモ、エラス・ヴェローナと多くのクラブを渡り歩いたイタリア人指揮官。アスコリやセビージャでアシスタントコーチを務めると、マンチェスター・シティU-23で初の監督に挑戦。その後、パルマの監督に就任すると、2022年7月からはジョゼップ・グアルディオラ監督の下でシティのアシスタントコーチを務め、今シーズンからレスターで指揮を執っていた。 報道によれば、マレスカ監督はチェルシー行きに興味を持っているとのこと。まだ候補を絞っている段階だが、チェルシーとしては招へいに向けて交渉を続けているという。 違約金としては800万〜1000万ポンド(約16億〜20億円)程度をレスターが求めているとのこと。来シーズンのプレミアリーグを戦う上でも、指揮官の去就はカギを握ることとなる。 2024.05.28 07:45 Tue

新指揮官探すチェルシー、イプスウィッチのマッケンナ監督は候補から除外か

チェルシーが新指揮官の選定を進めている。 終盤の怒涛の追い上げにより、今シーズンのプレミアリーグを6位で終えたチェルシー。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の出場権を手にしたが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督には別れを告げた。 新指揮官探しが急務となったなか、イプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督(38)が候補に浮上。他にもレスター・シティのエンツォ・マレスカ監督(44)や、ブレントフォードのトーマス・フランク監督(50)、シュツットガルトのセバスティアン・ヘーネス監督(42)らの名前が挙がっていた。 しかし、『The Athletic』によると、チェルシーはマッケンナ監督を最終候補から外したとのこと。他の候補者と同様にマッケンナ監督との交渉に着手していたが、現在残っているのはマレスカ監督とフランク監督の2人だけだという。 以前マンチェスター・ユナイテッドに5年ほど在籍していたマッケンナ監督は、U-18チームの指揮官やファーストチームのアシスタントコーチを担当。2021年12月に当時リーグ1(イングランド3部)を戦っていたイプスウィッチの指揮官に就任すると、そこから一気にチームを押し上げ、今シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で2位となり、プレミアリーグ昇格を叶えていた。 2024.05.27 14:01 Mon

偉大なるジルー、その分岐点は若き日のフランス代表デビュー戦…惚れ込んだヴェンゲル氏「夢中になってしまった」

フランス代表歴代最多得点者のFWオリヴィエ・ジルー(37)。その選手キャリアにおける分岐点は、自身のA代表デビュー戦を観戦したアーセン・ヴェンゲル氏との出会いだった。 今季でミランを退団、フランス代表からもユーロ2024を最後に引退、MLSはロサンゼルスFCへの移籍を持って、欧州で見納めとなるであろう37歳ジルー。 モンペリエ時代の11-12シーズンにリーグ・アン優勝&得点王。翌季から5年半アーセナルに在籍し通算105得点。チェルシー時代は控えを抜け出せずも、34歳で加入したミランがクラブキャリアのハイライトか。1年目でスクデット奪還に大貢献、得点数だけでは語れない技量・存在感で3年間チームを引っ張り、その威圧感は老練なカルチョのDFを苦しめた。 また、フランス代表では3度のW杯出場に2018年ロシア大会優勝、そして同国代表歴代最多の57得点。ティエリ・アンリ氏の得点記録を抜くのがジルーになるなど、一体誰が予想しただろうか。まさに、年齢を重ねるごとに輝きを増していったストライカーだ。 フランス『Canal+』は、そんなジルーの半生を追いかけたドキュメンタリー番組を制作し、選手キャリアの分岐点として、当時アーセナル指揮官だったヴェンゲル氏の目に留まった“2011年11月11日”をピックアップ…ヴェンゲル氏自ら証言する。 「初めてオリヴィエを観た日のことをよく覚えている。当時彼はモンペリエの選手で、すでにそれなりの成績を収めていたが、そのプレーをこの目で確認し、『ああ、この男はフットボールを完全に理解している』と確信した。私は彼に夢中になってしまった(笑)」 “2011年11月11日”は、ジルーがフランス代表初キャップを飾ったアメリカ代表戦。スタッド・ド・フランスで観戦してジルーに惚れ込んだヴェンゲル氏は自らジルーへ接触。2012年夏のアーセナル加入に漕ぎ着けた。 しかし、代理人のミシェル・マヌエロ氏は当時、ジルーに「アーセナルなんか行くべきじゃない」とアドバイスしたと言う。 「私は彼に言った。『アーセナルはダメだ。ロビン・ファン・ペルシがいるんだぞ。ピッチ脇で味方のゴールに拍手する時間を過ごすことになるぞ』ってね。どう考えてもオリヴィエにストライカー以外はできないし、不可能なミッションに挑もうとしているように思えたんだ」 「彼は『わかった、他のクラブも考えてみよう』と言ったんだ。ところが1カ月半後、突然『やっぱりアーセナルへ行く』ってね(笑)」 ジルーがアーセナル行きを決めると、ほどなくしてマヌエロ氏の懸念だったファン・ペルシ氏がマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決定。結果的に、ジルーは加入後すぐにセンターフォワードの定位置に収まった格好だ。 フランス代表デビュー戦にて、ヴェンゲル氏に認められたところから階段を駆け上がっていったジルー。13年もの歳月が経ち、男はフランス代表で通算131キャップ、通算57得点で歴代最多得点者となっている。 2024.05.27 14:00 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly